本当に失礼な日本人たち

昔からグーミンもクレクレ君も変わらないw。

日本人という種族は自分は礼儀正しく言葉きれいで、自分は報われるべき存在で権利があり大事にされる必要があると勘違いしている。だから失礼極まりないことを言いながら、自分は失礼であるとは思っておらず、ただ単純に真理や真実を伝えるだけで相手が失礼であると考える、どうしようもない思考癖が存在する。これは患者であっても患者家族であってもそうであり、ネット内外でもそうであり少々知識のある人間たちの方がそうである。

たとえば患者はFBでタダで情報を教えてもらおうとし、教えてもらわないと人のために動かない医者だなどと逆ギレするし、講演に来る人でも受診した人でもいかにお金を払わずに治してもらおうかしか考えない。その時に自分が努力するという発想はなく、その肩代わりをしてもらっているのをお金で代償しているだけだという発想もない。そもそも自分が一生懸命勉強すれば私であれ誰であれ、治療に一銭もお金をかける必要はなく、自分で治せることも考えない。

そのお金をかけて治った時に、投資として先の健康な未来を買えたという発想も存在しない。保険診療がただの対症療法であり飼い殺し治療であり、根治療法をやるとむしろ儲からないという原則も無視して、自費診療などを責めたてたりするものである。自費診療であってもほかの報酬形態であっても、これらは受信する義務など微塵も存在せずこちらも全く強いてはいない。私は常日頃述べているように患者対応が嫌いなのだ。

もちろん世の中には人を治したいとホザク人がたくさんいるが、それもまた治療家のエゴであり満たされたい願望の一種に過ぎない。本当にボランティアで人を治したいなら常に無料でやればいいことである。この世の医者には一人たりと人を治したいと思っている人がいないのは当然だが、一般人にはこのことが信じられないのでいつまでも幻想を抱く。これが幻想であり100%だと知っている人は本当に少ないと思う。

マネーの呪縛とはお金を得るなということではない。カネに縛られず等価交換の価値しかないと知ることがマネーの呪縛からの解放であり、繰り返すがお金がもったいないなら山ほどある情報を仕入れ自分で実践すればいい。私のクリニックも合宿もそういうコンセプトでやっているし、だから合宿は一回の参加で私が持つ代替療法的方法は全部伝えるのだ。クリニックだって数回通えば根治療法の要領がわかり足が遠のく。それで別にかまわないし経営の心配をしてくれるなら、新しい患者を紹介してくれればいいに過ぎない。

今日は薬剤師会の会長が告白なんてバカな記事がよく流れていたが、こんなのをありがたそうにシェアしている人々に本当に辟易する。この内容がイマサラ流れることもさることながら、このような記事が流れることにも常に別の理由が存在するのだ。そのことを人々が考えないのと同じように、日本人は決して自分がいかに口だけであるかということと、自分が礼儀正しい究極失礼人間であるとは決して気付くことがないのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつも寛大にも「タダで情報を教えて」くださってありがとうございますw
すみません私は、これまで直接うつみんに一銭も払っていません。
うつみんの本も市立図書館で借りて読みました。

野菜からビタミンやミネラルが激減していることが知られています。
それは現代農法による土地の劣化であると私は思っていましたが、うつみんが「日本人はカロリーオーバーなのに栄養失調」にて、人間同様それらは作物自体が解毒のために消耗していると仰って、なるほど、それならダブルパンチだわと驚きました!

今回の記事で「マネー」について仰っていて、それは御著書「この世界の秘密」「この世界を変える方法」での「陰謀論」でも同じですが、マネーについて認識を誤ることによって、うつみんがマネーに「呪縛」されています!
この世の中に「等価交換」なるものは存在しません!
そもそも「等価」なものなら誰が「交換」しようと思いますか?
より価値が得られると思っている両者の間でしか交換は生じません。
団子を買う人は、渡す100円よりも団子に、より価値があると思っており、団子を売る人は、渡す団子よりも100円に、より価値があると思っているのです。
「価値」は主観的なものなのです。
うつみんは、客観的な価値は存在しないから「虚無主義」だと。
しかし、そもそも客観的な価値など存在しません。
実際には、うつみんが虚無主義なのは、私同様、近未来について絶望的だと思っているからにすぎません。
客観的な正義なら存在します。
正義とは、あるモノについて誰が正当に所有すべきであるのか(裁定)についてです。
それは論証可能であり、それだからこそ客観的なのです(リバタリアニズム)。
今は、何も正当化できない民主主義(多数決)によって「立法府」が立法し、その法律に基づいて裁判が行われるという噴飯もののシステムですw
しかし価値は、各個人が主観的に価値判断したものにすぎません。
ですから、交換が生じる時点で、その両者は両者両得です。

物々交換なら良かったが、マネーが金や銀だと主張する者たちは変だというように、うつみんは書いていたと思いますが、それは逆にマネーに「呪縛」されているからです。
物々交換の一方の物が金や銀であるにすぎません。
それは、この地球における物質的特質上、銅が電気伝導に優れているから銅線に適しているように、マネー(交換手段)の用途に歴史上、金や銀が適していただけです。
もしも金や銀が無尽蔵に存在するようになればマネーの地位から脱落して、他の物(希少物)がマネーの地位につくでしょう。
マネーは、完全に民間(市場)の存在であるべきです。
それに対して、マネーを政府(議会)が管理すべきだという政府紙幣論者がいます。
うつみんは、それに賛同しているように思います。
政府が管理して何か、うまくいったものがありますか?
医療しかりw
ロスチャイルドが貨幣発行権をくれと言ったという伝説がありますが、それが問題なのは、貨幣発行の独占権(政府〔王〕が与えるしか存在しない)です。
中央銀行に反対するなら、法律を用いて独占させるな、誰でも参入可能にしろです。

うつみん萌え、感謝!

フッフッフ

フッフッフ。


フッフッフフフ、ってドフラミンゴ倒されたけどね。

ところで、キチガイ医ってどうなん?

ど、どうなん?

あんなに良い神戸の方たちが

震災であのような思いをしたなんて、とても悲しい限りです。映像を見る度、悲しみに暮れるのは、本当に違う日本人だからです。こちらのうちの近所と、全く違います。例えば父は、自分が善人であると、すり替えするのです。化学肥料を「たくさん撒く。」と私に言っておきながら、ある事件が起きたら、すり替えたのです。私は、今年、農薬を撒く人間を笑わせてあげないことが、抱負です。

No title

こういう記事を読むと「キチガイ医」も人間なのねーって感じる。

人間くさい記事でホッとする。。。。。

巷では青汁が流行っていて。
それを「たかだか 雑草で病気が治るわけない」という老人がいた。

体を整えるには、実はお金が掛からなかったりする。
それを皆は気がつかない。
七草粥なんてのは、それこそ雑草。
しかもその時だけ食する   (?)

なんだかなー。

「桜島噴火」

>18:56に噴火、18:59に危機管理対策センターが立ち上がるって、やたら早すぎませんか?
・・・
>まるで、判っていたかの様な素晴らしいアングルと見事な映像。
>しかも、2方向から。
>偶然にはなかなか出来ない業…。
・・・
>19:00のNHKニュースが始まった瞬間にニュース速報テロップ…タイミングいいですね。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201602/article_36.html#comment
________

これを見てもまだユダヤキリスト教フリーメーソン政教一致カルト悪魔王イスラエルの本拠地がイスラエルじゃなくて日本のNHKであることに気づかない人がいるのだろうかね(笑)

先祖代々親孝行で他人に親切な日本人一般庶民はもうとっくに気づいているよーん。特に若い人たちは、ね。親より進化しているから(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR