当院システムの変更

病院がいろいろ変りました。
さて、当院のHPが改定されました。まだシステム上は移行期なので面談の上実施していくつもりですが、自費診療を基本として変更していきます。これまで食養や栄養学と解毒療法などのトンデモを主としてきましたが、さらにトンデモといわれるロシアの医療機器と治療法を導入いたします♪。これは量子医学とか波動医学といわれるもので、細胞の強化や解毒をセットで行うことを主軸とします♪。

治療法としては軍部なども研究してきて、ロシアの国家をあげて研究してきたものでもあり、この医療機器を導入しているロシアの病院は高い成果を上げているとか♪。あるところでは一回数十万の治療費がかかるらしいんですが、それでも富裕層の予約が埋まっているとのうわさを聞いております♪。ま、私はそこまでの値段は取れませんが市民がカネの回る範囲で、この治療とこれまでの治療をミックスして提供していこうと思っています♪。

また重要なことはこれまでは減断薬の患者を中心にして扱ってきましたが、これからは薬を飲んでいない病気の方もすべて受け入れ可能になります♪。また、精神系やドラッグ系やワクチンだけでなく、内科や癌や難病や膠原病やアレルギーなど、また薬を飲んでいない精神科系の患者も、この治療システムを望む人であれば受け入れようと思っています♪。詳しくは下記のHPをご覧ください♪。そして私はさらに誹謗中傷者たちに叩かれることとなるでしょう♪。

応援してくれる方はシェアもよろしく・・・♪。

http://tokyo-dd-clinic.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

FBも優しい記事、私も心配しておりました。
慣れとは怖いものです。私も戦っております。
経済と逆の動きをするモノの宿命でしょうか。
回り回ってそれが自覚ある人類の為になる事なのだと
自分に言い聞かせています。
焦ると続かない。目的を見失わない様、
自分本位で頑張っていこうと思います。

おお~

てことは糖尿病や高血圧薬などの断薬もはじめるのですね。
最近大阪で糖尿病治療患者が低血糖による意識障害で、車で人混みに突っ込みました。日本中でいったいどれだけこんな悲しいことが起こっているのか?糖尿薬が低血糖を起こすのは当たり前、さらには肝障害、そして長年の服薬により慢性腎不全。こんなこと医者も解っているはず。なぜ日本には30万人を超える人工透析患者がいるのか?あきらかに間違った糖尿病治療が行われているからだ。意図的に増やされる人工透析。そして若い世代に圧しかかる負担。逃げる厚労省。行動するキチガイ医。誹謗中傷するアホ。
そして・・・口だけで何の行動もしてないチキンガイ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感動しました❗

初めて投稿させていただきます、
全く同感です。
先生に一度読んで頂きたい本があります。
[二人の女医の挑戦] 愛育社出版です。

お忙しいかと思いますが、一度読んでみて下さい❗

No title

私は色々考えたのですが、健康保険を止める事は出来ないのかと思いました。

20歳で働き始めて毎月3~4万円の健康保険料を給料から引かれていてるのに気付いて驚いた事がありましたが、その時は「これがあるから健康が守られている」と納得してました。でもこの間違いに気が付きましたから、これからどうしたものか・・とちょっと考えています。

その分を蓄えていって、いざと言うときに無保険でも質の良い医療にかかるのが体にもお財布にも良いはずです。勇気がいるのですぐは出来ませんがいろいろな人の意見も聞いて見ようと思います。

アレルギーでお世話になろうかと思ったけど

18の娘が、アレルギー症状が出て、目の奥が痛いといい、本人が小脳なんとかかもと心配するので、脳外科、眼科、耳鼻科とまわり、結局は抗ヒスタミン剤を処方されました。受験生ということもあり、一時的なら対症療法も仕方ないけど、続くならお世話になろうと考えていたのですが、食事を減らして、胚芽米のお粥中心にし、酵素液で補っていたら、薬を飲まずに改善してきました。本人は、もっと食べたいと泣が入っていたのですが、油断して食べたらまた少し悪化したので、納得してきました。

未病のうちに、先生を知ることができてラッキーな我が家は、先生のクリニックにお世話になることはないかな。

ワクチンの解毒について

先日のアレルギー反応は、少食と酵素で乗り切りましたが、根本的に問題があるのかと思い始めました。ホメオパシーのワクチン解毒を調べていると、「アジュバンド(免疫増強剤と言われていますが、実際は免疫系を混乱させ弱体化させ、最終手段としてのIgG抗体生産を促すためのものです」とあります。娘は、症状は落ち着きましたが、IgG抗体が2613と、通常の10倍もあり、何に反応してもおかしくないといわれました。免疫が戦って、一時的に増えていたのかもとも思いましたが、やはり気になります。

一般の予防接種と、インフルエンザ、子宮頸がんのワクチンの解毒を考えています。受験生でもあり、貴院までは通い続けるのは難しいですが、検査とレメディの処方をお願いしたいと思います。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR