バカという人がよほどバカであるというカスの本性w

人の心理を考えるうえでの基本w。

FBでグーミンたちを虚仮にしていると、必ず「人にバカっていう人の方がよほどバカですよ」とか、「もうちょっと人を傷付けない言い方はないのでしょうか」とか、「上から目線」とか、「どれだけあなたは偉いんですか」などと書いてしまう超低脳のカスを見かけますw。しかもそういうやつに限ってどこの誰かもわからないし、何をやっているかもわからないし、実質的に何一つ日本の役に立ってないカスですよねw。

彼らがカスなところの一つは自覚がないところですが、それ以上にそういうカスたちは、綺麗な言葉を吐くと綺麗な魂をもっていると錯覚できるくらいカスで、自分たちの魂の汚さをすぐに見透かされてしまうため、いちいち虚仮にされると反応してしまうカスなわけですw。そんな「俺はカスでもないしアホンジンでもない症候群」の方たちは、自分のバカさを隠して正当化するためには、相手に「バカという人がよほどバカである」としか言えないくらい、バカで低脳なんですよねw。

添加物も世界一、農薬も世界一(もしくは世界二位)、放射能も世界一、電磁波も世界一、CT保有も世界一、病気になる率も世界一、奇形や障害児の発症も世界一(もしくは世界二位)、医療も福祉もカス丸出しでもそれを理解できないバカの集まり、すべては自業自得だと気付くことができないカスの集まり、それがニホンジンならぬアホンジンだと言えるでしょうw。まあ、似非右翼なんぞもそうですが、そのアホンジンに限ってアホンはスバラシイとか、言葉を大事にしましょうとか言うものですw。

彼らアホンジンにあるのはガラスのプライドのみですw。彼らは不特定多数に向けられた文章であってさえ、自分のことをど真ん中ストライクで表現されていることに気付くため、それを認めないで言い訳するためにはあらゆる手段を使いますw。「ニホンジンは何もしないためにはなんでもする」という有名な言葉がありますが、アホンジンは自分の中身のなさと罪深さをごまかすために、「きれいな言葉を使いましょう」と述べるわけですw。ちなみにwってつけるのをバカ扱いするのも、彼らアホンジンの特徴ですw。

アホンジンは世界で一番のアホであり地球に対する侵害者で、その罪深さは途方もなく深く、バカでカスのアホンジンにバカでありカスであると言うのは、単に事実であり現実であるにすぎませんw。結局人をバカにしない方がいいと述べるアホンジンは、その時点で人を慮っているわけではなく、実は自分を慮っているだけであり、自分がアホンジンとして扱われることに耐えられないのを、どうやってごまかすかに終始するため、逆ギレするわけですねw。

神も宗教もアホンジンも虚無主義者の意思の強さにはかないませんw。なぜなら虚無主義者には信じるものがそもそもないからですw。そして何物にも期待などしていないし、アホンジンが発展する、進歩する、誰かを救う、そのようなことを本気で実践などできないと確信しているわけですw。そのようにしたいというアホンジンすべてが、実は表面的であり嘘つきであり自分たちをこそ救いたいことを、虚無主義者はすぐに見抜いてしまうのですw。

「自己を否定してはならない」と述べているアホンジンもまた、きれい事を吐きながら結局世界で最も弱いカスですよねw。アホンジンはまるで自分が犠牲を払っているかのように装うのが得意ですw。しかしその誰もが虚無主義者の目から見れば、犠牲を払っているのとは全く違いますがねw。それは犠牲を払っているふりをして、自己の精神を辛うじて守っているだけですからw。アホンジンは自分が信じて経験した、かすかな内容にしかすがれない生物ですからねw。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 バカ・カス・アホンジンかぁ~(。。:

こんばんわぁ(^▽^)v

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FBをしていないので記事を読むだけですが、コメントが実に面白いです。
バカとかアホンジンとかにどうしてあんなにも反応するのか???
綺麗な文章ですね、とか人格矯正を狙ってるのかな???
ぷぷぷぷぷっと笑ってしまいます。
おかげで免疫もあがるかも(笑)

ただ
FB側がそうしているのか?記事が1ページ4記事しかみれなくなりました。
内海さんはたくさん記事をあげるので、見落とす記事も多くなったのが個人的に残念なのだ。

父が癌になったら

化学肥料(産業廃棄物)を、いつまでも撒いていたからじゃないの。バ〜カ。と、病院のベッドに父が横たわっていたとしたら、言いたいところだけど、病人に向かって言えないので、笑いをこらえながら、すごく痛くて苦しいらしい。くらいは、言うと思います。何十回も喧嘩をして言ってわかったかと思ったら、また、今日おかしなものを撒いたので。おそらく、たくさんあるいろいろな野菜を、一切私が食べず、無化学肥料の野菜を注文しているから、嫌がらせをしているのだと思います。化学肥料に混じっているものを一瞬でも見てしまうと、食べれません。

No title

今晩は!
スカっ!としました。いつも何だか~励みになってます☆

radiation PTSD around the world

「添加物も世界一、農薬も世界一(もしくは世界二位)、放射能も世界一、電磁波も世界一、CT保有も世界一、病気になる率も世界一、奇形や障害児の発症も世界一(もしくは世界二位)、医療も福祉もカス丸出しでもそれを理解できないバカの集まり、すべては自業自得だと気付くことができないカスの集まり、それがニホンジンならぬアホンジンだと言えるでしょうw」
という点は、誰が言っても事実ゆえ、それで逆ギレなさる人はPTSDで認知機能の歪みがあるでしょう。
そんな愚かな人が多数派だから
http://bit.ly/jikkenDoButsu
にコメントしたような扱いになります。しかし、このことは当面、どうにもなりませんので、「私は貝になりたい」=「自閉」状態路線というのは辞め、「猫になって動物愛護の精神に訴えよう」という路線に変更しました(←今、ここ)。いずれにせよ、人類レベルの集合的無意識にとって
http://bit.ly/ToiletB
日本列島は単なる汚物入れです。汚物にまみれた野良猫への動物愛護の精神をお願いし、サバイバルしましょう。

これは「愚かな自己嫌悪」とは違います。
哲学者としても教育者としても大人物と断言できるケースについては、
http://franoma.blog.fc2.com/blog-entry-60.html
に書いておきました。

皆さまも、区々一己のことに惑わされて血圧をむやみにあげず、お大事に。

話は戻って、
(1)こうした誰かの我意にとって不都合な事実を隠蔽し、
(2)隠蔽させまいとする人または不都合な事実による被害者を差別し、
(3)他所の子は死んでも気にしない棄民をすることが
PTSDを蔓延させます。ゆえに、
(1)隠蔽させず
(2)差別させず
(3)棄民しない
ということがPTSD問題への対処3原則になるのは誰にとっても自明です。

あくまでも現象学者としてデタッチメントを徹底することがポイントでしょう。

哲学が弱くても
“We are scientists”
で感じるものがあると幸いです。

https://youtu.be/_UXsgg9Cc1A

日本人レベルでは済まない人類史的なPTSD問題=放射能PTSDですから。

そういうカスを別名被害者面と、言います。

自分が加害者であることも知らないマヌケ達は、被害者ではなく、子供や他の生き物が、被害者です。日本人の美徳とかいう言葉が、自分を美しいと言っているように聞こえてきます。そんなバカばかりの国に、社内旅行を数ヶ月前から計画していたヨーロッパの国の会社が、延期(キャンセル)しました。枯れ葉剤が撒かれていることは、伝えてあり、食べ物はほとんど危険だから安全基準の高い国から来ると健康被害に遭うから、オーガニックのレストランなどや、絶対に食べてはいけないもの(たとえば、あの国のアレなど)などを教えておきました。延期と言っていましたが、絶対に来ないと思います。他の国の方でも農薬を撒いている個人相手に訴訟を起こせます。訴訟が好きな国の友達に教えました。

マスゴミは、TPPの正体を一切報道しない。国民の8割がISD条項のことを知らない。御用学者やマスゴミは、遺伝子組み換え作物を印象操作している。遺伝子組み換え作物は『毒』であり、食べると必ず病気になる。

No title

うしし

ハカアラシ・内海先生のパクりでない奴

たぶん、テレパシーとでもいうのかあるはず。伝わる以上、交信してしまっている。電話など事後確認かもしれない。
私はある時期まで、自分のネタをハッカーされているかと思って怒っていたのですがそもそも自分のネタではなかったです。たぶん。
内海先生のネタを盗んで先生をパクり呼ばわりしたり、赤塚不二夫も真っ青のシュールに笑いを通りこしてねをあげています。

それにしてもネタばっかりパクる。
死者の数で被害者度を上げてしまったり、国境に実はこだわっていたりまだ思うつぼのなかだとそれはどうしてみんなパクらないのか。

夜ごと不条理な夢を見る。

いきなり嫌みのレベル上がったで
(笑)
なにこれ、神からのプレゼント?(爆笑)
イカス!!

カテキョ

ほんとうですね。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR