ウィキリークスと大手新聞、メディア

私は読売新聞をとってないが、往診先でもらってきたものにウィキリークスについて書いてあったものがあった。その内容がスバラシクふざけているので、ぜひ考察してみたい。
6月23日読売新聞の「米公電暴露 現状と問題点」である。

もともとこのウィキリークスという活動には賛否両論あった。それはもちろんわかる。しかし今回の読売新聞の特集は、自分たちの無力と無能とを、常識論的な言い訳に置き換え、かつジャーナリズム精神をかけらも感じさせない見事な体たらくである。そもそも老害丸出し人間の手下たちだから、そんな精神などないのが当然と言われれば返す言葉もないが・・・ 

内容は読んでもらうしかないが、それを一言で要約すれば、読売新聞は日本国政府の味方、外務省の味方、世界の大国たちの味方、であり私たちは権力に迎合する新聞です、と明言しているに等しい。

僕はジャーナリストじゃない。だからジャーナリズムとはどういうものだとウンチクを垂れることはできない。でも素人的には、ジャーナリズムとはペンと言論によって、国家や大権力を見張り、対抗して、民衆の利益のために闘う人間たちだと私は思っていた。しかし今、日本の大手新聞、テレビはすべてジャーナリズム精神を捨て去っている。それは原発の対応を見ても明らかだ。この原発問題でまともな人なら新聞やテレビを信用した人はいない。有益な情報はすべてインターネットやケーブルテレビで手に入れてきたと思う。そこで語られるタブーの方が、くだらない夕方のニュースを見る100万倍価値がある。

私は暴露された内容をほとんど知らないが、新聞やネットに出てくる範囲のものを見ている限り、週刊誌が扱ってきたものや、ネットに流れているものと大差ないようにしか感じない。結局これが公電であることに問題あるのだろうが、では問題な理由はアメリカの公電だからか?日本人が真実を知ることより、アメリカの顔をうかがっているのか?アメリカの圧力なのか?そう思わざるを得ないくらいの逃げ腰だ。それを指摘することができないでメディアに価値があるのか不思議でしょうがない。

そもそもなぜウィキリークスが活動を始めたか、裏事情はさておき、大義名分は「世界中のメディアや新聞がその役割を果たさなくなったからである」と明言している。そしてその指摘そのものを間違っているという民衆はほとんどいないだろうと思う。要するにお前ら無能だし、仕事しないし、嘘ばっかりついて国の犬だから、俺らが代わりに一部仕事してやると言われているのである。それに対する負け惜しみのなんと醜いことか!

もはや時代はインターネット時代であって、隠し事がいつまでも通るような時代ではない。国の悪、国が隠す不都合、大企業の悪、大企業の不都合はばれるようになってきている。もしウィキリークスによって謀りや裏工作がしにくくなってきているのであれば、存在価値はある。逆にもしウィキリークスがなければ、今でも大国や日本政府たちは、裏で国民に言っていることとは違う謀略を張り巡らしているかもしれない。どんな嘘をつくか知れたものではない。やり方はどうあれ、その存在が一種の抑止力になっていることはもはや疑いようがないのだ。それはあらゆる国がビビっていることからも明らかだ。そしてウィキリークスのもう一つの価値とは、その抑止力はもっているが、彼らが世界を動かすほどの力はないという点なのである。もちろんウィキリークスの内部はもっと違うものだという人もいるので、その真偽は一般人の僕にはわからないが。

なぜ大国たちがビビるのか、それは積み重ねてきた権力や利権を恐れているからにすぎない。欧米の大国も現在の中国も、そして大国となった日本も、そのためにあらゆる場面でダブルスタンダードを押し通してきた。国がやることは正しい、新聞が国の支配下になるなら新聞の言うことも正しい、国に逆らう情報を流すなら、そのすべてはテロリストであるという。こんな考えはすべて洗脳に過ぎない。そして今や日本人のほとんどが、洗脳されることを好むようになってしまったようだ。昔はこうではなかったはずなのに。

過激な革命など必要ない、日本人一人一人が少しモノの考え方を変えていくだけで、きっとこの国はもっと良くなると信じている。それに反していまや新聞やメディアは、日本の進化を妨害しているようにしか見えない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

日本の新聞はどうしようもないところまで来てる。
それには同意します。
自己弁護、権力依存、スポンサー重視が明らかです。

No title

確かに新聞やテレビの隠蔽にはウンザリだわ。

No title

患者だまして儲けてる精神科医よりマシ。

実名批判

はじめまして。山本と申します。
精神医療に疑問を持ち、内海先生の活動に注目させて
いただいてました。
こちらにコメントするような趣旨ではないと思いますが、
投稿をお許しください。

内海先生も笠先生も実名批判で精神医療や原発問題を批判されてますが、
それはご自身も実名を名乗られているわけです。
今日の毒舌セカンドオピニオンの 2に載っていた
佐高さんの「名指しの批判」はもっともだと思っています。

ですが、度々こちらで問題になってるコミュニケーション広場なる掲示板を見ると、
皆さん自分たちがHNにもかかわらず
名指しで批判をしてるのは、違和感を覚えます。

広場を読むと、過去に内海先生の批判、攻撃をしてる記事が
ありましたが、事情はどうあれ、自分たちはHNなのに
実名批判は許されるのでしょうか。
ずっと疑問をもっていました。

不適切な内容であれば、削除してください。

No title

いいわけない。
奴らは卑怯者、自ら明らかにしていることだ。

No title

R医師はブレーンが悪すぎて、とうとう本人の信用まで失ってきたよう。
まだ処方で不安がある人は声も出さずに様子見。カウントの多さと投稿の人数をみたら、少し異常。

聡明な患者や家族はセカンドオピニオンを参考にして、自力で回復して卒業しているだろうよ。いつまでも、ネットや掲示板に張り付いて、セカンド医に依存したり、運動に没頭してる人たちは回復は見込めないだろう。

No title

レディーガガは訴えたんではなく、訴えられたとニュースでやってましたが、違うんでしょうか?
チャリティー称しながら、一部自分の金にしたので、リストバンド買った人たちから訴えられたとか?

ほんと、プレーンの連中の質が悪いよな。自分らの気に入らない奴は、集団で攻撃してさ、裏で結託して相談してるんだから。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR