与えることと与えないこと

この世に正しい理論とかまともな理論なんてない。

たまには社会毒含めた初歩的なことでなく、応用的なことや基礎の全体論的ことも書こうかと思う。これはセラピストや食育者や医療関係者にとっては重要な内容だろうが、たぶん全国を回っている限り理解している人はほとんどいないようにみえる。題材は上記のとおりだが、医療的に言うと薬物の原則であり食事療法の原則の話でもある。なぜ人々は食事について和食がいいとか糖質制限がいいとか二分した話をし、この方法がよいと全員がどちらかに固執するのかわかるだろうか?

代替医療の現場を見ているとわかるが、そのどちらでもよくなる人は良くなっている。良くならない人はどちらかをやってもよくならない。さらにいうと糖質制限系=分子整合栄養学系はサプリも含めて、栄養を与えることが基本原則になっている。和食やマクロビ=食養学や海外のもの含めては、単に与えるより与えないことにかなり大きなウェイトを占めている。粗食の考え方もそうだし究極的には断食になろう。ここで迷っている人々はおそらくゴマンといるはずである。

さらにいうと与える考えを重視する人は、当然栄養であっても含有量であったり数字であったり科学であったりに固執する傾向がある。逆にマクロビや断食派は科学だけでなくスピ系やベジの考えに固執する傾向がある。このどちらもが間違っていると思う人は世の中にどれくらいいるのだろう。治療経験を込みにして具体的に話せる人はどれくらいいるのだろうと思う。実はこれらの成否を決める要素は栄養ではなかったりする。

もちろん栄養は重要だ。私は個人的には先住民食の考え方に賛同しているので、考えとしては糖質制限寄りになる。現場を見ていると明らかに栄養欠乏で悪くなっている人が多い。しかしそうではない食事で非常に健康な人を今でも見かける。明らかに栄養欠乏な食事のはずなのに、90歳でもピンピンしていて背骨も曲がってないとか、そういう人をたまに見かける。そして現代人がそれを真似ようとするとまた失敗することもよくある。

さらにいうと糖質制限寄りの考えなのにそればかり使わないのは、この理論が生体にとっての与える理論だからである。これは麻薬や覚醒剤の作り方と概念を理解できればわかる。実は麻薬や覚醒剤や考え方の理論としては与える理論であり、であるからこそ安全であると科学者たちは噓をついてきたのである。麻薬や覚醒剤で精製され混入している物質は、すべて人体の中に存在している物質であり多量に与えても安心だ、というのが基礎理論である。もちろんこれは噓なのだが。

さらにいうと麻薬や覚醒剤だけでなくほとんどすべての医療薬は、この考え方をもとにして作られている。これは実は危険なのだが、同様の理屈を分子整合栄養学は部分的に行っているところに難点がある。糖を精製されているものとして完全に除外し、精製物以外でもカットするのはいいのだが、その他のものは人体にあるので与えてもよいという考え方では同じなのだ。これはたとえビタミンなミネラルなどであっても、実は適応できる時とできない時がある。

このような話がなぜ末期癌や難病や膠原病が治ってしまうのか、という話にも通じる。彼らの中には片方の理論で治る人もいれば、もう片方の理論で治ってしまう人もいる。この規定因子を栄養だけでとらえないことは非常に重要である。では何が規定するのかとなると大規模な研究などは存在しないから、話がややこしくなりオカルトのような印象を与え、科学的ではないという話になる。しかし現実を見たときに結果と既存科学とどっちを重視するのか、本来は言うまでもないことである。

ではこれらを規定する栄養以外の要素とはなんだろうか。これらを問い詰めていくと結局古典医学に戻っていくことが多い。その古典医学を現代科学で問い詰め直しているのが今の欧米である。その要素とは量子、周波数、電子に関する学問、腸内細菌、ミトコンドリアと遺伝子の特性、精神的な特性とこれらのかかわりなどである。ほかにも要素があるだろうが、現代医学者や食学者たちはこれらを使い分けることができないようである。

素人的概念で結構だが、マイナスの人にマイナスの治療をすると悪くなる。プラスの人にプラスの治療をすると悪くなる。マイナスの時には何がマイナスの要因となっているのか、それは栄養だけの問題なのかほかの化学物質なのか、プラスの状態に陥っている人はなにが同様にプラスの要因に陥らせているのか、そこを考える必要がある。こういうのは既存科学の数字や統計学や科学的数字を見ても解決しない。そしてだからこそ、陰と陽のようにあらゆる学問の反対学を学び、使い分ける必要があるのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

以前にもコメントしたのですが

抗体反応についてまた記事を書いていただけませんか?ワクチンが有害な物質で構成されているのは理解しました。その場合、ワクチンを体に入れるといちを抗体はできると思うのですが、抗体の力がまったく意味を成さないというか働かないのでしょうか?文献を探しても、ワクチンを良しとする文献ばかりでなかなか見つからないので、ワクチンを打った時の抗体反応からどのように作用して、効かない寧ろ有害であるのか説明して下さい。人間は、バランスが大事ですよね。ペーハーも酸性とアルカリのバランスで弱酸性で一定です。

診断無くして治療無し

西洋医学は先に述べたように診断学からしてそもそも根本が誤っている。宇宙を作ったのはビッグバンでもなければ万物を造ったのも造物主唯一絶対神じゃない。
釈尊が乞食托鉢を行う出家修行僧に対し薬として用いてよいのは腐尿薬(尿を発酵させたもの)だけであると決めたように、すべての衆生が戒定慧を修めて懈怠無く修行を続けてゆけば自らの仏性を究明して生老病死苦を解脱することが出来ると教え給うた。これが正しい診断と正しい治療である。
すなわち治療とは苦しみの因を明らかにしてそれを滅することである。診断学の根本が誤っている西洋医学が病苦を何も治療できないのは理の当然である。

No title

いつも拝見させていただいております

最近3か月間あちこち具合悪いので栄養療法をしている内科に血液検査してもらったら、低コレステロールで低血糖のうえにビタミンB群・亜鉛や鉄などのミネラルが芳しくないとのことで月1万から5万のサプリメントを勧められました

ビジネス臭まんまんなので断りはしましたが、栄養が悪いのが不妊につながるというのは一理ありそうだと思えました

しかし断食によって不妊克服した人も多いのを考えると、「現代人は栄養不足なのにカロリーオーバー」なのだとして、私の場合の正解はサプリメントでビタミンやミネラルを補いながら三日間程度の断食を月に一回ペースで続けるとベストなのかといつも迷うものです

「妊娠4か月までひと月に一回断食して体内で育った赤ちゃんは心身健やかで賢い」という舩瀬先生の説と
「栄養が整っていないと不妊だけでなく、妊娠できても流産だったりなど妊娠の継続が困難。栄養がいい状態で生まれてきた赤ちゃんはビタミンべービーといわれ心身ともに健やか」の栄養療法の説
迷います

舩瀬先生の論理でいくならば栄養素が少なくても断食・粗食の省エネモードにあわせて栄養素が十分に発揮してくれるのか
栄養療法の場合は逆に栄養素を合わせようとするから膨大な量の食事・栄養素をとるべきと言ってるのか...

東洋医先生はどう考えられますか?ご意見が頂ければ幸いです

No title

あなたの栄養の本当の総量と腸内細菌、遺伝子や体質や性格による。少なくともこの記事を読む限り与えたほうがよさそう。不妊とは機序が違う。

No title

東洋医先生、冷静で率直なご意見深く感謝します

有効説を必死に探すよりもまずは自分の状態を知って整えるのが大事ですね
コメントを頂けて納得し、しばらく考えてみたところです

不妊と単語を出してしまい申し訳ありません
正しくは「妊娠しにくい」でした

栄養をしっかり整えて準備していきたいと思います
しっかり勉強して自分の生をしっかり全うできる元気な子を産んであげたいです
そう思うからか私は焦りがちで困ったものです

社会毒との自分なりの向き合い方を日々考えるとわからないことが多くていつも調べてしまいます
きっかけをくださるのはいつも東洋医先生の言葉です

いつも本当にありがとうございます

ご自愛ください






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは
不躾で申し訳ありませんが無知ゆえに悩むことがもう一つあります

不眠症に対してなかなか自分で原因が究明できない場合は、東洋医せんせいならばどのようなアプローチで根本原因を探していきますか?

週に5日不眠になってきたからかさすがに心身の疲弊しきってきました

一般的な血液検査だけでなく、もう少し詳しい検査をやる価値はあるのかもしれませんが、考えるほど具体的にはどれを受けたらいいものか考えてしまいます
糖負荷や栄養、腸内細菌あたりでしょうか?

栄養療法の医師に眠剤を心療内科に処方してもらうことを勧められましたがお断りました
愚痴になってしまいますがらなにがなんでも精神薬に頼りたくはないという私がおかしいのか、と言いたくなります
私は不眠症になる原因を突き止めて治すために必死なのに理解は家族にさえ乏しい、それが悔しいです

アドバイスが頂ければ幸いです
何か見落としがあるはずなのに論ばかり先にいってしまいがちで気付けないでいるのです

宜しくお願いします







興味深い記事でした。ありがとうございます。中道は最初から自らそうだと名乗るものに即頼るんじゃなく、この現時点の自分と相反すると思うものから学んでやっと得られるものかもしれません。そうなるとやはり自己の立ち位置の問題だったというか。生き方でもあり。
特に医学では東洋式であれ西洋式であれ、両方使いこなすには間違いなくどちらにも偏らない視点と、当然ながら両方の学問を修めないといけなく、そうなるとあまりにハードでしょうから現実的でないのかな。いや、そうであって欲しいと思います。少なくともその二つ。代替医療も理解しやすいベースが作られそう。医学部は変わらないでしょうか。
遺伝がどうこうじゃなく、真に優れた頭脳は限られていますよね、だからって彼や彼女に医師を強制できませんけど。難しいですが。
とにかく凡人がいくらがんばってもそこまでは無理ですので、私はそんな医師こそプロ医師と呼んで存在してほしいです。これは依存ではないと思いますよ。サギとかも減るでしょうし、医療費もかさまない。バカが医師になるからかさむし、極論で行くなと申すのでしょう。プロ医師ならこちとら凡人も頼ったぶんできることに邁進できます。まあ、病気のない世界はないかな、と思いますので。

No title

> けい さん

傍から、失礼します。

(1)「栄養療法の医師に眠剤を心療内科に処方してもらうことを勧められましたがお断り…なにがなんでも精神薬に頼りたくはないという私がおかしいのか、と言いたくなります」か、
そんなことは、ありません。「自分がおかしい」と思ったら治らなくなるからです。
これは、「自己正当化」とは違います。自己正当化はエゴ中心で我意を通すことですから身体に悪いのでやめましょう。何年も前になりますが、アメブロで(さ)という方の動きが変だったので、「反省しすぎると身体に悪い」という父祖からの言い伝えを教えてあげましたが、ここでいう「反省し過ぎる」とは、例えば医師としての社会的立場から「自己正当化」を行なって無理をしてしまい、「医者の不養生」で早死にするなどがその例です。なので、立場とセットになったエゴの状態を中心にしている(=我意を通そうとしている)かぎり養生はできないと知ってください。
エゴではなくセルフの声に自ら耳を傾け(=物言わぬ身体細胞の声なき声を「霊能」で聞くように exercice spirituel http://bit.ly/1hxdlMF)を進め、
内田樹『私の身体は頭がいい』から「体は間違わない。間違いは生き方の中にある」(©安保徹)という観点から、間違った生き方をただすことです。これが世に言う「良心の糺明」です。良心の糺明が徹底できれば、解離性睡眠障害も治ります。全部、PTSDですからね。

「体は間違わない。間違いは生き方の中にある」(©安保徹)という観点から、栄養療法をするのは、「生き方を医師の助言によって正す」一つのアプローチでしかなく、それで体調が少しでも良くなったら、さらに自らの「良心の糺明」を進め、徐々に医師の助言がなくても、自分で何をいつ、どう食べるのが今の自分にはベストかが判るようになります。そうしたら、「栄養療法」を受けるための通院は終わりですよね?そこまで「良心の糺明」が進めば、解離性睡眠障害も軽快するでしょう。

「体は間違わない。間違いは生き方の中にある」(©安保徹)という観点から、私のように精神科に行って、ベンゾだのSNRIだのSSRIだの服用して治癒することも可能です。しかし、そのプロセスには、当然、自らの「良心の糺明」があるので、トラウマが出てきたら、それと向き合うことが不可欠です。楽をしたいから服薬するハッピードラッグでは、処方薬依存症にしかなりません。それは、薬で誤魔化しながら、我意を通そうとしている状態ですね。そういう状態では、エンパスかサイコパスなどと呼ばれる未治療PTSDでしかなく、PTSDが年々歳々こじれるばかりです。

(2)家族が理解してくれれば療養に協力くれるなどということは、期待するのが間違いで、家族は、PTSDの理解が浅い心療内科医や精神科医の混乱した診断(=エンパスの「親切ごかし」)を信じてしまい、「治療共同体」で「共同幻想」を形成し、患者が生まれつき弱かったから仕方ないと根拠なく決めつけて、PTSDのストレス脆弱性が生来のものであり、不治と決めつけて、患者を日々スポイルして、最終的には、本人の自己治癒力をダメにしてしまい、廃人にします。

そういうわけで、自らの「良心の糺明」、セルフの声に自ら耳を傾け=物言わぬ身体細胞の声なき声を「霊能」で聞くように exercice spirituel(http://bit.ly/1hxdlMF)を進め、並行して exercice physique を進め、現世で動ける体を自らコーディネートし直すことが自己治癒力の発揮と言えます。なので、「家族に頼る」のは、意味がないのでやめましょう。
「体は間違わない。間違いは生き方の中にある」(©安保徹)という観点から、自分の生活をコーディネートし直すプランを自分で立てて、「私は養生のために、こうしたい。協力していただけますか?」と家族に打診し、ダメと言われたら、アサーティブに交渉を進め、落としどころを模索しつつ、平生底を守りつつ(=破綻しないように釈迦力を発揮しつつ)「このままでは死ぬに死ねない」と思って現世に踏みとどまることです。

現世で破綻しないように釈迦力を発揮している最中に、身近な人間から暴言、暴力、酷使、心理操作による攻撃、エンパスが「良かれ」と思って組織する集団ストーキングをやられることがありますが、それに対しては、正当防衛、逃散、哲学の駆使で抵抗することです。それでも、抵抗虚しく、加害者PTSDから殺害されることがありますが、その場合は、「命運尽きたか」と断念し、即身成仏を目指しましょう。

実は、私はカトリックなので、以上のような死生観ではないのですが、日本人の多数派は仏教かな…とお察しして、説明してみました。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR