断食について

巷で流行りの「断食」について引用してみる。この内容は船瀬氏の著書の引用なので、詳しくは「3日食べなきゃ、7割治る(三五館)」をお読みいただきたいが、経験上思うのは精神薬の禁断症状や重度な後遺症などの場合には、断食はあまり向かないと思っている。その理由と断食の利点はそれぞれで考えていただきたい。
病気を癒す。治す。その方法は5つあります。その内容とは、①「少食」、②「笑い」、③「感謝」、④「長息」、⑤「筋トレ」です。

①ファスティング(断食):万病を治す妙法です。病気になっても「食うな」「動くな」「寝てろ」で、免疫力、排毒力が増強し、みるみる治っていきます。それはあっけないほどです。少食のプチ断食でも、目を見張る効果があります(第1章)。風邪、腹痛、下痢、頭痛から、便秘、アトピー、水虫、腰痛、うつ、糖尿病、心臓病、肝臓病、透析患者まで治ります)。さらに現在、ファスティングはガンまで劇的に治します。不妊症やEDまでも見事に改善するのです。
 
②笑い:笑えばガンも治ります。ガンと闘うNK細胞は6倍も増えるのです。免疫力がアップし、アトピー、リウマチ、糖尿病、高血圧など、あらゆる病気が快方に向かいます。「笑い」の医療効果に、あなたは驚嘆するはずです。

③感謝:「ありがとう」は万病を癒す〝魔法の言葉〟です。「感謝」の「心」が難病も治す。そのメカニズムは最新脳科学で立証されているのです。
 
④長息:息を深く、長く吐く。それだけで「副交感神経」が働き、血行が促進され、あらゆる病気が治っていきます。万病は低血流、低酸素から発症するからです。呼吸を数える「数息観」がおすすめです。
 
⑤筋トレ:筋肉からは病気を治す若返りホルモンが放出されます。それは、筋肉量と活動量に比例するのです。病気、老化の大きな原因が筋肉の衰えです。筋肉を鍛え、増強すれば、若さの治癒ホルモンが出て、病気も改善します。
 
――以上が、病院に行かずに治す療法です。これらを総合して行なえば、奇跡的な治癒効果を発揮、生き生きとした健康、長寿を満喫できることを保証します。そのうえ、お金はかからず、誰でもできて、楽しくて、さらに副作用はゼロなのです!


断食にもいろいろあります。

▼プチ断食(半日断食):朝食を抜く。ただそれだけ。もっとも簡単です。そして、効果は高い。甲田医師も推奨しています。これは、一生続けられる少食健康法です。
▼一日一食:これは、わたしのライフスタイル。じつに快調です。最近、一日一食主義の人が増えています。なんと、ビートたけしさんも一日一食だそうです。わたしは、無理はしない。友人たちとの旅行などでは三食いただきます。ただし、食べると体が重くなりますね。
▼三日断食:本書では、これを中心に勧めています。これなら、自宅でもできます。
▼七日断食:自宅でも可能ですが、意志が弱いと復食のとき食べ過ぎるなど〝事故〟が起きる場合もあります。専門家の指導の下でやることがのぞましい。
▼20日断食:これは、かつての断食療法では通常期間だったのですが、現代人は体力が落ちているので2週間ほどにしているようです。
▼水断食(本断食):もっとも古典的な方法。水分と塩分の補給のみで行なうものです。7日でも管理者の下で行なうほうが安心。
▼野菜ジュース断食:野菜や果物ジュースなどを摂りながら行ないます。それだけ身体も楽です。
▼酵素断食:生体に必要な酵素のみ補給しつつ行ないます。これは、水断食より、もっとも効果的と指示する医師も多い。
 
ファスティングで大切なことは、心構えです。
 
不安感や恐怖感を抱いて、行なってはいけません。それは、マイナスの効果のみ与えるからです。これで、健康になれる。スリムになれる。そうポジティブに考えて、わくわくしながら始める。それが大切です。また、断食中に不安感などに襲われたら、そこで中止するのが賢明です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

薬のプロが言っていました

池谷裕二さんが、脳はこんなに悩ましい(この本はお下劣なのでお勧めできません)の中で、うつ病は食事や暇ができた事、運動不足が原因と言っていました。散歩で治るんなら薬って一体何と思います。私達愚民は大事な事を忘れているんでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

精神薬をのみつづけていると体内からカルシウムが失われていきます。そこで筋トレのようなきつい運動をすると体に過度の負担がかかり、ますます心身ともに疲弊してしまうんじゃないでしょうか。だから精神科の患者さんは
ちゃんと食べて、寝て、ウォーキングやヨガなどの軽めの運動をして、心身の回復を図るべきだと思うんですが、どうでしょうか。

No title

 私は、生れた時から、朝は食べません、理由は朝に食欲がないからです、学校や職場では煩いくらい、朝飯を食え・朝飯を食えといいます。

 私の場合は意識して朝を取らなかった訳じゃないですけど、結果的によかったんですね。

 朝から食欲がある奴が信じられませんでした。

 栄養過多が子供の生れない一つですから、人工削減を目論むユダヤギャングは朝飯を取ることを推奨するでしょうね。

 肉体労働じゃない人は1日1食の方が丁度いいと思います。

人生活動

24時間、臨機応変。

心身の自然反応にまかせている人は、
応病与薬は、自分で決めています。

下痢・食べ過ぎ・食欲不振時のみ、断食します。
自治慰行為は、強いてしません。

感謝も笑いも、外界の刺激に対する自然反応で、
強いて感謝しよう、笑おうとしては、ますます悲観に陥ります。

すでに毒事物人禁断症状中の人は、
キ医さんの言われるように、自分でよ~く考えましょう。

知りたくて(懐疑)調べて(詮索)こそ、正しい知識に進めます。
自発活動をして、お腹が空いて、食べたくて食べれば、
毒以外は、何でも美味しく栄養になります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

共済立川病院の誤診(殺人未遂)事件の応援ありがとうございます

内海先生のおかげで、おおまかな経緯をブログにて公表できました。本当にありがとうございます。

記事がいくつか公開後に削除されましたが、ほとんどの記事は無事に公開できました。最初は、途中でブログが消滅するか、どちらかに(口封じなどで)死人が出るかと思っていたのですが、現時点ではどちらも起きていません。奇跡としか思えません。

離脱症状も断薬から18ヶ月経って、いくつか感覚が戻ってきました。目のピント調節や手指の感覚など、日常生活が楽になってきました。
また、今まではブログの事で過度の緊張状態が続いていましたが、ようやく少しゆっくりできそうです。

このたびは、本当にありがとうございました。

No title

私は10代から摂食障害でしたが、断食に免疫力や排毒力を上げる力があると言うお話は心にストンと落ちるものがあります。
嘔吐・下剤乱用が日常茶飯事でしたが痩せたいと言うより、食べずに消化器官をすっからかんにしたい気持ちと何かを出し切ってしまいたい気持ちが確かにありましたよ。上手く言えませんが今回のお話は気づく事が沢山です。

数年前から息子の花粉症を治してあげたくて様々な事を始めたら私の摂食障害もなくなる体験をしました。アレルギー対策で一番大事なのは社会毒の排毒ですよね。結局腸内環境改善してから良くなったのですが、腸は解毒・排毒・免疫などなど・・の中枢です。腸改善と言うより根本的なところで体質改善が始まったことに今気が付きました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR