なぜこの選挙結果になったか?

なぜこの選挙結果になったか?

いつも記事はテキトーに配信しているだけですが、キモの選挙も終わったのでたまには真面目に書いてみたいと思います。結果としては与党はほぼ同等の数を占め、希望の党が50席程度、立憲民主党が55席程度、予想に反して共産党は議席数を減らす結果となり、2/3の310には自公だけで届く形となっています。無所属で当選した議員は22人になっています。

ネット民は常に勘違いに長けているので、自公が数を減らし野党側が数を増やすと考えていたのではないでしょうか。どのネット記事を見てもその類の内容ばかりで、そう思っていたからこそがっかりするわけです。しかしこんなもの冷静に考えれば当たり前の話しであり、そこに不正選挙など介在する余地もありません。組織票で十分です。

まず不正選挙だムサシだと騒ぐ人は、思い通りにならないとすぐ人にせいにする人たちだ、と判断した方がいいです。ムサシは確かに存在しその記事はよく書いてきましたが、ムサシがなんでもできるならもっと自分たちに都合よく操作したり、落としたい連中を落としたり、権力が集中するように模索するでしょう。不正があってもそれはムサシとは違います。

情報源は明かせませんが、ムサシはいま不正を働いていません(ま、これもホントかわかりませんが)。権力者の立場にたてばネットで騒いでいるのに、わざわざ尻尾を出すほどバカではない。そして不正をする必要があるほどに追い込まれてもいません。そして不正選挙を騒いでいる人ほどに、工作員や選挙荒らしである可能性が高くなっています。

不正選挙対策でよくいわれるマジックペンは、与党に得することをあなた方は知っているでしょうか?話が長くなるので書きませんが、こんなことで対抗しようとかちょっと考えたらいかにおかしいかわかるでしょうか。根本的な問題解決になっておらず、こんな方法論は風邪のときに風邪薬、精神で悩んだら麻薬と同等の向精神薬と言っているだけです。

このようなことに惑わされず選挙を見ていかないといけません。まず小池氏と前原氏の経緯はご存知でしょうが、前原氏は陰謀論で笹川の地を継いでいるとも噂される人物、常に野田氏などと一緒に政界をかきまわして、結果的にアメリカに寄与し続けてきた人物です。小池氏はアベシ以上の極右でジャパンハンドラーズの弟子ですね。

すでに多くの方がご存知のように、この二人はアメリカの指令の元に左派を切り崩して、今回の結果を誘発したエージェントです。枝野が善いとか悪いとかは何の関係もなく、今回の結果は決められていたものでした。これは上からの合意であって、ネット民ごときがいくら騒いだところで、替えられるものでもなく結果は必然でしかありません。

しかしそこに重要な要素があります。今は不正がないという前提、少なくとも不正は別の形で行われるという前提で書いてますが、その不正や組織票以上に重要なのは、単なる民意です。この民意というのをほぼすべての人は勘違いしています。よく自民党支持者は実際には20%~25%なんて言われますが、それはそうかもしれません。しかし違うのです。

一つは日和見でビビるだけの市民です。それは地域によって長いものに巻かれていきます。アベシや麻生の地域などが分かりやすいです。これは操られた市民でもありますがむしろ積極投票に移ります。つまり大企業や公務員や警察などの、保守を応援するタイプの組織票とは違った、準組織票となって選挙に多大な影響を与えます。

そしてもう一つがある程度構図が分かったうえで、さらに与党=日本会議=戦争を画策している人々に加担する人々がいるのです。彼らは日本会議ではなく組織にしょうがなくしたがっているわけでもないですが、加担します。それは戦争特需を夢見て、自分たちは与党が画策する富裕化政策とネコババ政策の中で、勝ち残れると考えているのです。

朝鮮戦争を思い返してみましょう。第二次朝鮮戦争が起こるかもと言われていましたが、朝鮮戦争で日本は経済的に潤ったと伝えられてきたのです。これを狙いこれを願う人たちが、たとえば建築系でも武器系でも機械系でも、いったいどれくらいいるでしょうか。もう止められない戦争の流れに対して、いま多くの日本人はその汁にあやかりたくてしょうがないのです。

ここに無知な若者属を入れればネット民の反逆など雑魚同然で、票操作などやる必要さえありません。私も今回共産は票を伸ばすだろうと思っていたのですが、予想が外れた一因は立憲民主が出現しただけでなく、このような背景があっての共産主義排除だと推測しています。そしてちょっとこの辺りが分かってくると、選挙が無駄だと考える人も出てきます。

台風で投票率が下がったとか愚かな話です。ちょっとでも投票する意思があれば期日前投票するか、雨でも投票所には行きます。それは人間の心理と行動の基本で、台風のせいではなく投票率が落ちたり、この結果になるのは別の理由なのです。そしてこの結果が意味するところとは、実は日本人の多くは陰で半島における戦争を望んでいるということです。

それは洗脳とは別レベルの問題なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ゲーム脳

戦争を題材にしたゲームソフトウェアも人気がありますね。
エアガンでサバイバルゲームを興じていたり、兵器等の観覧イベントも人気を博したりと徐々にマインドセットしている。

北をネタに戦闘機や艦船にミサイルをメディアで露出していけば、非日常な光景も麻痺させると感じます。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR