FC2ブログ

少しずつ体調は復活してきたが

まだダメですが。

昨日今日が完全オフのため少しずつ回復してきたが、まだ咳やだるさはあり気分も全くのらない。とりあえず食べれるようになり動けるようにはなったので、残っていた仕事をやって本日のFBを書いている。結局一週間治ることなく経過し、43歳までやってきた中では断然最長記録である。今までは風邪やウイルス疾患にかかったとしても、一日二日あれば治ったものだ。

まだ年というと怒られる年齢でもあるだろう。残念ながら今回はいろいろなことをやったが、すべて効果がなかったと言っていい。断食と漢方薬から始まりホメオパシー、サプリメント、ビタミンCも結局30g近くとって、別に吸収率が異常に高いビタミンCも大量にとったがダメだった。波動治療から様々な手技療法、ハーブ、アロマ、果ては対症療法的に西洋胃薬も使ったが、対症療法の効果さえ出なかった。

これは恨み節ではない。多くの人が私を気遣ってくれていろいろしていただいたことには感謝している。しかし効かなかったという事実は受け止めるしかない。そりゃ二週間で治るところを一週間ですんでいるのだ、という人がいるかもしれないが、これまでの経験上は考えにくい。つまり今回、私には何も効かなかったし、私自身が選んだものも効果がなかったのである。

医者としては不養生を晒して書くことなど恥ずかしいことで、何もいいことはない。しかも私もある意味での代替療法者だが、代替療法も西洋医学も無効であった。唯一無二で効いたものがあるとすれば、それは「睡眠」であった。断食して胃薬を飲んでさえも胃腸の調子はずっと悪かった。強力な栄養ミネラル剤をIV(静脈注射)したが、それも一時的にいいと思える程度だった。

ここで何がいいたいかというと、これらが無駄だということではない。私ならできたみたいなガキ丸出しの技術自慢など興味もない(3流しかやらない)。回復してきて基本に立ち返り思うのは、道具など所詮この程度なのに、ネット民もネット外民もいまだ道具以外興味がないということだ。今回の私の体調はそもそも道具たちを受け付ける能力を持っていなかった。土が枯れ幹が枯れていれば何を入れても反応はない。

道具を使って入れることの良し悪しに一喜一憂する人類、そして自分のことを改めて省みれた気がする。今回私は間に仕事が入っていて休めなかったが、これは悪くしたのは間違いない。後悔はしてないがこれをやめ寝ているのが一番早かっただろう。もちろん今回寝るのも難しかった。症状は下手にとってはいけないし、軽くする様々な方法論は今回無効に終わったからだ。

振り返ってあらゆる患者をみてみても、仕事や疲れや「生活そのもの」、もしくは「生き方そのもの」が病気に導かれているのに、そこを変えずして道具に頼る人たちばかりである。11月から体調不良があり、来年は仕事を減らそうと思っていたが、周囲はまったくそんなことはお構いなく次々と、こちらに無理難題を吹きかけてきてどこ吹く風、それがたまっての今回だったと確信する。

来年はもっと仕事を減らすつもりで、あとはもっと効率化を加速する必要がある。そして自分より他者にやってもらう必要があるのだが、いかんせん人材がまったく足りない。ただ、講演や啓蒙が無駄というのは骨身にしみて分かったので、FBもこれらもどんどんシフトしていって、仕事も影響力もすべて他の方向へ向けていければと思う。同じままだとまた過労と病気が出るだろう。

天皇家の占いによれば、来年は真の意味でネ申になる年らしい。これはジョークではないらしい。詳しくは書かないがそのためにも、土と幹、仕事の仕方から収入の得方、複数経営の方針から世界戦略と来年の目標に至るまで、あらためて見直していこうと思う。会社は大きくなるが無駄な関係はすべて整理して、講演も整理して減らそう。でも医者をやめる可能性は少し見えてきた気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR