食なんかよりも重要なこと

心身一如。
FBを見ているとかなり多くの話題が食になっています。やれ栄養がどうとか糖質制限がどうとか、断食がどうとかマクロビがどうとか、マグネシウムがどうとか糖分がどうとかリーキーガットがどうとか、添加物がどうとか美味しいのが一番だとか、食品流通がどうだとか自然農がどうとかコンビニがどうとかいってますが、非常にちっちゃい問題だと思います。

もちろん日々の体を作るのは食事なので考えるのはよいですし、化学や栄養学が常に間違っているわけではありませんが、そんな目で見えるようなレベルだったり、そのへんの本屋の本読めばわかるようなことで、一喜一憂している方がよほど問題です。私は必ず食ひとつとっても物理学的なとらえ方を重視していますが、それさえもちっちゃな問題だと思うのです。

ようするに食よりも重要なのは、自分の精神であり自分の自立性や自分の軸と呼ばれるものでしょう。これは基本的なことのはずですが、食を訴える人のほぼすべてが自分の軸がないことには愕然とします。そしてその人たちは自分の軸がないのに、あるかのように装うことが多くあります。実は自分の軸がなければないほどに、一つの理論や化学理論に固執することになります。

よくあなたのまわりに食にこだわっているのに、変に健康を崩していたりする人がいませんか。食にこだわっている割には肌艶が悪かったり、健康と啓蒙を謳いながら同業者を非難したり、食にこだわって自分は健康かもしれませんが家族が病気だったり、食にうるさいくせに病院に行きたくないけど行っているなんて言ったりします。食事が~と言うはきわめて安直な道だとわかるでしょうか。

真の意味で自立していて軸がある人は、他人が違う食事法をしていようと意に介しません。人それぞれに違いがあり人それぞれに体質があり、社会に陰陽と混沌があるからこそ論争が起こっていることまで、すべて理解したうえで自分の道を決めるのです。自分の軸があれば人におちょくられても笑って返せます。自分の軸があればどんな権威が動いても、自分で調べて決めるようになります。

自分の軸があればなにかの栄養学や断食理論や社会毒論、さらにいえば代替療法的概念に固執することはありません。自分の軸はある中でどんなものにも好奇心を持って、吸収しながら自分を大きくする度量があります。自分の軸があるように装う〇〇学信者は、必ず自分がやっている学問が正しいというのです。正しいよりも楽しいほうがよほど自然の摂理に近いのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

優れた肉体の持ち主は優しい

鳥のことですが、飛行速度が速く、優しいです。人間は、狂犬病法以来犬は、殺処分し、猫は、愛護団体がいても良い野良猫まで、捕まえ収容し収容しきれなくなったので、なるべく苦痛のない方法という異常なことを行政に訴え、もとはと言えば自分たちが犯したものを、殺処分という現状と言い、その偽善活動者の精神は、救いようがありません。おそらく、癌でしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

変な愛護団体があります

養鶏場の鳥の悲惨な写真を見せておいて、逃がしません。私は、遺伝子組み換えでない飼料を食べた鳥の卵も混ぜて野鳥に配っているので、養鶏場の鳥を逃がしませんが。また、そこ、偉そうに言っておきながら英語もわからないみたいです。寄付する側も人任せで偽善者同士でいいのですが、先生がよく、マクロビが、どうとかという人たちを、ここでも言っているように、ただ言うだけなんです。そういう方たちって。だから、世の中、速く良く変わらないんです。その団体も言っているだけなんです。虚栄まるだしで、自分たちは、すごいと、言っているんです。多分自分のためにマクロビとかも言っているのだと思います。先生と船瀬俊介さんが、最初に変え始めてくれた方々でよかった。

吸血ビスネスを通さない寄付や

領収書のない寄付も税金になると言っている愛護団体があります。またワンクリックも愛護を委ねるという意味なのでするほうもするほうで、しかも、ワンクリックを設定しているその裏が儲かる仕組みだからいいのですが。シーシェパードが、イルカを逃したニュースをみるまで、シーシェパードが日本にいると私は、知らなかったのに、それはデタラメと言うのです。許容量が狭いと嫉妬で、自分が知らないことを嘘と言うのかと、思います。また、島を買って保護活動をしている人も、そんなひといない。と、言うのです。オランウータンを保護している人が、島を買って保護活動しているのに。極め付けは、拷問します。動物を愛する子どもたちにまで、動物の悲惨な残酷な姿を写真に撮って、閲覧させ、みなさんも純菜主義にしましょう。と言う団体です。イルカの悲惨な写真も載っていたのでシーシェパードがイルカを逃したニュースに希望が見えて喜ぶかと思って教えてあげたのに、嘘だ。と、いうのです。こういうのがどこの世界にもいるんですよね。先生の医師等々の世界にもこういうのいますよね。

先生猫って裁判所にこれるんですか?

先生FaceBookがらみの裁判など、経験なさっていらっしゃいますが、早く訴えないか待っているのですが、猫とか裁判所に来たのを見たことございますか。FaceBook の趣旨からして、写真は、本人ですよね。そこからして、猫の場合って。嘘を言うと、訴えられるとわかっているから、嘘を言う訳ないのに。しかも猫に向かって。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR