児童相談所問題の記者会見

なぜ児童相談所問題や児童福祉問題を発信するのか。

私は一医師であって薬害研究センターを運営しているものに過ぎない。その人間がなぜ児童相談諸問題に取り組むのかと聞かれることがあるので書いておく。これにはいくつかの背景があり、この問題に取り組んでいる内部の人たちはよく知っている。

当初私がこの問題に興味をもった理由は、やはり子どもが薬漬けになっているという現実、そして面会が一切遮断されているという現実を知ったことにある。その話はほかの記事に書いているので割愛するが、私も最初は信じたりはせず虐待親の言い訳ではないかと思った。仮にそれが言い訳であっても、それでもこのシステムには同情の余地が一切ない。そしてこのシステムだと虐待の子どもたちは逆に助かる余地がほとんどない。

しかし私は別に子どもを虐待していると判断されて拉致されたわけではない。そして私は複数の問題を抱えて取り組んでおり、この問題だけにフォーカスして取り組む時間もなかった。ただこの児童相談所問題はあまりにも親側が不利であり、システムの現状を広げるためには自分の知名度を利用するのがベターと考えた。この問題を当初扱った時もかなりほうぼうから叩かれよりしんどくなったが、最近やっと発信の内容が普及してきたような気はする。そこには一応意味はありそうだ。

最初は親子を含めかわいそうだという思いも強かったが、やはり世の中において事はそう単純ではないことも分かった。児童相談所が扱う虐待事案はインチキなケースが多いが、それとは別に虐待はしていないものの児童相談所とトラブルを起こす、社会とトラブルを起こすなどのケースも散見された。たとえば以前には子どもを拉致られて警察などとトラブルになっているケースもあった。拉致られた親同士がけなしあうケースも見てきた。ただひたすら自分は正しい、自分は間違っていないと主張するケースが多いのは否めない。

私はだから児童相談所に味方と言っているわけではない。ただこの問題は日本だけでなく地球レベルの次世代の問題であり、我々親世代はすべて被害者ではなく加害者であり加担者である、それは拉致された親たちであってさえもそうであるというのが私の基本概念である。これは精神科の毒親だろうがワクチンの毒親だろうがすべて同根だ。しかし幾人かの人々はやはりこの問題でも自分が正しいにしか興味がなく、裏では自己正当化と他の親や関係者を中傷し続け、人がどんどん離れていくケースさえあった。私はそのようなことはすべて知っていたので、そのような人々には言うだけのことは言って構っていられないので放置した。

宗教を絡めて語る人もいる。宗教がらみだから虐待といったり、宗教者が間に入っているから児童相談所問題は嘘だと述べるわけだ。まったくバカバカしい話だが、私にとっては誰がどこでどんな宗教を信じようが知ったことではない。なかにはおなじ拉致された親たちでも宗教間の違いで対立までする人々がいる。どこまで愚かなんだろうと思う。主たる目的は子どもが返ってきて家族とともにいること、子どもが元気でいること、このシステム全体を変えることだったはずが、結局人間は自分の正しさを訴えたいのみなのであろう。

だから今回のことも私は一人で計画した。もちろん協力者は募り弁護士の協力も得た。私はここに書いてあるようなすべてのことがバカバカしく、虚無主義の超悲観主義で大人になど期待もしないことから実践するに至った。本日の記者会見ごときで何かが変わるなどと、大人たちや関係者たちに期待するほど私はバカにはなりたくない。それでもやるのは自分の子どもがさらわれる世界は嫌だし、自分の子どもと仲の良い子どもたちがさらわれる世界が嫌だから、そして人間たちへの不信とその偽善ぶりをあげつらいたいからに過ぎない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

全部同じ

児相問題もワクチンもADHDもタミフルも全部同じなんだとようやく分かった。
子どもには直接関係なくても胃婁、がん検診、輸血なども同じ構造なんだろう。
悪意に満ちた偽善意による産業。
金を得るためなら何をしても良い、いつからニホンジンはそうなったのか?いや只単に原爆落とされたから表向きだけおとなしいだけで、実はわれわれ日本人はもとからそんな民族なのかもしれない。
エボラよ、日本にも早く来い。
腐ったニホンジンどもを始末しろ。
ただ罪の無い子供達だけは・・・。

No title

東洋医さん、記者会見お疲れ様でした。
寒くなってきましたのでお風邪に気をつけて活動なさってください。

必要でしたら…。

内海 先生、記者会見の動画を拝見しました。 お疲れ様でした。 一時保護の関連で度々コメントさせていただいている、三浦美保です。
息子も近々 退院出来そうです。
我が家も何かのお役に立てるようでしたら、今回の息子の入院と一方的な一時保護について(女医Uの悪辣ぶりについても)事実を語っていきたいと思います。1人でも声を上げていかなければ、罪の無い子供達が拉致される現状を変えられません。
これからも、よろしくお願い致しますm(__)m
もちろん私も動く所存です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

子供達へ

たびたびすみません
誰かの真似ですが

この国を
放射能まみれにしてごめんね

この国を
薬漬けにしてごめんね

この国を
ブラック企業だらけにしてごめんね

この国を
虐待天国にしてごめんね

この国を
搾取社会にしてごめんね

この国を
農薬およびトランス脂肪酸まみれにしてごめんね

せっかく生まれてきてくれたアナタさまに
生まれた瞬間に一億円近い借金を背負わせてごめんね

そしてなにもできない
チキンな僕で申し訳ありません

ネットでの闇側の妨害工作

また新しく精神科の闇側との戦いを僕の

higurasiのDTMと日々のブログその2

に新しい。闇側の動きについて、記事を書きました。是非読んでみてください。

一昨日、内海さんに、助けてください。

と内海さんのブログのコメント欄に非公開で、僕の実名と

電話番号とメールアドレスと

住所と

闇の支配者に支配されている。精神科の病院名と、

闇に堕ちてる。理事長の名前を書いて

送ったのですが、

闇の支配者はネットも遠隔から操作できるので、

遠隔操作で妨害して

内海さんは僕のヘルプコメント見てないみたいです。

昨日もヘルプコメント送ったのですが届いてはいないかもですね。

闇側の妨害

やはり、駄目ですね。

僕の実名と

電話番号とメールアドレスをコメント欄に書いて

僕の監禁されている。病院名を場所の住所と一緒に

このコメント欄に書いても

ヘルプコメント

闇の側の妨害にあって内海さんに、届く前に

強制削除されますね。

闇の支配者の支配下に置かれた。

精神科の病院との

戦いの新しいブログ記事を書いたので、

読んでください。

higurasiのDTMと日々のブログその2

真実を述べている

真実の記者会見であるとよくわかります。大きな力に都合の悪い真実は見えにくく嘘を言っているかのように世の中に出されて行き、その逆の嘘は都合よく世間に受け入れやすく流されていくということを実感したことがあります。だから知らない真実を話すと詐欺師のように扱われるということもあるでしょう。私の狭い思考能力で想像しても本当は、この閲覧数の千倍くらいの人々が影響を受けているのじゃないのかしらとか想像します。最近の偶然見たテレビで言うと追放されそうな真実が一瞬放送されることがあります。一瞬でも真実は残ります。『この世界の秘密』というタイトルで日展という美術展に工芸作品を出しました。この本によって自分が変わったからです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

見てるけど自分で何とかしろよとしかこっちは思ってない。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR