特ダネと情報発信

もうすぐ特ダネの画像もyou tubeでアップされるかなあ。内容として踏み込みが浅かったのは確かですが、アリスパパも指摘したように、長い間この問題に取り組んできた人たちからすれば、隔世の感があるはずです。それに比べて私は、セカンドを含めて被害を拡大してた人間ですし、若いし自分から始めたことでもないので、真似事だ二番煎じだ盗用だ売名だといろいろいわれても仕方ないですね。別に間違ってもいません。ただ今共闘している人たち以外は、結局誰も何も変えることはできませんでした。変えようとしてもウソ情報を流しまくっている人もいました。その意味で、これからもこの問題はクローズアップされていくはずですが、発信するメンツが当分変わるとは思えません。なぜかといえば知識の幅と深さが違うからです。

最近またコメント欄も旺盛で、CCHRを批判している人も結構います。別に私はサイエントロジストじゃないと何回も言っているし、高価な栄養療法などにも否定的なんですが・・・ただ彼らが発信しているデータ、論理、論文は否定しようがない現実、事実であって、それは昔から多くの被害者たちに引用されてきたことからも明らかです。どうも最近は私が憎いばかりにCCHRに矛先を変えている人が多いようですが、いくらなんでもおかしな話でしょう。

特ダネももとはCCHRとアリスパパが持ってきた企画でした。私は医師としてそれに協力しただけで、知識を若干与えたにすぎません。医療ジャーナリストの伊藤氏も、今のところ唯一精神医療問題で話が通じるジャーナリストです。スタッフもみな熱心で、なんとかマスコミ方向からも精神医療問題をという熱意がありました。きっとそういう人たちのほうが私より真面目で優秀なのです。でもなんだかんだいって次の放送があるかもわかりませんから、次の放送があるかどうか、ほかの局や番組がこの問題を取り上げるかどうかは、被害者患者さんたちの行動にかかっているとも言えます。

コメント欄にあった、まずは10000番台から潰そうという発想は間違っていないと思います。それをするためにどうすればいいか、ネットで吠えているだけでなく具体的な対策につき考えていかねばなりません。実は放送されてしまいましたから言いますが、今回私は二人の患者さんを診察しました。その両方が悪名高いクリニックの患者さんでした。10000番台ってのはこういう病院達のことをいうのでしょう。
放送されなかった方の処方は
ハルシオン(0.25)1T 1×
ベタナミン(10)2T 1×
パキシル(10)1T 1×
サインバルタ30mg 1×
リリカ(75)2T 2×

この処方をみて大半の精神科医は「普通じゃん(普通じゃないけど)」と思うはずです。良識的な精神科医は「抗うつ薬や覚醒系が多いね」と思うくらいでしょう。でも彼は精神薬の投与を望んではおらず、最初から最後までカウンセリングが希望でした。過去の記憶を整理したいのとキレやすいのをよくしたいというのが目標で、しかも最近は自分でコントロールがきくようになってきているというのです。じゃあ精神科という存在は何なのか、カウンセラーという存在は何なのか、このケースから私たちは考えなければいけない。日本では単剤少量にこだわる医師さえ少ないですが、単剤だからいいわけでもありません。所詮毒であり麻薬であり覚醒剤であることに変わりはないわけで、それでも毒を投与する価値があるのかどうか、考えている精神科医など日本にほとんどいない。いても数十人いるかどうかでしょうが、そういう人たち以外精神科医を名乗れないように、国のシステムから構築しなければいけません。そしてその数十人の精神科医さえ厳重に監視されるようにしなければいけません。なぜなら洗脳を最も得意とする人間たちだからです。
 
ちなみにベタナミンはまぎれもない医療用覚醒剤、パキシルとサインバルタは抗うつ薬でこれもハイにさせる薬です。それをキレやすいと自覚している人に処方する、一体どうなるか皆さん想像つきますね。この人は何人もの精神科医、看護士、福祉士、相談員、役所の人、果ては友人にまで「薬がおかしくないか、精神科の治療はおかしくないか」と相談しました。答えは決まって「精神科医が正しいと思う」でした。誰も味方してくれなかった、自分の独りよがりでなくネットでいろいろ調べてさえ、誰も聞いてくれなかったと彼は述懐しました。フジテレビに出会えたのは一種僥倖だといえます。

精神科医というのはどこまでいっても強者であり、今後我々はその立場そのものを崩さねばなりません。そこに良心的とか良識的とかいう言葉は存在しない。もし仮に善なる心を持っていたとしても、それを前提にして組まれる精神科システムなどというのは、不確実の限りなのです。だから性悪説を基本として、常に精神科医自身が見張られていなければいけない。今やっていることはそれらのほんの準備段階にすぎず、精神科医が正しいなどという洗脳からまず一般人を解き放つという行為にすぎません。どんな精神科医でさえ精神科医である以上「悪」であり、主観を武器とする強者であり、こんなにたくさん存在してはいけないシロモノなのです。このことをメディア、ジャーナリズム、著書、講演、その他含めてどこまで発信していけるのか。今後のほうが課題大です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

御説ごもっともです

ではこれからは仲良くやりましょう
下らぬ事はお互いしてはいけませんね
それが紳士というものです
宜しくお願い致します
別に先生が嫌いなわけではありませんので念の為
患者より

とくだねとは違う番組で

面白い動画を発見♪知らない人は参考になるかも

http://www.youtube.com/watch?v=8FIclMdQxME&feature=player_embedded#!

御説ごもっともです2

東洋医さんには、とりあえず反精神医療的活動をするばかりでなく、
被害者補償、救済に尽力して頂きたいと思います。
今は被害縮小のための役割は果たしていても、けっして
被害者救済をしているわけではありません。
いくらかなりとも自分から率先して被害者補償、救済をして欲しいです。
被害者にも非があるとしても、やはり被害者は被害者、加害者は加害者です。

裁判で勝たなければ、補償は受けれらないというのは
本来おかしなことであり、主客転倒、ある意味間違っています。
第三者の判断は必要ですが。
医者としての立場や権威があるからには、やはり責任はあるでしょう。
マッチからポンプに持ち替えた火事場泥棒はすべきではありません。
このまま、一般の精神科医も東洋医さんの真似をして、後に続いて
逃げるのでは、患者は浮かばれません。
精神科医が真似をするのにふさわしい言動をして欲しいと思います。

私は被害者ではないし、責める気はなく期待していますが。
弱肉強食なんて言える立場では無いですよ。現実がそうであっても。
良い意味で、精神科医のリーダー、模範になって欲しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>2:47、3:01さん

まっとうな意見だと思いますよ。でもそういう人たちも必ず因果応報を迎えますから。
だから一生懸命見抜く必要もないのです。

No title

大勢の人、目の前の人、どのように助けていくかということは少し難しいですよね。

22:44の方も、人を助けたいという思いが強いのでしょうから、よい人助けが出来るといいですね。

わかっている人にはもうわかると思いますが、この分野にまだ経験を積んでいない方々も見ていると思いますので、念のために、この分野の戦い方を伝えておきます。

被害者救済に力をかけると、精神医療業界の流れは全く進展せぬまま、患者は増大して被害はあふれだして、救われた人はごくわずか。
という結果になると思います。


例えるなら、
殺人鬼が変装して(白衣を着て)街を歩いていて、街の人たちは次々と殺されている。(薬物で)

あなたはその場にいて、その殺人鬼の変装を見破る知識があり、屈強な武術の知識ももっていて(CCHRの動画とか、統計数値とかの知識)、殺人鬼と対決しても負けない力がある。

なのに、あなたは殺人鬼が刺した被害者を手当するのに忙しくて、誰も殺人鬼を止める事は出来ず。

一人は救った。でも、その間に、15人くらい死んじゃった。

はじめから、殺人鬼を止めていれば…


まあ、こんなしょーもない例え話です。

東洋医先生は、会ったこともない大勢の人も、薬害にあわないように気をつけるように精神医療に警鐘を鳴らして、医者業界から反発を受ける危険を顧みず戦っています。

そして、診察したりネットで診察出来る体制をとったりと、ひとりひとりを助けることもされておられます。

ここまで模範的な方を私は見たことないです。

東洋医先生に模範を指示するよりも、ご自身がより模範となる行動をとってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

一回目の特ダネ放送

http://www.youtube.com/watch?v=mmbK-tWpv8w

No title

精神医療被害者です。
2011-11-10 14:07 さん!
本当に感謝!!
これでやっと
見逃した友人(あの時間帯は視聴がとても難しい人多し!)
に伝えることができます。
東洋医先生の周りには人を救いたいという熱い思いの
優しくて素敵な人達が溢れてるんですね。
この殺伐な世の中にあって冷たくて凍りそうな心が
少しずつ解けていくのを感じます。

No title

>13:23さん
いるでしょうね。よくわかります。
だから私は精神医療全廃を訴えるということでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

特ダネ放送に感謝

2011-11-10 14:07 さん

>一回目の特ダネ放送
http://www.youtube.com/watch?v=mmbK-tWpv8w

感激しました。見過ごしていたので待ち望んでいました。ありがとうございます。こういうのを待ってました!
薬害の症状が見えることって本当に大事ですね。たいへん分かりやすかったです。出演された患者さんとご家族の勇気と英断に感謝のきわみです。
2歳児への処方なんてむごすぎる!すごいことが日本でも行われているんですね。
清水医師は良心的な方なのでしょうけど、幼児から少年期は投薬禁止と断言して頂きたかった。

この報道が画期的で有益だったのは内海医師の出番ですね♪
減薬し、薬が一切なくなって改善したという人の事例紹
介は、精神医学界に衝撃を与えたと思います。嬉しくなりました。

副作用のむごさの映像と薬をなくして改善した事例映像、二律背反的に減薬「治療」とありましたが、治療というか、殺人に相当する犯罪処方を改善治療したわけですね。

東洋医先生、稀なお立場ですが正義と真実の支持者拡大です。がんばってくださいね~

漢方治療で、穏やかに改善していくのが体にはいいと思います。
その前に悪処方の改善があり、その治療まで請け負っているのですから大変。
家族としても、漢方治療のゆるやかさを覚悟して、向精神薬からの離脱を一緒に闘っていく決意が大事との感想を持ちました。私も色んな人に見てもらうよう呼びかけます。

第二回目のUTアップが待ち遠しいです。
ありがとうございました。

No title

>satoshiさん

沢山の人を救う為に瀕死の一人を見捨てなければいけないのでしょうか・・・。

そしてみな、救われたいのでしょうか・・・。

沢山の命を救うためなら一つの命は犠牲にする・・・。

世の中が精神科ユーザーさん達にしてきたことと同じことのように思えました。

世の中の為、国が発展するためなら精神科の患者さんには我慢して貰おう!!

みたいな。

何だか勝手な解釈かも知れませんが自ら闘っている身としてはとても哀しくなりました。

闘っていてもそういう理由でいつか捨てられてしまうのなら

誰も闘いたい気持ちになんてならないハズです。

ちょっと裁判で闘っていることが馬鹿らしく思えてきました・・・。

てぃあさんへ
意図はありませんでしたが、馬鹿らしく感じさせてしまった事、すいません。

瀕死の重傷の方の横を素通りしていくはという場面では、殺人鬼を止めようとしている人も、無関心で何もしようとしない通行人も同じようにみえますよね。

お気持ち、伝わりました。教えてくださり、ありがとうございます。

瀕死の方を助ける行為は、なかなか出来る事ではないので、すばらしい事です。みんなが互いに助けあえる社会になって欲しいです。

闘える強い力をお持ちなのですね。
不正に立ち向かう気持ちを大切にしてください。

ナイスママさんへ
以前の書き込み。ありがとうございます。

No title

>てぃあさんへ
答えになってないかもしれませんが、一つはそれぞれがそれぞれの役割を果たすというのが大事かと思います。精神医療裁判はアリスパパが引っ張ってくれていますし、理解ある弁護士さんも増えてきました。それぞれ個人で頑張っている人も応援したいですが、何せだれも踏み込んだ事がない領域ですから、ネットで情報交換するくらいしかありませんよね。連絡会や薬害オンブズパーソンがもっと広がってくれば、実地で情報交換できるようになると思うのですが。でも私は薬害オンブズパーソンとは知人がいないのです。前一回メールは送りましたが、返ってきません(^^ゞ

私は薬を抜く事と、医者として情報発信や講演会、シンポジウム、メディアで精神医療批判を行っていくことを、しばらく続けようと思います。今もいくつも企画をたてています。そのうち少しずつ明らかにしますから、それは期待してください。CCHRはこれまで通りやればいいと思いますが、私が苦言を出したように精神科医の古い歴史より、今にこだわってほしいとは思いますが。自死遺族連絡会もそれぞれ活動してくれていますし、ジャーナリズムも興味ある人が増えてきています。彼らの仕事は真実を発信していくことです。

私が被害者といわれる人たちに望む事は、声を上げること、事実を明らかにすること、そして自分たちがかわいそうというだけでなく「ではどうすればいいか」を被害者側からあきらかにすることです。被害者からすればしんどいと言われそうですが、今まで被害にあった全ての(精神医療以外の)人たちは、そうやって状況を克服してきました。味方は少なくないと思いますよ。でも精神医学に反対する人たちをもっと増やして、結集する必要があるんでしょうね。そうして根っこをたたきつぶさない限り、この被害は永久に続くということですから。

No title

①そもそもなんでこんな事になってるの?
 コミュニケーション広場を見てなかったから分らない・・・。

②特ダネ見たけどあの看護師さんのような人皆無に等しい。
 確かにもう来なくて良いよなんて医師もほとんどいない。

③寝る前のべゲタミンA(赤)とB(白)3錠飲んでた時期があったけどなかなか寝れなかったのは何故?追加でB1錠出してもらったりしてた。
(A、Bどっちが1錠でどっちが2錠だったか覚えてない。その他一緒に飲んでた薬の名前も分らない。)

薬は貯まるとトイレに、それか大量服薬で何度か入院。
お薬手帳作る気もなく作った事ない。もらう薬の説明書きの紙はいつもゴミ箱へ。

覚えている飲んだ薬(あとは分らない)
アモバン、サイレース、アナフラニール、コントミン、セレネース、
ドグマチール、レボトミン、リスパダール、ジプレキサ、セロクエル

家族関係での感情が抑えられなかっただけ、ただ生きてただけ。
薬が効いていると感じたのはよだれ、ろれつ回らず、朝起きてもぼ~っとする等だけ。

頭の電気前の睡眠薬?注射は病みつきになった。
◎あれ今打ってほしい♪◎
(す~っと冷たくて普段の睡眠より目覚めも良い)
長い間1人で何かと戦って自暴自棄、誰にも何も話さない状況だった。

⑤心理テストに疑問。
小学校3年でなんの為に勉強するのか疑問。
小中学校では授業中に軍事、三國志、戦国物の勉強。ろくに学校の勉強なんてしていない私にとって漢字の意味を答えるなんて感覚でしか分らん。みんな正確な診断出るの?

⑥毎日電車に乗れない、偏りが強くて好きな職種以外続かない。
スーツでお堅い出勤なんてのは無理、作業服や私服でないと。
その為に必要な資格及び付帯する資格も多種取得したけど、
近所で探しても無い。仕方がないから付帯用の資格で働いたけど1日で辞めました。

自分でも甘えと考えたり悩むのだけれどもう無理です。
給料の面も大切なんだなぁと実感しました。
現在32歳、過去に厚生年金払ったのは6カ月、どの道希望はありません。
家でゲーム、本を読んで今を楽しむ事にしています。
どうなっても構わないので今のうちに楽しめるだけ楽しんでおきます。
あとは合法麻薬でラリってみたい気持ち。
疲れた。

No title

娘が殺されそうになった超有名大学病院はなんと
Eメールの受付口もないのですよ。これってありですか?
立派なHPがあるくせに。
そこで精神科教授の研究室詰め所のEメールにこちらの画像を送りつけることにしました。
秘書さんが教授に転送してくれると約束してくれました。

さて、どんな反応を見せるのか?楽しみです。
この超有名大学病院の被害者の数は膨大です。
ここだけでも単剤、ゼロ剤にして、いつかは精神病棟閉鎖にしてくれたなら、
どれだけ殺される人(生命的+社会的)が減ることでしょう?

日本の宝物=【一回目の特ダネ放送
http://www.youtube.com/watch?v=mmbK-tWpv8w

伏せ字

そういう被害者の声を出すときに、
「超有名大学病院」って伏せ字にする必要ないんじゃないかと、私は思ってます。

ま。明らかにしたら逆襲を受ける可能性が高まるわけなので、東洋医先生にご迷惑はかけられないので、よかったらうちのブログで、その「超有名大学病院」がどこかを明らかにしていただけたらと思います。
もしくは内緒コメントでどうぞ。

精神医学は医学じゃないです[合法麻薬販売産業です] - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/satoshi_3210

なぜ真実を伝えるのに伏せ字にしなければならんのかと…
私には不思議でならないっす。

東大ですか、女子医大?浜松医大?

まあ、いいや。営業妨害とか名誉毀損で訴えられたら、騒ぎになってチャンスになるかもしれませんので、うちのブログでは伏せ字にせずににして欲しい所です。
※相手にばれたら証拠隠滅などを図りそうな情報の場合は、機密にしておいた方が情報を正しく利用できるので、消しますけど。

病院にEメールの受付口がない事は、諸事情あるでしょうから、ありかなしかというと、別にありだと思いますが、
>娘が殺されそうになった
こっちが「無し」でしょう。

No title

家族さん、それは期待しちゃダメ!
当然秘書もグルだよ!

No title

>satoshiさん
>東洋医さん

コメントの返信ありがとうございました。

わたしは今回satoshiさんに自分が感じたことをハッキリ伝えられて良い経験になりました。

色々反論のような異論を述べていますが決してそうだからと言って

satoshiさんが悪意に満ちているだとかは思いませんので。

ただ、声を上げた当人としては

こういう間での誤解と言うか感覚の違いを明確に伝えることも重要なことでは無いかと最近思え

最近は色々な方に当事者としての異論、反論をする重要性を感じ

アリスパパさんを始め色々な方にまずは伝えはじめたところです。

ですから今回はこのようなやりとりが出来たこと、

とても感謝しています。

それから東洋医さん。

「ではどうすればいいか」。

わたしはひとまず自分の置かれた立場での出来事を

ネットという手段ではありますが発信していきたいと思っています。

ま、ただ患者の戯言としてかなりスルーはされそうですが^^

そして着々と自分の裁判をとにかく闘い抜きたいと思ってます。




お2人からの返信コメント、

本当にありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

薬害オンブスパースンの事

情報あります。
後ほど、メールします。

No title

16:04さんへ
いいっちゃいいんですが、今は控えた方がいいかも。相手は巨大ですし金もありますから。
ちょっと先になりますがいい企画を考えてますので、そこまでお待ちくださいな。

被害救済と啓蒙活動

>satoshiさん

レス、こちらこそ、ありがとうございます。
おっしゃる通りです。
また、東洋医さんの言葉通り、立場の役割がそれぞれにありますね。そのうち、連帯していけるだろうし支援組織づくりも希望大です。

>てぃあさん、
>私が被害者といわれる人たちに望む事は、声を上げること、事実を明らかにすること、そして自分たちがかわいそうというだけでなく「ではどうすればいいか」を被害者側からあきらかにすることです。

素晴らしいですね。感動しました。てぃあさんのブログも拝見しました。いくつもの苦難を乗り越えてこられて、それ以上に、本人訴訟なんて、すごいです。
甘えていた私を自覚しました。励まされましたよ~
うちも訴訟準備です。もっと詳細に調べなくてはね。ありがとう♪


追記:
>信繁さんへ
>どうなっても構わないので今のうちに楽しめるだけ楽しんでおきます。あとは合法麻薬でラリってみたい気持ち。疲れた。

そういうときもありますよね。今年の3.11以降、災害の恐怖とその後の植民地政策のお馬鹿政治日本に、同じ思いがしました。大いに楽しんでください。でも、楽しみ方の方向が、ちょっと変でない?
ラリっていいけど、合法麻薬続き(向精神薬も)、人生の楽しみにするにはもったいなくない? もうちょっと楽しい方法ないの?

東日本震災被災者のある幼い女の子は、海を見つめて流されたお母さんを求めて「お母さん~」と何度も何度も訴えていました。その姿をみて大人たちの作ってきた日本の罪に怒りと我が身の無力感にさいなまれながらも、涙でいっぱいになりました。
この子は周囲の支えにもお母さんの存在に及ばないだろうけど、でも生きている。生きていれば、いつか自分の存在の大切さがわかる日がくる。そう祈りました。

命の限界を知った被災地の方々と精神障害の体験は等しい。人が本当に楽しめるとき、幸せを感じるとき、それは自分の存在を、自分の主張や思いを分かってもらえたとき、自分を求める人がいると信頼できたとき、ではないかな~と。
原発反対デモに参加して仲間たちを求めるってのも、いいかもね。

足元固めのため、ネットから少し離れます。ではまた~

No title

この情報はすごく役立つと思うのですが・・・

声をあげよう!医療事故 ~第11回 医療事故全国一斉相談受付~◆実施の趣旨
全国各地の医療事故被害者が被害回復に向けて声をあげることができるよう、患者側で活動する弁護士が全国一斉に電話で相談を受け付け、被害実態の把握、医療被害者の救済を目的として、1991年から2年に1度実施しています。
◆実施要領
日時:2011年11月26日(土曜日)午前10時~午後3時
全国50箇所に電話受付窓口を設置し、それぞれ地元の弁護士が電話で概要を聴取し、希望者には、後日弁護士による面接相談(初回相談料は無料)を実施します。
◆東京は以下の電話番号で受け付けます。
医療問題弁護団 03-5698-7511(当日のみの電話番号)
医療事故研究会 03-3433-1330(当日のみの電話番号)

※全国各地の受付電話番号は、医療事故情報センターのホームページをご覧下さい。
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/2011110madoguchi.html
  
医療問題弁護団HPより転載

No title

>東洋医さん

精神医療の特殊性がこういう相談の時もとても壁になりました。

普通の弁護士さんは精神科の劣悪な環境知りませんし^^

そして他科には無い強制入院やどうしても精神保健福祉法が絡んでくるし・・・。

精神医療の医療事故を扱える弁護士さんがそこに居るかどうかだと思えました。

他科の医療過誤なら十分相談できるのだと思いますが^^


ちなみにわたしはそれでも納得できずk​e​b​i​c​h​a​nさんに相談して

今の弁護士さんを紹介していただきました^^

わたしが数年前、『医療過誤問題研究会』というところや

他、無料の医療過誤相談に相談して手応えが薄かった経験があるので

期待し過ぎない程度で行かれたら丁度良いかもです。

そして思ったような結果が出なかったとしてもそこで諦めないことですかね^^

とにかく参考まで・・・。

No title

私も当初は,医療事故情報センターを利用しました。しかし,結局世の中,裁判をやれる者は金のある者と思い知らされました。

弁護士との初回面接で,自分で入手したカルテのコピーをもとに医療過誤を伝えきるのに2時間30分,2万6250円の出費。ここでやっとカルテの証拠保全をしましょうと言うことで,証拠保全の「着手金」だけで30万円。成功報酬と,実際の裁判の着手金は別ですよ。しかも忙しいから,証拠保全は一月以上先とか。「支払ができないなら受任できません」とはっきり。結局,医療事故情報センターとは関係ない弁護士が,格安で証拠保全費用込みの着手金50万円で,しかも月5万円の分割払いでOKということで依頼しました。しかし,別途諸費用が30万円近く必要です。他に,裁判所に納める印紙が私の場合17万円かかりました。

高額な弁護士費用を支払えないために,勝てる裁判ができないという被害者は多数存在します。そういう被害者に,なんらかの支援をできないかとアリスパパさんと話し合っており,そのことも精神医療被害連絡会の趣旨でもあるのです。

No title

やはり国賠訴訟、集団訴訟ですよ・・・
って何回も言うなって感じですか(-_-;)

軍資金いるんですね(TT)

早く働いて軍資金ためます。
なんとかしないと、まだ病院にいる知り合った人達がどんどん
薬漬けにされてしまう

とくダネ!

YouTubeにupしてくださった方有難うございます。

http://www.youtube.com/watch?v=tYXpDbO64ho&feature=related

No title

東洋医さんは精神科医だったんですか???????????精神保健指定医お持ちなんですか?いつどこで精神科トレーニングなさったの?精神科での経験がプロフィールには無いので消化器内科だとおもってました。ビックリです。

No title

東洋医の先生は精神科医撲滅運動されてるようですけど、私が精神薬(数種類)いただいてるのは消化器内科です。消化器内科や内科まで撲滅するんですか?テレビで先生が精神薬は良くないと言うので東洋医さんに相談に行ったら、脳が破壊されているから前医に戻りなさい。とおしゃっるので消化器内科に戻って今も服用しています。消化器内科まで撲滅されては行き場がありません

精神保健指定医?

精神保健指定医をもってない精神科医は沢山いるのでは?
内海医師は心療内科で精神疾患の診断治療されているのでは?
精神保健指定医の資格は、措置入院時に使われるのが有名。2名の指定医が措置入院時に、入院や退院時の判断をする免許の価値ってどうなんでしょうか?

No title

私は純粋な精神科トレーニングなどしたこともありませんよ。基本的に私は内科医で、すべて独学です。アリスパパやナイスママやkebichanたちのように、全部自分で調べて覚えました。だからいろんな真実に近づけたとも思うし、内科医であることに感謝しています。

No title

最初に抗不安薬や睡眠薬を出すのは、精神科ではないことが多いですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

眼科医でも精神科医なのれるのでしょう?僕はきちんとした病院で研修を受けたひとに診てほしいので、専門医とか精神保健指定医と書いてあるとろに行ってます。以前、産婦人科、心療内科、内科と書いてあるところに行ってひどいめにあったからね。精神科医と名乗る人のみでは信用できません。本人が独学でどのくらい学べたかなんてホームページ見たって講演聞いたってわかるわけないでしょう?何で選ぶかは個人の自由でしょ。

No title

変な質問ですみませんが、アリスババとかナイスママとかって何ですかコメントするひとのハンドルネームですか?何を調べて覚えたのですか?医学書って膨大だろうし、臨床実験なんかも調べたのですか、すごいですね。ここのしか読んでないのでよくわかりません。どこのタイトル読めばわかりますか?
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR