禁断症状、後遺症

この頃、一旦精神薬を飲んでしまうともう駄目なんだな、と思うケースが多い。自分の視点が変わったからかもしれないが、多剤であっても単剤であっても同様で、人それぞれ禁断症状の出方もバラバラなので難しいが、その辺を考察してみる。

精神薬というのはすべて覚醒剤や麻薬と変わらない物質で、見方次第ではアルコールともとれる。依存性は強力で世の精神科医がいっていることはすべて嘘っぱち、特に抗うつ薬の依存性がないなどというのは、素晴らしい嘘っぱちである。パキシルがいちばん有名だが、ルボックス、サインバルタ、アモキサン、アナフラニール、リフレックス、結局大差ない。全部飲んだことがある人の相談を受けたことがあるが、その人はパキシルが大丈夫で他がダメだったという。人それぞれであるのも当然ではあろう。

以前、禁断症状自体は大体一カ月以内に終わると書いたが、大半はそうで間違っていなそうだ。より強力な覚醒剤でもそう長くは続かないが、漠然たる依存感は当然ながら永遠に続く。また1から1.5割程度は後遺症的に残ると書いたように記憶しているが、その割合も今のところは間違ってなさそうな気がする。なぜメジャー数種を含む非常に多量の薬剤を飲みながら、大きな離脱症状や後遺症もなく抜けてしまえる人がいるのか?逆に単剤でベンゾ系を飲んだだけで、決して抜ききれないほどいろいろ禁断症状の出る人がいるのか?科学的にはいまだ未解明である。

自分の中では禁断症状や後遺症がでる人たちには一定の法則があるが、印象論なので証明できない。ただ例えば強迫性が顕著な人は、脳のホルモン動態がどこかで「そう」なっているし、その何かと薬物が結びつくから法則が出やすいのだろうと推測するが、やはり未解明。基本的に飲む前から他罰的で物質に頼ろうとする人はだいたい抜けず、自罰的な人の方がやはり抜きやすい。これは多剤療法などでも同じで、自罰的でペシミスティックな人は、薬を飲まずに相談相手がいればなかなか自傷したり自殺したりさえしない。

メジャーの依存や後遺症と、ベンゾ系や抗うつ薬のそれは明らかに違う。薬の内容が違うので当然だが、飲まなくてもいいメジャーを飲んだ場合、抜いたときに統合失調症様の症状が出ることが多い。ここでの一番の問題は、元は幻覚や支離滅裂性がなかったのに、飲んでから出るということである。このことは逆説的にドーパミン理論を支持しているので皮肉なことだが、抑えられていたホルモンの生理的反動なのかとも思う。また後遺症的に認知障害が出る率は高いのだが、そもそも単剤とか少量投与されているケースが少ないので、相互作用かもしれない。またメジャーの方が自傷率は少ない気がする。抑える力が強いので当然かもしれないが、明らかに抗うつ薬やベンゾ系の方が多い。

抗うつ薬で恐ろしいのは躁転や依存もそうだが、認知障害が後遺症として最も恐ろしいように思う。このことはネット上をみてもあまり書いていない。抗うつ薬はうつだけでなく、強迫性にこそ効果を発揮するとよくいわれるが、それはつまり強迫性を薄めるわけだから、飲み続けるだけでどんどん「ちゃらんぽらん人間」になってしまうということである。それがさらに続けば、自分が何をすべきか、何をやったらいいのかよくわからんといった状態になる。記憶しなければいけないことが記憶できないとか、やらないといけないことがわからないとかいう話をよく聞く。これはメジャーからくる認知障害とは中身が違って、メジャーの飲み続けだとまるで知的障害や認知症のようになっていく印象がある。ニュアンスがうまく伝えられず申しわけないが、抗うつ薬の場合、他の部分は普通に保たれているのがポイントと言えようか。

ベンゾ系の問題が脱抑制と依存性であることは今更いうまでもない。覚醒剤と呼ぶにはベンゾ系がいちばん近いのかもしれない。自我が弱い人はこれを抜くことによる不安や、これを飲むことによって得られる利益(飲んでいるから仕事ができるとか)を手放すことに耐えられない。あらゆる教科書や論文に、薬剤(覚醒剤)と自我の強弱は関係ないと書かれているが、私は批判されても反対だ。現実とは違うきれいごとにはうんざりで、アシュトンマニュアルを嫌う理由の一つもこれ。毒を以て毒を制すというのと、優しけりゃ人気もでるわってのが良識派精神科医的で虫唾が走る。そういう良識とやらが多くの精神科が儲ける土壌を作ってきたというのに・・・
多くの抜ける人抜けない人とその背景を比べてみれば、そう思わざるを得ない。

結局、一旦飲んでしまうと精神薬にうまい使い方などはなく、ただ無限地獄サイクルへ突き進むだけである。もしそれでも飲むというなら依存してでも得られるそれ以上の価値が必要だが、一体その割合はどれほど少ないか、考えている人がいるだろうか?早くボケ、一生依存し、ラリって何をしでかすかわからない危険性、飲むことによる精神病症状の出現、強迫性の低下、錐体外路症状、その他諸々の後遺症。それよりも社会になびき社会に洗脳されるのが大事だ、という強い信念がある人は飲めばいいと思うが、どちらに価値があるかは私にとっては明らかだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。おかげさまで今朝はスッキリ起きられました。眠気も引きずっていないです。このままがんばります。ありがとうございます^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

後遺症がある人はどうすればいいのでしょうか?
精神薬とはそこまで危険なものなのでしょうか?

私の事

統合失調症と診断されて六年あまり経ちます。

ある医者に自分の過去を話したところ、それは幻聴だと言われ、当時の友人複数に実確認をしました。結果、幻聴ではありませんでした。この時点で、誤診だということが分かりました。

人の過去を、私の場合は思春期ですが、感じたこと、思ったことを全て妄想、幻聴だと言い切る医者に疑問を感じます。私のとって、誰にとっても、過去は今を生きるのに必要な経験であり、それを否定するのならあなたが代わり生きてくれるのかと言いたい。


私は自分の人生を諦めたくないし、統合失調症であるということすら疑っています。私のは、PTSD幻聴ではないかと。

病院やその他で病気の人に会いますが、全然違いますもん。
病気の人は見たら分かります。それが薬かなにかの作用なのかは解りかねますが。目を見れば分かります。話せば分かります。



私は幸い友人が多く、過去の裏付けを取る事も可能だし、医者になった知り合いもいます。


ただじゃおかない(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

http://seishiniryohigai.bbs.fc2.com/

アリスパパさんがやっている精神医療被害連絡会の掲示板です。
オープンでしっかりした話が載っています。
派閥も今のところないし、書き込みたい方はどうぞ。

質問です。

東洋医先生に質問です。

なぜ先生はアシュトンマニュアルを否定するのでしょうか?
私はアシュトンマニュアルを参考にしてきました。
先生のブログで離脱症状に関して以前議論したコメントも読みました。
どちらが正しいのか私にはわかりませんが、先生は後遺症があることはお認めになっているし、
患者の向精神薬を多数減薬、断薬してこられたことは間違いないはずです。
また先生は最近、精神疾患を否定しておられますが、このことは離脱症状に関する先生のご意
見にどう影響しますか?ぜひ教えてください。

No title

ん~。また何か書いたら攻撃されたり誤解されるような気がしますが、
まあ、いつも通り恐れず書いてみることにします。
しかし、内容が長くなりそうなので、ブログとして書くことにします。
今日明日中にまとめてみます。

No title

東洋医さんが今はまっているサイエントロジー(カルト宗教)について。以下、サイエントロジストがすばらしい発言をされています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1428323314

No title

>一旦精神薬を飲んでしまうともう駄目なんだな

へ!?あなたのところって、ほとんどが一旦精神薬を飲んでしまった人がくるんじゃなかったっけ。

あなたの患者のほとんどが駄目だと。
そして、その理由は、一旦精神薬を飲んでしまったからだと。

すごいですね、そのカルト的思考。
まっとうな医師なら、自分の患者のほとんどが駄目(快方に向かわない)ならば、確率論的に、自分の治療法のなにかが間違えているのではないかという仮説を持つものですが・・・。

高い壺買わせておいて、うまくいかなければ、前世が悪いから駄目だとか。いやはや。

内海聡さんのところに通院している患者のみなさーん、
一旦精神薬を飲んでしまった人は、治る見込みがないそうです。

No title

蜘蛛の糸。

No title

また精神科医かRシンパか?がはびこってるようだけど。
それって離脱症状とか、遷延症状とかのことだろ。。。
そしてその対策も示してあるじゃん。治らないともいってないし。。。。
どうしてこのブログのコメンターって、挙げ足とりのバカばっかなんだろうね。。。。
こんなヤツさらしちゃえばいいのに。。。。
Rシンパなんかはずっとサイエントロジーのいいとこどりして、白板とかにのせまくってた。
いまや東洋医が内部告発してるため、逆に敵視するというアホぶり。。。。
精神科医は精神科批判が広がれば、困って当たり前。
恥知らず代表達。

No title

アップ遅い斜体の文

No title

>認知障害が後遺症として最も恐ろしいように思う。このことはネット上をみてもあまり書いていない。

この件、とても気になります。私は5年間の投薬治療の後、うつ症状は解消しましたが、知的能力の低下で悩んでいます。たとえば、文章が頭に入らない、聞き取りや読解に時間を要す、忘れっぽい、整理整頓ができない…等々。また自宅でも、読書や勉強は手がつかないし、掃除・洗濯も、集中力が高まる極短時間しか捗りません。

最近気づいたのですが、投薬中の脳が麻痺してぼんやりした感じを引きずっているのです。鬱から回復したときは「社会に戻れる」という喜びで、そういう能力の低下については全く気づきませんでした。

私は運よく治りましたので、生きていればそれで十分だと楽天的に考えていました(これも闘病を経て身に付けた思考です)。でも生活をしていくには働かなければならず、業務上で周囲の期待に答えられないのは辛いです。
また、闘病中の方にとってはこれは贅沢な悩みだし、根本的な自分の能力のせいなのかもしれないし、、、という思いもあり、ちょっと途方に暮れています。
長々とした愚痴になってしまいすみません。事例の一つとして参考になれば幸いです。

No title

私はうつ病として20年近く精神科の治療を受けて来ました。
家族の監視が無くなったのを機会に通院を止めて約1年になります。元々、「これが薬で治るわけが無い」という思いが強かったので、病院はやめたかったのです。

私には禁断症状と思えるようなものは全く思い当たりません。(元々、薬を信じていないし、薬で「楽になった」と感じたこともありませんが。)禁断症状が無いというのは理屈に合わないのかも知れませんが、無いものは無いのでそれでいいと思っています。

きちんと処方通りに薬を飲まずにいたとはいえ、20年もの長期にことですから、後遺症について気になるのでここを読ませて頂きました。「人間がちゃらんぽらんになる」という部分について、「もしかしたらそうかなあ?」と、少しひっかかるので、しっかりと気に留めながら自分を見つめていこうと思います。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

後遺症緩和法

はじめまして。
こういう形で相談するのは失礼かと思いますが、広島在住の為、Tokyo DD Clinicにお伺いする事ができない為、相談させて頂きます。
宜しければ、ご回答をお願いいたします。

1年前に、それまで約1年間飲んでいたメイラックス(2mg)、レンドルミンを自力で断薬しました(1年の服薬期間の内、半年は減薬期間)。

ふとした事がきっかけ(副鼻腔炎による発熱が3か月ダラダラと続いた)で、メイラックス・レンドルミンを飲むようになったのですが、薬を飲むようになってから、それまで経験した事がないような、症状(不安・うつ症状など)が発生し、心療内科医にも相談したのですが、それはあなたの精神状態が不安定だから出ている症状なので増薬しましょう、と言われるだけで話にならないと思ったので、自力で半年かけて断薬しました(1度、突然飲む事をやめた事があったのですが、激しい禁断症状が出た為、少しずつ減薬する方法をとりました)。

完全断薬までなんとかたどり着いたのですが、断薬後、1年間にわたって、不眠・耳鳴り・認知力低下・筋肉痛(背中・首)といった症状が継続し悩まされています。断薬直後の急性的な激しい禁断症状は1か月程度で収まったのですが、その後、症状が慢性化しています。

特に不眠には困っており、寝不足が慢性化しているせいか、健康診断でも腎臓や肝臓の機能低下を示す結果がでています。

これらの後遺症を軽減する方法は何かご存じでしょうか(漢方が良いとの事ですが、どのような漢方を買えば良いのかも良くわかりません)。

また、これらの後遺症はいつか収まるものでしょうか、それとも一生継続するものでしょうか。完全に元に戻る事はないとは思いますが、せめて気にならない程度に収まればと思います。

よろしくお願いいたします。

ps:もしご返事頂ける場合は、どこを見れば良いか、教えて頂けると助かります。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR