ありがとうが病気を治す

これは精神薬の断薬にも通じることですが、精神科の患者は手法ばかりにこだわり失敗します。

癌にありがとうといえば癌は治っていく。こう言うと、ほとんどのニンゲンから呆れた顔が返ってくるでしょう。しかし医学的に言ってもそう間違いとは言い切れず、個人レベルでいうなら何千という体験が存在します。意識と体を分けてばかりでは病気は治ることなどありません。笑いと感謝でNK細胞の増殖が促されるというのは聞いたことがあるでしょうが、単にそれだけの問題ではなくさまざまなホルモンの働きが推測されています。
 
怒りはアドレナリンやドーパミンやコルチコイドが増えやすくなり、それに応じて免疫も低下しかねません。アドレナリンは血糖値を上げ血圧、脈拍も上昇、救急のときにはアドレナリンは必要ですが、慢性的に高いと体は悪くなるのです。なので指導の時によく病気や症状に対して感謝しなさい、あなたを良くするために働いてくれているのだから、伝えます。癌にありがとうと言えと伝えるのです。しかし、この時、一つのコツがあります。

このコツとはありがとうと感謝を述べる=ポジティブシンキングではない、ということです。これを多くの病者や家族などは理解できません。つまり重要なことは「一度落ち切ること」であり、感謝など生じないほどネガティブになり、徹頭徹尾自分や家族が「己の愚かさを悟る」ということにあります。そこまでいって、愚かではないことを行動し愚かではない逆転した発想をもつことで、初めてその感謝はすさまじいパワーを発揮し始めます。

「ありがとう」という感謝の言葉で、ガンが治るという奇跡的な生理現象は、世界の医学界でも認知されています。心身一如という言葉は有名ですが、厳密にいえば意識は肉体の上位層にあります。ロンドン大学名誉教授のアイゼンク博士の研究では、「性格によってガン死亡率に77倍も大差が生じる」、「性格を変えたら、ガンは10分の1以下になる」とまで述べています。キチ○イ医の性格が変わるかどうかはさっぱりわかりません♪。
 
ヨガの教え
――真理に生きるとは、まず「笑い」と「感謝」で生きることである――
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「ありがとう」の力を見たことあります。高校生の息子の体が解毒を始めるきっかけが「ありがとう」でした。

食事改善を始めて、今思えば”感情の吐き出し”が起こってたと思います。怒り・不安・悲しみの噴出がすごくて、でも上手く出せないんですね。たまっている物がすごいから。意思の分離も起きてたのですごい苦しみです。

結局子供とはいっぱいいっぱい話をして、細かくは書けませんがある日息子から「ありがとうございます」とメールが届き、親子で”ございます”とはどうした・・と思いましたらその4日後に発熱。そのまま足の裏から臭い臭い脂汗を出し始めて心も体も快調!で今日に至ります。

心と体は絶対つながっています・・あの時はびっくりしました。


まねごと

世の”スピリっちゃる種族”は、地獄の底に足を着けて、ジャンプする前にバイパスを掛けて、誤摩化す。聖人君主の表面・真似事に終わる愚行に氣付かず、技巧で乗り越えようとする。本記事のソコが本質でしょうね。

どうなの?

内海先生~♪本年もたま~にお邪魔いたします 宜しくお願いいたしますm(_ _)m 今朝 さっそく 拝見 あら~!? 極めて普通~♪穏やかだこと! …に安心♪ 年末は怒り爆発のご様子で …     最近知り合った 若いシングルマザー 福島から放射能汚染を恐れて鹿児島へ避難 放射能や免疫力つける知識など健康に対して対策が九州人と 温度差がある事に驚きました 放射能に対して九州人?は鈍い ノンビリしている? この状態なら 気がついた時は 既に遅し!…でしょう 15日朝に突然都内の親戚がなくなりました しかしご葬儀19日だそうで 火葬場が混雑? 栃木の知人曰く (栃木はもっと 待たないといけなくて ドライアイス不足している) (そんなに ?!) 驚きました! 彼達3人も 安全求め 南へ避難  そのような方がたが増えている?のでしょうか     水族館のマグロ大量死も気味が悪い 原因が骨折?とはいかに!  有り得な~い 私は信じませんが 周りは素直なかたばかりで 考えもせずニュース鵜呑み! 納得の様子……………… 魚がぶつかり骨折?有り得ない!…と思うのですが  どうなの先生~! 教えて下さい

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんだ

立派なスピ系じゃんw

精神障害者

私は効精神薬を使って26年になる49歳です。最初は神経症そしてうつ病、そして躁うつ病になりました。薬もたいへんな種類、量を飲みました。しかし、昨年先生の動画に会い、ほとんどの薬を止めました。しばらくはきつかったです。半年たった今、何ともありません。薬も飲んでいません。ただ、今でも社会生活はおくれていません。家族の食事は私が自然食品でつくっています。今、私は本当のことが知りたいです。後は自分で考えます。どうかお力沿いを。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR