FC2ブログ

京都事件と精神科と生活保護

非常に重要なことである。

たまには専門家として真面目に書いてみよう。京都のアニメーション会社に対する放火事件があり、多くの方がお亡くなりになった。あらためてお悔やみを申し上げたい。公式発表として犯人は青葉真司容疑者とされ、過去にコンビニ強盗及び警察沙汰を繰り返していたという。しかし実は問題はそこではなく、逮捕出所後更生施設に入所していたことと、精神科に通院していたことと生活保護を受けていたことだ。

ここで素人は精神科に通院していたから精神障害があり、精神障害があったからこのような事件を起こした、と考える。残念ながら違う。ここに下手な陰謀論など入る余地はない。まだ服薬歴その他が分からないのだが、もし精神薬を飲んだり他の治療(ではないが)を施されていたのであれば、その治療と呼ばれる行為こそがこの事件を引き起こしたと考えられる。これは陰謀論ではなく単純な科学的考察にすぎない。

すでに多数述べてきたように精神薬は麻薬や覚せい剤であり、これを飲めば飲むほどに脳は破壊され、思考能力は低下し人格は破壊され、いわゆるヤク中となり衝動的になり、一般人には意味不明な行動をとるようになる。これまで多くの事件で精神科の服薬歴があることが証明されてきた。アメリカで有名なコロンバイン高の銃乱射事件も、抗うつ薬を飲んでいる子どもが引き起こしたものだ。

ほんの一例だが、以下のような事件が、精神薬摂取後に発生している。
(順不同)
・大阪池田、国立池田小学校に乱入し児童を殺傷した事件
・寝屋川、母校の小学校に乱入し教諭を刺殺した事件
・宇治、塾講師による小6女児殺害事件
・会津若松、母親の首をのこぎりで切断し殺害した事件
・横浜、2歳の女児をいきなり襲った事件
・池袋、東急ハンズ前での通り魔事件
・アメリカ、大学構内での銃乱射事件(複数件発生)
・西鉄バス、バスジャック・乗客刺殺事件
・全日空機内、ハイジャック・機長殺害事件
・川崎、マンション15階から子供を投げ落とす事件
・奈良、幼女誘拐殺人事件
・秋田、自分及び友だちの子供を殺人した事件
・長崎、少年による駐車場から幼児を投げ落とす事件
・長久手、自宅に篭城し警察官を射殺した事件
・豊中、中学生らがカマを持った自転車の男に襲われた通り魔事件
・渋谷、、少年による金属バット通り魔事件
・下関、駅で8人に包丁で切り付け、5人を殺害した事件
・御代田、妻による一家殺人事件
・吹田、千里郵便局員によるタクシー運転手殺害事件
・延岡、男に高校生5人組に刃物で襲われ死亡した事件
・習志野、息子が逃げる両親を追いかけて路上で殺害した事件
・佐世保、スポーツクラブ内での銃乱射殺人事件
・品川区、商店街で男子生徒が両手に包丁を持ち通行人5人に襲いかかた事件。
・八戸、長男が母親・次男・長女を刃物で殺害し、アパートに放火したした事件。
・徳島、長女が母親と弟・妹などを包丁で首などを刺して殺傷した事件。
・相模原、57歳の女性が、自宅で子供を殺害した事件。
・文京区、42歳の女が、2人と遊んでいた小1女児に突然包丁で切りつけた事件。
・坂戸、12階建てマンションから、26歳の双子姉妹が飛び降り死亡した事件。
・藤沢、33歳の主婦が我が子を投げ落とした後、自らも飛び降りた事件。

よく勘違いされているが、統計上、日本で殺人事件は減っている。しかしニュースで報じられるような理解しがたい事件は増えている印象だ。これはなかなか統計だけで決められるものではない。ニュースキャスターも「なぜこんな事件を起こすかわからない」と言っていないか?確かにそれは増えているが、バカな精神科医やカウンセラーたちは、ごまかしのため別の原因に話をすり替えている。

たしかに幼少期の家庭環境や栄養問題によって、精神が影響を受けることは多いが、現在の猟奇殺人や意味不明の事件のほとんどは、それによって起こっていることではない。少なくとも精神は病んだとしてもほぼすべてが猟奇殺人は起こさない。古くから殺人事件は多くあり報道されたが、その多くは善ではないが理解しやすいものであった。怨恨、恋愛や夫婦関係のもつれ、お金問題、利権など。

現在、意味不明の事件が多いのは薬物によって、頭がやられ衝動的になり止まらないからだ。つまりこれは精神科医と製薬会社、さらにいえば毒親の共同体によってつくられた問題である。私は精神科患者の断薬に山ほど付き合ってきたが、なぜか患者が減薬中にコンビニでの盗難をすることが多い。甘いものに惹かれるのか、目先のことしか考えられないのか、盗みやすいのか、わからないがとにかく多い。今回もコンビニ強盗歴か~と思ってしまった。

そしてそこにさらに拍車をかける問題が、生活保護である。現場を知らないきれいごとだけのウソつきたちは、バラマキのごとく生活保護の重要性を訴えるが、本当に生活保護が必要な人がいったいどれくらいか、考えたこともないのだろう。不正受給の話もあげたらきりがない。以下は神戸の代議士が告発した内容らしいが、興味がある人は見てみたらよいと思う。こういう話は日本では無視される。
https://www.youtube.com/watch?v=bah3eCpkS0E&feature=youtu.be&fbclid=IwAR3wgkcGKzwzQEJVaahciBWFL1-EqhOTKBQWW4zF1jFhex6JuFg6sNebXx8

今日は外人の不正受給が主題ではない。しかし、生活保護をどうやれば受けれるか、実際の現場では病気だからもらっているという人が圧倒的に多く、3割以上が精神科に通院しているからもらっているともいわれる。これらは必要もないのに通院させられ、ドラッグを投与され、頭が破壊され、能力を喪失し、社会で働いていくことが困難になるからだ。いや、今でも多くの精神科患者でさえ働こうと思えば働ける人がいるが、行政や医療に働いてはダメだと言われる。

ネット民や陰謀論者ごときのがわかったふりの世界で、この精神科システム、福祉システム、生活保護システムが日本破壊のための、最も重要なシステムであることなど、理解しようがないだろう。そんなこともわからず売国奴たちが日本の中で跳梁跋扈し、それをさらにアホンジンたちが応援するという構図は、まさに右も左も変わらない。アホンジンは自分がよかれと思っている行動が、日本を破壊していることに気づいていない。

生活保護は1990年代後半は90万人前後であった。現在は250万人近くいると言われている。なぜこの期間でこんなに増えたのか、ちゃんと説明できる人を見かけたことはない。経済論者のウソつきたちは格差社会や税金問題、不況その他によって起こったものと誘導するが、残念ながらこの増加はそれとほとんど関係がない。こんな詐欺師ばかりが暗躍する結果、本当に生活保護をもらってもいい人がもらえず、もらわなくていい人がどんどんもらえるようになる。

こんな素人たちが玄人のふりをして発信しているのだから、今の日本がこの状況なのは当たり前だ。残念ながらこのような痛ましい事件は、今後も繰り返されているだろう。それは社会を良くしたいというウソつきたちによって、このシステムがより力を持つからだ。児童虐待が児童相談所が強くなるほどに、ねつ造され作られていくのと同じ。この愚かしい日本の宴は全く終わる気配がなく、日本が真の意味で骨の髄まで右からも左からも、しゃぶりつくされるまで続くだろう。

もうどうしようもないのである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

起業して

糖尿病と診断されて服薬。事業を失敗して借金が嵩み、破産申告せずに、過酷な生活で結局精神不安に。医療費を無料にするためか、生活保護を受けたはずなのに、体もボロボロになって、音信不通になっている方がいます。薬に頼ってしまうことで再起できない状況になってしまったのかなと思います。

No title

シェアもいいねもできません。なぜ?

初めまして。

私は、92年頃、「精神科入院歴」を母親が役所で引き合いに出して騒いで受給となりました。
その「精神科通院歴」ってのは、単に数か月、不登校だっただけです。
30年前の話です。
診察前に、向精神薬を20錠「食事に混ぜて飲ませろ」と指示されたようです、飲んだら顔がむしみました、思春期の女にとっては耐え難く、表現能力が拙く「むくんだ
」を「顔が変わった」と言ってしまったら、「即入院、逃げたら入院期間を延ばす」と脅されました。
私の弟も、入院させられて、逃げて、今普通に暮らしています。

「病院が病気を作り出してしている」と思いますよ。
血税なのに、必要なかったら誰が責任取るんですか?

毎日「精神科誤診」で検索しては、思ったより少なく落胆している日々です。
結局、今は薬なしで、就労は「働かせる」と騙されて通ったデイケアで、「人間関係を作った後、問題を起こしたら出す」ではなく「友人関係を異常者が作ったら、何するか分からないから、来るな」をいくつかのクリニックでやられて今後、一切就労する気はないです。
デイケアは「職歴なしの期間を延ばすもの」と思っていますが、経験上。

投薬0の状態で、受給でひきこもり生活をしていますが、これは一体何なのか。

No title

副島隆彦によると、来年の総理大臣は山本太郎だそうでづ
日本国滅亡には丁度いいメンツが揃ったなと驚き呆れています
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

医療観察制度の適用者?

更正保護における精神保健観察の失敗例とも思われますが……

なくならない優生保護法と隣組

ある精神科医がこんなことを口走っていました。
「精神分裂病患者の奇行を防ぐため、向精神薬の力で生殖能力を減退させ、のちに長期間に渡る事実上の去勢にあたる薬物医療により強姦、殺人等の凶悪犯罪を減らすことになる、正しい医療行為を私は行っている。そのためなら過剰投与も厭わない。」
しかし実際はその発言とは異なり元気な患者に向精神薬を投与しその凶悪犯罪の一端を担っている。
精神科医についていえるのは所詮優生保護法の理想を引き継いだ麻薬の売人でしかない。さらにSNSで拡散させる時代
になり精神病患者は国家レベルからムラレベルで監視されるようになったのである。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR