ネットの不穏

最近活動範囲が広がっている関係でおかしい雰囲気がある。

最近ネット上全体が不穏です。これはFBに限らずツイッターは昔からそうだし、掲示板などもまさにそうだし、私はやっていませんがLINEなどもまさにそうではないでしょうか?よくあるのがネット上で誰かに攻撃された、ネット上でハブられた、ネット上で裏工作している、ネット上でつるんで洗脳している、ネット上で誰かが見張っている、もう誰も信用できない、なんて感じの人が増えお互いがお互いを疑っているのが認められます。

精神医学分野に受診しようものなら真っ先に「統合失調症」とつけられそうですが、全く意味のない話です。もちろん実生活でもありますがネットは顔が見えなかったり、別の場所で動いているのが部分的に見えるため、猜疑心が増幅されやすい環境となっています。また、もちろんすべてが思い込みというわけでもなく、工作員とでも呼べそうな人たちが裏でこそこそ動いているのも確かです。そういう人は大組織に属しおカネをもらっていることが多いですね。実際に自民党が雇っているサイバーたちなどその筆頭でしょう。

ところが情報収集が少しうまくいくようになると、一事が万事になってしまう人がほとんどです。残念ながらこの記事を読んでいる段階で全員「小物」といえば「小物」であり、いちいち徹底的につぶすほどヒマじゃないと工作員は思っています。ここで何が言いたいかというと、いま、ネット上であれが嘘をついた、これが裏切った、それが暗躍しているなど、その母体は人間心理と正当化と集団化にこそあると、あなたが自立したいなら気付く必要があるでしょう。

情報を少し集めた人は自分が否定されたり、自分が「本筋の理」にいることを求めます。「本筋の理=正論」と置き換えてもいいでしょう。しかしすべての人の話にはすべて無駄があり無理がありツッコみどころがあります。人は人である限りそれを指摘されることに耐えられず、自分が正しいことを主張するようになります。これが派生して集団からの排除、被害妄想、言い訳や正義の主張などが生まれます。日本が正しくて日本人が正しいなどの思想もこの延長上にあります。そうすると日本が落ち目なのはすべて周りのせいということになっていきます。

多くのことは陰謀レベルの問題ではなく、周囲一人一人の人間心理によって生み出されてます。それは人類の歴史そのものでありその微妙なそれぞれの心理が、まるで陰謀のように見えたり勝手に作り出されていくことも忘れてはなりません。これは陰謀問題を否定しているのではありません。しかし昨今、日本の多くで社会運動やよい活動をしている人たちが、混乱しているのがよく垣間見えます。それはこの基本原則を忘れて全部陰謀のせいであるかのように片づけているからです。

人の心理を学び市民同士ツマラン不毛な争いしてても意味ありません。
それぞれ市民が違っていてもはっきり言ってどうでもいいことです。
変えるべきものと倒すべき敵はもっと他にいることを思い出すべきでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内海先生ありがとうございます。

内海先生ありがとうございます。
内海先生のホームページなどで救われた者のひとりです。
あなたのやっていることは弊害が100%ないとは必ずしも言えないけれど、確実に良い影響もあたえていると思います。
昨年、仕事から帰ったら、かつて見たことないほど、わが子が泣きはらしたような異常に暗い顔をして、さらに母親がすさまじい衝撃に打たれたようなやつれた顔をしていて、何事があったのかと心配しましたが、そのときは何も教えてくれませんでした。
寝る時間になって、やっと妻が子どもをつれて精神科につれていったことを話しました。子どもが精神が落ち込み頭痛がつづくから精神科に行きたいと言われてとのこと。子どもはネットを検索して、自分は「仮面うつ」ではないかと思い込んでいたようです。いろいろアンケートをやらせカウンセリングをした結果の医者のみたては、うつ病のような深刻な状態で、すぐに精神薬を飲ませること、数ヶ月は治療しなければならない。
母親がすこし疑問を口にすると、医者はいらだち、「あなたのような親が子どもをだめにする」と断定。
「何百人もの子どもを見てきたのだから信用しなさい」と。
この日から私の闘いがはじまりました。私は絶望しましたが、ネット検索して先生のホームページにたどりつき、本も読みました。
「薬の効果は非可逆性でとりかえしがつかないこともある」
この判断をもって私は一切薬をあたえずに、学校を休ませ、家で十分休養をとらせることで回復にむかうことを期待しました。頭痛があったので、脳腫瘍などの可能性も疑い、脳の検査や血液検査など精密検査も受けさせました。
ちなみに医者から処方された薬はかなり強いものでした。飲むとなれるまでは寝込むこともあると言われたとか。
それから半年以上がたちました。不登校はなりましたが、現在は精神的に落ち込む前の状態にしっかりと戻り、食欲も旺盛で友達もいます。
ちなみに、その後わかったことですが、子どもが精神的に落ち込むきっかけは、いじめだったとか。
つくづく恐ろしい薬を飲ませなくてよかったと思っております。
また別の機会にもっと詳細をレポートしたいと思います。
圧力に屈せずにご自分の道を歩んでください。
精神病ではないのに精神病にされる子どもたち。ほんとうに恐ろしいことが日本社会で起こっていると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

偽装大国日本

をまず認められるかどうか。
多くの日本人がなぜか偽装大国日本という真実を否定する。
当然自分自身も否定できない。過去の誤りを認めない。不当に正当化する。実名を明かし活動する人間を匿名を使い攻撃する。それが多数派である以上改革は難しい。しかし活動するキチガイ医。
今は準備期間中だと言い訳ばっかりのチキンガイのぼく。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エビリファイ減薬

こんにちは。

17歳の息子のことで相談したく思います。

 息子は4月3日にエビリファイを18mgから15mgに減らし、4月の半ばにはリスパダールmgを断薬しました。
 5月31日にエビリファイをさらに15mgから12mgに減らし、現在はエビリファイ12mgだけを服用しています。

 最終的には断薬したいのですが、今後どのようなペースで減らしていけばいいのか、アドバイスいただけたらうれしいです。

 今のところ目立った離脱症状はありません。

 よろしくおねがいします。

No title

内海先生、私が思ったことをとりあえずここに書き留めます。最近精神科デイケアなるものに通い始めました。そこでは多くの人間が薬の副作用あるいは病気の症状本体によって苦しい思いをしてそれぞれが思いのままに過ごしています。そしてデイケアのスタッフから私は非常に嫌われました。「うざい」「なんであいつが来るとこんなにむかつくんやろ」など普通の人がきくと精神が参ってしまいそうなことがらです。でもそれが正しいのです。私は人として本当に間違ったことをしています。私は自分自身を恥じました。そしてその結果、以前ほど自分の病気について悩まなくなったのです。「昔とは頭の働きが違う」とか「勉強しても集中力がないとか」ほんとうに情けないことだと思います。どうでもいいんです。そんなことは。今私は自立支援医療というものを受けています。これは要するに、私は精神障害を持っていますよという証明書です。でも本当は違うのです。自立支援医療を持っている私は国に食べさせてもらっているということなのであります。
とまあ自虐的に書いてきましたが、私が言いたかったことは、精神の病気というのは薬では治らない、
人と人との関係性の中で治癒していくのだという先生の発言は正しかったということです。私は今、頑張って就職活動その他勉強等をやっております。私はやはり日本を愛します。どんなに人から嫌われても、いつかかならず日本のそして自分自身が大切に思うひとのために働ける、内海先生のような強くて芯のある、そして賢いひとになりたいです。否ちょっとでも近づきたいです。今後もブログの更新を期待しています。文章の練習にもなりますし♪ありがとうございました。

必死に自分なりに調べてから

長文失礼します。

紘子様、一刻も早く何とかしたいお気持ちは理解できます。しかしこのご質問には現時点では恐らく、内海医師はご質問にお答えしかねるでしょう。

キチガイ医ブログ、2011年12月7日付?の「抗精神病薬(メジャー・トランキライザー)について徒然に」をお読みになられてはいかがでしょうか。

ブログ全文を読破されることをお勧めします。精神医療、向精神薬の基礎知識、

(内海医師の模索、苦吟、探求が読み進む程に伝わります)

また、「エビリファイ 減薬」などで検索すると、沢山の方々の実体験談も読めます。

次は、エビリファイの「大塚製薬の添付文書」をじっくり読まれてみてください。

(製薬会社が義務として公開している、専門的な長文の添付文書です。薬剤の直径や色状に始まり、薬理的解説、何十もの副作用報告が出てきます。

通常ネット検索では10番目より後に載っています。

いわゆるネットで最初辺りに載るおくすり案内や、処方箋の患者向けカンタン説明文では、何の意味もありません)

添付文書に掲載された副作用の膨大な実態を読んで、ご家族様の知識と理解、思索を深めることが重要と思われます。。

一旦飲ませてしまったら、何が起きるか分からない、恐ろしい猛毒を子供さんに飲ませてしまった事実と、どう向き合われるかです。

初めて私がエビリファイ(+ベンゾ等)を服用した頃のことを、自分でメモを残してあります。恥を承知で書きます。

初服用の直前に、何故か体が震え、涙が止めどなく流れておりました。口にいれると間もなく、巨大な木槌で頭を殴られたような強いダメージを受け、鉄の手で頭を掴まれ強く抑えつけられたような体感になりました。飲み続けて数日後には異様な意識がぐるぐる回り、目にフラッシュを焚いたような光がたえず走り、よだれと頻尿と吐き気が続いた数日後、鎮静して来ました…

その頃からしばしば10センチもの黒い蚊が周囲を飛び回り、記憶はだんだんうつろになりました。しかし黒い蚊の幻覚は主治医には話しませんでした。病気悪化と言われるのが嫌だったからです。ぼんやりした頭で本やネットで、減薬について調べました。

全てが水に浸かったように鈍麻し、それを伝えることもできません。力をいれないと感情も思考も発生しません。更には掃除のさいなど、何枚ものビスケット(包装なし)とボールペンと小銭とをぐしゃぐしゃに混ぜてビニール袋に入れても、何ら疑問に思わなくなりました…

向精神薬の恐ろしさは、飲んだ者にしか分からないかも知れません。もし本当にご本人の苦しみ知りたいなら、ご自身が……薬を……死を覚悟してでも……できますか?………すぐにわかります……恐ろしい……勧められない……そんなこと……それくらい……むごい薬なのです。

さらに依存性と禁断症状のため、簡単に止められない現実があります。そういう凶悪な猛毒を大人に言われるまま飲み続け、ご本人はいま理不尽な苦しみに耐えている。本当にむごいことです。

エビリファイの執拗な抜きにくさ、先ほど紹介しましたブログ文の内容を、愚かな私は身をもって知りました。

かつて某所にて内海医師は「減薬時や断薬時には、いつ頃どのように禁断症状が起きるのか?」について質問を受け、たしか内海医師の答えは「それは地上の誰にも分かりません。」でした。

減らすには、禁断症状を共に乗り越える覚悟が、致命的に必要です。正面突破の覚悟です。上記のことを調べご本人にも説明し、親子で気持ちをひとつにして精神医療の根源思想をできる限り学び、「薬の抜き方」の本を読み、やれることをしたうえで内海医師にご相談なさるのが手順かと思います。相談者側の十分な準備があって、医師も適切な提案や説明が可能になります。

勿論、うまくいく、などという安全保障もありません。(それも素人なりに調べるとわかってきます)

子供さんを死に物狂いで救い出されますことを、依存性ある猛毒からの脱出を、祈るばかりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

病院の理事長闇の支配者に操られているみたいです

以前、闇の支配者に狙われた事をURL付きでコメントした。higurasiです。

今回また入院させられたのですが、今回ではっきり分かった事は、精神科の理事長、闇の支配者を怖がってお金を沢山貰って闇の支配者の操り人形状態なんだと、分かりました。

まあ2、3年前に闇の支配者が、カウンセラーの大御所の文化庁長官をした方を暗殺したかも。

と記事を書いたのですが、それが当たってたんでしょうね。

だから闇の支配者は、狙ってきたんでしょう。

組織の中心人物を狙えば組織全体が手に入りますからね。

いきなり保護室で、職員が嫌がらせや薬を食べ物や飲み物に混ぜるなど色々してきましたが、以前、体験した黒巫女の儀式だな。と思いさっさと保護室生活は切り上げました。

僕は呪い攻撃や甘い罠、ハニートラップなどを、ユング心理学でいうシンクロニシティ、偶然や奇跡で霊能力者3人と出会い、回避しましたが、病院の理事長は、宇宙に開いてゆだねる。力が無いので、神様光のサポートが無いまま、今現在闇に取り巻かれたまま生活をしているようです。

理事長今後宇宙に繋がらない状態でどう闇の支配者と向き合うのか?謎ですね。

闇の支配者に理事長操られているみたいです

お久し振りです。以前、闇の支配者に狙われた事をコメントした。者です。

どうやら闇の支配者、僕が通院してる病院の理事長を支配しているみたいですね。

確かに組織の中心人物を狙えば組織の全体が手に入りますからね。

無理矢理精神科の医療保護入院で保護室に入れられて、以前の入院みたいに職員に嫌がらせや薬を食べ物や飲み物に混ぜるなどして受けました。

今回の入院で、やはり2年前にカウンセラーで文化庁長官をした方を闇の支配者が暗殺したかも?

とネットに書いたことは事実なんだな。と思いましたね。

まだ理事長、医療保護入院解除は20日以上経過しますが解除はしてくれませんが、

どのように理事長と向き合ったら良いのか?迷いますね。

No title

>紘子さん

素人相手にそのご質問ならまだしも
プロ相手に
ブログでそんな大事な相談を
ちょっと虫がよ過ぎませんか?

いくらネットが便利になったとはいえ、
あんまりじゃないでしょうかね?

No title

お子さんのことを心配されている親御さんに、もっと優しい物言いはできないものでしょうか・・・
残念な感じです

No title

>るーさん

では、あなたが優しい言葉を掛けてあげて下さい。

不登校対応は、安直に人に聞いて解決出来る問題ではないのです。
ここに質問者が「誰か教えてくれ」というスタンスでしたら、
教えたい人が教えたら良い。

乱暴に言えば、プロにタダで教えてくれ
何と失礼な発言かと思いますよ。
困っている人だったら
そんな見苦しい事が許されるのですか?
ここのブログ主だからではなく、
世の中のプロフェッショナルに対してですがね。

申し訳ないが
私は不快感ですよ。

No title

気にしないことと、自分の考えを自分で制御しながら良い物を巡らせること、普通の生活ができたらと思っております。
アドバイスいただきありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR