最近の病気の傾向(非常に重要)

合宿についてはこちらをご覧ください。この記事は宣伝目的じゃないんですけどね。
http://amabileizu.com/health_program.html

最近の病気の傾向を追うに明らかに増えていることがうかがわれます。その増えているものの代表が乳癌、子宮癌卵巣癌、血液系のガン、膀胱癌、腎臓癌など、本来それほど多くなかったものが増えています。また心臓病が間違いなく増えており発達障害が間違いなく増えています。この発達障害が増えているのは、問題児が多いというよりは過剰診断がほとんどです。

アトピーや川崎病、小児の病気も増えています。癌についてもいくつか原因が決まっています。一番の原因は食事でもなく精神でさえもありません。一番の原因は過剰診断です。要するに乳癌じゃないのに乳がんと診断される、これが圧倒的に多いです。実例としても乳癌と診断され、違う病院で違うといわれるケースはちゃんとあります。

それだけじゃ皆様は納得しないでしょうから、一通り書いておきますが、たとえば乳癌や子宮癌卵巣癌の場合、一番はホルモン剤に関するものです。代表格が牛乳であり、ピルであり、美容系の商品です。次に砂糖ものがあります。女性は甘いものが好きなことが多く、これは様々な意味において病気を生み出します。最後に注意しなければいけないのは放射能です。

放射能は甲状腺がんや白血病のイメージばかりですが、乳癌や膀胱癌も多いのです。そしてもう一つの問題は精神面です。女性にほぼ特有の癌の場合、女性の感情も関係があります。私がやっている量子医学は、なぜ乳癌だけできるのかということを考えるのです。牛乳も飲んで、砂糖ものや添加物も山ほど摂取していたら、胃ガンになってもおかしくありませんよね。

そして最近多いのが心臓病です。チェルノブイリでも一番多いのは癌ではなく心臓病でした。そして福島事故後に妊娠した子、特に5年以降たってから妊娠した=1歳半以下の子に、様々な病気が増えています。正直なところ、これらに少々の食事療法をしたところで無駄であり、実際にそのことで相談に来る人もいます。また、親がやる気でも周りが付いてきません。

つまり我々の世代はこれから先、すべてのツケを払わされて、一般の病院治療でさらにヤク中のドツボにはめられていくことでしょう。病気が増えていることもその原因も隠蔽されています。もうこれを止めることはできません。いろいろと自分なりにはがんばってきましたが、すべて無駄だったと言えます。日本は冗談抜きで滅亡に向かっています。

現在、某医師のクリニックにおける診療は、何か月待ちと予約状況になっています。その穴を埋めるための方法は合宿くらいしかない状況で、11月の合宿もすでに埋まっています(本日男性一人だけキャンセル出ましたが)。しかも私の診療だから100%治るわけでもありません。しかもどこをみても頭でっかちの科学論、何の役にも立たない論説ばかり。現実に直面している人を探すのは難しい状況ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

自分にしか聴こえない声の科学技術※拡散希望
パラメトリック・スピーカーは、超音波を使うことで鋭い指向
性を持たせることができる音響システムである。
特定の狭い範囲にいる人に選択的に音を流すことができる
ため、様々な応用が期待される。

No title

放射能の勉強と東京に住むなら、私であれば放射能と原発の真実を読んでください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

かれこれもう五~六年くらい前になるだろうか……、某クリニック電話したことがある。
それは、『医学不要論』『精神科医は今日もやりたい放題』『心の病に薬はいらない!』『大笑い!精神医学』などの本を拝読したあとのことである。
その電話の目的は、自分自身の診察や相談ではなく、親しい友人に関するものであった。

ナースの電話対応では、通常、本人や家族以外の診察や相談は受け付けていない、ということであったが、ナースが気を利かせて某キチガイ医に確認を取り、(金を払えば)特別に相談に応じるという許可を頂いた。
もちろん金は払うつもりでいたし、できれば通常の二倍の料金を払い、二枠分の時間を確保したいとまで考えていた。
そしてまた、クリニックの来院者が少なく、なるべく某キチガイ医の精神的なゆとりがある曜日や時間帯にじっくり話をしたいと考え、比較的暇な曜日や時間をナースに伺った。
なぜなら、当時は現在ほどではないにしろ、何冊もの著書を執筆している医者なのだから、さぞかし忙しく、予約も半年待ちくらいのことは覚悟しての電話であったからである。
ところがナースは自分のそんな心中を察してか、小声で「思っているより暇ですよ…しいて言えば金曜日が空いてますかねぇ…」と申し訳なさそうに内情を明かしてくれた…

あれからもう五年くらいの年月が流れているが、諸事情からいまだに某クリニックへは行っていない。
なので、特別に第三者の相談を了承してくれた某キチガイ医と、気を利かせてくれたナースには申し訳なく思っている。
こうした些細な積み重ねが某キチガイの人間不信の要因になっているのかもしれないと考えると、某キチガイの人間不信を人事とは思えなく、身につまされる思いである。

しかし記事を読むかぎり、現在の某クリニックの予約は数ヶ月待ちという状況らしく、ある意味時代の変化の表れともいえるのだろう。

多くの人々が医療信仰や病名依存から脱却し、病気喧伝や過剰診断に翻弄されることなく、本来、不調(病気ではない)の原因を自ら突き止める力を潜在的に有している事実に気づいてほしいと思う…
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR