FC2ブログ

児童虐待に群がる正義信者たち(重要)

ネット民のこの問題に対する飛びつき方に心底辟易する。

児童虐待幼児死亡事件があって、こういう時だけ児童虐待反対みたいに騒ぐカス市民のオンパレードだが、児童相談所問題を扱い、精神科の子どもの患者を山ほど見てきた経験から言うと、そういう人たちが何も知らず騒ぎ立てるから、日本の児童虐待問題はなくならないと断言できる。児童相談所は虐待を防いではいけないという意味を、いったい何人が理解できているのだろうか?

今更出てくるような児童虐待を撲滅しよう運動とか、俺はいいことやってるんだスバらしいだろ運動と何も変わりはない。彼らはすぐに忘れ次のものに興味が移っていく。そのような人々がこの世界で情報発信とかえらそうなことをFBに書いている。なぜ児童相談所の闇も知らず、精神科にかかる子どもたちの心情も知らず、虐待の二法律の問題も知らず、虐待の定義問題も知らない人が対処できるというのか。

日本の児童養護施設は虐待されてない子のオンパレードで、精神薬中毒のオンパレードである。あなたが児童虐待を防ぎたいとテンパって通報した結果、児童虐待されていない子が児童養護施設に送り込まれ、本当に児童虐待や殺人レベルにさらされている子は助からない。これは実はシステムの問題であり政治問題であり、陰謀論的な問題も含むのだが、それを知らずして解決するのは絶対無理である。

今回の事件であっても何も知らない人ほど、子どもが書いた文章の哀れさにばかり注目しているはずである。現場で動いている人(この場合は児童相談所や施設関係者ではない人)は、そんなところに着目なんてしていない。こういうのでも日本人の意識レベルの低さが測れる。しかしこの風潮も安倍が意図したものに合致しており、安直な偽保守思想(安直感情論)と潮流を同じにしている。

通報ラインに潜む罠、発達障害バブル、悪魔崇拝思想でいう子どものいけにえ概念、などとつながりを見出せない人は、児童虐待を解決しようとしても解決できず問題を混乱させるのみ。FBが情報を垂れ流させている理由は、こういう無知な人々が善意と勘違いして流す情報が、より世の中を混乱させることを知っているという、陰謀論的思考が浮かんでしょうがない。FB民こそ虐待しているようなものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR