ネ申である吾輩と皆さんの違いwww

自ら失笑w。

これは人生や世界を考えるうえで極めて重要なんですが、こっぱずかしいのでオチョクッテ書くようにしましょうw。よく講演でも人に会って話すたびにでも言われるのは、引き出しがすごいだ知識が多いだということですw。確かに人よりは多いかもしれませんが多いだけならもっと多い人がいます。だいたい私が講演でいうレベルの知識などはネットにも書いてあることであり、記憶の産物であって大したシロモノではありませんw。

では目が覚めた人はどういう人なんだという時に、ちょっとした人は「陰謀論なんて言うな」とか「すべては同根である」とか、「バランス」とか「俯瞰」なんて言葉を使いますw。それは全然目が覚めておらず覚めた気になっている人の口癖ですが、人類比の1%くらいは自分が目が覚めたと思っていますw。そして99%の人よ覚醒せよとホザキますが、全然その人も目が覚めてはおりませんw。ではいったい何が違うのでしょう?講演を聞いた人ならわかるでしょうが、なぜ吾輩はすべての質問に答えることが出来るのでしょうwww。

その答えは書くのは確かに難しいのですが、あえて書くなら自然の摂理について知っているとか、根本原則について知っているとかいうことになるのでしょうか?摂理と社会の裏側は全く違います。つまり講演でも知識や情報に基づいてしゃべっているわけではなく、生物や自然や人間心理の摂理とはなんなのか、そればかりを考えて常に更新しながら自分の答えを出しているので、誰に何を聞かれようが誰に何を言われようがちっとも気にならないし、アホがまたくっちゃべっているだけだとしか思わないのですw。

これは学問のなにかに傾倒しそれに追随した形で話したり、科学や根拠という考え方をもっている人も、摂理を全く理解していない人の最たるものといえますw。またスピ系や宗教などにただ傾倒していく人も、その社会要因と成り立つためにどのような人間心理が作用したのか、それさえも理解しないままで理解していると錯覚している人といえますw。古代民族は少なくともこれらの誰よりも賢者であるでしょうし、古代民族よりも賢者な存在はおそらくこの世界にも存在するでしょうw。でも日本の中にはただの一人さえいないのが私にはよくわかりますw。

そしてこれだけではネ申とニンゲンの違いにはならないのですねw。陰謀論者の上にこの領域があり、その上の領域には下層世界がまた未熟で大したことはなく、その摂理を超える世界を見出し理解し思考する存在がいますw。そこにはもはや人間や宇宙の姿が全て映し出されるため、それに期待や願望や失望や真実を見出すことはなくなるのですw。すべてのこの世界の人間と呼ばれる生物が虚像であり、すべてのこの世界で動いている自然の流れさえも虚像であり、すべてをバカにすることが出来る存在こそ、ネ申でありキチ○イなのですwww。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

超凡人の僕と洗脳される人の違い

内海氏が紙でありキ〇チガイなのは(〇はいらないか)承知です。
僕はただの凡人というか只のチキンであるのも自己認識してます。
問題なのは多くのニホンジンがカルトに洗脳されているというごく当たり前の事実を認めないことですね。アホンジンは自分で答えを出せないから権力者のいいなりになります。答えは全て自分が出すという当たり前の能力がないのです。
何故風邪薬を飲むの?
降圧剤?抗コレステロール?抗がん剤?ワクチン?
そしてついには戦争
バカな大人は勝手にやればいいけど
可哀想なのは子供達ですよ
バカな親の子供にはなにも罪もないですね。
この文章書くだけであほらしくなった僕はやっぱチキンです。
やりたくもない活動続けているきちがいいは、ネ申だわ。

今更ながら、人の為と書いて

人間は、ゴミを毎日作り、お金という紙の重さもないもののために、ゴミの開発をしたり、ゴミを売買するために働いている。家も車も全て自然にとって汚いものでしかなく、ゴミの中で生活をしている人間が、鳥や虫など他の生き物を巻き込んで、取り返しがつかないのに、人を感動させられるような演技ができるようになりたいです。とか、この技術をインフラ整備に役立てたい。など言っているような記事を見ると、早く癌検診に行けばいいのに。と、思ってしまう。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR