なぜやるのかと聞かれて

FBからの転載。

これは非常によく受ける質問だが、ほとんどの人が勘違いしているようだ。すべては私の本を読めば書いていることなのだが、私は別に世の中を正したくて今の行動をとっているわけではない。同意したり応援する人々は私の行動は炎上目的であり、はっぱをかけて人々を目覚めさせるためであり、世の中を変えるための汚れ役であるように受け取っている。反対者はビジネスのため名前を売るため不安産業のためと受け取っている。

後者の方があっていそうであるがそう簡単なものでもない。私が現在の行動をとっている目的や理由は、すべて自分の子どもが生まれたことにある。子どもが生まれなければ世の中の仕組みが分かったところで、変革に類する行動などとることはありえなかったであろう。だから子どもがいなくなれば私はこの行動をやめるだろうし、子どもにとって必要がなくなっても私はこの行動をやめるだろう。

もう一つの目的は人間以外の地球環境に向けてである。この場合の人間は自分さえも含んでいる。幼少期からの思想の一つとして人間こそが地球のゴミであり、不必要の限りであり嘘の限りを尽くす悪魔である、という思想がこの行動の原点である。本来はそう思っているので何も行動を起こす必要はむしろなかったともいえ、バカな人類が苦しんで滅んでいく様を横目に見ているのが、おあつらえ向きだったことは間違いない。

私は医学部志望ではなく文系志望であり、医学に対する興味は微塵もない中で医学部に進学した(本当は医学部に入る医者で人を治したいなんて医者は一人もいないが)。よって医学部の勉強などしたこともなくスポーツ三昧、遊び三昧であり、医師免許を取ってからも教授から大学病院から先輩の医者から、すべてを深い軽蔑の中で観察してきた。そしてそれは当然愚かしい患者や患者家族やコメディカルにも向けられてきた。

だからまったくやる気がない中で開業したのも早かったし、開業すれば人より金持ちになれると考えていたにすぎなかった。東洋医学を学んだのは方法論を広げ自分を楽にするために過ぎず、開業したからといって大金持ちになろうという意欲もなかった。小金持ちの上で世の中を斜に見てクソ人類の滅びゆくさまを、見ていればそれで満足だったはずが、興味本位で精神薬の薬物依存に関する活動に足を踏み入れてしまった。

これが失敗だった。急速に医療の負の部分が私の周りに集まるようになっていった。特別やりたくもないものに対して、医者という重要な資格を持っている関係上、引きずり込まれてしまったような印象がある。その活動も途中でやめてしまったが、過程の中で「CCHR(市民の人権擁護の会)」や船瀬俊介氏、その他多くの人たちと会うようになっていった。そのような流れの中で世の中の構図というのを、改めて自分の中で整理できるようになったのは事実だ。

しかし本質的に彼らと同じことをやりたかったわけではない。きっかけは書いた通り子どもが生まれたことに、3.11が混ざってできた小さなものである。自分がやってきたことを全否定することから始め、いまや有名人の一人になったようだが、なったからと言って満たされるものは何一つ存在しない。むしろこの立場になっていろんな情報を集め、さらに変な情報筋からいろんな情報が流れて来るに従い、より虚無感を深めているのが現状である。

この1~2年は特にそうだが、自分のやる行動に全く意味を見出していない中で、それでもやっているという矛盾がある。グーミン、アホンジン、クレクレ君、ジンルイ、その他すべてのものが何も変わりようもなく、変わりようもない中で自分が執着心を残しているのがわかる。ちょっと情報を集めわかった気になっているニンゲンしかこの世界には存在せず、なにも行動しないし影響力もないくせに、ネットをやって社会を理解した気になっている。

政治家も多くの人が知りあうようになってしまったが、それでも何も変わることはないし彼らは何もできない。社会情勢的にいえば虚無感を最大にさせるテーマは放射能及び麻問題だが、いかに人間というのは無知、無駄、無縁、が勢ぞろいしているのかがこのテーマでよくわかる。ネットになぜおいしそうな情報が飛び交いなぜ今なのか、タネよりも水よりもこの問題が今のトピックになっている理由など、ニンゲンなぞにはわかりようもない。

こんななかで期待などは持ちようがないのは当たり前であり、理解すればするほどになぜやるのかの理由は消えていき、やっても無駄なことを理解するようになり、何も社会が動いていないことを理解するようになり、ニンゲンが常に嘘をつきながら近寄ってくることを理解するようになる。それが見えるようになりながらこの社会で何かをやっていくことは、非常に苦痛に近いのだが奴隷根性がまだ残っているだけに過ぎないのだろう。

つまり一言でいえば冷めているのだ。ニンゲンたちの苦しみはすべて自分たちの自業自得であり、それは私自身に対してもきっと同じであり、ビジネスした方がいいというのもそれの延長線上の心理に過ぎない。究極的には破滅主義であり刹那的であり、自分も含めてジンルイをあざ笑うために現在の行動をとっていると思える。だからこそ何を誰に言われようが書かれようが、なにひとつ気にならないといえる。

人々が私に何かを期待しても無駄だろうと思う。それを満たそうという理想心や正義心はなく、それを期待する人々への軽蔑心を常に持ちながら人々を観察している。人に何かを期待するなら自分がやればいいし、反対するからといって真の反対者は華麗にスルーするだろうが、反対したい人は単に図星だからに過ぎない人種であり、そのような人種も虚仮にする以外価値がないと思っているくらい、私はこの世界に大きな価値を見出してはいないのである。

なぜやるのか、やる価値がないことを観察して自己憐憫しているからだろう。私もまたすべての人類と同じく奴隷に過ぎない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「麻問題」って?

大麻容認の風潮についてですか?

合成カンナビノイドについては?

No title

正直な話、俺にはどうでもいい話題ばかりでしたが、この一文だけは、妙に納得したというか、改めて認識確認できました。

>(本当は医学部に入る医者で人を治したいなんて医者は一人もいないが)。

こんな話は、本当は誰でも知っていなければならないことですが、ほとんど知らない、真弓の爺さんや鬱民は違うと本気で思っている奴もいる。

救急医療をしている人はまだ、救いたいという気持ちがあると思いますが、治したいというよりも、救いたいというのが1番ですね。

医学部に入るのは、権威と金が目的なのは、誰でも知っていなければならない知識だろう。

医者はクズしか存在しない、そもそも医者の家庭に生まれて、そのクズに育てられたガキは自ずとクズになる。

1000人に1人くらいはまともな医者はいるかな?

医者の方々のことは私は許せる

でも、鳥がせっかく食べようとしたり、飲もうとしたりしているものを汚染するやつや、鳥たちが犠牲になって作られたものを粗末に捨てるやつには、憎悪と嫌悪を感じる。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

麻に詳しそうだから意見を

ミノサイクリン(ドキシサイクリンも)はカンナビノイド作用があるが構造は全く違う。

http://iryotaima.net/wp/?page_id=13

このページのドロナビノールの説明を見ても、殆ど同じ作用に感じる。


(国立がん研究センターが大麻成分カンナビノイドを研究)のところだが、ミノサイクリンと比較して、

1.疼痛や倦怠感に対する鎮痛作用や抗うつ作用があることがほぼ確定的。

2.わからない

3.めまい、眠気、異常思考は起こる。多幸感もありうる。

4.多分ある。

5.ミノは単剤でも鎮痛作用があるようだ。モルヒネの鎮痛作用増強があり、耐性抑制もする。

6.癌以外に対する鎮痛作用検証の臨床試験が行われている。

7.睡眠の質を高める可能性はある。

8.

その他に、覚せい剤精神病への効果、コカインの行動抑制、抗精神病作用、などなど。

作用機序的にはカンナビノイド1・2受容体に作用していることはまず間違いない。アゴニストだろう。Ki値は弱いかもしれないし、強いかもしれない。

JWH-133と同等以上ではあるだろう。米国では州によってはスケジュールⅠ指定。


「麻はミノサイクリンのようなソフトドラッグではない」と言われちゃうのかな?

指定薬物と同等程度の作用強度はあると思う。
麻薬指定クラスかは分からないが、可能性がないワケではない。
米国スケジュールⅢとかⅣ相当でも日本では機序によっては麻薬指定されることもありえるでしょ?
最近、笑気ガスが指定薬物に指定されたらしいし。

どれくらいの用量でどの程度の作用があるかが焦点だと思う。

既にALSや多発性硬化症などの神経疾患への試験が多数行われてきていて、カンナビノイド作用であることが知られていないだけ。

3.11

この出来事により自分が変わった。
ウソ?だらけで、ホント?は真逆にあった。
たくさんの人々が突然人生をむしり取られ、まだ小さい子供達もたくさん含まれていた。同じ様な子供を持つ自分も心が張り裂けそうで、バスの中で
亡くなった子供達の記事をみて憚らず泣いた。

なんで?なんで?
当事者の親御さんの悲しみははかり知れない。
死体の指を切り落とし金品を奪う指切り強盗、空き巣、はたまた今までそこに住んでいなかった人が自分の土地だと片言の日本語で話し、強姦、拉致。この様な事はメディア伝えない。
こうもニンゲンはゲスなのか。

もちろんそんな人達ばかりではなく交差点で信号が点かないとこではお互い道を譲り合い進まずお互い苦笑い。そんな小さい助け合いに心打たれ。

確かに最初は世の中を良くしたい、人の役に立ちたいと思い情報や知識を集め拡散しなければと…しかしあまりのヒトビトのアホさ加減を知り、自分の行動の無意味さを知り打ちひしがれ、虚無になり。
でも…とまた歩き続け…グーミンでありつつ奴隷。

本当にジンルイは救われると御思いか?

薬害

お早うございます。断薬してから、目がかすむ、爪、肌、歯がボロボロに。毛が抜ける、お腹空かない、インポ(笑)おちょくりと思われて結構です。

薬害

ベゲタミン断薬中です。届きましたか?

薬害

断薬中なんですけど!返事してくれないと意味ないです…相談に乗って欲しいんですけど…

No title

自分の子どものために世界を変える?
アホだなw
それがいかにアホな欲望であるかを自覚しない限り、アホから脱却することは出来ないだろう。
それはまるで、自らの子どもを精神科へと繋げた親が、自らの愚かさに気付く必要があることと同じだ。
究極な過保護ともいえる思想の中で、自らの感性に従って外界を取捨選択して行く能力のいったい何が培われるというのか…?

確かに現代社会は狂っていることだらけだ。
人間社会を構築しているのは人間である。その人間社会が狂っているということは、人間が狂っていることの証である。

昔、支配者層は民を暴力によって支配した。しかし現代は、民を不満な状態に置くことで支配している。
つまり、政治や社会に不満を抱けば抱くほど、彼らの"思う壺"ということだw
不満を抱くということは、彼らの支配力や統制力を暗に黙認しているからであり、彼らが体制を改善させて今後も支配統制することを容認している結果でもある。

彼ら支配者層が最も恐れることは、自らの存在が民の眼中から無くなることだw
あるものに意識を向ければむけるほど、その存在は強固なものになり、より存在意義を増してくる。
素粒子すら存在しない『無』の空間に、人間が意識を向けるだけで物質が顕在化することは、量子力学の分野で観測されている。

なぜ、選挙権の年齢が18歳に引き下げられたのか?
幅広い国民の声を政治に取り入れるためなのか?w
いやいや、そんなはずはないだろう?w

今後、チンパンジー以下の思考形態しか有しない老人たちがどんどん死滅して行き、支配者層に意識を向ける存在が急速に減少する。
彼らにとっては自らに意識を向ける存在が一定数必要なのだ。

たとえば、民にとって支配者層が眼中になくなり、全ての民が一斉に一切の税金を支払わなくなったとき、いったいどうなるのだろうか?
そうなれば支配者層はもう制御不能である。

民の心から支配者層の存在が消え去ったとき、民の意識によって支えられていた支配者層の存在も消滅するのだ…

Re: No title

> なんで会ったこともない薬中ジャンキーのために、相談にのってやんなきゃいけないんだよw。どこまでクレクレ君www。
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-226.html

貴方は私と同じ考え

貴方の言うとおりでした。貴方に前から目をつけてました、児童相談所、小平市薬漬け。
はじめは親切に悩み相談し、段々態度が急変。
挙げ句の果てにネットの内海聡氏のことは信じるなと。児童相談所をはじめから疑ってましたが貴方の言うとおりでした。私は公務員が大嫌いです、人の税金で上から目線、怒鳴ると話してる最中に電話をきる、もう一度電話して切った事を怒れば、業務妨害だと!そして電話相談した回数をカウントしてます。
カウント率が高いほど基地がいりつがあがります。
やっぱり貴方は正しかったと言うか、生きざまが私と大変にております。
とりあえず誰も信用しない!人間は嘘つきのゴミ!一人で戦いますので見てて下さい。逐一方向させて下さい。やりますよ!!やっちゃいますよ!もっと!!もうすでにやりはじめてますけどね♪必ず倒してやられたぶん倍返しでボロボロにしてやりますよ!!
はじめは貧乏な格好、わざとね。段々気を許すとブランドずくめで、自宅に来る。おいおいよお。笑
おめえら、人の税金でもっと勉強するとかやることあんだろ?ボケが!ともっと言いましたがね 笑
絶対何もしてない可愛い子供を児童相談所 小平市に連れて行かせないよう、論破&どんどん追い詰めますから見てて下さい。
この命、ゴミなんで、構いません!頑張る?んーそういう言葉きらいだから、命を捨てるまでボロボロにしてやりますから!!

No title

この世界の構造を変えようなんて無理と言うより無意味。

ではどうするか?それは輪廻の環から外れる事に傾注する、それしかない。

肉体を維持するための仕事は程々に、無限ループから離れるための精神的背景と技術論を構築すべき。

この世界は虚無の世界。ある程度、理解したら嘆かず離れる事。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

K市の人へ

都内の人ですが、私が環境の話をしていた時、会議で寝てると言った管理職職員がいたので、別の日に、地域と密接した人が職員になったりしている市町村などでは、そこに公害や病気、障害が多く発生した場合、そこの職員のせいだという話をしました。住民の苦情を途中で電話などを切ってしまい、それを議会にあげる前の会議にも出さないから、重大な被害が発生するので、そういうところの職員は、バカではなく、医師レベルの人がやらないと、大変なことになり、実際にそういうことが起こっています。自分も環境の話をしながら車の話をしていたので文明社会に生きる矛盾はありますが、生命に関わることかもしれないことを簡単に扱うレベルの職員は、責任を取ってもらったほうがいいです。その管理職員は二度と会議で寝るとは言わなくなりました。

大川小の子たちが亡くなったのも

役所の職員の責任もある。防災課は小学校に避難経路を言っておかなければいけないのに言っていない。いつ大きな災害が起きても助かるように取り組んでおかなければいけないにも関わらず、いい加減だったからだ。原爆ドームを遺したのは戦争の悲劇を伝えるため。大川小学校を遺す理由は、いい加減な職員や先生のお陰で犠牲になった小学生のため。

教育委員会も同じところ

毎年ある役所の人事異動で来るので名前が教育とついて益々偉そうになるけど同じです。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR