なぜこうなってしまったのか?

せいぜい後悔しないほうだけ選んでください。

この問いはあらゆることに対する深い意味を含みます。なぜ誰かが病気になってしまったのか、なぜ政治や経済は人を助けないのか、なぜ今のような環境なのか、それらにはいくつもの深い理由があります。それを直視しない限り決して好転は訪れません。現実を見ない限りチャンスはありませんし、現実を見たふりをしても行為が実を結ぶかどうかは、実践力により変わります。少なくともなにもしなければノーチャンスです。

我々の中や外にある問題や束縛や圧力は、必ずなければいけないものであり普遍に存在するものです。実はそれがない世界は理想郷ではありません。束縛があるから逆境があるからこそ人はより成長します。哀しみがなければ人間は退化し続けます。 そして何かを変化させ進歩させようと願うなら、他を変える前にまずなにより自分が変わる必要があります。それをみて人は変わっていくのです。

何かが変わるには市民の力が確かに必要であり、行動する市民も数が少なくては効果を持ちません。しかし究極的にいえば数よりも変化し進歩をもたらすものは、一人であることを知っています。その苦労は実は犠牲的ですが誰かと共有できるわけではありません。苦労してなにか大きなことを成し遂げれば幸福感は感じるでしょうが、それは本当に目的であったかどうかを考える必要があります。

あなたの究極的な目的はなんなのか、それを自分の中に見出すことと今の理由とはセットです。それは実は共有できそうで共有できないものです。だからこそ人々は正義を主張しながら闘い続け滅びの道を歩んでいます。正義も理想郷もこの地にはありません。そんなものを求めるために本当は人間は歩いているのではなく、少なくとも私自身はそんな方向には向かいたくありません。

どんな物事もそれがたとえ世界を動かすような事象であってさえも、最初は一人から始まります。つまりこの世界がこうなっている理由も、この世界が真の意味で動くかどうかもあなた自身の中にあります。なぜこうなってしまったのか?はすべてあなたの中にあり、それを解決するすべもすべてあなたの中にあります。あなたの中にあることに権威とか周囲とか関係ありません。すべてはあなたの選択と責任と決定によって発生するのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

希望が見えてよかったです

行動に疲れ果てた時、違うかもしれないと思いますが、光が見えました。機会がありましたら先生にお見せしたい面白いもの(一瞬で変化するもの)があります。

なぜこうなってしまったのか……

あれから悩みました。歴代の精神科医の名前を列挙したことです。実行した瞬間は気分爽快でもしたあとから気分最悪になりました。内海先生はじめ周りの方はお怒りになるかもしれませんが、大切な人を失いました。もう完全に嫌われたので振り返ることはしてはいけませんが、相手を傷付ければ自分も深い傷を負うということを知りました。9月6日の『精神論』にも通づることですが。もう失ってしまった存在を追いかけるとそれこそ法に触れることになるのでもうできませんが。僕が最初の一人目になることすらありませんでしたが、別方面で自分の力を発揮し、邁進していこうと思います。先にも書いたとおりI先生への冒涜は自分の反省しても仕切れない出来事なのでネトウヨのような行為は絶対してはならないと自分に誓う出来事となりました。もう戻らない時が過ぎましたが許してもらえる時を待っています。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR