気をつけるべき電磁波

FBから保存。

スマホの電磁波、電子レンジの電磁波なんて気にしなくていい、と言うと語弊がありますが一面的には事実です。電磁波が危険なのは今までいっている通りですが、電磁波も浴びている時間と距離にこそ問題があります。電子レンジの電磁波なんて短時間ですし、距離もそんなに近づかないでしょう?スマホが脳に影響出るのは何時間も話している人です。イヤホン使っていいですがほとんどの人はもっと大きな影響を見逃しています。

たとえばホットカーペットは近接距離で電磁波を浴び、しかも長時間使ってますから蒸し焼き器としては最適です。電気毛布も近くで高い電磁波を寝てる間重浴びることができる優れものです。リニアモーターカーも問題ですが、新幹線の外側座席はもっと問題かもしれません。高圧電線の近くに済んでいる人は定常的に浴びていることが問題なのです。私もパソコンの近くにかなりいるので影響は受けてそうですね。

携帯電話はイヤホン使うのもいいですがテレビ電話機能を使うのもあり、一番ダメなのは通話よりもどのポケットに入れているかです。寝てる間に充電してベットの近くにおいてませんか?ズボンの前ポケットに入れてませんか?使わない時に飛行機モードにするだけでも下がりますよ。よく使う電気器具にはアースをとるだけで違います。電源アダプターは電磁波が強いので常時いるところから離すことが肝心です。

蛍光灯の真下にずっといたりしてませんか。隣の部屋に壁越しにでっかい電気器具があったりしませんか。電源使わない時にコンセントの根元を二つ三つ外すだけで、部屋の電磁波は下がりますし電気代も下がるかもしれません。究極的に電気が苦手で電磁波過敏の人は、寝るときにブレーカーを落としてしまえばかなり違います。不眠の人や皮膚疾患の人も何日かやってみると変わる人がいます。

私とて電気製品を使いますし現代として全否定はしませんが、便利なものほど毒が多いことをよく考えたほうがいいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

危険な香りのする人がいる

その人が言っていた内容です。ミサイルは過去の兵器になり、もうすぐ上(宇宙)から攻撃し、ミサイルでも落とすことができるようになり(8時間制のカメラ3台交代で監視するなども言っていました)、エネルギーも太陽からマイクロ波に変え無料になりなど、言っているのですが、水耕栽培のことも自然と言っているので、大丈夫かなと思って聞いていましたが。その人は、遺伝子組み換えも推進のようなことを言っていたので、遺伝子組換えをすることによって公害物質を無くす作用ができるような組み換えなら別かもしれませんが、食べ物などのことを組み換えにした方が良いとしそうだったので、急いでポスター(自分で作った)を持って行きました。鳥と鳥の食べ物に影響するからです。鳥が肉骨粉を食べたら大変です。因みにGMの牧草を食べたうさぎは、死ぬ何日か前から上を向いて硬直しては、目の焦点が合わなくなったりしました。遺伝子組み換えについては、何も言わなくなりましたが。太陽の電磁波からのエネルギーの実験であと何年かすると地球まで届くようにでき、今、もう少しというところとか言っていて(日本だけの実験らしいですが)原子力もいらなくなると言っているのです。昨年、その人は今太陽の磁波が強いからあまり日中外にいない方が良いと言っていたので、電磁波を受けない方法で地球にエネルギーを送る方法があることを願います。

No title

ブログの記事とはまったく関係なく恐縮だが…

FBの『岡本よりたかさんの真似をして「医学不要論」』の記事のコメントで、多数の人がはしゃいでいるが、記事の内容を考えればはしゃぐような内容ではないのにな…
自らを信望してくれる人たちがこれでは、人間に対して絶望的な気持ちになるのもわからんでもないな…w

原発に賛成した人と見返りを受け取った人以外

いつも味方です。心から災害に遭われた方の、幸せを願っています。

もしかすると平和の香りかもしれません

「この世界の秘密」を読んでいなければ、フリーメイソンという言葉もよく知らなかった私ですから、ミサイルが過去の兵器といった人と話ができなかったと思います。今日も会いよく聞いてみますと戦争がなくなるということに繋がっていたのでした。水耕栽培は、その栽培の中でもある人の農法は、その関係の省に認められていないということで、それをみんなするようになるとその省とその天下っていく先は必要なくなるので、認められていないが知り合いが大規模でやっていて利益は出ていると語っていました。水について聞いてみましたら何層か地下水があり、昔から住んでいる人でなければわからない水質の調べ方があるそうです。私も汚染されていない種で野菜を自分で作る際は、家族以外秘密の場所で試みようと思います。

No title

人間がどんなに頑張っても馬より速く走れない。と言っていたように、人間がどんなに高く盛り上げても水はその量だけどこまでもどの高さも越えて入って来ると鳥が言っています。自然が何万年もかけて作った堤防しか水を止めることができないというのは、SilentSpringで、自然が何万年もかけてその場所に適した植物を生えさせたのを除草剤などで、枯らし、そこに違う作物を植えても、育たないか生物に害を与えるのと同じだと、劣った人間は気がつかないということです。自然を守っている東北のお米や全国のそのようなお米を、食べていますが、実際にその場所を見に行きます。ところで、鳥はフリーメイソンよりも優れた技術で石に穴を開けます。もともと鳥が教えたものです。現在は財力を意味しているかもしれませんが、お金で命は買えません。

観光スポット

電磁波が異常らしい。treeという言葉を使わないでもらいたいと鳥が思っています。遺伝子や生殖機能に影響するので、わざわざその場所に引っ越さなくてもいいでしょう。放射能も電磁波も見えないですが、鳥たちは感じる事ができ、避ける事も出来ますけど。内海先生、何かで話題になっていましたが、殺されません。なぜかというと、人を死や恐怖、絶望へ追いやったことがなく、救っているからです。今年もし講演会などで機会があったら面白いものをお見せします。

バルプロ酸(デパケン)で自閉症と自閉症スペクトラムのリスクが増加

No title

2年前に、共済会立川病院で殺されかけた事をネットに実名で公表した福耳碧(旧:福耳書房 BLUE)でございます。あの時は大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

断食について 2014-2-07(コメント欄)
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-283.html

発端は、仕事や家族の介護で無理をしてうつ状態になり、会社から病院へ生かされた事です。そして、(宗)S学会信者の精神科医や内科医から向精神薬を投与されて理性を失い、(宗)真如苑の会長を「この人殺しの会長がぁ!」と襲おうとしました。幸いな事に武器を持ってなく、大事件を起こさずに済みました。宗教問題では30年以上も前から、S学会が真如苑を潰す為に幹部暗殺を繰り返し謀ってきた事は有名です。私は真如苑の設備メンテナンスなどの仕事をしていたので、幹部に簡単に近づけたのです。

また、同じ頃、立川の支援センターでは、私と同じように正気を失って犯罪を行う患者が沢山いました。理事や職員が犯罪を煽っていた事もありましたが、S学会信者の顧問医が「職員に問題はない」とクレームを全て潰していました。それらを暴露しようとして、殺されそうになったのです。あれから2年間、今も病院とS学会から無茶苦茶な嫌がらせが続いています。

しかし、2年前に公表できた事から、いろんな方が気にかけてくれ、なんとか生き延びてこられました。また、この2年間は離脱症状(禁断症状)が続き、ほとんど毎日をベッドで過ごしてきました。最近になってようやく少し動けるようになってまいりました。

2014年3月には、実名で公表したブログが病院とS学会の圧力で削除されました。しかし、立川では、病院とS学会の裏稼業や、精神医療の異常さを知る人が増えました。先生のおかげです。ありがとうございました。

No title

2016/03/20 に公開


人類に対して権力の主達が行ってきた、様々な陰謀について続けるが、知られているテロ­リスト達や、影にいる者達が狡猾にも計画した、恐怖と恐れの時代を誘発した具体的な事­例が存在する。
実際、何年も経過したが、それでも全てがしっかりと沈黙を守ったままである…私達はこ­のドキュメンタリーにおいて、できる限りの証拠の全てを示したいと思う。そして各自が­、その過酷な出来事を検証できるように。というのも、これら権謀策術のテロ行為は、減­少するどころか、止むことなく起こり続けているからだ。
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは­何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪­のない民衆であることだ。
何人もが卑怯にも帝国に暗殺されたのであり、その原因は、彼らが知りすぎたためで、そ­れゆえあらゆる陰謀や偽りに反対したことにある。このようにして、ニューヨークのツイ­ンタワーの崩壊についての全ての真実に蓋をすることができたのだ。とはいえ、何人もの­活動家がこのことを報告してきたし、アメリカ政府と
サウジアラビア政府が関与していた、まさに偽旗のテロ攻撃であったことが、はっきりと­証明されてもいる。
もしかしてツインタワーの破壊は、2001年9月11日に実行されるよう十分に計算さ­れていたのか?
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは­何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪­のない民衆であることだ。

ビデオ制作 アルシオン

FBの抗がん剤は増がん剤の記事でしたっけ、賑わってましたね(笑)
FBやってないのでこちらに…

世の中の流れが変われば後ろからそれについていく人がほとんどなどで、自らが先頭切るひとはほんのほんの一握りです。
ましてや世の中の常識や通説とは異論などとんでもないでしょう。
ピーチクパーチク騒ぐのは依存しているからでしょうね。
自分を生きてないのに生きることにしがみついている。滑稽です。
ガンが怖い?病気が怖い?死ぬのが怖い?
わたしは病院のベッドの上でまな板の鯉になることの方がよっぽど怖いです。
けど残念ながら病気とは縁がありません。
ただ死ぬなら突然ではなくて前もってお知らせが欲しいです。
あんな汚い部屋を残して逝けません(笑)

私たちの身体を浄化・調整・調律してくれるために植物は存在していると思うのですけどね。
健康とは、身体に異物が入ってもそれをきちんと浄化調整してくれる力だと最近思います。



PS.
こちらのブログ更新がもう少し多いと嬉しいです。
よろしくお願いします。




No title

また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、全ての人々にその右手かその額かに、刻印を受けさせた。
またその刻印すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外誰も買うことも売ることもできないようにした。ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。
その数字とは666である。 666を「ミロク」と読むことができるが、これは聖書では「獣の数字」、即ち「反キリスト」を意味していています。


また『日月神示』には、このように説明されています。

「五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ。
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、666となり又六六六とならねばならんぞ。
新しき世の姿、よく心得よ」

チャネリングしたのか神からの直接のご神託だったのかご存知ありませんが、出口王仁三郎もこう霊界物語で言っています。

さあ、この666(ミロクの世)たるは人類にとって本当に光をもたらす時代となるのかよくよく考えて下さい。


もう一度言います。
ヨハネの黙示録では、

666は「獣の数字」、即ち「反キリスト」を意味していています。
となると、ヨハネの黙示録からして、
つまり、出口王仁三郎は「666」の獣、即ち偽メシアに当たると言ってよいだろう。

それは、また出口王仁三郎自身が晩年、「自分は偽物だった」と語っている事にも注目頂きたい。



GHQ以来、日本はアメリカの属国、又はアメリカの犬とも言われていますが、盛んに、「グローバリズム」という名の偽りの統合を訴える世界の「アメリカ」に後からついて来たが、今、アメリカは偽の手本、偽のミロク(666)であった事にようやく日本人も気づき始めているが、時既に遅し。アメリカはアメリカ経済の崩壊と共に、日本を道連れに地獄へと誘っている。




No title

アルシオン・プレヤデス37:9.11テロの真実、11の儀式的殺人、G.ブッシュ、G.ワシントンの予言的ビジョン

2016/03/20 に公開


人類に対して権力の主達が行ってきた、様々な陰謀について続けるが、知られているテロ­リスト達や、影にいる者達が狡猾にも計画した、恐怖と恐れの時代を誘発した具体的な事­例が存在する。
実際、何年も経過したが、それでも全てがしっかりと沈黙を守ったままである…私達はこ­のドキュメンタリーにおいて、できる限りの証拠の全てを示したいと思う。そして各自が­、その過酷な出来事を検証できるように。というのも、これら権謀策術のテロ行為は、減­少するどころか、止むことなく起こり続けているからだ。
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは­何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪­のない民衆であることだ。
何人もが卑怯にも帝国に暗殺されたのであり、その原因は、彼らが知りすぎたためで、そ­れゆえあらゆる陰謀や偽りに反対したことにある。このようにして、ニューヨークのツイ­ンタワーの崩壊についての全ての真実に蓋をすることができたのだ。とはいえ、何人もの­活動家がこのことを報告してきたし、アメリカ政府と
サウジアラビア政府が関与していた、まさに偽旗のテロ攻撃であったことが、はっきりと­証明されてもいる。
もしかしてツインタワーの破壊は、2001年9月11日に実行されるよう十分に計算さ­れていたのか?
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは­何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪­のない民衆であることだ。

ビデオ制作 アルシオン

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR