子どもが生まれて

FBからの転載です。
妊娠は決して偶然で成立するものではなく、偶然で成立しないことが生き物の摂理です。それは決して科学的な問題ではなく簡単なココロの問題なのです。ママやパパが子供ができたとわかった時にどんな反応を示しますか。偶然で生き物の摂理に従ってない人はもしかしたら嫌がるかもしれません。しかしあなたが生き物の摂理に従っていればママは喜んで涙を流すかもしれません。パパは知らぬそぶりをしているあとで感慨にふけっているかもしれません。

最近のママやパパは子どもができないそうですが、子どもを産む前から元気な子供を作れる体つくりが重要です。そうやって生まれてきた子供はなによりもママやパパの宝となるでしょう。ママやパパはその子どもにきっとありがとうというでしょう。本当にありがとうと思えたらおカネなんて遊びなんてどうでもよくなります。おなかの子どもに常に声をかけてあげてください。

そんな子どももおなかの中から生まれる日がやってきます。生き物の摂理に従って生むことが大事でしょうが、そうでなくても無事生まれればその時は良いでしょう。あなたの家を生まれてよかったと泣きあえる家にしてください。すべてはそうやって生まれてきます。花が咲き種を生まれること、種が芽吹きまた新たな種を生むこと、人が子どもを産み社会を形成していくこと、子どもがいなければこの社会は消えてなくなること、それらはすべて同じであり例外はありません。

人は生きる意味を常に求めます。それは人間が人間であるために必要ですが、意味がなくてもいいのです。生まれてきて生きているだけでそれは非常に重要なことであり、その産まれてきていること自体に深い意味があるのです。子どもができたことを意味づけしているのはママやパパであり、それはママやパパが変わるきっかけになるでしょう。それを与えただけでも子どもには深い意味があり、社会にとっても深い意味があります。人は生き人は死にますがそれらにはちゃんとした意味があります。

今日も自分の子どもにありがとうといいましょう。

本当にうまれてきてくれてありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先生も子どもにだけは甘いようで笑 いやまったく微笑ましい文章ですね。
私はとにかく断薬に挑戦します。挑戦なんていうほど難しいことじゃないわけですけれども。先生、とにかく精神薬というのは人間が作った罪悪ですね。いや精神薬に限らず今の世の中のありとあらゆるものが罪悪です。一番かわいそうなのは確かに何の罪もない子どもたちですよね。私は正直に言って現代社会に生きるものとして子どもがほしいとは思えません。まあでも、それはいつの時代でも一緒のことかな。

不幸にする親 人生を奪われる子供


この本を手に取ったきっかけは、最近父親がした私に対する暴力。
どうしてあんな些細な事ですぐキレるんだろうって、いろいろネットで調べてたら毒親と言う言葉に出会いました。
毒親って何だろう?詳細を知りたいと思い、早速この本を購入。
まずあなたの親は毒親かどうかのチェックがあり、私は40個以上。65項目の内22項目以上は毒親だそうなのですが、正にここで私の両親が以前から変だと感じていた理由が分かりました。
また、有害な親の8つのパターンに、
1)かまいすぎて子供を窒息させる親
2)子供の幸せを取り上げる親
3)完全主義者の親 4)カルトのような親
5)支離滅裂な親
6)常に自分の都合が優先する親
7)身体的な虐待をする親
8)責任を果たせない親
に両親が当てはまる事が判明しました。
散々両親からコントロールされて人生をめちゃくちゃにされて来たんですね。その事に対しての怒りが湧いて来ると同時にこの悪夢のような連鎖は私の代で終わらせようと、つまりもう子供は作らないと決意した瞬間でもありました。
この本の事実を知れば子供を持てる訳がない。
また私の両親が毒親だと言う事に今気づけて良かったです。もっと気づくのが遅ければ、取り返しのつかない事になっていたかも知れません。
この本を読んで一番の収穫は相手は精神年齢が低い幼児みたいな人達なんだと、言うこと。
今までこんな人達に振り回されていたのかと、ため息が出ると同時にこんな両親を捨てる覚悟が出来ました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。いつも勉強させて頂いております。

なぜ内海先生がキチガイ扱いされるのか、全く解りませんが・・・

ご本も全て拝読しましたが、まっとうすぎるくらい まっとうな事しか書いておられないと思うのですが。

内海先生をキチガイ扱いする今の世の中のほうがよっぽどいかれていると思います。

世の中に、スター医者は沢山おられますけど 健康法を説くばかりで 人間はどう生きるべきか、これからの地球はどうあるべきなのかといった領域にまで踏み込んでお話をして下さる方はなかなかおられないと思います。思想が無いというか、浅いんですよね。

先生のお話は 地球的な視野で色々と語って下さるのでとても深みがあると思います。ああ ついにこういうドクターが現れたのだなあと 嬉しかったです。

船瀬さんと共著のご本も楽しみにしております。
今後も先生の活動を、陰ながら応援しております♪

No title

またバカなメッセージを「自称虚無主義者」が書き込んできたw。アホすぎて消しちゃったけど人の本さえ読んでないのに、理解されたい症候群丸出しのキングーミンだったなw。なんで日本はこういうのしかいないんだろw。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

虚無主義の意味


本質的な価値は存在せず、全てが無価値であるという立場。とりわけ、超越的なものの実在や既成の権威などを否定する。
すべての事象の根底に虚無を見いだし、何物も真に存在せず、また認識もできないとする立場。仏教・老荘思想などにみられる。

子どものため

「子どもたちの未来のため」
「子どもたちの安全のため」
「子どもたちの健康のため」
全部お前ら労害のためだろ
安っぽい言葉はもう僕は聞き飽きた

そして
『子どものために聞いてほしい』
を聞きに行く

(;_;)

もっと若い頃にこの記事を読めていたらなぁ…と思いました。子どもは産めない年齢になってしまいましたが、(ある種の男性にやじられそうな…(´д`;)……)しょうがないですねf^_^;。だれよりもまともなキチガイ医さんのブログ、これからも楽しみにしています。

薬売りの街富山

でも言いたい放題のキチガイ医。
コシヒカリよりもササニシキには爆笑。
北陸人に媚売るつもりさらさら無いんだな、わかってたけど。
対談相手の米田医師のキャラがまた最高。
真の救急医には後ろめたさは無いんだろね。
・・・
ああ面白かった・・・
・・・
じゃダメなの解ってるんだけどね・・・
とりあえず身内だけは何とかしなきゃ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

バカに用はない。自分で調べろっツーの。

No title

心底子供がいなくてよかったなあと思います(笑)

どのみち毒親にしかなれませんからね。

また甘い罠、ハニートラップで狙われました

また病院入院していて、自宅外泊からのバスでの帰りにバスの中で僕の理想の女性の髪型、服装、顔立ちの、

綺麗だけど毒を持ってる。多分、子供時代、闇の家族に育てられた。闇のスピリチュアルな戦士の女性に、甘い罠で誘惑されて、

誘惑に引っ掛かって堕ちそうになりました。悪霊と穢れが、下半身から流されるのでしょうね。

危なかったです。

明らかに闇の支配者、

僕の理想の女性の姿を分かっています。

僕にはある闇寄りの霊能力者の患者が突然神様サポートを受けて霊視能力が、格段に向上して、僕を霊視したら、

19年前からお世話になってる。女子高生の幽霊の女の子以外に、

日本神話の男性神の火の属性の神様が守護霊になって守ってるそうです。何か高級霊に守られてるみたいです。

甘い罠については、URLから僕のhigurasiのDTMと日々のブログその2

を閲覧してみて下さい。

higurasiです。

何かネット妨害されてる。みたいなので、また書きます。

甘い罠、ハニートラップで久し振りに攻撃されました。

僕のhigurasiのDTMと日々のブログその2

の最新記事を読んでみて下さい。

またまた闇の支配者に狙われました。

子供は世の宝

なぜ自分ばかりが低くみられたのだろう。嘲笑されたのだろう。

父親に人間として価値を認めてもらえなかったとの想いが、今も私を苦しめます。

最近になってその亡き父も、若い日の不遇な中で自分の父親に執拗にけなされののしられていたことを知りました。それを知って以来私は、新しい涙を流しています。

父が愛読者だった吉川英治さんは、「苦難によって、いじけてしまう人間と、乗り越え成長する人間に分かれるようです」という内容のお言葉を残されていました。これから色々読んでみます。

様々な辛酸をなめ、寝る間も悪夢に叫び、夜中に泥酔して怒鳴る父の憤懣は、最も性格が似ている生意気な私に向けられたのかも知れません。

感謝できないけれど、父親を尊敬している自分がいます。

親の対外的な名声信頼と親子のありようは必ずしも同じ弧を描かず、きょうだい全員が平等に親に愛されるわけでもありません。

産声をあげる赤子は、本当にピカッと光輝いているものです。分娩台の上で「この子には同じ絶望を味わわせない」と誓いました。

時は流れて、高校生の子供の抗議「親の狭い価値観を押しつけないで!」「あの時の一言がどんなに私を苦しめたか!」と涙を流されました。我もやはり至らない毒親だったのでした。すまんねえ…

最近私も遅まきながら「毒になる親」「不幸にする親」を繰り返し読んで学んでいます。子孫への毒を段々に薄めていきたいです。

読むのにかなり本気の覚悟が要る内容ですね。私の父親は毒親チェック40!(ごめんなさい)対して、同居の祖母と早世した母親は、呆れるほどの数値の低さでした。地位なくとも道理を知り、オッチョコチョイで、飄々とした2人でした…そういえば??父も、時々オッチョコチョイでした。

ああ思い出しました、不思議です、自分の失敗談を語る童顔の父親は、掛け値なしに大好きでした。父娘一緒に笑い転げていた日を、ながらく忘れていました。

長文コメントですみません。思いがけず気づくことありました。有難うございます。

オッチョコチョイ=絶対悪ではなく、何かがあるのかも知れません。

むかし長姉がいよいよ産気づいたその日、知らせを聞いた家族が続々産院に向かいました。私も母とタクシーに乗りました。

長姉の夫と義母(おしゅうとめさん)にもいち早く電話が入り、義母は即家事を放り出して、あわあわしながら大急ぎで片足に靴をはき、もう片足にはサンダルをはいて、そんな格好で全速力で病院へ走っていったのでした。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR