ワクチンが感染症を防いできたという嘘

最近、製薬会社の一番のターゲットはワクチンであり、豊富な資金で工作員を雇い
あらゆるところでワクチンに関する嘘をばらまいてますね。

そもそもジェンナーは「牛痘で天然痘が予防できることを証明した」としたが、これがそもそもの嘘である。ユースタス・マリンズは「専門家の中には、さまざまな要因により──天然痘はいずれにせよ18世紀には消滅していた」と記載がある。それだけならまだしも「種痘が天然痘を拡大させた」というのが真実だったらどうするか。たとえば「普仏戦争(1870~71年)のあいだ、ドイツ軍兵士全員が天然痘予防接種を受けた。その結果、壮健な5万3288人の兵士が天然痘にかかり、死亡率も高かった」(マリンズ氏)

また英国では種痘接種が広まってから天然痘の流行が始まった。その大流行のため2万2081人が亡くなった。結局、英国政府は1948年に種痘の禁止に追い込まれている。この時点で、イギリスは天然痘の予防効果はないことを認めたのだ。それどころか「天然痘大流行の元凶でもある!」ことを隠しきれなくなった。イギリスが種痘禁止した1948年に、敗戦国日本はGHQ(連合軍総司令部)に種痘続行を強要された。日本での廃止は1976年とイギリスに遅れること28年となった。
 
日本で明治に種痘ワクチンを導入したところ、逆に天然痘が大発生し、1892年には16万5774人の患者が発生し、3万人もの人が亡くなった。ドイツでも戦前からジフテリア等の強制的予防接種を採用していた。ところが1939年、ナチス政権時代には、ドイツではジフテリア患者数が15万人と天文学的に増大した。これに対して予防接種をまったく導入していなかったノルウェーでは、同じ時期に患者数はわずか50人だった。

アメリカでも皮肉な結果が出ている。ポリオ予防接種を義務化した州では、ポリオ患者が逆に700%も増大しているのだ。 「ポリオの『免疫血清』は、ルーズベルト大統領がこれを承認した当時、すでに危険で無益なものであることがわかっていた」(マリンズ氏)「実際には、アメリカにおける全ポリオ患者の原因は、ワクチンにある」「1979年以降、米国では自然発生型あるいは野生型のポリオウイルスに起因するポリオ患者の症例は一つも見られていない」(『ワシントン・ポスト』1988年1月26日)しかし、奇妙なことにポリオ予防接種は中止されることなく、続行された。

世界中で感染症を防いできたのはワクチンではなくインフラ整備による環境改善、および市民や貧乏人の栄養状態改善によってである。そこに救急医療の発展や抗生物質の開発が重なる。たしかに世界において感染症死は減ってきたが当初からワクチンは用いられていないか、用いられても感染症を逆に増やし被害を出してきたが、ワクチンマニア(推奨者)はその経緯を決して語らず、最初と最後の数字だけを出してワクチンが感染症を防いできたという嘘を述べる。

たとえば100年前に10000人の感染症患者がいて、現代でそれが100人に減ったとすると99%の感染症減少率があり、それはワクチンのおかげだと嘘を述べるわけである。しかしそのワクチンがどのタイミングで導入されたかも、ほかの要素がどれくらい関係しているかも決して述べない。ほとんどのワクチンは感染症が99%以上減ってから導入されている。麻疹や風疹やおたふく風邪、ジフテリアやポリオやヒブや日本脳炎などはその典型である。
 
他にも話題は尽きない。「1977年、WHOはアフリカ、ブラジル、ハイチで天然痘予防ワクチンにエイズ・ウィルスを混ぜ、有色人種に対し無料で大量に接種した。」(ロンドン・タイムズ1987年5月11日付)。WHOがエイズ・ウィルスについて研究していたのは、予防のためではなく天然痘ワクチンに混ぜエイズを注射し、有色人種を大量虐殺するためであった。WHOは「保健機関」では全く無く、病原菌・ウィルスを人間、特に有色人種に限定して注射する殺人組織である。

なおWHOはミドリ猿に人間が噛み付かれエイズが拡散したとしているが、初期にエイズ患者が大量に発生したハイチやブラジルにはミドリ猿は存在しない。ミドリ猿はエイズ・ウィルスを元々保有している、いわゆる「宿主」では全く無い。またミドリ猿は黒人や有色人種だけを「選んで」噛み付いたり、ゲイの男性だけを「識別して噛み付く」といった「極めて特殊な能力」を持ってもいない。ミドリ猿は細菌、ウィルスの人間への感染を動物実験する場合に「通常使用される」モルモットである。

1978年、米国メリーランド州の国立衛生研究所伝染病予防本部は、ゲイの男性1000名に対し「ゲイの男性は肝炎にかかりやすい」として「無料」でB型肝炎ワクチンの注射を実施した。6年後にはその男性の64%がエイズを発症している。「マウスをエイズ感染させマウスの持つ他のウィルスと結合させる事で、これまでのエイズ・ウィルスのように潜伏期間が長くなく、即座に発病し増殖力が強く毒性も強い、そして空気感染する新型のエイズ・ウィルスの開発は既に完了している。」エイズ・ウィルス共同発見者ロバート・ギャロ博士の発言。「サイエンス」誌1990年2月号。

動物の組織培地でつくられた汚染ワクチンは『極めて危険なウイルス』を含んでおり、世界保健機関の種痘もこのような方法で汚染された可能性がある。ウォルター・リード病院の医師らの研究グループの調査によれば、種痘がエイズウイルスに関連があることは疑いない。

「1977年、WHOはアフリカ、ブラジル、ハイチで天然痘予防ワクチンにエイズ・ウィルスを混ぜ、有色人種に対し無料で大量に接種した。」ロンドン・タイムズ1987年5月11日付WHOがエイズ・ウィルスについて研究していたのは、予防のためではなく天然痘ワクチンに混ぜエイズを注射し、有色人種を大量虐殺するためであった。WHOは「保健機関」では全く無く、病原菌・ウィルスを人間、特に有色人種に限定して注射する殺人組織である。

なおWHOはミドリ猿に人間が噛み付かれエイズが拡散したとしているが、初期にエイズ患者が大量に発生したハイチやブラジルにはミドリ猿は存在しない。ミドリ猿はエイズ・ウィルスを元々保有している、いわゆる「宿主」では全く無い。またミドリ猿は黒人や有色人種だけを「選んで」噛み付いたり、ゲイの男性だけを「識別して噛み付く」といった「極めて特殊な能力」を持ってもいない。ミドリ猿は細菌、ウィルスの人間への感染を動物実験する場合に「通常使用される」モルモットである。

1978年、米国メリーランド州の国立衛生研究所伝染病予防本部は、ゲイの男性1000名に対し「ゲイの男性は肝炎にかかりやすい」として「無料」でB型肝炎ワクチンの注射を実施した。6年後にはその男性の64%がエイズを発症している。「マウスをエイズ感染させマウスの持つ他のウィルスと結合させる事で、これまでのエイズ・ウィルスのように潜伏期間が長くなく、即座に発病し増殖力が強く毒性も強い、そして空気感染する新型のエイズ・ウィルスの開発は既に完了している。」エイズ・ウィルス共同発見者ロバート・ギャロ博士の発言。「サイエンス」誌1990年2月号。

動物の組織培地でつくられた汚染ワクチンは『極めて危険なウイルス』を含んでおり、世界保健機関の種痘もこのような方法で汚染された可能性がある。ウォルター・リード病院の医師らの研究グループの調査によれば、種痘がエイズウイルスに関連があることは疑いない。

アフリカ西部リベリアの新聞デイリー・オブザーバーは、アメリカこそがアフリカで流行しているエボラ出血熱のウイルスを開発と報じている。デイリー・オブザーバーは、科学的根拠も挙げて、エボラ出血熱のウイルスを開発したのはアメリカであるとした。報告では「アメリカは、アフリカで秘密活動を行い、合意書200という暗号でこの地域でエボラ出血熱を流行させることを計画した」とされている。研究者はブロドリック教授といい実名報道され、アメリカの軍事工業会社によって開発され、この会社の全ての秘密実験はアフリカで行われているらしい。

そういえばアメリカ・イリノイ大学の法学部の教授も、似たようなことを述べている。これはロシア・リアノボスチ通信が伝えたが、フランシス・ボイル教授がリベリアとシエラレオネが実験場となっていること、リベリアに派遣されたアメリカ軍がウイルス対策の初心者であること、等に疑問を呈している。そしてその結果アフリカでは例のごとくワクチンキャンペーンが始まっている。ポリオも牛痘もエイズも歴史と系図は皆同じである。そして悪名高いビルゲイツがまたワクチンを勧めている。

ワクチンは「健康被害の最大原因」ということ。予防接種を無邪気に信仰してきた人にとってはショッキングでしかないだろうが。最近はどんな薬よりもワクチンにおいてロビー活動がなされており、ワクチンが感染症を防いできたという嘘を、広めたくて仕方がないようである。そしてそれに反対するあらゆる情報を、ネット上から締め出そうと画策している人々がいる。また、それに安易に騙されたり、迎合したりする人が後を絶たない。

なぜいま攻撃が加速しているのか、表の偽情報に惑わされず、ネットの裏情報だからと簡単に信じたりせずに、原則と原理に従って肉体を守り観察することが重要である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

疫病も

そういうものは、人間が何かを大量に殺したり(する目的や)、汚染したりが引き金となって起こる気がして来ました。青く染められた花もかわいそう。母親が子供を守るように花粉や雌しべのところは青くなっていない。青いカーネーションは綺麗だと言われれば錯覚を起こしますが、花瓶ごと外へ出しておくと毎日色が落ちていきます。花びらは、雨に濡れるとインクが滲むように手が青くなります。それでも、外で他の植物と一緒に置いておくと虫が来ます。先生のFBで植物が人の手に巻きつくのを見てもそうですが、実際に木も触れてきます。これらがなければ、人は存在せず、人より先に滅びることはない植物や生物にそういうことをしてこのままで済むはずは、ありません。次に花を咲かせようと必死で守ろうとしているものに暴力行為のような嫌がらせをする人間(私の父親のようなやつも含めて)は、一つバレるとつながっているので全部出てきますよね。機会があれば、私の父を病院に売ろうか(白血病だと思うと言って)と思っていましたが、お金をかけずもっと面白いことをします。私の父のように大した人間でもない人に罵られていると母のような人など、大した人間でないものを正しく良い人だと信じてしまうのです。私もこちらのブログやコメントを読み進めていくまで、見分けがつきませんでした。白血病は、言われるとそうかもしれないと思ってしまう病院ありますよね。でも、骨髄移植って、意味あるのか不思議です。血液って腸ですよね、FBでも先生言われてましたね。ドラマや映画で闘病シーンがあると、なんか違う感情がこみ上げてきます。

No title

ワクチンの売り上げを増やすことは「アメリカ様」の命令だからなぁ…、ある意味(押し付けられた)国家プロジェクトとともいえる。

実質、米国が日本国から利益を強奪するための「命令書」ともいえる、米国の『年次改革要望書』。
小泉純一郎の政権時代に行なった郵政民営化も、1994年度のこの「命令書」に記載されていたことは有名な話である。


そして2008年度の「命令書」には…

・ワクチン接種を保険適用にすること
・ワクチンを打つための口実である病名を増やし、ワクチンの消費量を増やすこと

…が命令されていた。


つまり、日本国政府は米国政府から…「おいっ! イエローモンキー! なんでもいいからオレたちが売ってるワクチンを家畜たち(日本国民)にジャンジャン打てよっ! テメーまた原爆落とされてーのかコノヤロウ!」、と命令されたわけである……。

まあその後、出るわでるワクチンを打つための口実が…。子宮頚癌だの…、麻疹が復活しただの…、デング熱だの…、エボラだの…、最近では天然痘まで出てき始めた…。

フェイスブックのアカウント停止の理由でワクチンの話題が標的にされやすいのもこうした背景があるからかもしれないなぁ…
しかしだとしたら、露骨すぎておバカな感じもするが、そこまでアホなのか?「彼ら」は…?
いや~いくら何でもそこまでアホじゃないだろー(笑)

FBの内海聡の内海塾で

フランスの核廃棄物処理を日本でやることと、日本が、奇形障害の発症率がベトナムに次いで世界第2位というのが、納得できました。1位かと思っていたけど。フランスはイメージで日本は放射能垂れ流しにしても、責任をみんな誰かの責任で誰も何もしないから、ゴミを置いても気がつかないということでしょう。やがて、これを撒けば害獣(大した作物でもないものを食べられたくらいで駆除という野蛮な農家が使う言葉)が来ないから撒けと言われ信用し撒いて癌で死ぬ。野生動物は、わずかな磁場も人間の想像をはるかに超える能力で察知し近寄らなくなるけど、自然栽培以外は、放射能を簡単に受け入れてしまうので、最終処理場は、野蛮な農家になると思う。自然に作っていない(バカだから自然栽培で作れない農家が作った)大した野菜でもない野菜に近づいただけで駆除と言って殺される野生動物がかわいそう。しかも、そういう人間は、都合の悪いことを隠す。フランス人が暴露しなければ日本人でさえ知らなかった奇形を隠してきている。それでそういう農家は、別作にして、食べている。今も隠している。(ところで、罰金は、各自です。団体組織などに100人いたら100人全員が払わなければいけない。)

あ、食べてなかった

野生動物が、大した人間でもない人間が偉そうに使っている畑に入っただけで駆除と言って殺されたんだった。青いカエルが埼玉の桶川でたくさんいるらしい。あの肥料を吸い込んだ稲の色がついたのかな。

No title

これから日本は激変期を迎える。金持ちは生き残れるか?No!
勲章持ちは生き残れるか?No !これからは変化に対応した者だけが生き残れる。ここで言うグーミン度の高い人から徐々に死んで行く。5年も経てばグーミン達は絶滅するだろう。日本を巣くう悪魔も一時去るだろう。日本のグーミン度は幾らだろうか?

No title

マスゴミがヒラリー有利の洗脳をすればするほどヒラリーは負ける。TVが世論を作る時代は、すでに終わった。

No title

金融危機はもう始まっていると思う。まだニュースになっていないだけだ。あとアメリカ国民はTVニュースを見る度にヒラリーを代表する1%の連中に飽き飽きしている筈だ。もう不正選挙でもヒラリーは勝てない!

白人至上主義というので

リーダーが、どんなにイケメンなのかと思ったら・・・お願いだから、イケメン至上主義が、出てきてほしい。世界のイケメン画像見たらわかるけど、有色人種のイケメンさが、数段上回っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>15:57
病院にかかっている段階で話にもなりませんね。本当は喘息を治りたくないんですよ。治りたいならこんなブログで浅はかに情報だけとったりしないです。ちゃんと自分でいろいろ調べて、うちのクリニックなりほかなりに行きますから。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR