ケムトレイル

ケムトレイルについて個人的なまとめ♪

昨今、一部FB記事ではケムトレイルが話題にようですが、まずケムトレイルって本当にあるのか、あるなら何のために撒かれているのか、その建前と本音の違いはあるのかないのかから、グーミンなみなさまには考えていただきたいと思います♪。ケムトレイルは一般市民に健康被害を与えるそうですが、じゃあなぜ、そんなことをするんでしょうか?基礎知識としてよく言われるのは、先進国各国の政府と軍と製薬企業の共同プロジェクトで、政府は人口削減目的、軍は生物兵器実験・気象操作、製薬企業は病気を与え、その薬を売るためにやっているとされています♪。しかし残念ながらどこにも保証と呼べるものはありません。いくつかの情報がそれが実在することを示唆していますが、それさえもカモフラージュかもしれません♪。逆にいえばケムトレイルを盲目的に信じる人々は、癌に抗ガン剤が効くと信じているのと同じレベルだということもできます♪。

ま、有名なところでいえばスノーデンさえケムトレイルの存在を認めています♪。ただ、スノーデンはありきたりの温暖化防止の為と基本的にいっているので、うのみにするのは危険であると言えますが、デマだとしか言えない情報弱者って、イタイを通り越してただのアホですよね♪。アメリカではケムトレイルの研究をする科学者として有名なのがクリフォード・カーニコム博士。アル・ディスィッコも有名ですが、これらの人たちが扱っているのがモルジェロンズ病ですね♪。ほかに有名どころでは政府の財務長官補佐を努めたポール・クレイグ・ロバーツも言及しているとか♪。ロスでは2012年に「ケムトレイル会議・Major ChemTruthers Conference – August 17th 2012 – ‘Consciousness Beyond Chemtrails」っていう、オタククサい会議まであったくらいです♪。ほかにもA.C. グリフィス氏という内部者もいますね♪。リーディング大学のキース・シャイン教授はデイリー・メールにケムトレイルのことを述べていますし♪。

ケムトレイルは建前上「気象を調整するために軍が使用する場合がある」となっています♪。だいたい前は「気象操作なんてしてない」ってアメリカ政府は言ってた気がしますが、アホがすぐ信じてくれるので国家は楽な限りです♪。マジ、ワクチンとレベル一緒ですね♪。まあ、国家の言うことだから信用するなど無理なんですが、それでもケムトレイル否定しちゃうグーミンたちって「政府が直ちに○○は被害がないって言ったじゃないか。それどころかずっと危険なんてないんだ」って、真顔で思っちゃうくらいのグーミンなんですね♪。実際、アメリカ議会では(Experimental Weather Modification Bill(気候操作実験法案))がありますし、米上院の法案517と下院の法案2995は、気候の人工的な操作実験と気候操作政策を認める法案となっています♪。

ケムトレイルを調査している科学者が全国放送のラジオ、コーストトゥコーストに出演し、ケムトレイルの調査結果を明らかにした後に殺害されたという話もありますが、実際会ってないので知りません♪。人口削減が目的だという話もありますが、そう簡単に考えてはいけないと私は思っています♪。ま、ケムトレイルでもほかの陰謀論でもいいんですが、せめて「アジェンダ21」位は知りましょう。それくらいは知識にないと会話が成立しませんから♪。またケムトレイルの話を見極めたり、人類がその謎に迫るためにはせめて温暖化防止の嘘を知らないといけません。なぜ世界中で寒冷化の兆候もあるのに日本は暑いのか、その謎もいくつかの理由から予想を立てれるようにならないといけません♪。

だいたいケムトレイルを否定するなら、本論を全然言わないケムトレイル否定のクズブログじゃなくて、せめて航空管制がGPSによる自動操縦により行われているわけだから、おかしい航跡がいくつもあることとか、それが通常の航路と全く違う上に、世界中で通常航路より高い位置で認められていること、また航跡が曲がったりクロスしたり、格子になったりなど飛行機雲では考えられない状況はなぜ起こるのかとか、その割になぜ日本でもこれほど地域差があるのかとか、せめて真面目に答えてみてほしいんですよね♪。そういえばケムトレイルの質問されて、役人がテンパってる画像もあるそうですがもちろん妄想です♪。いずれにしろ大事なことはそういういろんな情報を知っていること、その情報もうのみにしないこと、そしてその情報が徹底的に明らかにされるような世界を作ることなのです♪。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

渇水対策のための人工降雨、降雪に関する総合的研究

ケムトレイルについて教えていただいてから自分でも空を観察したり
天気予報や実際の天気、そのとき流行っている疾病、など気をつけて
見たり感じるようにしていました。
いろいろ調べて、日本の気象庁はどうして何も言わないのだろうと思ってきました。
そして、こんな資料を見つけました。
平成21年3月6日の公開シンポジウムの資料です。
[人工降雨研究の最前線]http://jcsepa.mri-jma.go.jp/outreach/20090306/symp090306_murakami.pdf

JCSEPA=japanese cloud seeding experiment for precipitation augmeutation
http://jcsepa.mri-jma.go.jp/doc/statement_frame.html
 この研究がはじまったあたりから、日本でもゲリラ豪雨や異常的な
天候が増えているような。。。
今後も気をつけてみてゆきたいです。
様々な情報、ヒントを、いつもありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

モン**ト

田舎で雑草だらけの庭の自然の生態系を見てると分かりますが、近年着々と雑草が枯れているんです。夏場は生い茂っていてもいいのに。
結局、一般の欧米人たちも気がついたんです。
オーガニック・ベジタリアン or ビーガンでいると、無病になるうえ若返る。
ポイントはオーガニックである事。
フルータリアン位になると、かなり軽いですよ。身体もマインドも。
ここ最近は、あれを撒いた後に必らず真っ黒なヘリが飛んでいます。ロゴマークも見当たりませんでした。
これは、第二次世界大戦前からの世界の食を支配する壮大?な計画らしいですけど。
現に、米では近い未来、市民のオーガニックの自家栽培禁止になるうえ、種までコントロールされるみたいですから。
失礼な文章表現で申し訳ないです。

言葉づかい

言葉づかいの質の印象を高める事によって得られるメリットの方が高いのではないでしょうか。
やはり、濃密な文章能力より、表現力でみなさん購読されるかと思います。
未来の輝かしい大人たちに読ませられるように。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR