3月11日

3月11日 

地震、津波などにより2万人近い方が亡くなり、その後も放射能や社会ストレスや医原病などで、数字に出ないまま多くの方が亡くなられました。そしてその家族は亡くなられた方の何倍かいて、復興はいまだ遅れ阪神淡路と比しても異常なまでに苦しみを広げ続けています。津波の被害はいまだ鮮明であり、私も本日は動画を何度か見て改めて地震の恐ろしさを思い出しています。原発は爆発しメルトダウンしましたが、いまだ収束の気配を見せていません。

国家と官僚と政治家は原発の嘘を流し続け、ヨウ素剤も飲ませず避難もさせず被爆し、汚染水はいまだ垂れ流しで日本だけでなく地球上を汚染しています。子どもたちは心臓病や甲状腺がんなどになり、これから先急速に増えていくことが予想されます。それでいながら食べて応援が繰り広げられ、安倍晋三はイギリス皇太子まで利用して嘘を繰り広げ、再稼動による自らの利権に執着するがのみです。常磐道が全面開通しましたが通年線量は約50mSv/年で、海外からもキチ○イ扱いされるレベルです。

2011年3.11以降の日本は大きく変化し、右傾化と抑圧がすすみ憲法の拡大解釈、軍国主義化、原発再稼動、TPP反対という嘘、秘密保護法や癌登録法、オリンピック誘致、GDPは減りさらに格差社会は進行、民族蔑視は進み戦争へ転げ落ちようとし、献金と賄賂と不道理は政治家と官僚に横行し、すべては腐敗しもはや回復不能なレベルになってしまいました。憲法から基本的人権まで抹消されようとしているのです。

空母からは集団訴訟が起こされていますが、日本の訴訟はほとんど日本人の為には動いていません。放射能の廃棄物は山積みとなり動物たちは打ち捨てられ、人々は避難所で麻薬まがいの薬物を飲んで対症療法する毎日です。もはや愛国という言葉の真の意味は忘れ去られ、みな国を守るために高潔な行動をと訴えますが、実際にそれぞれはそれぞれの正義のみを主張し、人間はすべて同じ生物なのだということを忘れてしまっています。
 
私たちはルーツをたどった時に民族がどうとかそういう問題ではなく、同じ生物として文化も肌の色も戦争の歴史さえも乗り越えて、この地に戦争がなく一部の人に操られない歴史を打ち立てていく必要があります。できるだけ多くの人が基本的人権が守らればいいというのはわがままでしょうか。日本人が日本人の素晴らしさを主張するのであれば、すべてを変えるために行動していくことこそが日本人の高潔な使命であり、3.11が私たちに教えてくれたものだと思っています。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。合掌。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

黙祷

いつもうなずきながら先生のブログ読ませてもらってます。

子供の小学校で去年は「黙祷」が行われていました。しかし
今年は、「黙祷」はなかったと、息子が言ってました。
先生からの説明はなかったそうです。

No title

NHKニュース見てますが、
毎時トップは「日本経済への期待から株価急上昇!」
あとどうでもいい鳩山元総理の話題ですね。

震災からの復興が成し遂げられない件、
原発問題は何処へやらです。

国営放送が政権と一体となっている以上、
国民全体が「この国ちょっとおかしい」という空気にはなりそうにないです。

…何かがちがう…

内海先生~こんばんは!……… 大震災の犠牲者 及び 関連死 沢山の 犠牲者のかたがたのご冥福をお祈りいたします……黙祷と鐘の音と…天皇陛下の御言葉…ともに…涙があふれました………沢山の浮かばれない霊が…ある事と、、、、、、、…推察いたします… ……今年の【天皇陛下御歌】 みのりたる  いねを   ねもとから かりとる …【スミマセンかなり略してます…】 と ありました …………… 英国より <バチカンより<天皇陛下…が上位…………… バチカンすら御席を 天皇陛下にゆずる………… 世界が認めている世界一のお方 その天皇陛下 が 【 ねもとから かりとる…】 と 宣言 なさいました いよいよ …………………さて なにが はじまるのでしょうか …………………日本人は稀な 遺伝子を 受け継いでいます………日本食 伝統食 地産地消 を食する事で その遺伝子が…命が生かされる能力が発揮できる………………… 生まれた土地の物を食べなさい と 【古老は 言いました】……… 今は 訳の解らない物を【食べ過ぎでは…!?】……………すべてにおいて……有り余る ほど……巷に氾濫してます………吐いては食べ  吐いては食べ…の繰り返し 【滅亡ローマ人のごとく】……………食事の【始めに…(頂きます)…終わりに…(おごちそう様…)】 言わせない親がいる―!と…驚きました…………… 生き物の 命を頂くのです… 沢山の方のおかげで 口に出来るのです…何故~言わない!? 果たして この親から どんな 子供が 育つ?…かな~……?………………………日本は大丈夫かしら~!?

No title

目の前で大切な人が津波に呑み込まれて行く様を眼にした人の心情は、本当の意味では経験した人にしか分からないだろう。

想像を絶する海水が故郷を吞み込んで行く様は、権力者達からの洗脳と、自らが培った妄想を解き放つ切欠として、十分過ぎる出来事であっただろう。

3.11は、原発事故が起こらなければここまで問題を複雑化させることはなかっただろう。


人は問題が起こった際に、問題が起こる以前の状態に戻ろうと考えるが、それは愚かなことである。
問題が起こったならばそれを切欠とし、自らの頭で考え、答えのない答えを出し、人の意識は生まれ変わり、進化するのだ。

ある筋からの情報によれば、宇宙から飛来する隕石等に、放射性物質を食料とするバクテリア(微生物)が存在するそうだ。
地球規模での放射能汚染の収束には、このバクテリアを培養し活用する方法が現実的なように思われる。

原発の核燃料がメルトダウンしたデブリを、ロボットを使って回収するなどという案が主流だが、まさに呆れてしまうではないか。
これは太平洋戦争当時、上空を飛び交うB29爆撃戦闘機に竹槍を向けて、「エイヤーッ」などと叫ぶ人々よりも酷い状態といえる。
CPUのクロック数の向上は限界に達している、といわれるほど進化した現在のコンピューターでさえも、ミミズの脳の情報処理能力に遠く及ばないといわれている。
科学技術を否定するつもりはさらさらなく大いに向上してほしいと思うが、神秘ともいえる生命体の力を再認識する必要があるだろう。


余談だが、科学技術の進化は人々の意識の進化に比例するという。つまり、人々の意識が進化しなければ、科学技術の進化も一定の水準で停滞するということである。
現在、様々な物がスタイリッシュになり、コンピューターが組み込まれ、一見進化したように見えるが、実際にはある一定の所からほとんど進化していない。
自動車にはいまだにタイヤが付いている。冷蔵庫も洗濯機も原理は昔のままだ。

少しオカルトっぽくなり信憑性を失いそうだが、地球外生命体を目撃した人は、宇宙人は少し宙に浮いていた、ということをよく言う。
これは何の意味もなく浮いているのではなく、自らの足元にある草花を踏みつけないようにするための配慮なのだそうだ。
現在の地球上の人々の大多数が、地球上の全ての生命、そして地球に慈しみを持つことが出来たとき、人は宙に浮くことも出来る技術を得るのだろう……。

今年は危ないっていいますよね。
でも、当たったとか外れたって見方はおかしいそうですが、
世の中のおかしいことを伝えてくれる人がいるのに、ほとんどの人は耳を傾けなかった。馬鹿にして、批判した。
いつかそこにツケが来るような気が。

でも周りも、その時はその時だよ~とか、助かりたいの?とか
何も考えず、いつきてもおかしくないんだよ~。もう吐き気がする。

何で来るのかとか、世の中のおかしいとか考えていつきてもおかしくないんだよ~なら、分かります。

だから経験してひどい目にあって学んでいく、、なんて熱心なんだ。とか思います。


ま、自分だってそうです。でもまだ時間があるので、出来ることやってその日を迎えたいです。
もし、被災してオリンピックで夢を~とかいわれたらぶちギレると思います。

もちろん来ないでほしいけど、それだと平和ボケなんだろうな、、、
今、気づける人は気づいた方が賢いですよね。
地震がきて、今私たちに何ができるのかとかまた盛り上がるなら、今気づいた方がいい。
ていうか、東北で気付くべきなのに、結局なんにも変わらなかった。
まず、自分ですね。頑張ろう、、、

押しただけでは届かない

大きなトラックをすぐに手配し、水を、直接持って行き、助ける人は、TVに、映らない。何故なら、余裕があり、宣伝する必要がないからだ。単純に言えば、映し出される会社より、高額納税者で、心から、災難に遭われた方々を救いたいと思っている。自分の厚意を映しだされることを恥とし、国もそういう人を遮ることはできない。TV局は、映すように言われず、コマーシャルをやらないから映さない。お見舞いの気持ちや、物やお金は勿論のこと何かを押しただけでは、絶対に届かない。現金を箱に入れても届いていない。

肯核三原則

持つ
持ち込む
ばら撒く

No title

まず、内海さんに伝えておくのだが、このコメントは「2015-03-20 12:35」さんに届いたと判断したならば、削除してもらって一向にかまわん。
それ以前に、承認するかしないかの判断があるので行き過ぎた発言ではあるのだが……。

さて、「2015-03-20 12:35」さん、削除されたコメントも拝読しました。
UFOを目撃したとのことで、大変貴重な経験をされてとても羨ましく思います。
自分が子供のころ、学校の帰り道に、「UFOいないかなぁ~」などと、友人達と上空を見上げ、UFOを探した記憶がよみがえります。

あれはいつの頃のことだったのだろうか……、ふと思い出したように始まるUFO探しをしていた時のことです。
突然、「あれは!」、と友だちが叫び。空を切り裂かんばかりの勢いで上空を指差します。
自分も首の骨が外れんばかりの勢いで友人が指差す方向に眼を向けます。
すると、遥か上空に紛れもなく光る物体が存在するのです。
自分も友人達もその小さな光の一点を全神経を集中させ見つめ続けます。
光を凝視し続けどれくらい時間が経ったころでしょうか…、誰ともなく「あれ、飛行機じゃ~ん」と、みんなが薄々感じ始めていたことをガッカリした口調で言い出します。
そんな「辛い」経験を何度もするうちに、いつしかUFOを見つけることをしなくなりました。
なので、実物のUFOを目撃した経験は、純粋にいえば「いいな~」と思うし、今で言えば「お~」と思うのです。

UFOの目撃経験はあまりにも希少な経験過ぎて、周囲の理解を得られないことも多く、歯がゆい経験も数え切れないくらいあると思います。
しかし、だからといって「2015-03-20 12:35」さんの経験に価値がないわけではありません。
むしろ宝物といっても良い経験です。

宝物はむやみやたらに人に見せてはいけません。

むやみやたらに見せないからこそ、宝物は宝物まま存在し続けることができるのです。


ちなみに、今でもふと空を見上げるとき、「今ならUFOが見えるかな」なんて思って空を見続ける時もあります……。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR