稲城の病児保育園の内装ができました♪



内覧会やるので興味ある方は覗きに来てください♪。

実務レベルで進行していたためなかなか報告することできませんでしたが、内装が完成しました。稲城の保育園ピノキオさんの隣で、病児保育園を開設します。当初神奈川で保育園を検討していましたが、なかなか良い物件や案件が見つからず、先に稲城のほうを開設することとなりました。もちろん次は神奈川のほうを開設に持っていきたいです。

すでに550万円以上の募金を頂いたことは報告させていただきましたが、稲城の工事費として約350万円を使わせていただくこととなりました。また内装や備品として約30万円、人件費として約50万円を開設前費用として使わせていただきました。この稲城のテナントは保育園さんからの寄付ということで使わせていただくこととなり、図面も設計士さんが寄付ということで無償でやっていただけました。

関係者の方々にはこの記事をもってあらためてお礼に代えさせていただきます。今後は電話を開設したうえでHPなども新設し、病児預かりのシステムを整えながら運営していくこととなります。具体的には近隣の保育園の病児をお預かりすることが第一ですが、将来的には稲城近郊の保育園以外の病児さんも、お預かりできるようにシステム化していく予定です。

さて、こんなひまわりチャイルドアカデミー保育園ですが、4月の19日の10時~12時および13時~15時に内覧会を行います。私も現地にいてあいさつ回りなどいろいろやると思いますので、ご寄付いただいた方、ご興味ある方、はぜひご参加ください。残りの寄付いただいた額は初期の人件費および光熱費、HP新設費、神奈川の物件調査費用などに充てさせていただく所存です。ではよろしくお願いいたします。

場所
ピアタウン21、〒206-0802 東京都稲城市東長沼3107−1
電話がありませんのでお問い合わせ不可です。ウィズというテナントとして張り出ししてあります(まだ変更できておらず)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「闘将星野に続くことわずか4ヶ月未満で鉄人衣笠選手もガンに倒れる」 !!! No title

日本の国家予算100兆円医療費40兆円でそのうち厚労省発表で10兆円がガンの医療費である。
ほんとうは超高価な抗がん剤や遺伝子治療や放射線治療を厚労省に認可させるための莫大な金を使ったロビイ活動がなされており、
これらの高額治療が開発で消費する電力料金(原子力ムラ)その他を補助金で賄っていることを併せて勘案換算すれば実質「国民が全額を負担する」ガン医療費は20兆円弱になっている。

これほどの巨額を毎年治療研究に費やしているとしたら、普通の国ならとっくの昔にガンなど消えうせてしまっているはずだが、
日本厚労省保険医療死因統計では毎年成人のガンによる死亡が激増して昨年はついに死因統計が始まって以来初めてガンが成人死因の第1位となった。
いまや成人国民の3人に1人以上がガンで天寿を全うできずに亡くなってしまうのである。それも、唐突に。

一体世界唯一の被爆国日本の厚労省医政局保険医療のガン治療研究医学界はなにをやっているのか。

恥を知れと思う。

奇跡体験アンビリーバボー!のユーチューブを紹介する。みんな見てね。

https://www.youtube.com/watch?v=NLIGGlboPWo

これは山がもたらした奇蹟などでは無い。
日本の病院の厚労省ガイドライン抗がん治療をすべて止めて日本脱出したら一発で治った実録である。

日本のガン医療は治療と称して毎年18兆円もの医療費を国民から治療費の名目で詐取して、ただただガンで死亡する成人を日本国内で激増させている。
日本厚労省医政局役人の言いなりのガン医療に従事して日本中の成人をガンで夭逝させ続けている日本厚労省医師免許医師は、患者の病を治すべきなのに逆に巨額の治療費をかけて匙を投げ余命宣告しているだけではないか。

厚労省が押しつけるガン治療を止めてヒマラヤに登って本当に自力だけできれいさっぱりガンを治したこの人に日本のガン専門医者は何て言うのか聞きたいものだ。

26歳の女性です。
数年前から集団ストーカーの被害に遭って、就職妨害で数々の嫌がらせをされて、経済的に追い詰められて、身寄りもなくて、昨年、ついに生活保護を受給するために精神科に行ってしまいました。
ごめんなさい。

内海先生の存在を知ったのは2012年頃で、2013年に1度だけ先生の講演会に参加したことがあります。
なので、前々から精神医学利権のことを知っていました。

ところが2014年頃から集団ストーカーの被害が顕著になり、当時大学2年生だった私の授業と就職を妨害するためのありとあらゆる嫌がらせを受けました。

私は社会的弱者の家庭で生まれ育ったため、生まれた時から国家に狙われていたのだと思います。
中高生の頃はよく児童相談所の一時保護施設に入っていました。
今から考えれば、人生の節目になると必ず家族に事故が起こったり、強烈ないじめに遭ったりしてきました。
それらの全ては国が主導してきたのだと今では自覚しています。

私自身もどうしようもない愚民で、自分にも責任はあります。
でも、この先どうしたらいいのかわからないのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR