子育て 

子育ての話も少し書きましょう♪。
子どもを守りたいと思うのであれば必ず手作りで料理を作ってください。つまり子どもが不健康になる要因の一つが「加工食品」です。冷凍食品などを使ったり加工食品を電子レンジを温めるなどということをやっている限り、その子どもを守れるなどということはありえません。加工食品は添加物たっぷりのところに、さらに残った数少ない栄養素さえ電子レンジで破壊するものです。顕微鏡で見ると電子レンジで温めた食品はボロボロなのです。

肉は食べたいというのが子どもの人情ですが、であるならば抗生物質やホルモン剤を使っていないところを探す工夫も必要です。それが手間だというのならやはりアメリカ牛とブラジル鶏だけでも避け、グラスフェッドビーフ(いわゆる牧草だけで育っている牛)などを購入するようにしましょう。オージービーフやニュージーランドビーフでこだわりをもっているところなら、グラスフェッドビーフは比較的存在します。卵も自然飼料にこだわった方がいいですが、そういう卵はいわゆる「レモン色の卵」であることを知っておくといいでしょう。

子どもと食に対して親に頑張っていただきたいことがあります。それは給食の問題です。現在、給食というものは毒だらけの餌付けに等しいことをあなた方は理解できるでしょうか?。給食問題はほかの識者も唱えられており「給食で殺される(共著)」という著書まであります。本当に子どもを守りたいと思うなら給食の改革については、全国で是非にもやっていただきたいと思います。すでに有志は一部実行していますがまだまだ人数は少ないのです。ただでさえ牛乳利権とアメリカ利権が密接に結び付き子供の健康を害していますが、これでTPPが導入されれば低コストを理由に、給食はさらに目も当てられぬこととなるでしょう。常に犠牲になるのは子どもであるということを忘れてないでください。

いまの社会には抱き癖という言葉がありますが、これは子育ての上で最もよくない言葉の代表格です。子どもは幼少期から抱っこしなければなりません。それは肌を触れ合わせること、自分が支えてもらっていることを感じさせる重要性であり、胎内記憶にも通じるものがあります。子育てをしているときにベビーカーなんて使っている母親は、「アホ」だと思うのが一番手っ取り早いのです。

これらは研究上も示されていることがいくつかあります。肌を触れ合う時間が長い親子や民族は、トラブルが少なく攻撃的になりにくく、逆は共存的で平和な考え方を持ちやすいことがわかっています。もともと抱き癖に代表される考え方は欧米思想のなれの果てであり、その教育法が日本に入ってしまったおかげで、日本の子供の劣化がすすみ日本の家族間信頼も薄れてきたといえるでしょう。

抱っこにもコツはあると思いますが、私の個人的意見としては抱っこの仕方になぞこだわる必要はありません。それよりも抱っこするということが重要であり、抱っこできない年齢になったら今度は肩車など、思春期に至るまで触れるということが重要です。子育て四訓という有名な言葉がありますが、幼児は肌を離せ手を離すなとありますが部分的にはどうかと思います。確かに時間を少なくすることは必要ですが、自我が形成されてきて最初の記憶が形成されるこの時期は、親に抱っこしてもらったり触れてもらうことの重要性が問われています。

親自体にも好影響を及ぼしますし、長期的な家族関係にも必ず役立ちます。子供はもっと抱っこすることが大事なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

実践は難しい

この手の問題を理解する人はそれなりに多いと思う。文明が発達するほど人間は衰えていく、医療も進化するほど病人は増える。まあ少数派だろうがアホ日本人のなかでも理解できる人は多数いるだろう。しかし実践できるとなるとなかなか難しいだろう。現代日本には経済的余裕、時間的余裕がある親がどんどん減っている。せめて幼児虐待だけでもなくなってくれれば・・・と願うが到底無理だろう。子にとって一番の教育者である親たちを教育しなければならない時代が虚しい。

No title

アメリカ牛が健康上良くないということは聞いていましたが、ブラジルの鳥が悪いというのは初耳でした。肉はあまりたべないようにして、食べても鶏肉のささみとかにしようと思っていたので貴重な情報でした。やはり飼料やホルモン剤の影響なのでしょうか?また某有名ファストフードチェーンの肉はオージービーフとうたいながらも、その実ホルモン剤使いまくりの危険なものだと聞いたことがあります。単純にオージービーフだから大丈夫なんて信じてはいけないのかもしれませんね。
それにここはトランス脂肪酸の自主規制すらしていないですから。成長期の子どもには絶対食べさせたくないですね。

No title

仰る通り。

ほとんどどんな時もだっこをしていた我が家は、
子どもが乳幼児の時はほとんど泣きませんでした。

夜泣きもオネショも無し。そんでもって、
断乳を3歳でやったので、
3歳まで風邪などひかず病院も用無しで、
断乳後熱を出したり小児科に行く事になったので、
母乳からの免疫は凄いと実感しました。
ベビーカーも買いましたがほとんど使わず、
ダッコ帯で移動は公共機関、
随分見知らぬ人に親切にして頂きましたので
世の中まだまだ暖かいと感じました。
子は社会の宝だと思いますし、
社会全体で育てるものだとも思いますが
優しくされて当然、
配慮されて当然という主張ばかりでは
誰も助けないんではないか?と
今の若いママを見て感じます。
何よりも子どもが他人の暖かなまなざしに触れる機会って
親が作るものだと思います。

No title

99%と、医者いらずの食、どっちを買おうか悩みましたが、「食」を購入。頑張って料理します。
気になったのは、p227のたらこ。これは無添加のものを探すのは相当難しいのではないかと。確か、安部司さんがそのような内容を書いていたような(定かじゃないです)。あと、カレーは、ルーを使ってしまいそうですが、カレー粉で作るバージョンですよね。

安部さんに対して言われていましたが、私もそうです。「想像力の欠如」は、愚民政策に盛り込まれているのでしょうか。9.11の時も、アメリカの映画だろう位にしか感じませんでしたし、3.11も、テレビの向こうの出来事だと認識していたように思います(福島の方々に申し訳ないです)。
映画やドラマ、小説、みんなそのようなものの為にあったのだろうかと、ちょっと悩みます。

私は超毒親に育てられました。今、子供と触れ合うことで癒されています。

内海聡さんの本は、図書館でも既に焚書状態に近いです。手に入らなくなるかもしれないので早めに購入しなくちゃと思っています。

No title

おっしゃるとおりです。

私自身、記憶が始まる頃から、父母にだっこはおろか…触れただけで拒絶されていました。

手を振り払われたときのあの寂寥感…子供には耐えがたい孤独感に襲われたものです。

ものごころついたときから人間関係にとても疲れやすく、そのくせ攻撃的なため、ますます人を遠ざけて、孤独にひとり落ち込む…というサイクルです。(今もです)


我が子にはあんな思いを絶対させまい、と
臨月のおなかを抱えながらも、上の子の抱っこを決して拒みませんでした。もちろん下の子も「抱かれる子供はよい子に育つ」と信じて、
抱っこやスキンシップを大事にして来ました。

2人とも、人の輪の中でくつろげる、かつ温和な自己主張もできる心身ともに健康な子に育っています。





No title

内海先生も子供にだけは愛がありますね、ガキどもが狙われているのは確かですね。

マーガリンに牛乳に危険な食べ物がたくさんありますね、もっとも汗を出せばまだ、毒は抜けますが遊ばないで塾や習い事をするガキも存在します。

そこで、喘息やアトピーになり、無意味で不要な薬を服用され、病弱になります。

毒親ですかね? 上記の記事で紹介されていた食品やレンジを使用を継続して、アトピー・喘息になり薬を服用するのが製薬メーカ食品メーカの方程式です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR