FC2ブログ

ホワイト国の問題と裏側

FBFの整理が800人まで済んだ。疲れるわw。
全部見て思ったけど本気で日本人終わってるなw。

ホワイト国の問題は大きな問題らしいですが、これについて各メディアはそれほど報道していません。理由の第一はわかりにくく国民に関心がないだろうからであり(なんせこの投票率の国ですから)、二番目は韓国になびくことしかメディアの頭にないからです。この問題は今回の選挙結果とも結びついており、今の日本の金融資本にどう扱われるか、今後の世界情勢とも関係していくので考えてみましょう。

そもそもホワイト国とは何なのか、わかる人にはすいませんが、簡単に述べると外交として輸出入をしている国でも、信頼できる国と信頼できない国があります。武器利用や転用などをしなそうという判断が必要になり、規制があるわけですが日本には相手が信用できる=厳格に規制を実施していると認めた国が27か国あり、それをホワイト国と呼んできました。アジアは韓国だけでした。

ホワイト国除外によって、韓国への輸出は軍事転用可能な「1000品目以上」の物資に対して個別の許可が必要になるため、韓国産業界は痛手を被るだろうと言われています。政府発表では韓国から、大量破壊兵器や生物化学兵器などの製造に転用可能な戦略物資が、北朝鮮と友好関係にあるイランやシリア、パキスタンなどに不正輸出された疑いがあり、最初に半導体素材3品目の輸出管理の見直しが発表され、1カ月後にホワイト国から除外されました。

しかしこれは建前ですね。実質上は韓国への報復になるでしょう。表面的でわかりやすいのは徴用工問題です。詳しくは自分でお調べいただきたいですが、いまさら徴用工の請求問題が出てくるのはおかしいと言われ続けてきました。1965年の日韓請求権協定、盧武鉉政権下の変化(ちなみに文在寅大統領は当時大統領府の高官)、
2018年の大法院判決などでお調べください。

現在、日本企業の資産はすでに差し押さえられているとのことで、実害に及んでいると報道されています。これらが国際法違反状態の放置であることは、保守系の論客がすでに指摘しているところです。プラス韓国国会議長による「天皇謝罪発言」、駆逐艦による海自P1哨戒機への火器管制用レーダー照射問題、により歴史上最悪の状態になっていると言われます。

しかしそもそもを考えれば当たり前のことです。アベシは史上最悪の総理大臣と揶揄され、軍国主義と戦前回帰をもくろむ人物、お仲間優遇と企業団優遇で叩かれる違法度最強の政治家です。比して文在寅大統領は反日で有名な人物。「親日清算」なる言葉を作って徹底的に日本を叩いています。金九(1896年朝鮮で旧日本軍中尉(=行商人説もある)を惨殺し投獄された)の記念館で閣議を開いています。

伊藤博文元首相を暗殺し死刑となった安重根らの墓も参拝しています。そして重要なのは日本に一定の理解を示す保守派の論客や議員も排除も進行させているということです。一説には韓国の「文化大革命」とも揶揄されています。ちなみに韓国の鄭斗彦元セヌリ党(現 自由韓国党)議員が遺体で発見され、自殺とされましたがネット内では暗殺ではないかともっぱらの評判です。だからこの緊張状態は必然。

そして韓国はこの間の対応で、より反日及び反「親日」政策を推し進めました。まあ、次には武力衝突があってもおかしくない状況まで来ていると思いますが、私のような素人でなければそうは思わないのかもしれませんね。現在、韓国は日本国内にある半島側の組織を動かして、政権や保守系の攻撃を仕掛けています。これは私の妄想ではなく大手週刊誌の論客レベルでも書かれていることです。

問題はここからです。ここまでだったら私が考察する意味はありませんし、裏側の情報を集める意味もありません。まず問題をこれだけで見ないようにすることが大事です。現在の政治状況、参議院選挙の結果、右翼や保守の腐敗と左翼の跳梁跋扈、陰謀論的な考察も兼ねながらこの状況を観察する必要があります。その理解には以前の私の記事を読んでもらわないと無理かもしれません。

かいつまんでだけ書いておくと、日本におけるアメリカ支配、アメリカだけでなく日本は中国や韓国の支配を受けていること、自民が中国に日本を売却していること、日本の畜産時期は終わり刈取りの時期でしかないこと、日本と半島は裏で通じていること、芸能界メディア界と半島はつながっていること、共産主義革命と極左が狙っていることは何か、を最低限知る必要があります。

ま、普通にガキっぽい発想で考えたら、あれだけ反日している韓国ですから、ホワイト国認定を外されても当然なのですが、相手がキレている理由は表向き「経済的不利益を被る」なだけであって、本心は「日本を実質支配しているのは韓国や半島利権なのだから、奴隷がお上に逆らって規制とは許しがたい」という発想です。ホワイト国を認定するのは日本、筋だけでいえば韓国が対抗して日本をホワイト国認定から除外すればいいわけで。しかしできないわけですね。

しかもホワイト国除外と言ってもグループAからBというのにおとされただけで、最優遇でなくなっただけ。なんでここまでキレるのか、裏心理から考える必要があります。アメリカ様、韓国は日本から甘い汁吸ってもいいって言ったではありませんか、なんで私たちが甘い汁吸えなくなるんですか、困りますよってクレームでしょうか。だから、これが結局韓国と日本の問題かというとそうでないことに深刻さがあるのです。

そもそも日本はアメリカの属国と言われていますが、韓国もまたアメリカの属国です。そして軍需産業は北と南で戦争させたくてしょうがありませんでした。それは今のところ鎮静化していますがまだまだわかりません。しかし軍需産業は常に戦争させていないとダメなのです。人間は愚かな生き物であり、すぐに争いを起こしますからたぶらかすのは簡単であり、中台問題も日中問題も中東南アジア問題も同じ、そして実行段階移してきたのが日韓問題だと言えるでしょう。

竹島問題とか日本人は忘れちゃいましたよね。竹島はあげちゃえばよいとか(笑)。日本には親中親韓だとか、そのものではないかとも噂される政治家ばかり、その出自も明らかにできない法律になっていますがなぜだかわかってますか?日本人の政治家は中国に何人いるでしょう?韓国に何人いるでしょう?どれだけの情報工作を施され、スパイ的な人々が入り込んでいるかわかりますか?この国が左右の両国にとってオイシイ国だからですよ。

日本が分割されるのは前々から決まっていたことなのです。中国共産党の2020年計画を知っていますか?腐敗した親米の似非保守はアメリカの犬となり、次には中国の犬となった。嘘つき左翼は人を引き込むときに理想論とばらまきで引き込むのが基本、そして知らぬうちに引き込まれたバカはスパイ化し、自分たちは日本のために動いていると思い込んでやっているのは半島のため、ガス抜きのため。どちらもヤラセのプロレスです。

それで考えを止めてしまっては意味がありません。この似非保守も嘘つき左翼も操っているのが多国籍企業だったり、金融資本だったり、全世界の共産主義者だったりNWO論者です。工作員が―というなら誰が工作員とかわかってますか?アホンジンのカスたちはこんなこともわからないし、わかったふりをしている輩がもっと問題。分裂工作とかサードパーソンとか言うのがカスの基本。当事者が分裂工作の実行者だと考えることもないでしょう。

つまり、いま力を持っているものたち、それは右翼であれ左翼であれ、日本であれ韓国であれ同根なのです。似非右翼保守は売国のために動き、それに逆らって人気を得ようとするのは、韓国大統領が反日で権力を維持するのと同じだが、その命令の大元は両方一緒。どちらに味方しても行きつく先は同じで滅亡のみです。独立とはアメリカからの独立と中韓からの独立の両方を意味しますが、これを理解できる人は日本にはまだごく少数でしょう。

ま、私のようなもう放棄されたカスが語ったところですべては同じ。日本の行く末はもう変えることはできません。だって日本でも右翼か左翼かのどっちか支持者ばかりでしょう?ずっと昔から2020年に終わりを迎え、日本はそこからウイグルやチベットのような扱いを受ける国に代わっていくと言ってきました。すでに私はそのような扱いを受けている人たちをたくさん見ていますが、それが実生活化していくでしょう。そんなことは社会富裕層はよく知っています。

日本人は1000年レベルで華僑のような道を探るしか手がない状況になります。ま、いずれにしろ、アジアは中東よりも火薬の備蓄庫になり、あらゆる漫画や映画が描くような世界になるでしょう。ハリウッドにまで影響を与えたアニメ「攻殻機動隊」は日本本土での戦争を描き出しています。そういうのが多い世界なんですが、残念ながらそれがただの動画の世界だと思ったら大間違い。すべてはもう手遅れです。感謝も言葉もなにひとつ意味がない時代になります。すべては自業自得です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR