本当によく聞かれる質問

社会毒の知識以前の問題として。

本当によく聞かれる質問として、「家族が社会毒に興味を持たない」とか、「俺は安いジャンクフードが大好きだ」とか、「自民党がいかにどうしようもなく嘘つきで売国政党であるか説いても聞いてくれない」とか、どうすればいいか教えてほしいというのがあります。この人たちの特徴は情報を集めたふりをしているだけで、実際にはなにも気付いてはいない人たちだといえるでしょう。

コミュニケーション不足の一言でいえば終わりは終わりですが、コミュニケーションの能力とやり方がいかに欠如しているか、もっといえば親や家族の観念そのものの問題に気付いていません。これは講演でもたびたびされる質問ですが、なぜこの問題が起こるとかというとなにが不足かわかっていないからです。これはコミュニケーション不足ではなく親の支配であり、家族の人をコントロールしたい支配欲なのです。

たしかに社会毒は海外でも規制され日本は世界一洗脳され、ニホンジンは洗脳奴隷ど真ん中であることは間違いありません。しかし自分が今までやってきたことを無視して、親や家族がこうしているんだからあなたも「こうすべき」という、醜い支配欲と共依存性が横たわっていると気付けない限り、この問題は解決しません。こういうことは押し付けてもむしろ逆効果なのです。

逆に言えばそれでも健康のために食事を変えてもらいたいなら、徹底的に喧嘩するくらい議論がないといけないし(それが腹を割るということ)、恋愛で男を転がす時もお願いばかりしていて成就することはないのと同じです。最近は私以外でもいろんな勉強会があるから機会を見つけて一緒に行くのもありで、家族に言われるとどんな正論でも聞かないものを人に言われると聞いたりするものです。

また家庭状況にもよりますが、わざと恋愛のように技を使うというのだってありです。たとえば長男が帰省してきたとき、長男だけはキャノーラ油たっぷりのマクドナルドと、放射能汚染まみれの食材を買ってあげて、これみよがしに自分たちは美味しいものを食べればいいです。「もう言っても無駄だからあなたのことはあきらめたわ♡」とでも言ってあげればよいのです(笑)。重要なことは強制しない事、好きなようにさせて好きなように病気になり死んでもらうことです。

こういう人の困るところは生活や食事が悪い癖に、病気になるとさらに人のせいや運のせいにして、病院に行って税金をむさぼりながらさらに人やシステムに頼るということですが、これはあらゆる病気に共通しています。先住民に現代病は一切ないのであり、なっているのは自分のやっていることが悪いからでしかありません。そんなことニホンジンにいったら発狂して逆上するしか能がありませんけどねw。

どうせニホンジンはアホンジンであり、抵抗しようが何をしようが三流国家に落ちぶれて滅ぶしかないのですから、いちいち小さいことで抗うこと自体が間違いです。それでも何かしたいならまず自分から。だからあなたが変われば必然的に子どもも変化するでしょう。これは究極の例ですが、あなたが政治から興味をなくせばあなたの子どもは政治に興味を持つでしょう。あなたが自民党から出馬すればあなたの子どもは野党に興味を持つでしょう。

そもそも論でいえば、この質問をしている段階で家族間の信頼はゼロですと宣言しているようなもので、自分のバカ宣言に他なりません。その親や家族はあなたよりも周囲や体裁や常識を信じているからであり、これはすでに真の意味での家族の定義を逸脱しています。本当の家族は周囲がどうとか常識がどうとかいうことに関係なく、家族が真剣に話していることに耳を傾け、周囲が全員的でも自分の家族を守るために動くものなのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

残酷なことと一緒に伝える

とっても良い人間に見せるのが上手な私の父親と私の弟(のうち長男の方)は、遡ると母が父に怒鳴られているのを見て平然として良い子になっていた弟(長男)、もっとすごい光景も蘇り、実家へ行き、弟(次男で一流で有名な私も好きな企業の上の方へ向かっている)に、数年ぶりかで話し、一致し、同時に、一気にまとめたもの(薬、鳥のことなど)を渡した。2時間くらい様々な対策を話しあった結果、「クズどもに、(私の実(家)などを)任せるな。」ということになり、話していた時、父が話があると声がしたので、無視して帰ろうとすると襲いかかろうとしていたと思う。母が父から否定されて何も言えなく、お金をあげることは、否定されないので惜しみなく出してくれた母が、受けたように、父の存在を否定することにしたので、顔は見ていなかったけど(次男の方の)弟に、掴まれて、泣きそうだったと思う。それで、こんな人間(私の父)の作る野菜は、絶対に食べない方が良いと言いまくり(この間石灰を撒いているのを見たと付け加え)近所にたちまち広まりました。その前には、(農)薬の害も近所中に言ってあるけど、石灰も、毎年毎年撒いていたら、畑がコンクリートと変わらなくなるので(コンクリートの中にも入っているから)。
 自分の家族に伝えた時も、残酷なもの(写真)と一緒に、伝えた。家族は同時に違う場所から裏側に来たけど、次から次へと出てくる毒の数々ですから、その都度、印象深いものと一緒に伝える。
因みに、私が実家にいた時、見た弟2人の部屋を比べると、長男はゴミ屋敷で、次男は整理が、行き届いていた。

毎年ある自治会の要望書受付に

あの文章と、侮辱罪の罰金は、何億か、わからないけど相当高いことを付け加えておこう。(農)薬を売っているところは、5兆が、普通の紙に変わっちゃったから、本当は自然栽培に切り替える絶好の機会なんだけど、頭、働かないかな。カエルとレンゲソウ、イナゴも返して欲しいことなど。きったない泥水でカエルが泳げないです。せっかく水かきが、手についているのにね。かわいそう。

「安全確保」をするしかないDVオヤジのケース(=そもそも家族ではないケース)

睡眠中に実の息子にのしかかって首を絞めたり、
近所の外猫さんをオヤジ本人が招き入れておきながらマダニが付いているのを発見したらオヤジ本人がリスクを負うのが嫌だから、実の息子に「早く追い出せ」と命令して、息子がうまく猫さんを外に追い出せなかったら、二階のベランダ出入り口から「役立たずは要らない」として投げ捨てようとしたり、
240Vで通電拷問をしたり…
本当に頭のおかしい=加害者型PTSDは、家族として「信頼」すると、子どもが殺害されてしまいますので、「安全確保」をする以外の道はないのです。

さようなケースについて、
「家族療法」をしましょうとか間抜けすぎます。
「お前ら殺してやる」という殺人鬼に愛着していたら殺人鬼のPTSD負の連鎖に加担するだけですよ? 殺人鬼に愛着するのは精神機能の障害です。
…としか言いようがありませんでした。そういうのを全部、加害者側が解離性健忘でなかったことにしようとしてもらっても、困りますね。

心から感謝しています、こちらのブログとかに。

例えば癌という脅しで、信じるように、見分けがつかなかった父から脅され(怒鳴られ罵倒され)続けた母の真相。そう見えるけど全く違うものであったこと。つまらない人間(私の父親)に、怪我をさせたりして捕まるのは、嫌なので、近所の人に言ってあります。父親は野菜を近所のある一定の人たちにあげるので、そのおかげで糖尿病(化学肥料に入っている異様な構造の糖質と遺伝子組み換え)や癌に、(化学肥料及び有機肥料は、産業廃棄物や、肉骨粉自体やそれで育った草(ビニール)などできたでできているため)なっているから父が持ってきた、野菜もらわないで追い返したほうが良いということや、その時、人工透析の辛さも話してあげたら良いと思う。と。たちまち広がりました。やっぱりみんな、どこか、おかしいと思っていたのだと思います(私の父親のことを)。薬も、効かない、宝くじも当たらない、寄付しても何も変わらないと少しでも感じる人には、すぐに伝わります。
母の真相が分からなかったら、物でないものも、すべて失っていましたので、感謝しています。

ドナドナ

精神医療問題の講演のときのBGMは是非ドナドナで。

無題

こんばんは。
どんなに大事な相手であっても、「あなたのことはあきらめたわ♡」作戦が功を奏さないなら、あとは好きに苦しんでもらうしかないですね。どっちみち苦しむのは私じゃないですし\(^o^)/ 冷たいかもしれないけど最後は自己責任です。

ところで先生!インスタ見てビックリしたのですが、私いま丁度富良野に滞在中なのです。すぷらうとは素通りしてましたが早速行ってみます!

あと、先程セレクトショップで欲しかったものを一通り買いました。特にTQ商品は、オカルトの極致が何を指すのか、それは起こるのか起こらないのか、非常に楽しみです!自滅党Tシャツは選挙の時期に限らず、普段着感覚でファッションのポイントに取り入れようと思います♪黒だから何にでも合わせ易いですよね♪YM菌も使い方が未知数な感じで楽しみにしています。選りすぐりの商品を販売してくださってありがとうございます!

No title

ツイッターに引用させていただきました。有難うございます。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR