病気と場所の関係

病気と人体の場所の関係について。

例えば、乳ガンが左にあるとします。砂糖ものなど甘いものをたくさん食べていました、牛乳も飲んでいました、食事もコンビニの添加物の弁当をよく食べていましたとなれば、いつガンになってもおかしくありません。45歳で乳ガンが見つかってしまいました、となるかもしれません。そういう人を実際にいっぱい知っています。しかも、乳ガンはすぐにリンパ節に転移しやすく進行も早いといわれます。その後、抗がん剤やホルモン剤を投与してドツボにはまっていくのです。それで悩んでいる人はたくさんいます。そういうときに、対症療法を行なうのが悪いのですが、とりあえずここでは、その話は置いておきます。

量子医学は、なぜ乳ガンだけできるのかということを考えるのです。牛乳も飲んで、砂糖ものや添加物も山ほど摂取していたら、胃ガンになってもおかしくありません。子宮ガンになっても、大腸ガンになってもおかしくないと思いませんか。しかし、そのガンにはなっていません。乳ガンにだけなっているのです。科学的に未解明な部分がありますが、量子医学や波動医学、周波数医学では、それに対して因果関係を見出そうとするのです。例えば、乳ガンができるということは女性の否定と考えます。女性でいたくないという深層心理があるから、乳ガンができると考えます。また自分に関係ある女性の影響をそのまま受けたと考えることもできます。そして左に乳ガンができると仮定したときに、左側を否定したいのです。簡単に言うと、左側の乳房をなくしたい、子宮ガンであれば子宮をなくしたいというものが心の奥底にあると考えるのです。

もし左側に乳ガンができたとしましょう。脳はクロスしますので、左側に乳ガンができると右側の脳の影響を受けているのではないかと考えます。右脳は、本能的なことや直観的なことや女性的なことや一体感を考える働きをします。そして左の脳は、理論的なことや男性的なこと、科学的なことなどを考えます。つまり、右は女性脳ですから、自分で女性性を否定しているときは、左側の乳ガンが一番できやすいという結論になります。それでは、右側に乳ガンができたときはどうでしょう。右側の乳ガンも同じように、女性を否定したいという願望があります。そのときに左側の脳の影響を受けていることになります。

ですから、いつも科学的なことを考えていて、なおかつ女性的な自分を否定しているということが考えられます。さらに言えば、男問題があって、いつも男性に依存しまくっているとか、父親にセクハラされたなど、そのような問題で女性を否定したいというときには、右側に乳ガンが現れると考えます。これはオカルトのように聞こえるかもしれませんが、観察してみると非常にこの傾向が観察できます。じつはこれは東洋医学やアユールヴェーダなどの考え方にも通じるのですが、それらの古典医学は膨大な統計学でもあり、このような傾向を考慮してきたというふうにもとらえられるのです。

他にもオカルトのように思えますがいろんな考え方が成立します。たとえば・・・

あなたが肝臓癌になったのは怒ってばかりいるからです。もしくは肝臓に負担をかけるような食べ方や毒ばかり摂り込んでいるから、怒ってばかりになったのです。

あなたが胃癌になったのは何かを消化できていないからです。消化は単に栄養だけではなく意味や関係や人間性や家族関係の消化も意味します。消化できず甘いものを求めその場の満足だけを求める人が多いです。

あなたが大腸癌になったのは排泄ができていないからです。この場合もいろんな意味で吐き出すことができていません。罪悪感や悲しみをため込んでいるのもしばしばです。

あなたが乳癌になったのは自分の女性を否定したいからです。ほかに前立腺がんや精巣がんは男性の否定かもしれません。子宮癌や卵巣癌も女性の否定に関係します。

あなたが肺癌になるのは呼吸がうまくできないからです。それは腹式呼吸的な意味でもあり、社会で息を潜めているという意味でもあります。息をしないほど早く人が死ぬことはなく、生きたくないという願望を深層心理でもっているときもあります。
あなたが心臓病にかかるのは悦楽ばかり求めるからです。心臓にはあまり癌はなく心臓病は確かに生活習慣病の集大成です。心臓は恋愛や緊張の体現でもあり、嫉妬ばかりしたり性的なことばかり考えている人も病気になりやすいです。
あなたが腎臓癌や腎不全になるのはやはり排泄ができないからです。ただ便の排泄と水の排泄は意味が違います。血の流れも悪くなりますが、小さいことに苦悩して恐怖しているからかもしれません。

あなたがアレルギーになるのは化学物質を恐れているからです。その化学物質は確かに恐ろしいですが避けきることはできません。またアトピーなどは自分への罪悪感と排泄の弱さが生み出します。喘息とアトピーは肺と大腸であり経絡は同じです。

あなたが関節病になるのは動きたくないからです。それは体を動かしたいのではなく心を動かしたくないからです。足の関節病になるのは歩みたくないからであり、手の関節病になるのは持ちたくないからであり、腰の関節病になるのは真の意味で立ちたくないからです。

あなたが鼻炎になるのも吸いたくないからです。外からの物質を出したいからでもありますが、中にあるものを出したいのです。鼻は肺につながり肺は金属を意味し身を守ります。体裁や常識に縛られていると鼻炎が出やすくなるかもしれません。

あなたが突発性難聴になるのもまた聞きたくないからです。現代ではウイルス疾患などといわれていますがそうではなく、元がストレス理論だったのにも意味はあります。不安により暗く黒くなり目ではなく耳をふさぐのです。

あなたが甲状腺機能亢進症になったのは頑張りすぎているからです。甲状腺は活性をあげるホルモンを産生するところ、頑張りすぎてさらに上げているか燃え尽きているかで、どっちかに傾いてしまいます。甲状腺がんになったのは放射能は横に置いておくと、頑張りすぎる自分への警告かもしれません。

あなたが子宮癌や卵巣癌になったのは産みたくない願望や、女性を否定する願望があるからです。子どもに対する拒否や逆に過度の執着も関係してきます。頸癌は性交渉と関係し体癌は性交渉とは関係ないと言われますが、エストロゲンにも関係すると言われています。癌でなくてもこの感情は関係してきます。

あなたが虫歯になるのは糖類や炭水化物が一番の原因ですが、どこの歯が虫歯になるのかにも理由があります。たとえば2番の歯が弱いのは腎臓が弱いから、3番の歯が弱いのは肝臓が弱いから、5番の歯が弱いのは胃が弱いから、8番の歯が弱いのは心臓が弱いからです。その歯に詰め物があったりすると逆に臓器障害をもたらします。
 
あなたが甲殻類のアレルギーだった場合、あなたの心は殻に閉じこもっている可能性があります。あなたが小麦アレルギーだった場合、あなたは冷えに弱い可能性があります(小麦は冷やす食品)。あなたが花粉アレルギーだった場合、生殖や異性を求めていない可能性があります。

あなたが筋肉性の疾患になった場合、怒りに身を任せてきた可能性があります。また目を使い過ぎていた可能性もあります。お酒を飲み過ぎたりお酒に類似する安定剤や睡眠薬が、悪さをしていることもよくあります。筋肉は肝臓の経絡と密接に関係すると東洋医学では捉えます。

あなたが心臓病にかかるのは悦楽ばかり求めるからです。心臓にはあまり癌はなく心臓病は確かに生活習慣病の集大成です。子どもが心臓病になってしまった場合、親の悦楽、つまりおいしいものや社会毒などが引き金になっています。

現場を見て病気が発するメッセージを読み取ろうとすれば、このような知識を思い浮かべることは大事です。砂糖や社会毒を摂っていた人が病気になった時、なぜ率の高い胃癌でなく大腸癌でもなく肺がんでもなく、その病気になったのかもだいたい理由があるのです。その他いろいろなことに応用できますがよく当たります。そして当たると改善率が非常に高くなります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

積み重ねた通りの結果が出ると言うことですね。

自分の行いは寸分たがわず自分に帰ってくる。だから今を知れば過去が見えるし、また未来が決まる。全ては”今”なんだ、と言う本を昔読んではっとした事を思い出しました。

確か、小林せいかんさんの本にも似たようなことが書いてありました。
女性であることを嫌っていると女性を象徴する器官が病気になる、みたいな。
誰でも自分の性に対して大なり小なり嫌悪感を抱くことはあると思います。
細胞は宿主の声をしっかりと聴いていて、従うのでしょうね。
ならば、わたしたち宿主は細胞の声を聴いているでしょうか?
身体と心がバラバラで、不安を抱え込んでいる人がたくさんですね。
誰かと繋がることを求めるより、自分と繋がることを優先して欲しいものです。

は~い♪

内海先生~ こんばんは~♪ おっしゃる通り~ ……ですね 解りやすく ありがとうございます♪      かつて若い頃入退院繰り返した時期に…………行き着いた(野口晴哉先生) それ以来 回復 当時は 量子論などはありません    オカルト扱い 近年ドイツでは量子医学は認識すみ 知人のマダムは乳ガン摘出から ステロイド副作用でジュクジュク全身包帯すがたに …意を決して 小さな子を日本に残し(ゲルソン療法)を受けに……病を通して 気づかされた事とは (自身の憎しみや思考や意識だった!猛反省!)いまや 完全復活して30年 だんだん 若く美しく素晴らしく   一切ネガティブな言葉や思いすらなくなりました  いま元気に日本と 世界を飛び廻っています 目撃情報です (量子=言葉 思い 意識) ********* 野口晴哉先生に関して 又もやシンクロおきました!?   http://oka-jp.seesaa.net/

ある時医者は言いました

このままにしていると悪化するかもしれません 定期的に通院しましょう安易に考えると手遅れになることもありますよ

まるで宗教の勧誘に聞こえました

運動していますか?

メタボなあなたに言われたくないと思いました

場所には意味があると知り…
当たっていました
完璧ではないけれど瞑想をし腹式呼吸をし 考え方を変え、捉え方を変え、数年経ち、手遅れになるような事は未だありません

「名は体を表す」と言うが、性格は「臓器の病状を表わす」ですかね?

「腸が煮えくり返る」ほどの怒り
「頭に来た!!」・・・等の言葉は、体のその状態をとても良く表している言葉だと思います。

腸がフツフツと煮えくり返る程の怒りって、相当、体に悪くないですかね?自分の毒素でやられている感じです。短気の人は、恐ろしいですねw

「瞬間沸騰器のような性格」だとか、「頭に来た!」と言うのは、その怒りで、全身の血が逆流して、一気に頭にまで上っている様子を表わしている言葉でもあります。

若者の「あったまにくんなぁー」と反抗する姿や、些細な事で怒り狂うクレーマー等、腸がグツグツと煮えくり返って、自分の毒素にやられているのでしょうかね?

No title

実をいえば支配者層こそが、いわゆるオカルトといわれているものを最大限に活用している。

古今東西、オカルトという言葉が指し示す定義は曖昧だが、その曖昧さゆえに、まさに玉石混交で贋物が非常に多い世界でもある。
それゆえ、オカルトにカテゴライズされている情報に触れる際には、自らの「直感」に従って注意深く見定める必要がある。

一般的に人々が抱くオカルトに対するイメージは、人間を無知な状態に維持し、コントロールしやすい状態に保ち続けようと意図する支配者層が植えつけたといってもよい。
なぜなら支配者層は、民が賢くなったりパワーを手に入れてしまえば、自らの求心力が衰退し、民をコントロールできなくなってしまうのを知っているからだ。
そうしたイメージの植え付けは、民を真実から遠ざけるために、精神医療の闇を暴き真実を伝える者たちを、カルト呼ばわりする構図と瓜二つでもある。
こうして考えてみれば支配者層と呼ばれる存在も、実は大したレベルではないことが如実にあらわになってくる。彼らの技法はなにげに単純なのだ。

支配者層が偉大で、まるで鉄壁の守りに固められた存在であるかのように人々が錯覚しているのも、実をいえば彼らの巧妙なトリックに人々が引っ掛かっているだけに過ぎない。
しかし実際には、彼らは単なる「張りぼて」の存在に過ぎないのだ…

支配者層は人々の幻想を巧みに利用する。つまり人々に自らが偉大であるかのようなイメージを抱かせるのだ。そして民が自らのパワーを手に入れることから注意を逸らすために、連日連夜無駄な情報をテレビなどを通して垂れ流す。
テレビは、支配者層が民をコントロールそして洗脳するための「道具」であることを人々は悟らなければならない。その道具を民 自らが大金をはたいて手に入れるのだから、彼らにしてみれば笑いが止まらない…

なるほど!では…

原因がわかれば解決に繋がるのでしょうか?


私は難聴で、補聴器つけてます。
(大人になってからなので後天性ですね)

今は片方だけの装着ですが(右)
ここ3、4ヶ月で左も悪くなってきた感じです。サービス業をやっていますのでお客様の言葉が理解出来ないとコミュニケーションがなりたちません。
声の大きな方は聴くことに集中しなくても良いのでコミュニケーションがとれますが
声の小さな方は聴こえなかった場合は何となく相づちをうったり、「こんな感じで聞こえたからこう答えよう!」と思い答えても、
全く違うことを相手は言っていたり等。

結構ツライです。
人と接することが嫌いじゃないのに辞めたいです。


やはり聴力を戻して人とコミュニケーションをとりたいです。


その場合、
問題 聴力低い
原因 聞きたくない(幼い頃のトラウマ等)

がはっきりしました。
はい、治りました。

と繋がるものでしょうか?

お忙しいと思いますが、
返信をお待ちしております。

No title

興味深い内容です
ブログでシェアさせていただきました。

No title

血圧を下げる薬の処方による服用で、意識障害になりました。
ひどい偏頭痛と耳鳴り、通勤電車で降りられない。
体がいうことが出来ない。そのことを本院にいっても、それなら半分にして服用しなさい。とのこと。まるでモルモット。患者の薬服用結果を観てからの適当な意見。しかも文句いえば他の病院に行ってください。です。ひどくないですかね。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR