本当の食べ方

昨今の肉食菜食対決は本当にウザい。
ネット上を中心にちまたではやれ○○食事法がよいとか、あの食事法はダメだというつまらない話で盛り上がっていますね。確かに栄養学や食学ではある程度わかることもありますが、これらの学問は非常にインチキだらけであり、やれ論文、やれ動物実験、やれ科学データが入り込むものの、実は現実には適応できないようなデータばかりで、ウソの極みになっています。

ある人をみて○○食事法がよいとか、○○な食べ方でないといけないとか、○○な食事法が癌を治すなんて書いてある人を見たら、すべてウソつきだと思っていいでしょう。たしかにある食事法が癌に対して有効な時がありますが、その一方でその食事法により癌を悪くする人がいます。その違いを完全につかんでいる人はほとんどいないようで、つまりみんなウソです。

ではどうすればいいのでしょうか。一番重要なのは科学や学問や言い伝えを排して、自分の舌に聞く事です。ようするに一番欲しているモノ、食べた時に一番おいしいと感じるモノ、それがあなたにとって最も必要なモノであり、実は栄養もあなたにフィットしています。ただしこの感覚はひじょうにうつろなものであり、騙されやすいということも知っていなければなりません。

野生動物は真の意味で何を食べるべきか知っていますが、人間は常に頭でっかちで「誰誰にこの○○食事法がいいと聞いた」とか、「和食は体にいいと思っている」とか、「糖質制限は最近流行っているのでぜひやってみたい」とか、頭で食べています。こういう人たちはきっと健康になれないでしょう。このようにして食べようとすること自体単に飽食時代のわがままであるともいえます。

この感覚を研ぎ澄ますときに重要なことは二つあります。一つは化学物質や遺伝子的に生物とかけ離れたものを食べないことです。添加物や農薬やGMOや汚染食材などはこれに当たります。もう一つは精製されているものを食べないことです。砂糖はその代表中の代表ですが、穀類や加工食品やその他にもあります。これらは感覚をむしろ勘違いさせてしまうので、これだけは意識して避けた方がベターです。

そうして人間ではなく動物としても機能するようになればすべてわかります。よい肉を食べて頭や思考や宗教で何を考えようが、おいしいと思えばそれが最も真実であり正解です。よい野菜を食べてそう思えばそれが正解であり、何かを食べるとおいしくないと感じるなら、それはあなたにとって今は必要ないものなのです。子どもはそれを純粋に行っており、大人だけが頭で食べるという愚行を常に犯しているのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

医者は偉い

もともと農薬を撒く人が病気をつくったのです。私でさえも子供の頃から本能で自然に異質なものをつけてはいけないことくらいわかりました。うちの近所の農薬散布者全員癌になっています。農作物は誰でも簡単に今からでも作ることができます。それをやらせないようにしている所は、農薬を売る代わりに医者に協力して癌治療薬や癌予防薬を農薬を撒いていた人々に売ったほうがいいと思います。自然には農薬を撒かず、自然を汚染してきた人に飲ませた方がいいと思います。癌検査くらい農薬を売った責任で、そこでやってあげて病院へ引き渡すようにしたら良いと思います。電話で提案した所の病院は農薬散布者対象にやっています。その病院の近所のにあるJAでは健康診断もやっていました。友達になったシルバーの人から色々聞いています。いつもブログとFB拝見させていただいております。度々すみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「一番重要なのは科学や学問や言い伝えを排して、自分の舌に聞く事です」
というのは、表現が不正確または勘違いです。科学的な態度であれば、
「自分の舌に聞くこと」
が第一であることは、ほとんど自明だからです。実際、私はトレーニングを積んだ科学者なので、息子が生まれたとき、皮膚の味見をしました。皮膚の味と子ども個体の体調=健康観察の間に経験知を得ようという科学的な態度です。

そういうわけで、内海先生、
「自分の舌に聞くこと」を第一とすることは「科学的な態度」の一つであり、
「科学や学問や言い伝えを排して」は、できないことなのです。

「一番重要なのは科学や学問や言い伝えを排して、自分の舌に聞く事です」
ではなく
「一番重要なのは科学めかしたり学問めかしたりした言説や、因習でしかない言い伝えを排して、自分の舌に聞く事です」
と書き換えると、精確なコミュニケーションになるでしょう。

精確なコミュニケーションについては、拙ブログ記事
“No Surprises”
http://ameblo.jp/aya-quae/entry-12141648807.html
にも書きました。

ぼくはキングーミン a.k.a EG-K69

本能を司る能動的な精神の濃度が成長していく段階で、さまざまな社会毒に犯され薄められた大人が毒親と言うことですか。

そして我が子に毒まで盛る様になり、正当化を繰り返すニンゲンの縮図のような構図が、家庭なのですね。

いつの時代も弱者が食われる様な相互依存関係からの早期離脱。

No title

2016/03/28 に公開


動画の出典)
https://www.youtube.com/watch?v=uEDAE_9v4h0
今からお見せするのは、多くの誠実な方々の命の犠牲で、一般の人々には伏せられてきた。
わたしはこの方々にこのビデオをささげたい。
みなさん、安らかにお眠りください。今からお見せするのは政府の最高機密です。ダウンロードしてまわりにも教え、消えないようにしてください。
彼らはこれを何か大きな目的のためにひそかに準備してきました。(地下数キロの深さにある)これらのドアを見てください。いったい何を待っているのか。2012年?

この通路は、先進の輸送システムで、地下基地どうしをつないでおり、マッハ1以上のスピードがだせます。

これら基地に大量の食料と補給品を蓄蔵してきました・・なんと農作物まで地下で栽培できるようにしてあります。これは米を栽培しているところ。
この地下基地を作るのにかかったお金はあなた方の税金です(というか日本人の買い支えているアメリカ国債で作ったんだよ)。しかしこれはあなたのためのものではない。まず、見ることさえないだろう。
いいえ、この施設はエリートと政府のため、すなわちごく少数の選ばれた人のためのものです。彼らは、私たちのためにはFEMA(連邦緊急事態管理庁)収容所を造っただけです。
あなたは「なぜだろう」と考えたことがありませんか?どうして彼らは私たちには戒厳令をおしつけるのでしょう?どうして彼らは私たちを十把ひとからげにして、FEMA収容所におしこめるのでしょう?どうして彼らは全人口を減らし、刑務所送りにしたがるのでしょう?彼らが自分たち生き残りのための施設を守り、私たちが彼らを打倒して、彼らに代わったりできないように、ですよ!
さあ、これでおわかりになったでしょう。ではあなたに神のご加護を

竹下氏からの情報です。


 petio1965氏が翻訳されたものを動画の字幕に埋め込ませていただきました。現在、petio1965氏のブログは削除されていますので、転載されていたものを使わせていただきました。
 アメリカにはこのような秘密地下基地がたくさんあり、輸送システムで、地下基地どうしが繋がっていて、"マッハ1以上のスピードがだせます"とのこと。なんと地下で米まで作っている画像が出ています。パソナでさえ、建物内で米を作っているので、意外と簡単なことなのかもしれませんが…。
 明日は、"アメリカの地下軍事基地の完全なリスト"を掲載する予定です。原資は税金なのですから、国民に全部開放して、良い使い道を考えた方が良いと思います。


シャンティ・フーラの時事ブログ より転載

放射能汚染分布図も強烈です

FBの分布図から無農薬でも汚染内に入っていたら農薬の神経ガスと変わらないですが、今いきなり襲いかからない限り防ぐ方法(幾つかあるうちの最もこちらの言葉で言うとオカルト的な一つは、鳥の来る木を植える。鳥は有効な物質を運んで来ます。)があるのが、かすかな希望です。農薬と同様、体の中にもう一つ同じ体の一部の細胞ができたり、二つの一部がくっついたり、この現代で何故、しかも、農家で、新鮮な野菜を食べていてそうなってしまうのか疑問でしたが、Tabunなどの化学兵器や245Tなどを殺虫や防虫、肥大促進剤として使用したりしているので生まれるのだとわかりました。因みにChamou(シャム)はそこから由来してません。

炭水化物は普通に摂るようにしています(笑)
ただただ、本来の人間らしい雑食です。

No title

人間、1日3食って食いすぎだってーの。西丸先生も言ってたけど、そんな生きもんにんげんだけだって。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR