消費税増税の嘘

こんなんにいまだ騙される国民って頭悪いを通り越してますねw。

医療系の人間としては、消費税増税が医療費や社会保障費の改善に使われるという嘘について、モノ申さずにはいられませんw。消費税10%といったり消費税凍結といったりしながら政治屋と役人がついてきた嘘について検討してみます。そもそも物価指数と景気変動を見極めてとか言ってましたが、日本の景気が下がっていてアベノミクスが失敗どころか売国奴の貢物になっていることは、私でなくても多くの人が指摘していることです。

消費税が社会保障費に使われることはありません。2014年の記事でも財源を消費税に置き換えただけで、年金課税の強化を行い所得税・住民税の定率減税の縮減・廃止をして財源を確保しながら、消費税に付け替えを行っていました。そして余った消費増税分は他の財源に回します。たとえば外国と比べて法外な値段で在庫処分されているオスプレイとかは、その典型かもしれません。

他にも老人層の患者負担の増加、入院食の自己負担化、介護保険の負担増加、年金の特例解消などで市民には負担を増やしており、ちっとも保障に回されてないことが指摘されています。さらに年金は株投資をして法外なカネをスッてしまいましたが、もちろんその責任が問われることはありません。つまりもともとアベシなどの政治屋にとって、消費税とは愚民と奴隷からむしりとるための効率よい手段にすぎませんw。

自分たちと自分たちの域がかかった一部の富裕層にそれをばらまいても、テレビでは「どこに財源があるんですか?」といえば市民などイチコロですw。だいたいヨーロッパは消費税が高いとか嘘いってますが、税率は確かに高いものの物価も高いし(ヨーロッパは低い国が多い)、一番重要な生活必需品の税率は低いとか区分けされてるとか決して言いません。それはマスゴミは言っちゃいけないから。

一律すべての消費に8%が課される消費税は世界一の高消費税国家より高いのです。そして増税が社会保障費に使われないのはすでに述べたとおり。消費税導入は1989年、5%が1997年、8%は2014年ですが、消費税が増えた直後に法人税率・所得税最高税率の引き下げが行われています。公共事業費予算も上がり次は軍事予算が上がっていく事になります。復興特別法人税は廃止されました。経団連の圧力でしょう。

今回の選挙によってついに奴隷制度が完成します。これまでもそうだったのですが、今後は何とか支えていた中流階級の生活は失われていく事になります。ハゲタカが群がる国家はすでに死に体、そこにいる上層部もすでに同じであり、わかっている人々はカネを吸えるだけ吸い取って、2020年までにトンズラというのが基本戦略ですw。すでにアメリカはユネスコから脱退し準備は万端ですからね。

まあ、そんなこと書いても国民は興味持たないしアンチ内海がどうとかそんな話にしかならないんですがw。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

スレチです。

〈スクープ速報〉カリスマ精神科医・ゆうきゆう氏が10代女性患者と不誠実な肉体関係
http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1350576
精神科医ってこんな奴がほとんど。 

7回目の終了です(その3)

① こんにちは。いつも興味深く拝見しております。9月22日付「東洋医学と人相」にコメントをさせていただいた者ですが、有り難う御座いました。科学の先端の現場でも色々な説があって争いが有るそうですね。

② ところで話は変わりますが、「終末予言」について、ご興味をお持ちでしょうか。

世は、七度の大変りと知らしてあらう。(黄金の巻 第26帖)
世はグルグルと七変り、改心の為 世界の民皆、今度は引上げ一旦みなあるぞ。(黄金の巻 第71帖)

★(追記)
 上記以外にも、シリウスファイルのオコットのメッセージ、ヒトラーの予言、エズラ黙示録、ヨハネの黙示録(外典)、マザーシプトンの予言、ビリーマイヤーの予言、その他の予言などにも類似性や関連性が認められます。

どう思われますか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

企業の内部留保

211兆円と報道で数字が出ていました。
労働者から搾取して投資家が株で巻き上げ、心身共に疲弊した人達を薬漬けにして切り刻み介護へ流し葬儀と墓と供養でむしりとる。

アホくさ。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR