減薬・断薬できたケース3

新年なのでまたいくつかケースを載せてみることにしよう。日々薬が抜けていく人もいればドロップアウトしていく人もいるのは、昔から何も変わらない。やはり本人や家族が薬の勉強をしない限り抜けない。特に薬を飲んでいない家族の存在は大であり、家族がまともであれば抜けるし、その条件がなければ医師が何をやったところで結果は見えている。見返してみると約2/3は減断薬に成功し、1/3はどこかで禁断症状や錯乱などを起こす。それらへの対処能力が親にもなければ、さくさくっと入院に逃げるのがオチである。
① 幻聴、幻覚、監視カメラ妄想など典型的統合失調症の状態から発症。いじめが契機。過鎮静、アカシジアなど強く、違う治療を求めて転院。
前投薬                 今
インヴェガ6mg 1×        リスパダール2mg 1×
タスモリン(1)2T 2×       ツムラ抑肝散 2P 2×
レキソタン(5)2T 2×   
レボトミン(5)1T 1×
ロヒプノール(2)1T 1×

②幻覚、不安、焦燥感、人が付きまとうような感覚があり通院開始。口渇、多飲症、肥満などあり処方に疑問を感じ転院。
前投薬                 今
セレネース(3)8T 4×       ツムラ呉シュユ湯2P 2×
テグレトール(100)3T 3×    ツムラ加味逍遥散2P 2×
タスモリン(1)6T 3×
レボトミン(25)1T 1×
デパス(1)3T 3×
ドラール(15)2T 1×

③食事不可、アカシジア、幻視、不眠などの症状があるも改善せず転院。
前投薬                 今
エミレース50mg 3×       ジプレキサ(2.5)1T 1×
レキソタン(5)3T 3×       ツムラ柴胡桂枝乾姜湯3P 3×
ランドセン(1)2T 2×
ビカモール(2)2T 2×      
リスパダール3mg 1×
サイレース(2)1T 1×
ラボナ(50)1T 1×
リズミック(10)2T 2×
ウブレチド(5)3T 3×
マグミット(330)4T 2×
フェログラデュメット1T 1×

④ 精神科に通院後、体力、食欲低下、便秘、徘徊などが強く、違う治療を求めて転院。
前投薬                   今
リスパダール(2)2T 1×      クラシエ柴胡加竜骨牡蠣湯2P 2×
セロクエル(25)5T 3×       
アリセプト(5)1T 1×

①この人もいじめを元に発症しているので、単純な統合失調症とはいえないが、いずれにしろリスをやめるかどうかは難しいところである。本人が薬をもっと勉強し、病気についてももっと勉強すれば抜けるかもしれないが、最後はいつもその問題がつきまとう。私は根掘り葉掘り教える気はない。答えはこのブログにも他の人のブログにもHPにも載っている。これはあらゆるケースに共通していえることである。

②このケースは例のごとく家庭問題を主として発症している。症状は育ってきた環境を聞けば当たり前であり、副作用も薬を眺めれば当たり前である。もちろん親は薬など飲んだこともない。解離性障害といわれたり統合失調症といわれたり、典型的なコースをたどってきているといえよう。

③このケースもまた家族問題を主として発症している。しかし現況をみる限り、いわゆる自閉症といえるくらいの要素はありそうだし、それ以上にこれだけの量を飲まされると、どこでどう悪くなるかわからないから全部抜くべきかどうか難しい。最初に飲まないかせめて単剤で飲んでいれば、飲み続ける必要はなかったのだろうが。やはり向精神薬は一度飲んだら終わりなんだと、つくづく思う。そして向精神薬の知識を本人や家族が持たない限り、永久に抜けることはない。麻薬や覚醒剤について本人や家族が知識を持たない限り、決して抜けないのと同じ理屈である。

④この人は徘徊、暴力などの異常行動を起こしたが、元をたどってみればそれはアリセプトによるものだったとわかる。しかしもちろん精神科医はそう考えない。認知症に伴うもので頭がおかしいからだという理由になる。しかも老人でもセロクエル750mgまでは飲めますよと簡単に言う、それが精神科医である。今は記憶障害は年相応にあるがかわいい老人である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

リボトリールの断薬は無理なのでしょうか。他にリボトリールで困っている人はいませんか?早く離脱したいです。断薬半年です。

No title

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

No title

>18:24さん
飲んだ後に起こっているなら、原因である可能性は十分あります。
ベンゾ系で眼圧が上がったりするのは時々起るようです。またこの場合やめようとしても、禁断症状がでてやめにくいと思いますから、やめる方法や禁断症状を勉強することが大切です。副作用もやめたからといってすぐ取れたりしませんし、一生残ることもあり得ます。

>00:41さん
院外処方がほとんどのクリニックなら、処方量と収入は全く関係ありません。儲かるのは薬局と製薬会社です。精神病院などは差額で儲けることができます。

>みなこさん
コメントを2から3に移動しました。断薬が無理かどうか、最後は結局根性とか意志とかってことになってしまいます。離脱症状を減らす減薬の仕方はいくつかありますが、それでも結局何か残りますし、それを続く過程で少しずつ減っていきます。向精神薬に手を出すということは麻薬に手を出すのと同じであり、ヤクをやめるのと同じ覚悟が必要です。

>donjinanさん
こちらこそよろしくお願いいたします。

No title

立て続けに質問させていただきます。精神病院の収入源の柱は何ですか?

No title

>12:20さん
一つは入院費そのもので、もうひとつは薬剤費差額だと思います。
デイケアに力を入れているところなら、その収入もでかいと思います。

精神医学と言う虚構について

一体どれくらいの精神科医がこの虚構に気がついているんでしょうか。
廃人をどれくらい作り上げれば気が済むのでしょうか?
作ってしまった廃人に精神科医はどう責任を取るのか
どう詫びるのでしょうか。

内海さんがどういう行動に出るのでしょうか。
何が出来るのでしょうか教えてください。

コミュニケーション広場では、凶暴な患者が先生のことを攻撃してますが、それを削除しなくて、そのままにしてる管理人。
難癖つけて先生を批判する家族たち。
二度とブログ読む気になれなかったら、ロムしなければいいわけで、あえて掲示板にそのことを書いたり、批判したり、粘着質な家族には閉口します。
早期介入反対に僕も賛同しようと思ってましたが、あのような家族や患者がいる会には近づきたくない。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

http://secondo.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=13480310
こんな風に書かれてる。文面見りゃどっちがまともか一目瞭然。

No title

http://secondo.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=13480310
こんな風に書かれてる。文面見りゃどっちがまともか一目瞭然。

患者はあんな書き込みしないよ。毒親だ。いつまでもしつこいな。
親がびょうきになってるわ。子供のめんどう放棄して、R軍団でクダまいてる。早く直してもらえよ。Rに。ちっぽけなことに神経衰弱にならなくなるよ。R信仰だけでは治らないからか???

No title

>粘着質な家族には閉口します。
>早期介入反対に僕も賛同しようと思ってましたが、あのような家>族や患者がいる会には近づきたくない。

同感!!!!!!!
患者会がまだまし。毒親はおそろしい

外部の者ですから冷静にみてます。
今回のコミュニケーション広場の騒ぎのように、R氏を批判する者を攻撃、批判するのは構わない。
あれが逆で、R氏を非難攻撃する者は即刻削除、排除されるでしょう。
不公平なアブノーマルな患者家族の集団だから、カルト集団と呼ばれる所以でしょう。
賛同者が集まらない理由もそこらにあると思う。

賛同者のほとんどが毒婦でしめているのも驚いた。
R氏に忠誠を誓った恐るべき攻撃集団。R氏を批判するものを手下を使って、集団でまとまるから怖いよ。

凶暴な患者の書き込みをやめさせるならともかく、お手柔らかにと婉曲に、攻撃を続行させてたきつけて、患者が悪化したらどう責任とるんだろ。毒親
の本質が露呈してる。

No title

涙なくして読めないブログです。

21歳から47歳の貴重な人生のなかで精神医学、医者の無策、無能さ、無力さを感じずにはいられません。
http://blogs.yahoo.co.jp/katada321654/64148602.html

治るはずも無い精神薬で患者をもてあそび、最後は「自然治癒力ではこの精神病は治らない」こんな嘘で塗り固められた非科学的な精神医療で貴重な人生を台無しにさせてしまう。

精神科医の犯罪と言っても過言ではないのではないでしょうか?
無知な精神科医と逃げるなら、もっと最悪です。
これ以上、不幸な患者を生産しないでほしい。

No title

エ○○ゼというのが、
「やはり、今回はもうやめましょう。
心配して下さっている方がいるので。」と書いてる。

言いたいだけ言わせた後で、やめましょうだってよ。
この棚上げ神経、程度の低さを露呈している。

両者の攻撃の原因を、忘れられていくことにガマンならん。

1200人で青が終わったが、Rのセカンドが行き詰まったからだ。
減薬だけやっとけばよかったのに、ルボックスを殆どに助言したため悪化した患者が多かった。悪化は9割といっていた外部の精神科医もいたよ。

ルボックスで悪化した患者には「発達障害です」といい、パキシルなら、「副作用だー」と騒いでいたのがRだ。ACはどっちだ。
あちこちの掲示板で不満が出てきたので、アンテナはって中傷合戦して言論統制したのがR親衛隊の毒親らだった。

当時は、セカンドが行き詰まっていたうえに言論統制だろ。不満がかげで爆発してたよ。
患者家族はほとんど分かっていた。Rの支離滅裂診断に恨みつらみの親らも多かった。青や白や掲示板にかけないから、2チャン書き込みが始まった。今でも本音の書き込みが沢山残ってるよ。

行き詰まりの時期に、東洋医が何もしらずにセカンド参加に名乗りを上げた。Rセカンドで悪化した患者が殆どだったわけだけど、それをそっくり引き継いだわけだ。
東洋医はR診断などに遠慮せず、診断などせず減薬と漢方だけセカンドすればよかったが、家族らが藁をもつかむ思いで東洋医に流れたため、放り出されたRセカンドまで引き継いでしまったんだよ!!!

東洋医のセカンドの殆どはRセカンド悪化以降の問題だろ。
Rはタイミングよく自分への攻撃を逃れたと2ちゃんに書かれていた。いいかげん、東洋医はそのへんを明らかにしたほうがいいよ。
毒親らの毒語に反論だけしてると真実がぐちゃぐちゃにされるよ。
一度、はっきりさせるための記事を書いたほうがいい。
引継ぎの%を示して。

発達障害なんぞに診断を転換されている親らの、矛先違いのわけわからん攻撃は生涯つづくと思う。治療できないもんな。発達障害にされてんだから。ルボックスで人格変化したのも生涯つづくよ。Rを信じて治療しないんだから仕方ないよな。
患者の体の身になってほしい。副作用を体験しない親が、派閥攻撃などくそくらえだ!!!自分らも薬を飲んでから言え。
発達障害を信じる親は副作用をないがしろにして患者の体をボロボロにする精神科医と同罪だ。

狂気に巻き込まれないように。

あけおめっすー

まあまあ。
ガマンがならんと、怒り心頭になる気持ちはよくわかりますが、ああいう人相手に怒りの矛先を向けても、これもまた適切な方向への攻撃の矛先とは言えないっす。

本当の怒りの矛先を向けるのは、彼らにではなく、彼らを狂気に陥らせた薬物に対して。
そしてその薬物を積極的に配付している精神科医に対しての方がいいでしょう。

邪悪さといえば、非道な噂を流すような人たちもある程度邪悪なのでしょうが、本物の邪悪とは、笑顔で近寄ってきて他者の人生を破滅させるような人物ですよ。

本当の邪悪に直面しましょう。

路傍の石程度の問題に心を荒げないで理性的に冷静に考えてみてください。

精神薬が人の狂気を増幅するということは、普通分かると思いますが、薬だけではなく人間関係がひどいものでずっと苦しめられて来ている場合などにも起きます。
ありえない毒親の振るまいなども、ほとんど狂気の沙汰ですよね。

理性を失った狂気の状態では
人は、醜い恐ろしいものを美しいといい、美しいものを醜く恐ろしいなどといいます。
正しいものを間違っているといい、間違っているものを正しいものと言います。

罪を憎んで人を憎まずとかいいますが、
精神医療問題の場合、
向精神薬を憎んで人を憎まずと、いったり、もしくは
狂気を生み出す薬物を処方する精神科医を憎んで、被害者である患者や家族を憎まず、というか、そういう点を意識することは結構大事。

あいつらがやってきたから、こっちもやり返す。じゃあ、憎しみの連鎖をうむだけだしね。

そういう問題は昔からずっとあるものでして、これが、精神医療問題がストレートに薬害などとして暴かれて改善されてはいかない理由の大きなものになります。

だから、理性的なこのブログの読者の方には、より理性的でいて欲しいです

>減薬だけやっとけばよかったのに、ルボックスを殆どに助言したため悪化した患者が多かった。悪化は9割といっていた外部の精神科医もいたよ。

そういう程度の成果ですよね。
やっぱり所詮良識派といっても精神科医。という所でしょうか。
そういう人物は、よっぽど素晴らしい成果を出す態度を示さない限りは、結局詐欺師の同類扱い程度でいいでしょう。

私も「早期介入反対」はしようと思っていますが、それを推進する家族会などとは、関わりたくないです。

攻撃の矛先を正しく認識もせずに、正しいものを間違っているとし、間違っているものを正しいものとする人たちに、何か大きな成果を生み出せる事はないので、
相手にする必要無いと思いますよ。いや、ほんとに。

発達障害を信じる親は、詐欺の被害者で罪を問うべきは詐欺師の方です。
同罪じゃないっすよ。

詐欺師を暴くのにもっと頭つかいましょ。

みなさまにとって、今年は、去年よりもっといい年になることを願っております。
去年よりもっといい年にしていくのは、皆さん自身ですけれども。

No title

横やりで書いてしまいます。

>一体どれくらいの精神科医がこの虚構に気がついているんでしょうか。
皆さんの知らないところで相当数の方に通知しているので全員知っていると思いますよ。
知らない精神科医は、頭の配線がねじ切れちゃってたり、
「俺は(家族の為に)患者を薬物で廃人にする権利があるんだ」などと正当化している人権侵害者だとは思います。

残念な事は相当数の精神科医がそういう者だという事なんですけどね。

>廃人をどれくらい作り上げれば気が済むのでしょうか?
企業に対して「いくら売上があがれば気が済むの?」と問うのと同じでいくら売り上がっても気が済むなんてことはないでしょう。
人を廃人にさせることがビジネスになっている限りは、際限なく廃人を作り上げるでしょうね。

>作ってしまった廃人に精神科医はどう責任を取るのか どう詫びるのでしょうか。
彼らの責任の取り方は狂人にふさわしくねじ曲がり過ぎているので、患者を閉鎖病棟に閉じこめて社会と隔離するという行為になります。これは責任を取っているとは言えない行為です。

自分で責任を取ることができないから、精神科医という職業をし続けます。責任を取るなら辞めるはず。
人を傷つけた事について責任をとれない犯罪者に対しては社会が圧力をかけて責任を取らせる必要があります。

刑務所とかっていうのは、そのために存在しているのですから、社会として精神医療をよくないものとして扱い。向精神薬をくばる売人どもは捕まえて刑務所活用するという方法を検討していきたいですね。

邪悪な犯罪に立ち向かい立ち上がり「精神科にNO」といえる勇気のある人がどんどん増える事を願っています。

東洋医者さんは、R医師の診断や処方を批判してるわけで、それは医師それぞれの考えがあり相違は仕方ないと思う。
だけどあのコミュニケーション広場の患者の攻撃は、東洋医者さんの親や家族に及ぶものであり、ああいう個人攻撃を名指しでしてるのをとめるのが常識だと思う。
とめるどころか、さらに東洋医者さんを批判したり、お手柔らかに批判を続けるように促してるあの二人の家族は毒親の代表だと思う。
こどもが精神を病むのが分かる。
少なくとも、ああいう家族が主催してる集まりには参加したくない。

逃げるな

親に減薬の対処能力がないとさくさくっと”親が”入院に逃げるのがオチ

そこまで面倒見切れないというのが内海氏のかんがえでしょ。
それが正しいかどうかは個人次第。ただ、本人(患者)に逃げる力がない場合援助しないとなると内海氏はいかがなものかと。
 → 実際こういう場合どうするんでしょうか?

それと単純に
/>普通の精神科もこれで繁盛
いや、繁盛したら困るんだけど。基本つぶれてほしい。
ちなみに、東洋医先生は、精神科医は社会人だと考えますか?お答えがほしかったのですが? /
の質問に答えないで逃げているのは人として最低と思うけど。
 → こちらのほうが逃げるなという意味

No title

>satoshi_3210さま

あの・・・。

>私も「早期介入反対」はしようと思っていますが、それを推進する家族会などとは、関わりたくないです。

>発達障害を信じる親は、詐欺の被害者で罪を問うべきは詐欺師の方です。
同罪じゃないっすよ。

『早期介入反対』をするあの会の呼びかけ賛同人は発達障害は容認しちゃっていますが(呼びかけ人 笠陽一郎(精神科医師・愛媛・毒舌セカンドオピニオン1、2)とある。)それでも賛成なのでしょうか?

わたしは結局精神病はあるというスタンスのあんな会はもっと被害を増やす温床となるのではと敬遠していますが・・・。

如何でしょうか。

図々しいコメントでお気に触ったらスミマセン。

が、satoshi_3210さんの意向を知りたかったので書かせていただきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

母原病

「大変な中」でとあるが、
母原病ではないか?

なかなか良くならない患者は
これが原因のことが多い。

ヒステリックなデリカシーのない母親に
育てられた子供は不幸である。

悪化して入院繰り返してる患者はいるけど
薬のせいや医療のせいや、精神科医のせいでもなく
親が原因のことが多々ある。

東洋医さんのブログを批判するひまがあるなら、
まず、自分のことを省みるべきだと思う。

No title

てぃあさんへ。
ブログコメントさせていただきましたが、こちらにも追加で書いてみます。

きっと、てぃあさんの疑問は、私も疑問に感じる点、同じだと思います。

でもまあ、あの会の趣旨はよいものとしてそれは応援しようかと思ってます。

てぃあさんはきっとよくわかっておられますが、これを本当の意味で分かっている人は非常に少ないので注意点を書いておきますが
「精神科医は見事な程に二枚舌だ」という事。

もちろんこれは精神科医に限らずにそういう人物はいます。
精神科医であっても、二枚舌じゃない人もいますが、比較的二枚舌の人が多い様子ですね。

ご立派な理想を掲げて、やっていることは逆。という人はいますよね。

「精神病を治して元気にします」というご立派な理想をあげていますが、やっていることは、「患者を薬物依存にして人生を破滅させている」という、精神医療の行為そのものがこの詐欺をやっているので、その構成員である精神科医どもがそのような人物になるのは仕方のないことでしょう。

そういうのが分かっているので、会は応援しますが、参加はしません。

二枚舌のヤツの側にいると、まともな事をやろうとしても、こちらがダメージくらいますし、
二枚舌かどうかわからないヤツの側に近寄る危険をおかす必要もないので距離をあけて観察しておけばいいことかと。

結果を出せるのならホンモノですし
結果を出さずにむしろ事態を悪化させていくのならニセモノだから、真実を暴けばいいのでしょうし、
とりあえずは疑わしきは近寄らず、てな気持ちもあります。

ですが、それ以上に早期介入はやばすぎるので、それを食い止めるための多くの人の善意の思いは、すごく応援したいと思っています。

あの会の中に数人の詐欺師的な人が混ざろうと混ざるまいと、その他大勢の早期介入をなんとかしたいと思う気持ちは本物だと思いますので、それを応援します。

詐欺師的な人を見抜く事など普通は異様に難しいので、ああいう会にそういう人が混ざるのはある程度仕方のないことだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お返事が遅れました。明日は書き込めませんのでご了承ください。

>通りすがりさん
私の行動は今までと大差なく、国が精神医療を廃止するまで続きます。他国のように精神病院を廃止するか、縮小制限に持っていくかは不明です。私が一人でやっても動きはしないでしょう。医療界、家族会、患者会そのすべてを敵に回しても、黙々と反精神医学を訴えていく、ただそれだけです。みなさんにできることは、自分の経験を他人に伝えること、知るすべての人を精神科通院させないこと、精神医学の危険性を訴えるHP(たとえば精神科医の犯罪を問うとか)を教えてあげること、だと思います。

>ファンデーションさん
一つ目の答え→ほっとくだけ。人権団体の一部や被害者会なんかは、そういう人を一部サポートしているようですが、医師がそれをする必要はないと考えてます。所詮医師は利用するだけの存在。啓蒙しても注意しても聞かない人はこの世に多数いる。そのいたちごっこに付き合っている余裕はなく、本丸(=精神医療すべて)を撲滅することだけが私の望みですから。

二つ目の答え→社会人じゃないに決まってる。しかし皮肉さえ通じない人に付き合う余裕もない。

>てぃあさん
発達障害は容認しちゃっていますが→おっしゃるとおりと思います。結局精神科医は精神医学のアイデンテティからは逃れられない。己を全否定することと同じだからそれに耐えられない。そして人間の可能性を信じることができない。可能性を信じれないから特性がどうとか発達障害がどうとかいうことに走る。仮に早期薬物介入が防げたと仮定しても、発達障害というレッテルが貼られ、人生に制限を受けることになる。それをただのつじつま合わせだと思うのは、私だけでしょうか?

>1/7 11:56さん
私はもちろん減薬断薬可能と考えますし、一生飲み続ける必要など感じません。これは私が嫌いな神田橋條司さえ言っていることです。減薬自体は誰にでもできます。実際家族や本人だけでやっている人も多数います。本来推奨できませんが、やる医師がいないというだけのこと。そして実は精神科医の多くは、減薬をどうやればいいかくらいは知っているのです。なのにやらないのはやると儲からない、やると多くの人が一時的に悪くなるので文句を言われるのが嫌ってことです。ちょびちょび減らす限りにおいては研修医であってもできる。問題はそれでも一定の確率で起こる禁断症状やブレをどう捉えるかということ。それを病気の悪化と捉えてしまえばおしまいです。しかし精神科医だけでなく家族の多くもそう捉えます。その結果うまくいかない。ドロップアウトしていく人もほとんどはそういう患者や家族です。11:56さんが最終的にうまくいくかどうかはやってみないとわからないとしかいえません。


No title

>1/8 12:29さん
読む限り証は矛盾しますが桂枝加竜骨牡蠣湯と桃核承気湯です。
桃核は便通が一日二回くらいになるよう調節。甘麦は頓服OK。ビタミンとミネラルのサプリを一つ飲み、サウナを活用、有酸素運動して脂肪を消費していい油に入れ替えていく。物質的にできるのはそれくらいで、あとは瞑想でも心理学でもうまく組み込んでください。

>1/8 3:53さん
そのうちメールします。これまでどろどろに書いた中身、それを聞くのもまた一興です。

>1/8 6:38さん
私は異端だとは思ってないです。カルトに扱われる裏の裏まで知っているからです。福島が爆発するまで放射能の危険性を訴える人間は、「ただのアホ」でした。これからはそうではなくなるでしょう。
そしてもう一つ、これは矛盾しますが、私が私で事を為そうとは思っていません。こんなくそ医者が先頭に立っていいはずはない。いずれ揚げ足を取られてつぶされます。それでいいと思うし、その後さらに進化した理論を引っさげて、誰かが活動するでしょう。世の流れはそんなものです。



No title

東洋医さん
抑うつ気分や自責の念、罪悪感、気力や思考力の低下などが
中心の症状だった従来の鬱病に対して、新型うつ病と言うものが
最近話題になってますね。
自分にとって都合が悪いことがあると調子が悪くなり、好きなこと
があると調子が良くなる。要するに仕事中だけうつ病の症状を
呈し、会社を出ると元気になるのだ。また、自己中心的で他罰的
という特徴が見られるとか。従来のうつ病とは全く対照的ですよ
ね。
休職中に旅行に行き、その写真などをブログにアップするようで
すが、昔の考えを持つ上司には受け入れがたいようで、叱責して
逆に当事者から反論されて問題になるとか。
こんなのは本当に病気なのでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

とりあえず返答したので人間として最低というのは撤回。
(逃げてばかりということにしてはごめんなさい。だけど、結局下記の内容から人間として自分は最低とおもう。だからとりあえずとついています。)
ただ、本人(患者)に逃げる力がない場合援助しないとというのは個人的に頂けない。人として虐待と同じように助ける必要があるのでは?
”かっこいい”言い方をするならば、精神科とはちがうフレームワークで援助するべきだと思うのだが。

パッと見ただけでビックリなのがみなさんすごい量処方されてますね。僕の二倍以上、治療どころか殺人的あの量から断薬できるんですね。今年もがんばってください。

No title

>ファンデーションさん
あなたの言うことは正しい。特に「精神科とはちがうフレームワークで援助するべきだと思う」の点。そもそも医師があれもこれもタッチして、お膳立てするなどということ自体おかしい。外国ならCCHRでなくても沢山の団体が、いろんなやり方で精神医療被害に対して活動している。もちろんそれもボランティアなどではなく、寄付金を基本とした法人として、立派な仕事として成立している。日本で寄付金が望めないなら、それを仕事として成立するような組織を作ればいい。それが今年の私の役割だと思っています。それなら医師だけでなく多くの人がからむし、雇用も創出されるし、何でもただやってくれるだけの組織でもないから、患者や家族にも責任が生じてくる(虐待に問題で児童相談所に全責任があるなんてありえない話)。存在そのものが精神医療に対して抑止力となってくる。

ただほど高いものはない。誰かがどこかで結局つぶれる。結果的に社会的損失にもなる。かつてブラックジャックは助ける代わりに多額の金銭を要求し、助けた命がそこまで安いのかと毒づいていたが、まさにこれと同じ。ブラックジャックの気なんてさらさらないけど、ボランティアでやってる人間なんて私は信じない。裏がないはずがないから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ある人に教えてもらいました。

遅発性ジスキネジアはホントに難治で、でたらまあ消えないというたぐいのものですが、アメリカでは訴訟対象、専門の弁護士による相談もあるそうです。日本もこのようになってくれればいいのですが。こんな薬剤性の遅発性ジスキネジアに、また別に薬(結局精神薬になる)を投与するってこと自体、ナンセンスの極みだと思うのは私だけでしょうか?

HiCow 遅発性ジスキネジア http://jp.hicow.com/l

かつて医療過誤にあい、訴訟をしたら勝つと言われたけど、さまざまなことを考えると、訴訟はできず。一生それに悩まされ、人生が変わりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

HiCowの遅発性ジスキネジアの件ですが、リンクうまく書けませんが  ↓  自動翻訳です。(関連記事参照です)

http://jp.hicow.com/%E9%81%85%E7%99%BA%E6%80%A7%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%82%A2/%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%AE%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E6%B3%95%E5%BE%8B-2455153.html

No title

>18:45さん
便通が整うように61の量を調節してもらえばいいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

セロクエル

セロクエル減薬してるものです
勝手に減薬はじめました
医者には統合失調症でもないのに
この薬25ミリだされ
からだがだるく体が気持ちわるくなる症状がありやめたいと言いましたが聞いてくれなくて出されつづけました
信用できなくなり薬をやめると
手足の強い痺れ  体のきもちわるさ ぴくつき 脳がしびれるかんじ 本当につらいです セロクエルのただしいやめかたはないでしょうか?
本当にどうすればいいかわかりません

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

抗精神病薬(リスとエビリファイ)を7年くらい飲み、内海先生のお力を借りて、現在は断薬しています。更年期世代の女性です。
先日骨密度を測ったら、安全ラインよりわずかに下という結果でした。
経済的な事情で栄養に気を配れない時期もありましたが、測定前の1年くらいは断薬も終わり食事に気をつけていたつもりです。
服薬量は多量とまで言えませんでしたが、7年と長期だったせいか、高プロラクチン血症の症状が出てました。
なので骨密度の低下の原因として、ホルモン分泌異常を疑い、ネットで少々調べたところ、女性の閉経後のような状態を、精神薬が作り出すようだという研究結果をみつけました。
骨粗鬆症が抗精神病薬服薬者に多いというのは、男性にもあてはまるようで、男性については原因は不明、運動不足や喫煙、ビタミンD不足等か?などと書かれていましたが、そんなのは普通の生活をしている多くの人がそうで、それなら皆が骨粗鬆症になってなくちゃなりません。
どうみても病的な肥満についても、薬のせいで食欲が出て食べ過ぎる一方で、運動する意欲は減るから太るのだ、などと言われたりネットや本に書かれてましたが、それは多分ウソです。服薬時とほぼ同様の食事内容と量、運動量なのに、服薬時よりも10kgくらい少ない体重をキープしています。
精神薬は、脳の微妙なバランスを崩し、脳をはじめ体の様々な箇所の異常をひきおこす、ということを自分の体で実体験しました。副作用ではなく、これも主作用なのだと私は思っています。体重は薬をやめると比較的すぐ戻るようですが、骨やその他(私は気づいてないような様々な不具合)は、自然な状態に戻すのにおそらくかなり時間が必要です。できることなら薬は飲まないのが一番と思います。



プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR