トリコロールの真面目な話

米仏の出来レースって言ってること自体が愚かしい。

たまには真面目に初級じゃない話も書いてみたいと思いますが、こういうのもまた炎上したり言い訳や文句が殺到するでしょうね。ISが米の手先、仏はあらかじめこのテロを知っていたこと、それは当たり前として話を進めます。当初テロが起き多数の人が亡くなった時、追悼のためといってFBで写真をフランス色にするのが流行りました。ラッカへの報復爆撃が加えられそれを消した人もいるようですが、消したところでもう意味はありません。

「亡くなったフランス人のために写真を変えたのであって、仏国家を応援しているわけではない」という考えも無駄です。こう書くと指摘された人類はいつも通り逆ギレするでしょう。プロフィールを変えるのはスパムだという情報も噓です。もともとユダヤの手先であるFBと雑貨ーバーグは、FBの情報はすべて貯め込んでいて、いまさらプロフィールを変えたからスパムだなんだということにはなりません。

では何が問題なのでしょう。シリアやイラクやアフガンは騒がないのにというのはもちろん一理あります。しかし陰謀論的考察だけでなく、量子力学の原理、シンボリズム、悪魔崇拝の原則、人間心理の裏に関する学問、これらを総合して考えないと本質的な問題は見えません。プロフィール写真を変えてしまった人たちは、実は米仏が支援する戦争、空爆を強力に支持していて、しかも反対しているつもりでも協力していることに気付いていないのです。

量子力学の原理とは人々の心理は波長となり周波数となり、世界の構築に影響を与えるということです。この原則に照らし合わせれば空爆を始めた張本人は、米仏でさえなく全世界の市民であるとも考えうります。世界で戦争が起こる時は、いつも煽っている利権者だけでなく、市民の多くは扇動されたり無関心だったり、反対しているふりをして実は賛成に回ってしまっていたりします。今回もそうでこの時にシンボリズムを利用します。

悪魔崇拝の原則は子どもを犠牲にすること、そして自分が悪いことをしていると気付かせないことです。トリコロールのプロフィール写真はこの役割を果たしています。そして無意識の中であらゆる人民に白人至上主義を埋め込んでいます。それは無意識の中で攻撃を推奨したり許容したり、攻撃する米英仏に攻撃した後に反意することで、自分を正当化するのに役立ちますが、悪魔はそれを最初から計算に入れて行動するのです。

シンボリズムとは形にしてしまうことで、無意識下にこれらを埋め込むことです。シンボリズムの原則にのっとれば、市民がたとえ表面上反対していようが、悪魔崇拝、白人至上主義、報復の基本理念、軍事産業の二重詐欺、に無意識で加担することになり、それは周波数としてネット内外だけでなく、全世界に広がっていきます。この時に悪魔的な者たちは人間心理がこれに気付かないこと、気付いて指摘されたときにどのような反応を示すか、全部知っていて逆利用するのです。

トリコロールに引っかかってしまう人たちは、すべて人間心理の裏側操作に引っかかり、悪魔に手を貸してしまっているわけです。つまり量子力学や波長の法則、みなさんがよく知っている初歩だと「引き寄せの法則」とか、あれにのっとって逆に考えればいいだけです。ラッカの爆撃が起こったのも、これから9.11と同じく詐欺から派生した紛争が激化するのも、すべてそのような人たちが多数存在したからこそ引き寄せられたもの。

結局、戦争は正義を主張し愛と憐みを主張するところから常に始まります。今回の空爆であれトリコロールだ追悼だと言っていた人たちは、全員戦争を無意識下に支援してしまった人たち、そしてそれに気付いておらず、それを指摘されようものなら、私たちは間違っていないと逆ギレする人たちなのです。まったくこの世界はお笑いでしかありませんが、「じゃあお前は?」とか「そんなこと言ったって」みたいな言い訳マシーンが、大量に出てくるのが楽しみですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天国で

女とお金と好きなものを食べさせてあげるだけで、喜んで自爆する。と、言っている人がいた。あと、訴訟をすぐ起こす国には、もう、勝つ仕組みができていて、その国で作った会社、物を、使う側から搾り取れる事が書いてある。モンサン社も販売権などの、権利日本国内に様々に当てていて、仮に日本の農薬散布者が、被害を訴えても英語で例えば日本国内では、自然に直接撒かないでください。過去に出していたので、かえって、利権侵害になり、農薬散布者から、莫大な金額を、とれる。日本人の農薬散布者や、国などの、人のせいにする人は、天国で…といわれているのと同じです。病院向けの冊子と待合室専用ポスターも配っています。

No title

いやあ、本当にそう思う。
ネットを利用してそれからの恩恵を受けようと思う時点で、
「自分の全てを捧げます」と言っている様な物だから〜。

トリコロール赤の愛

絵解き感覚で国旗を読みといてください。

「悪魔崇拝の原則」=「彼ら」の行動原則

「悪魔崇拝の原則は子どもを犠牲にすること、そして自分が悪いことをしていると気付かせないことです」という点に同感です。電気回路を組むのが好きだった子どもに針金を持たせて、240Vの電源タップ穴に差し込ませ、通電拷問をするなど巧妙な「隠れ虐待」は「悪魔崇拝」を端的に示しています。そういう「隠れ虐待」加害者本人は、悪気はありません。父と長男の関係下、「父」は自分が子ども時代に雷に打たれて失神したが生き延びられた件がトラウマですが、PTSDで躁的否認をしているので、「父親である自分の跡を継ぐ息子は、通電拷問を受けてもサバイバルできなければならない」という「父性の善意」から通電拷問をやり、それで、もし息子が死んでしまっても「電源タップ穴におバカな子どもが針金を差し込む悪戯をして落命した」不幸な父を演じることができるという計算ができています。また、悪魔崇拝を背景としたPTSD否認の精神医学で行われる懲罰的医療の典型かつ象徴である「電パチ」のパロディ(←PTSDは真似る病)でもあったでしょう。こういうのが「隠れ虐待」の実態です。

自称「医療界のテロリスト」内海聡さんは、
「私見とおっしゃられても、最近の意見はブログの中身そのものでしょうか?近いうちに隠れ虐待と発達障害の関係を本にできればとは思ってますが・・・出版社が受け取ってくれる気がしません。2011-06-06 17:00 東洋医」
と3年ほど前にお書きなので良いのですが、笠先生も杉山登志郎先生も神田橋先生もどなたも「発達障害論」肯定派は、佐世保事件(http://bit.ly/SaseboJiken)のような悲劇を止められません。頭の悪い(=PTSDで認知機能の歪みが激しい)精神科医や心理職が「アスペ」や「自閉」状態の人たちに解離性投影を続ける状況=人道上の罪が看過される事態が世界的に続きます。

隠れ虐待と発達障害の関係をブログで、どんどん指摘していく必要を感じます。
…と他所さまのブログにコメントしてできなかったことがあります。その件は、拙ブログ記事
『解離人格特有の行動』
2014-11-30 17:13:28 に書きました。

私と息子は格別、仲が良いわけでも仲が悪いわけでもありませんが、
「ADHDの子の心をつなぎとめよ」とアホ〜なPRを今でも私に送信してくる「彼ら」は、明らかに、仲の悪い母子関係でPTSD負の連鎖を体現している未治療PTSDです。

ある西洋白人&女性(=本来は「産む性」「育む性」である女性)&大学教員&心理職は、年端のいかない息子の顔に、タバコの煙を吹きかけたそうです。そんなことを日本人の(普通に小児科専門医認定を受けた)小児科医がやったら、専門医認定が外されるのではないかと思いますが、日本の現状では、彼女は、西洋崇拝、なんちゃってフェミニズム、ハコモノ大学の権威に守られているので「隠れ虐待」やりたい放題。国際レベルの特権階級です。彼女は、ご子息に殴られたそうですが、息子の解釈では、あの人は、自分の都合でご子息にネグレクトと心理操作をやり続けたので自業自得。要するに、母親から母親の都合でネグレクトと心理操作をやりまくられたご子息が終に精神科へ行って投薬を受け、トラウマが暴れるアクチベーションに陥り、母親を殴った…つまり、抑制が外された時、殴る相手を間違っていないご子息は「正常」。どうして殴られたか理解できない西洋白人女性心理職=大学教員の方がPTSDによる認知機能の歪みが激しいという意味で「異常」ということです。おそらく彼女は「悪魔崇拝」なのでしょうね。くわばら、くわばら。

http://ameblo.jp/raingreen/entry-11958176934.html#c12641815852
2. Re:無題
>くぷさん
傷ついた自覚がなかったり否認したりしている人がストーカー行為に走るみたいです。
お心遣いありがとうございます。
翠雨PTSD予防&治療心理学研究所 2014-11-29 00:19:23

翠雨先生
http://ameblo.jp/raingreen/
氏へのネットストーカー(現役スクールカウンセラーらしい女性?)も、
しっかり警察沙汰になって、
「犯罪者の更生」
http://ameblo.jp/raingreen/entry-12092311214.html#c12788898834
6. 犯罪者の更生
の道を行く方が良いと思います。

なお、「行動原則」については、
http://ameblo.jp/kmomoji1010/entry-12096172404.html#c12792531755
にコメントしました。

毎日かあさん

この世に無駄なものはなく、放射能、化学物質さえ必死にお母さんを探しています。

読まれたことあるでしょうか?

以前、講演会にてお世話になりましたグーミン美容師です。

最近とある方からお借りして、1992年にまんだらけより出版された
「ひきつりながら読む精神世界の本」
なるものを読んだのですが、自分が薄々ながら気がついてたことが
ウツミンワールドのように皮肉りながら本質をズバリ突き刺して来る
良書?だけど人には薦められない。(中途半端な人が読むと恐らく自殺したくなる)

この内容が本当かどうかなどはどうでも良くて素直に受け取ると
死にたいまま生きることが大切ということがわかりました。
自分は自殺願望などありませんが自分の寿命にも興味がなくなりというか全てに関心が薄れてしまいました。

全てに価値などないと。

なんかまるっきり先生のコピーのような言葉しか出てこなくなってしまい
周りからやさぐれてる様に見えるらしいですw

やはり先生も読まれましたか?

No title

読んだことありません。

皆さま読んでください.。o○<+))))><<.。o○

悲劇は見世物ショーではありません。
見るだけの理解はないかもしれません。
気高い内面こそ学びたい。
そして痛みを癒す行動をとること。
人間はすべての最終駅になるはずです。
https://medium.com/@dominickchen/あなたたちは私の憎しみを得ることはできない-b2ac0cdcc69a#.80osw03p5

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも楽しく内海先生のブログを拝見しております。最近は純粋な精神医療の記事はあまり書かれないのですね。もうなんだかんだ、精神医学の問題点は指摘しきったということでしょうか。確かに、精神医学の問題点は、政治や経済とは違って、非常にわかりやすいですものね。むしろこれほどわかりやすい問題で溢れている精神医学になぜ、いまもなお、救いを求める人がたくさんいるのかが一番の問題というか。医療従事者(看護師や心理士、精神保健福祉士、作業療法士など)には真実から目を背けたいという自分自身でも気付くか気づかないかくらいの気持ちがあるのかな。まぁ、人間だれしも自分がしてることが悪かもしれない可能性と真摯に向き合うことなんてできやしないか。そういうところが日本人の一番の悪徳だというのに。だいたい医師以外の医療従事者は、どれだけ綺麗なこと、誠実なことを口にしても、薬のことになると、とたんに保守的になりますよね。あれ、なんなんですか。本当に残念な気持ちになります。
テーマと関係ないことでしたね。すみません。一つだけテーマにかすることなんですが、引き寄せの法則というのは本当にありうるのでしょうか?もしありうるのでしたら、本でもかって読もうかと思いまして

口語のお経

仏教聖典(仏教伝道教会出版)ーお経の現代語訳ー
「ブッダの開いた教えがわかりやすい言葉で、世界中の誰にも心通うように」との思いで「仏教聖典」は作られました。

仏教聖典(A6判,331p) 005-2 ¥540

www.bdk.or.jp/buddhism/book01.html

鳥が今年のお米のごはんを食べません

実家からもらっていました、といいますか、今年は父が勝手に持ってきました。それが、去年は、完璧にもらっていましたが(ただでなく)、去年のごはんは、鳥は食べましたが、今年は、食べません。いよいよ合成樹脂のお米になってしまったようです。虫を皆殺しにするから、こんなことになるのです。野菜の化学肥料も、野菜を綺麗に形成していく物資が、大きくしたりしているので、これもプラスチックに見えてきます。稲はコンクリートで土壌はアスファルトです。一度見えるともうそのつもりで見てしまうので、食べれません。虫をや畑のミミズを殺し、殺した側が、良い思いをすることはなくなります。父には後でじっくり言いますが、近所の方々には、私の父が作っている野菜を食べない方が良いと、通った人に言っています。父側のおかしな考えの方々には、言っていませんが、自然の状態で作り小さな野菜しかできないと、周りに馬鹿にされていた方には、通るのを待ちながら言いました。お米は、熱すると合成樹脂が溶けてこうなるのだと思ってしまったので、鳥には天然酵母のパンと何も化学物質を入れていない飼料と保存の卵をあげています。鳥の食べ物でもある虫を大量に殺した罪は重いです。鳥の食べ物を奪ったのでこうなります。農薬を撒いた他のお米と農薬や化学肥料を撒いた畑の作物は食べると癌になるかもしれません。病院向けのポスターには、ミミズがいない畑の作物と蓮華草などの草花の生えない他のお米は食べないように書いてあります。農薬を撒く人は嘘つきと馬鹿しかいないので、人を見ればわかります。

先生の表現力について。

私は自分では読書好きのつもりで、文章力も高いだろうとタカをくくっていました。けれど先生の文章には負けます。二面性どころか三面四面、隠し扉までつけてたり、さながら忍者屋敷化していて先生以外の虚無主義者でもきっと充分楽しめます。
おそらくゴミ屋敷みたいな文章を書いてはならないだろうし、発言も気をつけたほうがよいのでしょう。ためになります。ありがとうございます。

伝言板にして申し訳ありません。chamou様に。

chamouさん
いつもありがとうございます。
胸が痛くなるお話です。
と同時に野鳥たちの賢さに心強くなれました。
飼育されている鳥たちもいやいやながらドクを、食べさせられているのでしょう。
人に跳ね返るにせよ、辛いと思います。

ところで「スイミー」という絵本はご存じですか。
あれはみんなで力を合わせて危機を乗りこえるお話です。
すばらしいので機会があればお読みください。
あと、chamouさんのサイトに遊びに行きたいです。そのときはまたよろしくお願いしますね⌒(ё)⌒

電力会社はお金をすぐ回収した方がいいと思う

もらったお金を、海を戻すために使わなかった人たちや、「安全ですよ。いくらあげますよ。」と、言われたくらいで、電磁波とか、放射能漏れを気にせず、子供の未来はどうでもいいからお金が欲しいと、お金をもらった人全員を、入院させていろいろな検査や実験を行った方がいいと思います。もらった人は、死のリストに名前が載ってしまっているので、どうされても、何も言えません。いくらここは、自然豊かなところですとか、後からアピールし、もともと自然農法が一番栄え知識も多いなどという風潮を流しても、放射能漏れを止めず着服する人の住むところは、信用できません。実際に、社会毒研究の本を読んだ方々で、環境汚染をこの辺でどうにかしないといけないね。と、言う人たちは、本当に大丈夫なのかを確かめに裏から現場を見に行きます。その話を聞くと、その地域のものを絶対食べれません。他の地域の人を騙そうとしても無理です。そして電力会社は再稼働とかすると言いながら稼働せずに、子供の未来をどうでもいいという人にあげたお金を病院と協力し回収し、その施設を、その地域に置いてあげたので、設置料も徴収すればいいと思います。了承を得るために最初は何でもしてあげたのですから、一度承諾させたら、言いなりにできるはずです。

そういえば、四国の

再稼働したところの役所に、「放射能漏れても知らされるかわからないので、そこの食べ物買いませんよ。」と、言ったら、「どうぞ。どうぞ。」と、言われました。だから、電力会社は、あらかじめ通帳に何千万でも、何億でも記入した通帳を賛成の方々に渡し、1年住んだら、その後からお金が引き出せますよ。と、言っておくだけで良いと思う。毎月病院へ通帳を持ってきてもらい、診察料などの費用は100円ですが、通帳から、毎月100円を引いてあげてそれでも何千か何億かの残高があると思わせ、月に一度人間ドッグをか何かをしてもらいに来てもらったら良いと思います。賛成していい気になっている方々はいいかもしれませんが、年齢の若い人たちが影響を受けるのに、「買わなくていいですよ〜。どうぞどうぞ。」と、嘲笑ったので、信じられません。そこに住む反対の方が大変、気の毒です。

度々申し訳ございません・・・

鳥山様へ
アイデア次第で、どんなものにも勝てるという意味でも、ありますよね。良い話を有難うございました。攻撃的な自分の毎日に、ホッとできるお話ですね。いつも、農薬の田畑を見ている私に、蛍のいる田んぼも日本にあることを知らされ、そこのお米と同じくらい感動いたします。

目になる魚は内海先生ですよね。

本当にすみません。度々。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

先生またお借りしますm(__)mこちらこそ、ありがとうございます。あなたもわたしもいつでも目になると思いますよ。勿論、受難はたくさんあるし、戦争になれば私も立ち直る自信ないです。そのときははっきり言うと目を閉じますよ。ロマンティックな比喩じゃないんです。恐いし上からで申し訳ありません。

波長と周波数は鳥や動物の方が現れますが、

わざとらしくマスクをして、草の花粉で、花粉症になったときた人が、「今の除草剤は、ベトナム戦争の時より、安全になっているのよ。」と、言ったので、「今は、耐遺伝子組み換えだから、それよりもっと危ない。と、うちの子が学校でも教わってきた。」と、言うと、この言葉の前に言った自分の言葉を忘れ、「私は、自然農法で、畑にはミミズがもう、うじゃうじゃいるし・・・」と、変わります。無化学肥料の方がおっしゃいますには、田んぼの中にも、耐遺伝子組み換えの除草剤を最低2回撒き、藁を土に溶かすための農薬を収穫後に撒くそうです。国、県、市町村、JAなどは、農薬を売る目的を果たしているだけで、自称農家は、安全な作物を作る義務があるので、農薬の成分を全部知って一度飲んでみなければ撒いては、いけないと思います。国、県・・・などという小さな頭の空想上のものが、認めているから、年々土に解けなくなってきている藁に、さらに多く農薬を撒いていいそうです。先生の正しい目には、書物などを通して正しい情報も多く集まり、波長と周波数によって変えることもできると、希望が見えます。先に出てきたマスクの近所の女性のような人は、彼女が除草剤推進派だったと誰にもバレていないと思っていると思うので、これから「今の除草剤は、ベトナム戦争の時より危険なのよ。」と、広めるのは確かです。度々、失礼いたしました。

初めまして、

最近fc2ブログを始めました。
内海様の書籍も何冊か興味深く読ませて頂きました。
私はフランス在住の初心者ブロガーですが、
フランスの雰囲気はものすごいものがあります。

というのはフランス人のグーミンぶりがということです。

私の最近の記事でそのことも書きましたので、
よろしかったらどうぞお読みください。
(市民の自由を守るという記事です)

今後もいろいろとフランスのグーミンぶりについて
ちょこちょこ上げる事もあると思うので、
皆様よろしくお願いいたします。

フランスはもうグーミン過ぎて、
全体主義まっしぐらですので、
かなり危機的ですから、
書かないわけにはいかないと思っているのです。

No title

シンボリズム
相対について
それでもどうして方位磁石は北へ向くのか
…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR