方法

病気を治すのに最も大事なこと。

社会毒や医学不要論的な話は昨今、ネットを中心に広がりを見せつつあり情報展開の第一段階は終了したかのようにも思える。これから先さらに医療や食に関する情報は勝手に広がりを見せ、最終的には妥協を重ねる形で落ち着くべきところに落ち着いていくであろう。ということで最近私も少し意識しているが、ではどうするかということや具体的な手法論についても書く回数を増やしていきたい。

もしあなたが西洋医学でいう何らかの病気であった場合、それを治したければ初歩として重要なことはもちろん今の医学のウソを知ることである。それも徹底的に知ることがその病気とやらを治すうえでは必須である。しかし背景知識を知るだけでは具体的な治癒にはつながらないし、具体的な方法にもつながらない。そして治すうえで最も大事なことはその方法ではなくもっと別のところに存在する。これは極めてシンプルな話に過ぎないが、その割に多くの人が気付いていないという現実がある。

そのもっとも重要なことは結局のところ本人の自覚と発想の転換である。自分の愚かさを知るということ、自分が今やっていることを一度全否定できるかということ、そして今の考えと発想を180度ひっくり返すこと、医療化幻想からの脱却、医師崇拝からの脱出、依存するということからの脱出、現行使われている西洋医学のクスリの意味、治癒するということの本質、これらについて徹底的なまでに発想を逆転させねば、手法に入る前に決して治癒というチャンスが訪れることはない。

もしあなたの家族が病気であり何かの薬を飲んでいた場合、同様にあなたが何かに気付いても意味はなく、あなたがクスリを変更したり減らしても意味はない。家族であるあなたにできることは、その人の発想を逆転させるためにどうすればいいかを考えることだ。それはストレートにむけてもなかなか受け入れる人は少ない。だからこそそこで知恵を使うことこそ家族には要求される。そのような家族たちは往々にして権威に弱いため、逆の権威(違う意見を述べる医師や新聞テレビなどで出てくる批判的な記事etc)を有効に使うことが望まれる。勝ち負けで言えば気付かせれば価値であり気付かせれなければ負けということだ。

私は7月からすべての慢性病を受けるようシステム変更するが、といってそれが私であれほかの代替療法医師であれセラピストであれ、それに依存してしまってはまた今までと同じことにしかならない。もちろん西洋医学よりは良くなるかもしれないが、治療の本質は病院に通わなくなる事である。よってそれが逆権威の医師であっても時に有効活用することはありだが、そこから知識を盗んだり自己で情報を集め勉強することが望まれる。私の仕事はあなたがそれを気付くよう誘導するのが仕事の第一だ。真の治療方法と治癒とは、「自分で医師に頼らず自分を治すためには何が必要か」ということを悟ることにこそあるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

慢性病を受け付けるという事は腰痛も入るという事ですね。

私の弟が長年原因不明の腰痛持ちで、最近は座薬を使い始めたと言うのを聞いて心配していました。座薬は鎮痛剤と言うことだと思います。鎮痛剤を使うと余計問題がこじれてしまいますから「解毒クリニックで腰痛も受け入れてくれるようになったよ。どう意味か分かるかい」とまずお話してみます。

解毒で、性格が良くなると言うか、自分らしく生きやすくなると私は実感しました。それだけ薬や社会毒の力は心に影響があると言う事だと思います。ですからそういう目的でDDCにかかるのもよいな・・と考えていました。でも診断名は何で通院すればよいのでしょう。慢性人格疾患??

脱洗脳

てことなんですね、脱薬、脱医療とは。
自分で悟るのは簡単だけども、他人を悟らせるのは・・・。
そもそもこの国民達は日本医療だけではなく日本国家に洗脳されているから余計にタチが悪い。
もういい加減気づいても・・・と思うが、洗脳されたままのほうが楽なんだろうな・・・たぶん。
昨日知人が言ってた。
「俺は年金もらうまであと25年がんばるぞ」
まあそんな日本人だらけだから今が成り立つのだろう。そして崩壊はマヂカ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

家族の発想を逆転させる これが中々難しいですね。
でもほとんど毎日じわじわと浸透させているので、効果が顕著
ではありませんが、手ごたえも少しあります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

真の知恵

動物が本来持っている自然治癒力を薬に頼らず活性化させる知恵。それを自分の頭で考え身に着け実践しながら生きる。これは動物のなかでも人間だけにしかできないこと。特別な自然治癒力だと考えていいのではないか。それを悟ることが「真の知恵」だと私は思います。

母の死

わたしは負けてというより、どうせ私なんかが言っても聞きはしないと諦めた結果、母は昨年亡くなりました。

最後の最後までひどい痛みと苦しみで人生の最期を
迎えさせてしまったことは痛恨の極みではありますが、
死んでしまったら、なにもかも終わりです。

今も母の悲しそうな顔を思い出すたび、自責の念にかられますが、どうしようもありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

生命としての本質を理解し多角的な視点を持ち備えれば、例えステージ4の癌だとしても自分の能力で自分を癒すことは可能です。
まずは自らの五感と直感を駆使し、徹底的に調べつくすことですね。
ハッキリ言って内海氏の言われる救急救命以外はほぼいらない。
脱洗脳!医者いらず!
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR