ニキビ薬のおそろしさ

コメント欄にあった有益な情報を簡単にまとめてみます。

ニキビ薬としてテトラサイクリン系のクスリやミノサイクリン系のクスリが使われることが多い
のですが、この有害性や危険性はまったく示されていません。しかし少し目をやってみるとと
んでもない被害をもたらしている可能性があります。安易に使っているそのクスリは腸内細
菌を殺しているだけではないかもしれません。

テトラサイクリンの使用者はWHOのデータでは3億人以上だそうです。 コクランレビューでは
ミノサイクリン使用中の狼瘡が、10万処方あたり53件だそうですが、全体を考えるともっと多
いでしょう。このテトラサイクリンやミノサイクリンは抗生物質ですが、男女両方において成人
後の不可逆的な男性脳化を誘導しているという研究があります。 つまりホルモン類似作用
=危険のサイン。

テトラサイクリンやミノサイクリンは発達障害の原因となりうることも研究で示されています。
http://www.amed.go.jp/news/release_20160825-02.html
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27558646
http://www.nature.com/ncomms/2016/160825/ncomms12540/full/ncomms12540.html
「発達期のミクログリアの活性を薬剤を用いて低下させる」
「ミクログリアの活動を抑制する薬剤を使って」
元の論文ではミノサイクリンを使ってます。

米国のミノシンの公式添付文書にはミノサイクリンが動物実験で発癌したと書いてあるそうです。
畜産動物にはけっこうこれらの抗生物質を使っているそうですが、さてどれくらい残留している
のか。ドキシサイクリンの体重増加はジプレキサを凌ぐらしいです。抗生物質は畜産時の王道で
すし、ホルモン類似作用を利用している可能性もあります。

この系統のクスリは動物研究で統合失調症のような状態を発症すると指摘されています。動物
実験なのでそれほど重視しなくていいのですが、重要なのは脳を狂わせる作用があるのではな
いかということを、複数の研究から見つけられるかどうかです。これらのクスリは少量だと自発運
動抑制、高用量だと自発運動亢進となります。このパターンは大麻などに類似します。

さてニキビ治療にはテトラサイクリン系やミノサイクリン系が使われますが、海外ではニキビ治療
にイソトレチノイン(アキュテイン)というクスリも使われます。米国ではイソトレチノインの前に飲ん
でいるのは大半がミノサイクリンで次点でドキシサイクリンだそうです。 そしてFDAは自殺関連で
イソトレチノインがトップ10入りしていると報告しています。

これはおかしいかもしれません。たしかにある論文ではイソトレチノイン療法開始6ヶ月後が自殺
未遂ピークになるのですが、イソトレチノインは動物実験では精神活動に影響が殆どないともい
われます。FAERSにおいてイソトレチノイン関連の精神病も報告数が少ないのです。そして米国
ではニキビ治療で抗生物質が使われたあとにミノサイクリンとドキシサイクリンが使われます。

つまりここで見えるのは、テトラサイクリン系やミノサイクリン系が精神作用が強いこと、それをや
めてイソトレチノインを飲みだしてから自殺が増えるけど、それはテトラサイクリン系やミノサイク
リン系の禁断症状の可能性があるということです。日本ではイソトレチノインを使えないため、禁
断症状は気付かれないまま精神科医に行くか、自殺かになってしまう可能性があります。

これは、米軍でマラリア予防に使われていたメフロキンが精神症状によって禁止された件と通じ
します。しかしメフロキン自体は動物実験ではさほど異常な精神活動を示しておらず、ドキシサイ
クリンとの対照試験でも被験者はドキシサイクリンのほうが副作用が重いと報告しているので、
テトラサイクリン系の精神症状は非常に危険な可能性大です。

こうやって多くのクスリの危険性が隠されてきました。こんなことも気付かずに日本の(世界の)
大人たちは子どもに抗生物質を飲ませ、いわんやニキビなどという問題に対して、死ぬかもしれ
ないクスリを平気で飲ませているわけです。テトラサイクリンは歯も痛めるということで有名です
が、抗生物質は重要感染症の時以外には使ってはいけないクスリなのです。

 







 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ニキビ難民からすると、

ニキビ難民からすると、

イソトレチノインの有効性は間違いないので、「ニキビが原因で精神的におかしくなる」としたら、イソトレチノイン以外の薬のほうが率が高いはずなのです。

「イソトレチノイン=重症ニキビ限定で使う」というわけではないので。

報告が目立っている(偏っている)のは、イソトレチノインで間違いないのです。

(メフロキン、ドキシサイクリンの問題も同様。戦闘が原因ならドキシも自殺が多いはず)

これは必ず、反論される部分。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

子宮頸がんワクチンも

我先にと、近所の人が祝入学で無料とかいう子宮頸がんワクチンを、打ちに行くと、止める間も無く別れ際に言って打ったらしい(娘さん2人に)。こういう人は、止めても、行くし、行かないことになれば、別の理由で癌になった時、あの時、打っておけばよかったと言うだろうし、集会でも準備せず遅く来て、片付けず、ゴミもそのままで帰ってしまうから、別にいいっか。と思っていたら、予防接種したのに癌検診は、毎年行うようにしてくださいと、言われたらしい。反応も出たらしい。この人、車の免許持ってないから、週3、4日は、数年送り迎えしてあげたけど、負の連鎖みたいに、癌、除草剤、見下す、パニック障害を自慢、どうなるのかわからないけど薬をのまないと発作みたくなるらしい。精神薬飲んできたと言った日、いつも以上にハイで、怖かった。そういえばニキビ治療薬子供に買ってました。無視してから3年目になる頃、ぱったり見かけなくなってしまったけど。別の無視で、母だけは、無視しないことにしよう。
こちらのブログやコメントでわかった事=妻、娘を怒鳴る人間(私の父親)は、成功しない。父は、誰が見てもいい人間だけど、私と母にだけは暴言暴力を振るう。私に暴力を振るったら、やり返すけど。それで、他人の前では、コロッと態度が変わって良い人間になる。私にもこんなにいい人間だと思わせる話し方で話し、やっぱり良い人間だったと何万回も錯覚に陥っていましたが、騙されなくなったのは、良いと言われている薬が、あのようであったという事を、知っていくうち、中身も見えたからです。今まで暴言に耐えてきた(暴力になる前に我慢していたと思うので)母が喜ぶ情報(私から母に流れない前提で親戚から聞いた母が喜ぶ秘密=ミステリー作家がやっと想像できるもの)を教えてあげよう。天網恢々は、本当なので、そのような薬を扱う所など、潰れます。

そして刑務所でいじめられる

父のような妻(私の母)と娘(私)以外暴言を吐けない人間は、罪状が女か子供に何かするくらいしか考えられないので、それは、最低な奴だと服役中の人から見ても見えるらしいです(父は入った事ありませんが)。因みに父は弟2人の前ではいい人間でお利口で、2人は男なので怖いから怒鳴れないみたいです。そして私は、暴力を振るわれそうな時、相手になろうとすると、父は自分はかわいそうだとでもいうように、通った人にすがるのです。本当に、近所の誰もが、あんなに優しくいい人はいないね。と、言っています。が、いい人は、人間を選び怒鳴らないので、バラしています。こういう父みたいな最低の会社や機関など、ありますよね。おかしな物質や薬品を扱って、人畜無害、安全、安心とか言っている所。そういう所も正体がバレてきているので、破滅ですね。

No title

体質にもよるだろうが、ニキビなど結局、糖質の摂りすぎなどで血液が汚れているのが原因だと思うのだが…

テトラサイクリンやミノサイクリンなどの毒物を体内に入れるよりも、食事を改善し、もし膿胞ができるほど酷い状態なのであれば、漢方薬の清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)あたりで対処した方がよほど良いと思うな…

ループス(狼瘡)は離脱症状との報告(日本)

尋常性ざ瘡に対する長期ミノサイクリン内服により発症した薬剤誘発性ループスの1例
https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/64/9/64_1269/_article/-char/ja/

上と同じ
[DRUG-INDUCED LUPUS CAUSED BY LONG TERM MINOCYCLINE TREATMENT FOR ACNE VULGARIS].
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26657914

離脱によるループス(狼瘡)は約3ヶ月後に収まった(血液検査結果としては)。

これは自己中断(医者の判断でも一気断薬だが)しなければ発症しなかったわけでしょう?

似たようなのが10%以上の患者に起きているって・・・。

トリプルコロンさんへ

「ニキビなど結局、糖質の摂りすぎなどで血液が汚れているのが原因だと思うのだが… 」

それならば生活習慣病と言われるメタボな中年オヤジはニキビになりやすいと思う。

しかし現実は、男性は中年になるとニキビはほぼゼロになる。

デブが必ずしもニキビ率高いわけではないし、スポーツ選手でもニキビはいる。

ニキビが生活習慣病ってことはあり得ない。

ホルモンの乱れや遺伝性の体質だろう。

食品中のテトラサイクリン高感度検出技術の開発、との論文

A novel M-shape electrochemical aptasensor for ultrasensitive detection of tetracyclines.

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27213268

「食品中のテトラサイクリンの検知と計量の分析技術は、大いに需要があります。」 云々。

イランの食事暴露によるテトラサイクリン摂取は牛乳残留

Dietary exposure to tetracycline residues through milk consumption in Iran.
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26600942

さっきの論文と同じイランから。

乳中の総テトラサイクリン系濃度は0.252mg/kgだった。
つまり、1L飲めば約0.25mg摂取することになる、らしい。

分析された4種のTC系のうち、最も割合が大きかったのはオキシテトラサイクリンで86%を占めた。

2人前の480mL(総TC=0.121mg)ではADI(一日摂取許容量)の7〜30%を摂取することになるみたい。

これは2011年のイランで、似たような内容
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24312754
許容量を超えてるから絞る前に休薬期間を設けるべきだ、とのこと。

これもイラン2014年
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24468281
畜産で最も一般的だったのはテトラサイクリン系とのこと。イランの消費量は先進国としては韓国を除いて高かったとのこと。

まあイランのことだから日本にあてはまるかは不明だが。

乳および乳製品中のテトラサイクリン系抗生物質を含めた動物用医薬品一斉分析の検討

乳および乳製品中のテトラサイクリン系抗生物質を含めた動物用医薬品一斉分析の検討
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19897947
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shokueishi/50/5/50_5_216/_article/-char/ja/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shokueishi/50/5/50_5_216/_pdf

TC系はカルシウムなどの2価金属イオンとキレートを形成することから骨や歯に有害で、乳製品を介したTC系摂取が懸念される、とのこと。

カルシウムとキレートを形成してしまうため、乳製品からの検出が難しいとのこと。

以下、抜粋。

「テトラサイクリン系抗生物質はカルシウムなど2価の金属イオンとキレートを形成するため,厚生労働省通知の動物用医薬品一斉試験法を適用して定量することは困難であった.」

匿名Uさんへ

思春期にニキビができやすいことを鑑みれば、ホルモンバランスの影響も考えられるでしょうし、思春期であってもニキビの「に」の字もない人を鑑みれば、遺伝的ともいえる体質的な要素も考えられるでしょう。
それらの因子を持った人が、糖質、特に直接糖である砂糖や悪い油を大量に使用したお菓子などを常習的に摂取することで、ニキビができやすくなるということも考えられるでしょう。
また、ニキビと混同しやすい「粉瘤」を含めて考えれば、いわゆる"ふきでもの"に対する根本原因の追求は、より複雑なものとなって行くのかもしれません…。

話は替わりますが、かつて科学の分野で大論争…、というより大喧嘩を巻き起こした"もの"があります。
その"もの"とは、「光」の定義についてです。
ある科学者たちは「光とは粒子である」と主張しました。
別のある科学者たちは「光とは波である」と主張しました。
こうして自らの信念に固着した科学者たちは、自分の主張こそが正しいと譲らず、大喧嘩…、いや、大論争を巻き起こしたのです。

しかし結局、光とは、粒子でありながら波の性質を持つことが観測的な実験によって証明され、「光は粒子であり波である」という結論に至ったのです……笑。

人間の思考とは非常に便利な道具でありながらも同時に不便なものです。
思考や想念が自分自身であるかのように錯覚している人は、本来であれば使いこなすべき『本質的な存在である意識としての自分』が、その思考や想念に振り回されしまい、逆に道具に支配されるとうい逆転現象が起こってしまうのです。
現在、人間の多くがそのような状態に陥っており、本来であれば主権者たる存在である『本質的な意識としての自分』自らが創造している思考や想念に逆に支配される、という盲目的な状態に陥っているのです。

ちなみに現在、光の速度は秒速 300,000kmと定義されていますが、それは現代の人間の意識レベルにおける観測上の限界値であるにすぎず、実際の光の速度は無限です。
光が移動する速度が無限大ということは、本来の光とは「速度」という概念すら当てはめることができない存在であるということです。
人間はこの「無限」という未知なる概念を避けるために、様々な理論を構築し続けてきているともいえるでしょう。

なぜなら思考や想念では無限を理解することができないからであり、それゆえ科学にしても医学にしても、唯物論的ともいえる人間の五感で感知できる範囲の物質にしか着目していなのです。
すなわち人間の五感で感知できないものは「価値がない」、という土台の上に科学も医学も構築されているのです。
医学の分野でいえば、姿形のない人間の「精神」を専門にしているかのように装う精神医学が、なんとしてでも脳やDNAといった物質に、人間の精神を結びつけて論理を構築しようと企てるのもそのためです。

論点がズレるのでこの辺にしておきますが、「人間にはまだまだ未知なる領域が存在している」という、思考にとってはなんとも腹立たしい結論で終りにしたいと思います…笑
長文にお付き合いくださり、ありがとうがざいました…

ニキビ薬に依存性はあるのか

診断基準

世界保健機関

ICD-10における、診断コードF1x.2が依存症である。
以下の診断基準が、前年に3つ以上同時に存在した場合にのみ診断が確定される。

A 物質への強い渇望感。
B 摂取する行動を管理することが困難である。
C その物質に特徴的な生理学的離脱状態(F1x.3とF1x.4参照)が、使用の中止や減量に伴って存在し、同じ(または類似の)物質が、離脱症状を避ける目的で使用されている。
D 耐性が生じて、当初より使用量が増加している。
E 物質の使用が原因で、他の楽しいことを軽視するようになり、物質の入手や摂取、作用に要する時間が増加している。
F 有害となっているのに物質の使用が持続している。それは過度の飲酒を経て肝臓に害があるとか、激しい物質使用の期間の結果として生じる抑うつ気分状態であるとか、あるいは薬物に関連した認知機能の障害といったものである;

A, B, (C), D, (E), F
3つ該当は十分ありえる。
(C)似た抗生剤を使用する。
D抗生剤は耐性出るはず。
(E)は薬源性陰性症状。


アメリカ精神医学会(APA)による診断基準では、物質依存症は以下のように定義される[19]。12か月の間に、以下の3つ以上が起こっており、著しい障害や苦痛をもたらしている。

a 耐性は、使用量の増加や、同量を使用した場合の効果の減少によって確認される。
b 離脱は、その物質に特有の離脱症状(その物質の離脱の診断基準AおよびB)や、離脱症状を避けるために同じか似た物質が摂取されていることによって確認される。
c 頻繁に、大量に、あるいは目的よりも長期間摂取されている。
d 持続して渇望しており、使用の制御に失敗している。
e 複数の医者を訪れたり、チェーン・スモーキングしたりなど、入手や使用、また作用からの回復に多くの時間を要している。
f 重要な社会的活動、または娯楽が、使用のために減っている。
g 物質の使用が原因となる身体や心理的な問題が持続しているが、物質が使用されている。

a, b, (e), f, g
a抗生剤は耐性アリ
b似た抗生剤でもOK
(e)複数の医療機関を受診していることがデータで示されている。
f薬源性陰性症状
g副作用は強い

特にイソトレチノインは、使用中に妊娠してはいけないと知りながら妊娠していることがあるように、コントロールできなくなる。

ニキビは若年層(特に思春期)では多数派(学会曰く7割)なのだから、依存性試験はニキビを患っている者で行わなければならない。

テトラサイクリンによる遅発性の頭蓋内圧亢進やジスキネジア様の眼球不随意運動

Delayed Development of Intracranial Hypertension After Discontinuation of Tetracycline Treatment for Acne Vulgaris.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26397465

遅発性というよりは離脱でしょうね。

中止しなければ大丈夫だったかも。(いつかは限界が来るだろうけど)

14歳ということで頭蓋骨が固まってるからこのようになったが、幼少期ならば大泉門膨隆だろうし、胎児期ならば水頭症みたいにもなり得る。

逆に、胎児期に暴露し続ければ小頭症にもなりえる。(たしかドキシサイクリンが水頭症に効果あるとの文献見た記憶が)

1.5歳頃までに起こる発達障害も胎児期暴露からの遅発性だろう。

イソトレチノインの先天性障害の内、かなりの割合がテトラサイクリン系によるものだろう。イソトレチノインの最大の先天性障害である四肢欠損も怪しい。

イソトレチノイン使用中の有害事象の大半が先に使ってたテトラサイクリン系の遅発性(離脱)症状だろう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

テトラサイクリン系の歯科黃染について

テトラサイクリン系は歯の表面が黄ばむことはあっても、歯の組織内部に蓄積することは殆どないと思われる。

唯一ミノサイクリンは歯の内部から茶色や灰色に着色する可能性が稀にある。

ミノサイクリン含めすべてのテトラサイクリン系で起こる歯の表面の黄色い着色は、うつ病などによる歯磨き不足によるものです。

それに加え、唾液などに混じった薬剤が黄ばみやすくしているかもしれない、という程度で、黄染は永久的なものではない。

黄ばみはホワイトニングで治るとの広告が多いので、内部からではないと思われる。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR