なにがやりたい♪

診療がヒマだなあ・・・資金があればいろいろやれるのになあ♪。

大麻の本、だいぶ書き切りました♪。そして来週は「不自然な食べ物はいらない」も販売開始になります♪。もう一冊「原発と放射能の問題」についても本を書いており、これも完成間近で大麻の本と同時期くらいに販売されるかなと思います♪。

さて、もはや最近主たる仕事が何なのかよくわからなくなってきましたが、たしかにクリニックが自費診療ですさまじく通院条件を絞っているので、クリニックの患者が増えることは今もありません♪。この状況を見ていると私も資金は必要なので、主たる収入源を移行した方がいいのかなとさえ考えてしまいます♪。私はタダで人助けしろとかいうクレクレくんにはまったく興味がございませんし♪。といっても病院の収入というのはどこでもウハウハなので、そう簡単にはいかないんですけどね♪。

よく聞かれることに、人類を叩きのめすようなキョムっぽい記事やコケおろし記事を書いたそばから、偽善っぽい記事を書いたり情報記事を書いたり、講演したり懇親会したり執筆したりラジオ出たり、いったい何がやりたいんですか?ってことがあります♪。よく言うことに私は正義など微塵も感じたことはなく、それを実行したいとも思っていませんってのがあります♪。ロックフェラーやロスチャイルドを無理に倒そうとか思っていません♪。

だいたい何も行動せず勉強せず、ちょっと気付いたふりをしても嫉妬したり中傷したり、俺が正しいんだとか言ったり、貧民同士で言い争っているだけの人類がRRにさえ勝てる道理はありません♪。そういうことはもっと影響が出てから言う話であり、私がやりたいことは自分が楽しいと思いやりたいと思うことをやることです。また自分なりの世直しとはあなた方がイメージしているものと異なります。とりあえず目先でいうなら最悪を排除するのが順序です♪。

この世直しという言葉はある意味適切ではなく、私が自分が良いと思う独断と偏見に基づいて、それがある程度でも達成される世界になればいいと思っているだけですね♪。だから世直しというより自分の思い通りになればいいと思っているだけで、非常にわがままが通りますようにと願っているわけでもあります♪。違う言い方をすれば自分や自分の家族が自由でいられるという世界を狙っている、だからこの国とかどの人種とかまったくこだわっていません♪。

とにかく現時点としては、戦争がなくて政治的な抑圧がなくて、健康に関するモノや医療のレベルがせめてドイツやロシアに追いついて、アホなものを打たれたり食わされたり広められたりが減って、自分の好きなことが言えたり動ければ十分すぎるんですね♪。実際表面上はもっとひどい扱いを受けている国もありますから。まあ、そういう意味で逆優生思想のとりこではありますので、患者や患者家族を助けようなんて気はさらさらないのです♪。

ま、これも部分的には嘘ですがだいたいホントですよ♪。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私の親族やお友達にも”人の幸せが自分の幸せ♪”と見える言動をする方が何人かいます。でも彼らも「人の為なんて思ったことはただの一度もないよ」と言います。色々考えさせられます。

大麻の本がちょっと楽しみです。我が家は日常に亜麻仁油や七味唐辛子などを採っているからです。リネンのシーツも関係あるか。私はこういう本を読むのは初めてです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

来週退院します。

はじめまして。うちの母(三浦美保)が最近コメントを書かせてもらい、ありがとうございます。
夏に一時保護という ひどい目にあった僕は、ぜひ皆さんの前で 児童相談所と病院の医師から受けた仕打ちについて語りたいです。退院は火曜日の予定です。無事に自宅に戻れましたらまたコメントさせてください。(来週中にコメント出来なければ、僕の身に何か起こったという証拠にして下さい。)
内海先生の本は5冊読み終えました。これからも、よろしくお願いします。
場所は さいたま市立病院の2階西の小児科206号室です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

内海先生、再び失礼します。URLが抜けてましたので、私の頭と同じです。書き添えしました。

先生の哲学?知りたいと思いました。又寄せてもらいます☆

No title

内海氏がいつもいう精神の問題は精神と向き合うことでしか解決できませんとありますが、精神と向き合うってなんですか?自分の精神が強いか弱いなんでどうやってわかるんですか?なんの因果か精神を病んでいる人間がフルマラソンできる「程度」の精神で治るわけがないでしょう。治ったのはただ抜いたから治ったのではないでしょうか。もちろん飲んだ期間の短い薬剤性の人は当然ですが。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR