晋精会と戦争と優生学

安保法案や種々の締めつけてくる法案を考えるとき、このことは知っておかねばなりません。

私は医学界の反逆児で陰謀論者でオカルトだそうですが、精神医学反対といえばサイエントロジーと市民人権擁護の会です。ネットで調べりゃ彼らはオカルトの極致だと出てきます。私はサイエントロジーだと勝手に言われていますが、入会したこともカネ貢いだこともありません。ただ、彼らの情報が間違っていないため、時に活動したり講演を共同でやってます。

オカルトかどうかは自分の目で実際に確かめてもらえばいいだけですが、このサイエントロジー的理論では精神医学こそが世を壊し、精神医学こそが戦争を導く張本人ということになります。これは何も知らない人が見たらオカルト以外の何物でもありません。しかし実情をよく把握すればそうでもないことがわかります。まず精神医学を優生学と置き換えることが重要です。精神医学は優生学の体現的医学であること、優生学とは愚民と有色人種とアホは氏ねという理論であることを知る必要があります。この理論は陰謀論にもつながるのです。

さて、晋精会とはなにかというと、日本精神病院協会が安倍晋三の後援をやってる会ですね。法律推進などをすすめ萩生田光一衆議院議員がバックにいますが、これくらいはネットに書いています。しかしこれは晋精会の本当の姿ではありません。ここで全ての知識を総動員することが重要です。さすがにこのウォールを見ている人なら、精神医学がどーしよーもないことはご存知でしょうが、どーしよーもないことの原点は治療がどーしよーもないこととは別の問題なのです。

精神医学=支配学であり奴隷コントロール術です。そして精神医学や心理学者や脳科学者、そしてその原点にある優生学者はブレインとして政治中枢に入り込みます。歴史で見ると悪のシャーマンなどが政治を腐敗させる様子を思い浮かべればいいでしょう。精神医学者たちは常にこれをやります。そうすることで自分たちに莫大な利益と地位と、人をぶち殺せる権利が入ってくることを知っているからです。そしてこれまで、いろんな場所に精神医学者たちは入り込んできました。

たとえばオウム真理教事件で、イニシエーションを指導した佐々木正光は精神科医です。ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦で虐殺を主導したラドバン・カラジッチは、セルビア人共和国初代大統領であり精神科医です。CIAのマインドコントロールプログラムであるMKウルトラは、精神科医たちが開発したものです。アメリカで戦争に行く兵士たちには精神薬がよく投与されます。そして最も有名な政治と戦争と精神医学のかかわりは、ナチスに見て取ることができます。これが現在の状況と同じなのです。

ナチスが狂信と民族差別に走り第二次世界大戦を起こしたことはご存知でしょうが、そこに入り込んでいた精神科医の筆頭がエルンスト・リュディン
です。よく陰謀論でヒトラーはユダヤ人とかいわれますが、これも今の安倍晋三に重なってます。安倍晋三は日本人じゃないのに日本人と保守を名乗っているのにかぶるわけです。そしてヒトラーがユダヤ人なのにユダヤを虐殺したのはこれいかにということですが、ここもよく間違いが指摘されています。ユダヤ人は本当はそこまで殺されていないと。これはロベルト・フォリソンなどが有名な話で、自分でも体制派の意見に惑わされず調べてみてください。

さて、だからといってナチスの虐殺はなかったわけではないのです。実は殺された多くの人たちはユダヤ人ではなく別の人々であり、これがなかなか表に出てきません。T4作戦、ロマ人などで検索してみるといいでしょうが、こうやって精神医学と優生学はあらゆるところに入り込み、戦争と虐殺を誘発してきました。彼ら精神医学者=優生学者は偽善の仮面をかぶって為政者に吹き込みます。自分たちの民族の正当性、自分たちの行動の正当性、そして支配と排除を吹き込んでいくのです。これを陰謀論的に解釈すれば、彼らはイルミナティのスポークスマンだと言えます。

そして現在の日本に目を戻すと、ナチスとあらゆる面で似通ってきていることに注目しなければいけません。晋精会とはなんなのか、それは現代のエルンスト・リュディンであり、ナチスとヒトラーに戦争と差別の思想を刷り込んだ「悪の軍師たち」なのです。ナチスを支援していた一番の会社はIGファルベンですが、これはど真ん中ロス茶の会社で、戦後に分割されて残ったものの一つが製薬会社のバイエルです。こうやって心理は精神医学者、おカネはロス茶ロック系のところから流れて、戦争が誘発されていきます。

これをアイクみたいなスピ系理論で例えると、爬虫類脳の体現者が精神医学者であり心理学者である、ということになるかもしれません。精神科医や心理学者でも下位の人間は良い人もいるでしょうが、自分の理論が悪魔崇拝理論と変わらないことを彼らは知りません。浅学なネトウヨが保守の真の背景や反中反韓をなぜ煽られているか、知らないことと同じです。そして精神医学=優生学の思想にのっとって法律が作られていきます。秘密保全法、メンタルヘルスチェック、FEMA思想、児童ポルノ法、マイナンバー、労働者切り捨て法、すべて同根なのです。

支配統治の基本である分割して統治せよも、戦争兵士にドラッグを入れてラリラせて人殺しさせるのも、民族主義を煽って対立させ自由を奪うのも、子どもを奴隷にして貴族たちと差をつけるのも、子どもを悪魔崇拝の生贄にするのも、それらのすべてを正義と偽善の仮面によってごまかしていくも、すべて同じ考えから派生しています。問題は精神薬でさえなく精神医学と優生学がもたらす考え方、そしてその考え方がもたらす善意の陰謀、そして人を動かすためにカネよりも重要なものは心である、ということを悪魔たちほどよくわかっていることであり、私たちは精神薬以上にこの精神医学的考え方を排除する必要があるのです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦争と優生学に抗してPTSDの予防または克服を進めよう。

安保法案や種々の締めつけてくる法案を考えるとき、このことは知っておかねばなりません。... 晋精会と戦争と優生学 まず、これに関連して、ひとつ前の記事 『PTSDは「病気」であり、治癒する。』 http://franoma.blog.fc2.com/blog-entry-2.html を書きました。 S先生(http://bit.ly/Ssensei)のように、 「傷ついた...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PTSD否認の精神医学が問題

「精神医学こそが世を壊し、精神医学こそが戦争を導く張本人ということ」は、「PTSD否認の精神医学」について妥当します。オカルトでも何でもありません。
次に、「PTSD否認の精神医学」は「優生学」の一種ではありますが、全部ではありません。
「優生学の体現的医学」は、身体医学にも十分に存在しているので、精神医学だけを批判しても片手落ちでしょう。
(西洋白人と、その追従者の)「優生学とは愚民と有色人種とアホは氏ねという理論である」ことは仰るとおりです。

「精神医学=支配学であり奴隷コントロール術」にならないケースは、ただ一つ、
PTSD予防と克服を目指す場合のみでしょう。
従って、「PTSD否認の精神医学=支配学であり奴隷コントロール術」になります。

「精神医学と優生学はあらゆるところに入り込み、戦争と虐殺を誘発してきました。彼ら精神医学者=優生学者は偽善の仮面をかぶって為政者に吹き込みます。自分たちの民族の正当性、自分たちの行動の正当性、そして支配と排除を吹き込んでいく」
ということは間違いありません。

「精神医学=優生学の思想にのっとって法律が作られていきます。秘密保全法、メンタルヘルスチェック、FEMA思想、児童ポルノ法、マイナンバー、労働者切り捨て法、すべて同根」
ということも仰るとおりです。

「支配統治の基本である分割して統治せよも、戦争兵士にドラッグを入れてラリラせて人殺しさせるのも、民族主義を煽って対立させ自由を奪うのも、子どもを奴隷にして貴族たちと差をつけるのも、子どもを悪魔崇拝の生贄にするのも、それらのすべてを正義と偽善の仮面によってごまかしていくも、すべて同じ考えから派生」
ということも仰るとおりです。

「私たちは精神薬以上にこの」PTSD否認の「精神医学的考え方を排除する必要がある」と私も考えております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ユダヤ教とイスラム教が対立する訳

5000年位前の出生の秘密から、ある国では、何故嘘をつくことが平気になったのかまで、教えてくれる相当目上の方の時代では、真実を教えられていたような気がします。この間、やはり、オカルト的だけどオカルトではない大事な話をしてくれたのですが私の頭で難しい言葉がたくさん出てきたので、覚えられず次回行った時よく聞こうと思います。この世界の秘密を、読んだ直後、タイミング的に偶然こういう話をこの人がするようになったので、読んでいて良かったです。HPは1、2ヵ月中に変え、伝えるべきことかもしれないので紹介するかもしれません。でも、「この世界の秘密」は、今まで読んだ本で一番強烈です。

No title

五本木クリニックのバカブログをたまたま閲覧しておりましたところ、またまたバカなことを書いています。
https://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=15820

自民党の清和会は、アメリカCIAの部下組織。東京地検特捜部も、アメリカの部下組織。

No title

五本木クリニックは、製薬会社や裏社会の代理人か?

http://www.gohongi-beauty.jp/blog/

ここまでアホだと、言葉が出ませんね。

浜六郎とかの本でも論理的に書いていますが、このアホはなんと抗弁するのでしょうか?

北浜クリニックのアホもまた久しぶりに閲覧してみますかね。

カルト一神教西洋科学はオカルト

ビッグバンは猿でも判る嘘八百である。万物の造物主はビッグバンの前はどこにいたのか説明できないよ。安倍の答弁みたいにw

西洋科学の優生学は遺伝学と進化論を組み合わせたオカルトである。一神教では人間を作ったのは全知全能の造物主である。出、すべての人間はアダムとイブの間に生まれたこどもで、こどもが近親相姦して人間が繁殖して地上に溢れたことになるが、ばかも休み休み言えw

そんな種の起源を万物の造物主は人間全員に眞理であると信じろというなんて、あたまが逝かれている。狂信の宗教、これがオカルトである。

アダムとイブを作った造物主、ユダヤ教のヤハウェ、キリスト教の父なる主ヤハウェ、イスラム教の全能の神ヤハウェに優生学すなわち遺伝学進化論上の質問がある。

鶏が先か卵が先か。ヤハウェよ、鶏と卵の、どっちを先に作ったのかね?w

PTSDもオカルトである

PTSDなどという『病気』は存在しない。
それは、『うつ病』という病気が存在しないのと同じことである。
いずれも、抗精神作用がある毒物の中毒症状に過ぎない。
すなわち、西洋オカルト薬学が作り出した『麻薬』中毒である。

江戸時代まで日本人にはPTSDはもちろん、『うつ病』などまったく存在しなかった。廃仏毀釈伊藤博文が総理になってから文明開化と称して西洋オカルト科学が日本に大量に輸入され、オカルト麻薬が『治療薬』と称して日本人に大量に飲まされるようになってから、その最大の薬効として希死(きし)念慮『自殺』が多発するようになったのである。

具体的に阿修羅に書いたものを転載するよ。
http://www.asyura2.com/15/senkyo188/msg/690.html#c126

藤村操は犬死(じ)にである。
明治以来日本に入ってきた抗精神薬という工業生産毒物の中毒症状、有名な希死念慮に駆られて何ら理解できる動機もないまま、不可解な「人生不可解也」と遺書して華厳滝から飛び降りた。

江戸時代まではこのような動機無き不条理な自殺など日本人にはひとつもなかったのである。

明治になって学制が導入されてからノイローゼやアンビバレンツや精神分裂症状を発する日本人が多発するようになった。彼らは文明開化で欧米から輸入された向精神性薬物という毒を口にするようになり、動機のない不条理な自殺がそういう者たちの間で多発したのである。夏目漱石が典型的向精神病薬中毒の希死(きし)念慮自殺である。

これが明治維新の文明開化という文化破壊である。

これを起こした元凶はたったひとり田布施忍者非人であり非武士の伊藤博文イギリスフリーメーソンスパイである。すなわち、明治新政府からわが大和国の統治府の中枢にフリーメーソンカルト信者が入り込んで、内部から仏教国日本を蚕食破壊するテロ工作活動に着手したのである。

フリーメーソンカルト伊藤博文の最も重要な使命は「廃仏毀釈」することであった。

何故なら伝統の武の国日本武士の武勇は、世界に群を抜いて比類無く勇猛最強であり、そして武士の強さの秘密は大和民族が先祖代々帰依してきた仏教の忘己利他捨身施にあったからである。

たとえば元寇のとき瀬戸内海大三島大山祇神社氏子源氏武士の河野通有は、1000艘余りがひしめく元の兵船のまっただ中へ、命知らずにもたった2艘の小舟で漕ぎ入れて元の将軍が乗った船に斬り込み斬り伏せて凱旋し、翌日元の大船団は晴れた海の見える限りからすっかり姿を消した、というくらいに群を抜いて勇猛なのが日本の武士である。

そして武士は全員仏教徒である。何故なら武士は皆「南無」八幡「大菩薩」と念じるからね。よって、武士道とは釈尊に帰依する仏教なのである。

武とは「戈を止める」の表意文字である。ゆえに武士道とは相手を殺(ころ)すのではなく自分が「死(し)ぬことと見つけたり」なのであり、己を忘れて他人を利する忘己利他の捨身施を武士道と呼んで、道義を貫くことを我が命よりも貴ぶのである。これは菩薩行である。

神風特攻隊の若き武士たちが敷島の大和国に住む懐かしい人々を、フリーメーソンカルト鬼畜米軍のインディアンを皆ごろしにだまし討ちした無慈悲冷酷残虐無道な暴力から守るために、日本国沖縄県へ鬼畜米軍を上陸させないよううら若い青春多きわが身を捨てた捨身施が、レイテ沖特攻散華である。これは犬死(じ)にでは決して無く、過去から未来まですべてのひとが涙する尊い捨身施菩薩行である。

仏教徒武士にして初めてなし得る忘己利他捨身施菩薩行なのである。

わが日本国平和憲法自衛隊伝統の武士道が地球に平和をもたらす菩薩行である。

「殺(ころ)すなかれ、殺(ころ)さしめるなかれ」釈尊の言葉


130. 2015年7月18日 20:34:22 : rWn9PLlcps

藤村操を飛び降りという一見すると自殺の形態から犬死(じ)にと書きましたが、ほんとうは犬死(じ)にでも自殺でもなく陰険卑劣なフリーメーソンカルトの大和魂破壊神経系作用薬物攻撃によって他害された他殺被害者です。

藤村操は夏目漱石と同じ一高の学生であり、故郷の誇る俊秀だったのです。

ただし、江戸時代までの神童や俊秀が文武両道以前に修身徳育の実践と修得を評価基準として学業成績そのものはほぼ無視していたのに対し、明治以後国民皆教育学校制度ができてからの学校の神童や俊秀は、西洋式の学業成績だけを見て全人格まで等級付けを行うという、日本古来の深層人格形成に透徹する有機的悟性的人物評価とは全く違う、目に見える表層の技術結果や成績だけをもって一概一律に優劣を競う浅薄皮相な非人間的無機質なものでした。

江戸時代までは入学テストのある学校はありません。それぞれの地域に学問に達した立派な人格の人がいて、まわりの人が自分のこどもがその人と同じような立派な大人になれるよう、その人の所へ行って師と仰いで礼をつくして学問修業しなさいと行かせることで入学するのです。

江戸時代までは親の恩と師の恩がとても大切でした。この恩は家の中で親の恩を感じて育つことで自然にこどもが感得するのです。しかし明治以後の学校では全国一律の教科書に対する自分の成績だけが問題となるため、学校内で師弟の恩愛が消え去ってしまいました。

ここに明治文明開化で西洋式学校教育が隠し持つ人情破壊のストレスが生じるのです。

家の中の家族関係環境で感得した人間評価が学校へ行くと通用しないのです。
自己評価が家の内外で明らかに分裂させられるのです。
繊細な心を持つ大和民族のこどもが大学で学業成績だけをもてはやされて外面と内面の自己評価が分離してしまい「神経衰弱」「不眠症」とご当世風の病院の医者から西洋医学の当世風な病名を頂戴し、イギリスが中国に持ち込んだ阿片の如き工場生産の化学物質である「睡眠薬」の大量処方を受ける。
それを飲んでますます病状が悪化して中毒になってクスリの量が増えてゆく。
とうとう希死念慮がこうじてある日突然自殺してしまう。

本人の学校の成績が優秀であればあるほど反作用が強く出て、この内心の葛藤と自己分裂が一層倍ひどいのです。

これもまた西洋のキリスト教一神教カルトフリーメーソンの仏国日本侵略日本人殺害陰謀であると言って間違いないのです。

つまり藤村操も夏目漱石も芥川龍之介も太宰治も皆、人類創世記エデンの園の蛇悪魔一神教カルトフリーメーソンの魔手によって毒殺されました。

フリーメーソン悪魔の大敵は人類誕生以来常に仏法に帰依して菩薩行を積む大和民族であり、キリスト生誕以前の昔からフリーメーソンが日本の地を訪れていた痕跡がありますが、一神教は必ず仏教の下にある邪宗外道ですから人類誕生以来フリーメーソン一神教カルト悪魔が日本人の上に君臨したことはかつて一度も無く、日本人がフリーメーソンカルト悪魔教の奴隷信者になった痕跡もありません。

今の偽総理安倍晋三が、明治政府キリスト教フリーメーソン悪魔カルトスパイ伊藤博文初代総理大臣と同じ田布施人脈であることを、よくよく忘れてはならないと思います。

これが田布施人脈のほんとうの意味です。エデンの蛇一神教フリーメーソン悪魔、これがカルトのほんとうの意味です。

そして伊藤博文長州ファイブフリーメーソンが日本国内で廃仏毀釈して新たにでっち上げた一神教カルトが「国家神道」です。

これを使って万世一系の絶対不可侵の現人神という全能の悪魔カルトをでっち上げたのです。廃仏毀釈のときに神社も大きく改変したのは国家神道がでっち上げ悪魔カルトである証拠を隠滅するためでした。だから今の神社本庁の祭祀が非常に筋が通らぬいびつなものになってしまったのです。


ここで問題になっている公明党も一神教フリーメーソン悪魔カルトです。
フランスが公明党をカルト政党認定したのは誕生歴を知ってるからですよ。
戦後の混乱期にGHQの肝煎りででっち上げられました。

公明党を潰すよりも簡単なのはNHKを解体することです。
NHKを解体すれば直ちにユダヤ人フリーメーソン悪魔教カルトは滅びるのです。その理由はのちほど。

長くなりすぎたし、自衛隊のことももっと書くことがあるのでいったん休止します。


[32削除理由]:削除人:カルト

廃仏毀釈と神社合祀

>廃仏毀釈のときに神社も大きく改変したのは国家神道がでっち上げ悪魔カルトである証拠を隠滅するためでした。

この神社合祀の重大な問題性を鋭く強く糾弾したのが南方熊楠です。以下をご参照ください。

1.河出文庫 南方熊楠コレクションV 森の思想 責任編集・改題 中沢新一

2.青空文庫 南方熊楠
「神社合祀に関する意見」
www.aozora.gr.jp/cards/000093/files/525_47860.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

童話

昔、ある所に王がいました。その王の正妻には跡継ぎが生まれませんでした。困った王は、階級があったその時代に奴隷階級があり、後々どうとでもできる奴隷階級の女と子供を作ることを決め、男の子が生まれました。しかし、その後すぐに正妻にも子供が授かり男の子が生まれました。正妻は、奴隷階級の子を追い出しました。奴隷階級の子は、仲間を増やすためにAを広め、正妻の子供は、Bを広めました。おわり。

No title

扱いづらい人だけではなく扱いづらい人に押しつぶされた人にトドメをさすのは大きな問題です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スピと優生学

ほんものの優生学とは、
優しく生きることを学ぶ。
かっこつけですが、そう思っています。
だから虐げられているひとでも実行できるし、
でも恨みつらみが多くてやりたくないと思いがちだけど、
それだと嘘の優生学に負けてしまう。
嘘の優生学は分断がとくいです。ていうか、それが目的です。
おそらく先生がほんとうに嫌だと思っておられるであろうスピの分野では、巧妙にまずしいひとにもお金もちになれるよ、
と釣りながら、優しく(そして強く)生きるための道案内をするものがある。そこで単なるお人好しにするか否か。
ホ・オポノポノに関しては、道端ジェシカしか知らない呪文とかお金持ち・広告塔には特別扱いしていますが、
かなりほんものの優生学(優しく生きて学ぶ)が入っていると思われます。精神異常のある犯罪者を収容した刑務所で行われ、全員が更正したとか。
もちろん真偽はわからないです。
でもカムフラージュとも思えない。

ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています

ありがとうの言葉の話、されてましたね!

これは、ハワイ(Hawaii)の秘法です。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR