肉食と草食の不毛な宗教戦争♪

FBFのギャル卒業記念のために最もウザくてキモイ話である和食や玄米菜食系と、肉食や先住民系の食の整合性をつけることに書かなきゃいけないはめに・・・♪。ま、長いし個人観念も入ってますので、自分が正しいとか思うバカたちは読まない方がいいと思います♪。

玄米菜食系の主張の論拠は、日本人が農耕民族であることやガンや難病や膠原病などの病気(まさに現代病)が、それで回復した経験を多数持つこと(これは私もよく見かける)、植物の解毒力=科学的に言うと排出性栄養素やフィトケミカル、動物愛護的観念、土に慣れ親しむことや農業的観念、肉食系古代民族の平均寿命の低さ、人口増加に伴う狩猟や肉食の限界点などを考慮して、それを推奨してきます。これはこれで結果として出ているものであり、これを否定するのは部分的には単なるアホというものです♪。

肉食に代表される食や古代民族をモチーフとした食べ方は、人類の歴史の中でほとんどが狩猟だったということ(逆に玄米菜食系はその後の世代が農耕であることを強調)、古代民族の体の健康さや強靭さ、長生きする人の多さ(平均寿命の短さは幼児死亡と若者の事故死亡に起因する)、古代民族に野生動物と同じく現代病がないこと、アニミズム的思想のすばらしさ、日本の歴史的肉食禁止が嘘でありごちそうであったこと、日本人の中でもアイヌ人を参考とすること、狩猟民族的食事だと糖質含有が少ないこと、などを理由にそれを推奨してきます。これもこれで部分的には論理として通っており、単にこれを否定するのもアホというものでしょう♪。

しかしこれらには科学的に考えてもそれ以上で考えても、相互に整合性が取れていないことを指摘する人は皆無です。この話はまさに大麻などの話に通じますが、大麻の話が通じない人がほとんどなので、あまりそれを例に出してもしょうがありません。だから真面目に書きますがギャルが語っているように双方に意味があり、双方に欠点が存在するのです。

古代民族食は文献や歴史研究を参考としますが科学的観点は少なく、その結果彼らが野生動物と同じ死因で死ぬという観点をあえて無視しています。それは玄米菜食系でもそうですが、古代民族食は生で食べることが多いこと、たとえば感染症リスクの増加をもたらすこと、と同時に主要たる栄養素が非常に豊富であり命をそのままもらっていること、自然と一体化しているため精神的リスクが低いこと、定住化と国家化が少ないため貧富の差や現代病がないことを総合して考えねばなりません。また古代民族が生きている時代は現代と毒の分布が違う、ということを前提に考えねばなりませんが、そのあたりを古代民族食を語る人々は全くと言っていいほど話題にしません。彼らがすべて自分が正しいという妄想に浸るがゆえです。

逆に玄米菜食系は体にいいと勝手に言ってますが、栄養素だけでいえば古代民族食にかなう理由はありません。栄養的に考えればこれは明らかですが、この玄米菜食系には大きな利点があります。それは前述したように解毒的物質が非常に多いことであり、それが現代病を治療する利点でもありすごいと思わせる理由でもあります。まるで自然的に思わせる要因もそこに入っていますが、自然というだけを語るなら狩猟系の方がよっぽど自然です。ここで玄米菜食系を見るときに重要な観点は、「農耕がはじまって安定した定住生活が得られたと同時に、現代病は増えるという構図をたどり野生から離れた。マクロビや自然療法に代表される食べ方は、その結果生まれた現代病的なモノを、さらに治療するために編み出された食べ方でもある」ということに、人間が気付けるかどうかでしょう。しかしまた、彼らも自分が正しいという妄想が大好きです。

現代で肉食忌避を訴えるスタディのすべては、ある単一のたんぱく質だったりある動物を主でしか考えていません。総合的な動物を食べるという結果をとらえておらず、現代の動物に生態濃縮されたり入れこまれている毒物も全く考慮していません。そして肉食に関して調理の仕方の差もBBQがダメくらいでしか考慮していません。肉や魚の旬も考慮してないのです。しかしこれは玄米菜食側にも似たようなことが言えます。彼らは糖質の量には無頓着ですし(マクロビの砂糖とかホントになんとかして)、現代のコメなどがどんな品種改良をされてきたかも考慮しません。古来種の玄米は昔の果物と同じで品種改良されていないので、糖度が低く狩猟系がいう木の実に近いくらいなのですが、そんな事も知らない肉食系はその解毒力だけでなく木の実っぽい事も知らず、頭っからそれを否定してしまいます。まあ、バカだからしょうがないのですが、日本人は歴史を追うと一般市民の高齢者が以外と高かったことに驚きます。それはそんな現代とは違う、そんな玄米や穀類を食べているからでもあるのです。

ここまでは歴史や栄養学の初歩的な話ですが、こんなことさえ全部押さえていないのに、やれ肉がいいとかやれ玄米菜食がいいとか、どんだけアホでバカなんだか知れたものではありません。さらにここにソマチッドの理論、千島学説的理論、光子に関する理論、腸内細菌のこの一万年の変化に関する理論、日本で農耕がされてきたのは数千年前とか信じているアホな嘘、不食で生きている人々がどのような科学的理由によって生きているのか、うまいものを食べるということの精神的価値と健康への影響、なども総合的に考慮せず、手前ですっ転びながらどっちが正しいといい続けるアホだから、どこまでいってもアホだバカだと私はいい続けるのですが、彼らは理解力がないのでずっと自分の主張が正しいといい続けるでしょうね♪。

ま、長くなっちゃいましたが、予防的な観点できれいな世界が前提で地球が汚染されていなければ、そして古代民族の腸内細菌や遺伝子をそのまま近い形で受け継いでいれば、古代民族系の食事で人類は問題ないのです♪。もともと人間は狩猟を中心とした雑食系生物であることは生物学的には確かなのですから。しかし現在の世界は人口増加の問題があり地球汚染の問題があり、その地球汚染はどこまでも生物の方にこそ汚染が浸透し、さらに上から下から毒がふりまかれ動物食には解毒力がないことが問題視されるのです。違う表現をすれば動物食は動物が植物の解毒力を使ってしまうため、さらにその動物を食べるものは解毒力の恩恵をこうむれないという表現も出来ます。このような観点があるので玄米菜食に利点がないわけではないのです。

また、日本は世界の中で最も微生物文化に優れていますが、これは地球の真理そのものでもあります。その原点を受け継いでいるのは植物性食品の方が主のため、それも考慮しなければなりません。これの代表がいわゆる植物性の日本発酵食品ですが、土の育て方そのものにもつながってきます。だから玄米だけなく野菜だけでなく、いかに発酵食品や菌モノを食べるかが健康という側面では問われてきます。菌モノは栄養素的問題もありますが解毒力という観点からも重要なので、現代は肉だけじゃ物足りないのです。

実は海外の医学研究なのであまり参考にしたくはありませんが、遺伝子研究ではどんなにきれいな肉を食べても、体に合わなかったり病気になる人がいることが見えてきました。その逆にどんな自然農で種もきれいなモノを食べても、同様の人がいることも見えてきました。これは単なる一例ですが、結局ライオンは野菜を食べることはできませんし、シマウマは肉を食べることはできないのです。しかし今のような食論者は、全員ライオンに野菜を食べることが正しいと主張し、シマウマに肉を食べさせることが正しいと主張するのみです。残念ながら人間はそのように画一的ではなく、数千年の歴史の中でも変貌します。日本が農耕をしているのは歴史のウソも相まって、一万年以上前から農耕をしていると推測されます。その一万年も狩猟期間と比べると短いですが、体質や遺伝子や細胞共生が変化するには十分すぎる時間なのです。

といっても、私は最後は人それぞれが自分の食べたいモノを食べ、うまいと思って食べて文化も背負って食べて、人類存続も考慮して食べてもらえば十分です。肉食魚食を中心にだけ考えれば、間違いなく欲望だらけのニンゲンはそれを食いつくすことになるでしょうし、すでにその段階に入っています。だから私は農耕も野菜食も否定しませんし、歴史の変遷に応じて腸内細菌も遺伝子も全て変化していくので、それに応じて現代風に変化させればいいとしか思っていません。それを考えたうえで普通に皆さんに雑食を勧めています。FBでぐだぐだあの食事法が正しいこれが正しい言っている人がいますが、はっきりいって宗教やマルチと何のかわりもありません。私は社会毒は避けた方が調子がいいし安心だよ、100年前にさえ全てなかったものだし毒性も現代科学ではっきりしているよ、と日々言っているだけなのです。

ちなみに私の食べ方を少し書いておきますと、私は晩酌を普通にする人間なので、基本は古代民族系に近い、肉や魚や野菜、海草や木の実やキノコや貝などを主として食べています。ただし日本の発酵物である味噌、醤油だけでなく、梅干しや漬物は好きですし、玄米や週に一~二回食べています。一日一回食が基本でこれも古代民族や野生の肉食動物に近いですが、二回で食べる時もたまにあります。砂糖や甘いものや牛乳はギャグ以外では一切食べませんが、ラーメンは月に二~三回くらい趣味で食べます。健康よりおいしいと思うモノを食べたいと思うからで、これは個人の価値観でしょう。だから私からなんか参考にしたいと思う人には、ぐだぐだ食べ方をいうより毒や最低限避けるべきモノを避けて、おいしく食べてもらえば十分だと思います。こう考えちゃって双方のアラも自分のアラも透けて見えてきちゃうのは、やっぱり虚無主義的だからなんでしょうね。

さらにそもそも論でいえば、肉食がどうとか草食がどうとかいったり、自分の対立軸の同じレベルの市民をぐだぐだ言うニンゲンたちは、宗教以前に健康オタクであるということの問題をもっています。健康でいたいなら健康であるな、つまり不調も自分の声として自然のままに生きるなら食いたいように食って、死ぬときには死ね、を実は全く実行できていない人々なのです。これが医学不要論の根幹なのにねえ。私は最低限の毒を避けることとそんな毒が普及させられないようにする世の中を作ろうというのが主で、こんなバカげた肉食草食論争になど興味もありません。それを表現しているすべてのニンゲンは所詮新興宗教以下の人々ですが、自分では高尚だと思っているのが痛すぎて笑っちゃいます♪。野生動物も古代民族もこんなつまらんことで自己正当化なんてきっとしないでしょうにね・・・♪。人間は自分が食べるべきモノを本当は自分で知っているのですよ、依存物質におかされていなければね・・・♪。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

結局のところ、いくら知識をもっていても、それをバランスよく処理していくことは人間(並みの人間)には不可能だと
いうことなんじゃないでしょうか。それよりも、感覚のレベルに価値を置く、つまり、ある食べ物を食べたときどう感じたか、あるいはある場所に行ったときどう感じたか、などが大切なんじゃないかなと思います。あとはまあ、何事もほどほどが一番いいんだという先人たちの教えこそが正しいんじゃないかと思いますけど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

病気の根本原因

ガン細胞はミトコンドリアが活動できない(ATPが作れない)で、解糖系がATPを作っている細胞です。
ガン細胞が発生・増殖する環境は、ミトコンドリアが活動できなくて、なおかつ解糖系が活動できる環境です。
具体的に言うと、乳酸菌出身の解糖系が活動できて、弱アルカリ菌出身のミトコンドリアが活動できない酸性環境。
つまりpH5~6の酸性環境で、ガン細胞は発生・増殖します。
ミトコンドリアが活動できず、解糖系がATPを作ると、大量の乳酸が発生します。
ガン細胞から分泌する乳酸が、周囲をpH5~6の酸性にします。
すると周囲の正常細胞のミトコンドリアも活動できなくなり、解糖系が主に活動するガン細胞に変わっていきます。
解糖系が亢進して乳酸を大量に分泌して、周囲の正常細胞までガン化させて増殖する訳です。

精製糖質の過剰摂取が、現代にガンが蔓延している1番の原因です。
糖質が悪いのではなく、糖質がピルビン酸や乳酸になって細胞や血液を酸化させて、ミトコンドリアが活動できなくなることが悪いのです。
穀物を精製しすぎて、ビタミン・ビタミン様物質・ミネラル・アミノ酸などを剥ぎ取ってしまうので、糖代謝に異常が起きて酸性に傾きます。
糖質が悪い、肉食が悪いではなく、乳酸によって酸化した環境でミトコンドリアでエネルギーが作れない状態が悪いのです。

乳酸菌はブドウ糖を乳酸に変えて活動する原始的な細菌です。
同時に乳酸によって周囲を酸性に変えて、他のバクテリアを住めなくして、勢力を拡大する特性があります。
乳酸菌出身の解糖系は、本能的にブドウ糖を求めます。
人間の1部は解糖系ですから、ブドウ糖を求めるのは本能です。
ブドウ糖をピルビン酸に変え、それをミトコンドリアが利用して、酸素と反応させて大きなエネルギーを得て進化しました。
ピルビン酸をアセチルCoAに変えるビタミンB群やマグネシウムが不足すれば、ピルビン酸は乳酸に変わり、酸性環境を作ります。
乳酸菌出身の解糖系は、ミトコンドリアが活動できないと、本能的に乳酸を撒き散らしながら勢力を拡大します。
これがガン細胞です。

pH5~6の酸化した環境が、ガンの発生・増殖環境です。
pH5.7で出来るSTAP細胞は、30分という短時間でなければ、ミトコンドリアが活動できないガン細胞に変わる細胞です。
STAP細胞は、ガンの正体を暴く恐れがあるので認められません。
ミトコンドリアが活動できず、解糖系のみが活動できる環境でガン細胞は発生し増殖する。
これがわかれば、肉食・草食などで争うのは意味がありません。
ただ現実に白米や白砂糖の過剰摂取による乳酸の大量分泌で、ガンや慢性病になる現代人が多いので、現実的に糖質制限は意味があると思います。

http://16296315.at.webry.info/
「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」というブログに、詳しく書いています。
解糖系とミトコンドリアという、最適pHが違うバクテリア同士が一緒になったので、問題が起きるのは当然です。
単純な解糖系に比べ、複雑なミトコンドリアの方がデリケートです。
pH5~6という酸性環境でミトコンドリアが活動できないのですから、それをpH7.4前後の正常な弱アルカリ性に戻す必要があります。
酸性環境では活動できないミトコンドリアにエネルギー生産を頼っている人間は、ミトコンドリアが快適な弱アルカリ性の環境を意識して維持する必要があるのです。


童話めかした本当を

これは夢なんですから、補食された動物たちの。死んだウサギ君や牛さんの夢のなかです。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR