量子医学とはなんなのか?

ちょっと過去記事とかぶっているところはありますが。

仮に量子医学でググってみると嶋博基氏のサイトが出てくるか、私の記事が出てくるのがほとんどでしょう。引用されているものも私の記事が結構あるようで、これはつまり日本ではほとんど知られていないうえに、どういうものか説明できない人ばかりということでもあります。名前としては前からあるんでしょうが、私が告知した名前だということがあるのかもしれません。そして量子医学と言っても詐欺的なものも当然入り込んできますし、一般人であっても基礎が何かということを理解しておかねばなりません。

実は量子医学というと仰々しくてうさんくさいですが、量子医学は量子力学とか精神学を応用したものであって、別に計測もできますしオカルトとは無縁のシロモノです。昨今は体制派の医学者たちがアホすぎるため騒いでいるようですが、日本は欧米と比べて遅れ過ぎているため、オカルトと扱われるのは当たり前です。特に進んでいるヨーロッパでは数々の研究機関があり、医者と物理学者が共同で研究し、国費を投入されている分野なのです。

ロシアではいくつもの機器および治療法について研究されており、それはドイツ、イギリス、アメリカなどでも見られます。NASAも研究に介入しているものがあり、ロシア精神物理学研究所が入り込んでいるものもあります。ではヨーロッパが進んでいるかというと実は違います。量子医学について学んでみればわかりますが、これは結局古代医学を焼き直しただけに過ぎません。量子力学がすごいのではなく全部を示しているのではなく、古来から人々は同じものを見ていただけです。

だから呼び名はなんでもいいのです。波動医学と言おうが量子医学と言おうが古典医学と言おうが、言葉の持つ意味は違えどほぼ同じものを見ています。量子力学をちゃんと学べばそのことはわかるので、こういう医学が見直されているわけです。つまり東洋医学、アーユルヴェーダ、チベット医学、ホメオパシー、アロマテラピー、自然療法、その他多くの古代医学がやってきたことは、量子医学であると表現することもできます。現在の量子医学はそれを数値化して可視化することを重視しており、誰にでも適応できるよう簡略化している事が多いようです。

しかし落とし穴があります。残念ながら量子力学を学んでも量子医学を理解することはできません。私もアインシュタイン系の物理学を批判する物理学者と交流することが出来ましたが、彼らもまた量子医学を理解しているわけではありません。では、誰も理解できないかというとそういうわけではありません。量子医学は物理的な側面もありますが、それ以外の面もあります。それ以外というのが古典学問であり精神学なので、ようするに量子医学を理解しようとすれば、量子力学だけでなく古典医学および精神学(既存の精神医学ではなく)を学び、理論を覚えるとともに、実践しなければ不可能なのです。

これはやるとなれば簡単です。誰でも学んで実践してみればいいことですから。でもそれを学ばないで実践しないで、プラセボとは違うという研究さえも読まないで、偽医学だという人しかこの世にはいないのです。このような人々は自分が覚えた学問は至上だと勘違いしますが、その他の学問には目を向けません。まるで和食推奨者が断頭肉食を否定するように、糖質制限の人がマクロビを否定するように同じ行動をとります。量子医学の否定もまた同じことですが、彼らがそれを否定するのは否定とは違うもっと深い理由があるのです。

ホメオパシーを否定する人は、盲目的かつどっかの情報だけでそれを否定しますし、東洋医学も一昔前は同じことがありました。それに私が学んだキネシオロジーやTFHでも量子医学的要素が豊富ですが、キネシオロジーはもともとカイロプラクティックから派生しており、手技療法の側面が濃いものです。それに心理療法的な要素が入って成立しており、この体系ではストレスをストレスとはとらえません。究極的に言えば(語弊は承知)手技療法も量子医学的側面の強いものがあるのです。これらはプラセボとは違うのは現場でやっていれば一目瞭然ですが、プラセボならそれでもいいのです。西洋医学がプラセボでさえよくできないのですから。

量子医学でも何でもそうですが、使う人が増えよくなる人が増えれば注目する人もまた増えるでしょう。またそれが増えれば詐欺だという人も増える、ニンゲン界など所詮そんなものです。まあ、量子医学だから全て治るなんてことはありません、もしそうなら古代での病気はどうかということになりますから。ただ、この量子医学は現代病や慢性病や精神疾患、アレルギーや免疫に関する病気への応用が期待できます。西洋医学=アロパシー医学だから悪なのではなく、救急疾患時や一時的に危険な状態のときは西洋医学も有効なわけです。

量子医学とは一言でいってしまうと波動に着目し、波動とは物理的には周波数であると考えればよいです。私たちの体、地球にあるいろんな物質や物体、空気中にあるものでさえすべて固有の周波数をもっています。これは科学的に繰り返し観察できます。よくテラヘルツ波とか528ヘルツとかが注目されているようですが、こんなのは単なる初歩に過ぎません。ただ量子医学とは周波数だけですべて決まるわけではないので、古典医学の知識が必要なわけです。本当の量子医学は古代医学と同様、すべてオーダーメイドであり個別に対応するわけです。

周波数がどこまで作用しどこに作用するかもだいぶわかってきていますが、マクロのレベルで作用するわけではないことが見えてきています。水にありがとうと書くと形が変わるとか、引き寄せの法則みたいなものもまた初歩中の初歩にしかすぎません。仮説もまだまだたくさんありますが、重要なのはまず結果を見ることです。結果から見ることが科学の第一歩ですから。なぜ内海がいつもグーミンを虚仮にしているかというと、一般人や医療者たちが知らない分野を何個か手出ししてしまっているからです。でも実は誰でも身につけることは可能な技術なのです。その唯一無二の条件は、つまらないカスのプライドを捨てて、学んでみるやってみる事なのです。

その領域をよく知っている人は、私のFBFには山ほどいるでしょう。いまや古典医学をやっている人で、私を知らない人は少なくなってきたかも知れません。そのような人の中にも古典の知識だけに頼っている人もいます。幸せの周波数なんぞに依存しちゃっている人もいます。それは量子医学とは違うと思いますが、少なくとも古典医学を学んだ人は一歩進んでいるわけですから、知らない人にいろいろ教えてあげてください。わからない人ややったことないのに否定する人は初心者なのですから、暖かい目で赤ちゃんを見るように接してあげることが重要です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR