炎上関係の続き

FBで使えそうな記事。保存用。
「障害者の親は一生反省しなければなりません」という内海聡医師の発言は百歩譲っても一理あります。

ただ、親のみならず同時に障害者本人だって、そして全く関係のないアカの他人でさえもそうした「理想でない光景」を生み出していることにいささかであれ責任はあるものです。

責任がないなんて言って目を背けれていれば、それだけ問題を解決できるチャンスを失っていくだけのことです。

障害者の人を見るにつけ、この人がこうならずに済むように出来ることはなかったのか?と思うことはしばしばあります。

化学物質を垂れ流すような世に同意してしまっている自分もいます。
人々を無力化させる精神医療を消去しきれていない自分もいます。
薬物だってまだまだなくなっていません。
到底食物の定義を満たさないようなものも食べている自分もいるし、それを許容している自分もいます。
大気汚染に荷担している自分もいます。大気汚染をまきちらしている連中を「経済が大事だから…」と野放しにすることを容認してしまっている自分もいます。
人身売買や性の奴隷で性病にかかりその影響を受けている子どももいます。

もし、そうした様々な要因が解決できていたなら、全てとは言わないまでもかなりの障害者が障害者にならずに済んだかもしれません。

どうせ出来ない、無理だ、現実的でない … と言ってしまえばそれまででしょう。
しかし、それらの言葉は螺旋状悪循環を更に加速化させていくだけのことであり、無責任さを証明するもの以外のなにものでもありません。

新たな時間の中で新たな視点に立ってみれば、やはり出来事を反省できるというのは実に贅沢なことなのかもしれません。正当化につぐ正当化、それをまた正当化し続けている世の中のです。本当に問題に直面し、反省し、その問題を解決するために全力を注ぐというのは人間として当たり前なのですが、それが出来ている人は希少的存在となってしまっているのですから…。

責任…人間にとって最も大事な権利です。そして責任を担うためにも事実に直面し、問題に向き合い、過ちを繰り返さないための責任も必要だということでしょう。

反省…本当に贅沢なものですね。


障害者について質問責めなので答えますが、、
子どもを自分の身に宿そうとする時、多くの女性は考えるはずである。
髪を染めるのはよくないんだろう。
パーマをかけるのはよくないんだろう。
コンビニ食はよくないんだろう。
添加物はよくないんだろう。
排気ガスは、タバコはよくないんだろう。
沢山たくさん考える。
そして調べはじめて、学びはじめて、パートナーに伝えて一緒に考えてと相談する。
なかなか、子どもが宿らなければもっと考える。
何がいけないのか、、
何故障害をもった子どもが産まれるのか、、
何故流産してしまうのか、、
沢山たくさん、考えて調べて学ぶ。
例え障害をもって産まれてきたとて全てを受け入れようとかたく、決心する。
例え自分の命と引き換えになろうとこの子は守ろうと心から思える。
やはり、やはり、、結果として障害をもって産まれたのなら、両親の無知ゆえのところはあるのです。
私は何人もの妊婦の相談、
私は何人もの子どもができないと言う相談にのってきたが、それには必ず原因がある。必ずです。
着床前にタミフルを耳かき半体内に入れれば永久歯が2.3本欠歯する。
タバコを1年間吸っていれば3年間はそのリスクを負うことになる。
清涼飲料水を日常的飲んでいれば羊水はビール色になり胎児の皮膚に疾患がでる。
人工甘味料を日常的に摂取していれば流産や妊娠はしにくくなる。
妊娠中、冷たいものを飲食すれば氷水風呂に入れるようなものである。
エコー検査を受ければ胎児の脳にダメージをあたえる。
ワクチンの害を受ければ障害を受ける。
妊娠中の妻の夫が戦場にいくと非常に高い確率で障害児が産まれる。

あげればもっと山のようにある。

大気汚染や環境汚染に自分の身をさらせば必ず胎児に影響を及ぼす。
社会全体を変えようとしない限りずっと胎児は危険にさらされている。

親は一生責任を背負って生きるしかない。当然のことである。

どこかで見ないふりをしたのだから無知な自分が存在していたことは隠せない。
いい訳は意味がない。
私はいつもみている。
自分が妊娠することと、どの政党を選ぶべきかが密接にな関係がある事。
pm2.5と自分の歯をインプラントにすることは自分の妊娠と密接な関係で繋がっている事。

他人に指摘されて反論したところで、事実を曲げる事はできないのです。
国が企業がと言うがそうとも言い切れない。そういう社会を許し身近においたのは自身一人一人であるのだから。

全体をみれない哀れな人間社会である。


帰国して内海さんの炎上のこと聞いたときは、世界の10数カ国の人たちと真剣に気候変動についての具体的な政治的アクションを話し合って来たばかりだったので、そんなグローバルに広がった気持ちの中では相変わらずの小さなtwワールドの中での誤解と過感情の渦みたいなものは本当にどうでもいい気分でいっぱいだったのだが、今朝、内海氏の元文章読んでみて、相変わらず炎上は読解力ないか元文章読んでない人たちが「歪曲」してしまってる情報が多いと感じた。障害のすべてが親の世代での食生活など環境因子によるものとは思わないけれど、もっともつよく影響するとは思うし、今では日本中の土壌が農薬(撒いてない土地にも、何十年も飛散したものが溜まっている)や大気汚染による化学物質、電磁波、放射性物質にまみれているわけで、いくら健康に気を使っていても防ぎきれないほど遺伝子や細胞を傷つけるものとともに僕らの肉体は生きている。香料まみれのケミカルシャンプーを使い続けたお母さんの胎盤からシャンプーの匂いがする、という有名な話は少なからぬ助産婦さんたちが口にするところである。

内海さんが言いたいのは、これから産む人も含めて、そういう事実を大切に、体を大切に生きていこう、大切にできる社会を作っていこう、そのために国や企業が広める情報だけを鵜呑みにせずみんなが賢くなっていこう、ということに読めるんだが、間違ってるかな?そして、障害をもつ子を産んだ人も、そのことを反省しつつも、その反省を生かしながら障害とともにその子を大切にしていこう、そして障害を受けとめることに障害のない社会にしていこう、というふうに読めるんだが、ちがうのかな。

たまにおかしなことを言う、ぶっ飛んだ人だなーと表現者として思うときは僕もあるけれど、それって内海さんのキャラクターだと思うし、そのバイアス差っぴいて有益なことを医者としてたくさん発信していると思う。西洋医学と東洋医学やら陰陽学的自然科学観やら、直感やら経験やらいろいろ取り混ぜてバランス作る時代に一概に一蹴するような情報は、氏は出していないと評価している。どだい、他人さまのことをぶっ飛んでるなどと言えた自分でないのも自覚しているし、そもそも自分の中のぶっ飛んでる部分をいかに解放してもっとぶっ飛ばすかをテーマに生きてきたわけで。むしろ俺は社会のほうをもっとぶっ飛ばしたい。ぶっ飛んでいただきたい。

あと、氏を一定評価することで僕には政治家になる資格がない、的論調に対して日本語として反論させていただくと、政治家になる資格というのは選挙において当選するかどうか、である。その人物的評価は、議員になったあとでもつねに是々非々があって当然だし、それを批判したり評価することはすべての人にとって自由であるが「資格がない」という批判は、置いている立場が上すぎるように思う。そう思うなら、投票しなければいいだけの話で、参院選比例だけでも他に250くらいの選択肢があるのだから。その中の誰かを資格がないと批判しているくらいなら、自分の思う所にある誰かをもっと世間に知らせたらいいと思う。世の中は多様性で成り立っているのになぜモノラルな論調に他人を押し込めようとする批判に力を入れてしまうのか。実際そういう人から、ポジティブな情報が届くことはあまりない。そう、なぜならそれが、ネガティブキャンペーンという政治手法だからだ。

ところで、選挙において当選しなければ政治家にはなれないのかもしれないが、そしてそんなものは僕の人生において実際どうでもいい部類に位置付けてきた話であって、ただ僕が政治的に生きることをとめられる人は誰もいないのも事実だ。というか、自覚しようがしまいが政治的に生きていない人など一人もいなくて、社会も日常もあらゆる場面で政治的かけひきの連続だ。なぜなら、人間とはどうしてもそういう動物だから。だから努めて、ピュアになろうとしたり、無になろうとしたりする必要があるわけで。

候補者になるための最低限の資格なら知っている。「覚悟」と「どうしてもやらなければならないことがあるかどうか」だと思う。ただ、僕の判断する今の東京は安全ではないし、放射能のみならず、東京のみならず、ほとんどの都会で僕はもう生活できないかもしれない。「気候変動に対応し、あらゆる生物にとって調和のとれた美しい環境をとりもどせる社会構築」が必要だと思う。首都機能移転には地方出身者として昔から賛成で、この際、北海道とか、岡山、広島エリアとか、九州とかの若干田舎っぽいところに新しい国会議事堂を建てたほうがいいんじゃないかと、思っている。空気のいいところで、話し合おうよ。大都市の利便性はネットワーク時代において、別に国会機能には必須ではない「気」がする。首都圏直下型地震のリスクも、国家機能として分散するのは当然だ。さて、いよいよぶっ飛んできたか、三宅洋平。というはなしです。


なんで、内海さんの炎上の問い合わせが僕にくるのかよく分からないけど(笑)、一緒に講演してるからか?。「発言はどう思いますか?」という内容が多い。

発言の意図は不明だけど、普段から彼の発言を苦々しく思っていた人たちが、ここぞとばかり叩き始めたのだろう。それ位、内海さんの発言は度を越してる時が有るのは事実だ(笑)。

ただ、文脈を見る限りは、親は子供を全力で守るべきであり、全責任を負うつもりで生きてゆくべきだというようなことを言いたのではなかろうかと想像できる。障害者を生む原因が食事だけだとは到底思えないが、事実、荒れた食というのは人間に様々な影響を与える。自分が身ごもる可能性があるならば、食には気をつけるべきである。

マスコミに限ったことではなく、人は都合の良い文章と都合の悪い文章だけを抜き出すので、気をつけなければならない。内海さんぐらい文章を読まれる立場なら、尚更だろう。人のこと言えたもんじゃないが、彼に会ってみれば大概のことは誤解であると分かるし、そもそも不特定多数に対して発した言葉尻で、個人的にクレーム入れても建設的ではない。

だが、今の世の中はあれ位過激な事を言う人がいないと、全ては国や政府や企業の思うままにことが進められてしまう。それは原発事故で十分わかってるはずだ。その後のTPPにしろ、集団的自衛権にしろ、さらには様々な事が起きているが、国民の声を聞かずに突き進んでいるのは事実だ。

あまり内海さんの肩を持つと僕が叩かれるのでこの位にするが、権力を持つ政治家の言葉なら叩くべく時は叩けばいい。それで国政の方向性の舵取りができるのであれば、どんどんやるべきかもしれないし、国民も行動を起こしても良いと思う。

僕は建設的な思考で行きたいので、この問題にはもう触れたくない。要はポジティブに何をやるかだ。何かをやり遂げようとする人の行動は、たとえ方向性が違っても僕は批判しない。遺伝子組み換え作物を全力で作ろうとする農家がいても批判などしない。責めるべきは、それを生み出した企業であり、国であり、財団なのだ。

前向きに歩くことは、誰かを批判することではなく、自分が何を思い、何を目指し、何をやるかであり、自分の考えをシカと持つことである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あなたの発言は正しいと思います。
最近の妊婦は、妊娠中の胎児への気配りが足りないのでしょう。

話は変わりますが、当方現在児童相談所と裁判中です。
当方と同居していた子供が元気で活発だった子で有ったのに
、児童相談所が関与し、子供と別居すると子供は精神障害になり、
男子・女子とも話せない。
字の読み書きも出来ない。など
親と同居中とでは子供は別人になってしまいました。
児童相談所は父親の虐待であり、幼少期から虐待が行われたと認定してきます。
さらには子供には父親の虐待の記憶まであると・・
ですが、その幼少期の記録は妻が毎日日記に記録しています。
子供の状態が日記の内容と児童相談所の主張が全く逆なんです。

子供を拉致し精神薬で子供に虐待の記憶を植えつける。と以前、内海聡医師の動画を拝見しましたが、全く同じ状況です。

記憶操作できる薬とは
どんな精神薬が考えられますか?

食事について

アメリカでは、ハイソな家庭の御婦人は、妊娠する前にDHAやEPAや葉酸をたくさん摂取するらしいですね。きちんと、健康情報について勉強されていると思います。その一方、日本はどうかというと、無知な方(というか無関心な人)が多いように思います。
内海先生がいろいろ啓蒙してくださることに期待してます!

さて、昨日、新聞に『トランス脂肪酸の食品添加、3年以内に全廃 アメリカ当局「安全でない」』の記事が出てました。トランス脂肪酸の有害性もさることながら、日本ではまだまだ食の安全に対する意識が本当に低いなあと個人的に思ってます。とくに、妊婦さん、授乳婦さん、そして幼児・学童にとって、私が危険だと思うのは、ゼロカロリー飲料などに含まれる『アスパルテーム』。これに含まれるフェニルアラニンや分解産物のメタノールが脳・神経に悪いと思われます。まだ髄鞘化の途中にある子ども(もしくは胎児)が摂取すると、個人的には発達障害などになる可能性があるんじゃないかと心配です。アスパルテームが世に出てからの歴史はまだ50年。妊婦さんや子供は、食品の成分表示をよく見て、なるべく取らないようにしたほうがいいと思います・・・
内海先生どう思われますか?

親を責める前に

障害者を産んだ親を責める前に、貴方は社会に対して何か行動をしましたか?
何か行動をしたのならば、その行動で見えない毒は無くなりましたか?
貴方が言う"毒"が社会から無くなった上で個人に「反省して生きろ!」と意見していただきたい。
何も行動してない、毒が消せないのであれば貴方が一生反省して生きていけばいいのでは?

最後に。
私個人の意見としては障害者を産んだ親は健常者を産んだ親同様、責任を持って子供を育てれば良いと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

度々すみません

自分の命を危険にさらす毒物を喜々として作りまくり、喜々として食べ、喜々として浴びまくり、のたうち回って死んでいく・・

そんなトチ狂った動物なんているの?と思ったら、人間というのがいたなぁ・・

人間なんていない方が、よっぽど地球は楽園になるのに、なんで人間が必死に楽園を探しているの?

こんなに病気があるのが普通と考える人が多いなんて。

私や先生のように、病気なんてないのが普通と考える人は、少数派ですか。

汚染が進むと、汚染されてるのが普通という感覚になってしまうのですね。

そういえば、戦争になるかも?と考える人が多数で、戦争はまだ終わってない、と考える人もかなり少数派らしいですね。

人間は酷く混乱した有害動物ですが、愛おしく思う気持ちも一方にはあり、自己矛盾を抱えながら生きております。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

だいぶん釣れましたね。

まあ、都合が悪い事を書かれてそれをスルー出来ない程
相手は追い込まれているという事が
より一層際立って
ここの記事の真実味が強調されるというものですね。
お相手は自分のやっている事がどれほど自分の首を絞めるのか等言う事に
少しも気付いていない様で。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

フフ

フッフッフ、フッフッフ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

断念

そごう大宮の三省堂にね、たーしか以前はキチガイ医氏の
著書があったと思うんだけど、今日行ったらなかったから
講演会いくのやめた。

追加

あーあれだよね?フォロワーどっと減らしたいんだよね?
私フォロワーじゃないから。

食品の裏側

食品の裏側 安部司著
 
この本は、是非お薦めいたします。
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/interview/62/
 
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/interview/63/
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「NHKが死んでも絶対に放送しない沖縄戦の《真実の歴史》」

阿修羅http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/227.html#c62

・・・天皇史上いや日本列島誕生以来かつて無い空前絶後の無道暴虐なる臣民無差別大量虐殺の凶悪犯が偽天皇ヒロヒトである。

ヒロヒトはそれゆえ死ぬまで沖縄を訪れることができなかった。靖国に集う仏教徒武士の英霊の祟りを受けることを恐れたためである。また、吉田茂、源田実はフリーメーソンカルト信者ヒロヒトの共犯であるから、彼らにとって死後の成仏は【駱駝が針の穴を通るより難しい】であろう。・・・

上記が真実であることを以下の史料によって証明する。

★阿修羅♪安保法案に反対する学者たちが「ケンカを買った」 その余波(週刊ポスト)
15. 2015年6月24日 09:17:37 : 8q3qeXT2cg
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/312.html#c15

> 昭和天皇こそが正真正銘の売国奴
http://www.amezor.to/shiso/070716000101.html

転載・・・

125投稿者:人間のクズ=天皇  投稿日:2009年01月02日(金) 19時40分45秒
1947年9月20日、天皇が、日本占領軍の指揮官ダグラス・マッカーサーと、マーシャル国務長官に送ったメモが、ワシントンの米国・国立公文書館に存在している。

そこには、

「沖縄に米軍の大部分を駐留させ、沖縄を米国領土とすることによって、日本本土を米軍支配から独立させる方法を取りたい」

と、記載されている。

つまり沖縄を「日本から切り捨て」、「沖縄だけに米軍を置き、犠牲にする事」を、天皇自身が米国に「提言」していた。

2008年現在、沖縄だけに米軍基地の大部分が集中し、米兵による少女強姦事件が沖縄で多発している、その真の原因は、天皇が「作っていた」。

天皇の、この「米軍との密約」には、「弱い者に犠牲を押し付け、弱い者を見殺しにし、自分だけは助かろう」と言う、卑怯者、「人間のクズ」の姿のみが、露骨に見えている。

ここには第二次世界大戦で、玉砕し自害した市民を多数出した、沖縄への憐れみの情など、全く無い。

これが天皇の「日本国民」に対する「扱い」の真実である。これが天皇の正体である。

「卑怯者、人間のクズ」が日本の代表で、伝統で無いのであれば、天皇と言う、この恥知らずな男は、日本とは何の関係もない売国奴である。

http://alternativereport1.seesaa.net/

・・・
転載終わり

ヒマなひとより

私は自然農法米食べてるけど玄米のままでは食べないよ。
現代人の顎には向いていないとおもう。
自宅で分づきにしてます。梅干しは何年か前に自分で仕込んだもの、塩は天然、お茶も無農薬、日本みつばちはちみつ
水は非電化工房の浄水器つけて、シャワーもフィルターつけています。もちろんヘアカラーもパーマもしないし、
洗剤がわりに重層やらクエン酸。
衣服やら雑貨は誰かに過酷な労働させてつくっていない天然素材のもの、ヤケドやら虫さされはオーガニックの精油つけています。定期的に運動して、諸々の情報収集は東京新聞と
ここと飯山のじーさんとことたまに毒きのこ女史からと
アン鬼抜粋しています。
あとねーひとが大勢集まるところには不意打ち以外行かない。FBやらない(笑)
熟睡眠、くそ意地悪なひとには近づかない、
スマホ携帯不所有、あとなんだ?ブルーライトカット眼鏡
備蓄だ備蓄。じーさんとこで買った水と米びついらずっていう長期保存できる袋に玄米、自然農法大豆で仕込んだ味噌
あ、かぶったね、無宗教、埼玉なので畑はやらない。
ピュアシナジー抜粋、また思い出したら書くー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

天才のアホさんのコメントはおかしいね。
内海さん行動してるじゃないですか。
内海さんに社会の毒を消せ。みたいなところはおかしいですね。

大事なこと

いちばん大事なこと書くの忘れていたよ!
何人にも何事にも期待しない!
行動あるのみ!

がん患者は反省しなければなりません

末期がんから生還した者は皆、自分の生活を反省し改めている。
それが出来ない者はクソ医療に騙され臓器を切り取られ、抗がん剤で苦しみながら死んでいく。

最近内海さんの事を知りました。

はじめまして。
レイと申します。

本屋さんで99%の人に伝えたい~
の2冊を見付けて一気に読みました。

最後に、わが妻と娘にいつも通り感謝の意を表して、はじめの言葉を終えさせていただく。

この一言に内海さんの人柄が一番出てると思います。

これからもお仕事と講演等頑張って下さい。
陰ながら応援させて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しつこいけど

わたしは玄米のままでは食べんぞー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

色々ごめんなさい。疲れた。

FB

そーいやFBのアカウント生きてたからこっそり復活させたけど、やっぱろくでもないツールだね(笑)
飯山のじーさんはもうやらないって。
スノーデンが(笑)FBとグーグルはつかっちゃダメって。
え?知ってるって?
だよね。

No title

http://家族.孤独.jp/entry-88

両親が喧嘩すると胸が苦しくなる 『毒になる親』17人目

父親がどうしても好きになれない。国の名前は伏せておくが
母と結婚して私が生まれてから1年経たない内に肌黒い外人と浮気した。
浮気だけならまだ可愛いもんだが、妊娠してたらしく翌年に浮気相手の女が
父の子供を出産した。
気づけば物心ついた頃から父が家に帰ってくるのは良くて2週に1度くらい。
悪い時なんて4ヶ月に一度しか帰って来なかった。 …

毒親サイトのようです。まぁ見てみてください。

人間自体障害者なんですけどね

障害のある子をお持ちの親御さんを知っていますなど、言っている人は、自分を何だと思っているのか不思議です。自分自身、もしかしたら、腐っているかもしれないのに、気付いていない。

ほんとうにしつこいけど

FBを続ける意味ってあんの?
ツイッターとここと書籍じゃ足んないの?
それだけがわからないのだよ。
あとは全部わかった(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

合点

承知。
おまかせあれ。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR