薬物中毒にならないために

前回までで、精神薬の怖さや精神疾患のいい加減さ、精神薬の存在の意味を述べた。繰り返しになるが、精神薬を飲むなら心してほしい。一旦飲んだらほぼやめられないと思ってよい。副作用はどれか出ると思った方がよい。飲んだところで根本的には何の解決にもならず、飲んだ時だけハイになるか鎮静されるかの一時しのぎと思った方がよい。それでも必要な人がいるかもしれないが、であれば上記のリスクを抱えることを承知の上で飲んでほしい。この情報社会の中で飲んでて何も知りませんでしたでは話にならない。
最近私は依存も離脱症状も対症療法であることも説明するが、1分あれば十分である。それで飲みたい人しか精神薬を出す気はしないし、セカンド系クレーマーみたいな人たちは、どうせ飲んでも飲まなくても文句ばかりでよくなりはしない。理不尽で二律背反な欲求を難患者たちは繰り返し、それらをすべて根拠もデータもない利権がらみの学者がこしらえた「精神病」のせいだということ自体、すでに矛盾しているのだから。

精神科医に癒しを求めるなと書いたことがある。残念ながら精神科医は癒しの技術など教わらない。そんなもの身に付くものではないし、教えられているのはただひたすら精神薬で、頭がおかしいと「彼ら」が思っている人を、薬で鎮静するというその一点だけである。震災で心のケアが必要=精神科を受診、という流れになっているようだが結局薬を投与されるだけである。一時的に飲むとか期限を決めて飲むとか、しっかり管理できるならまだしも、なし崩し的にずっと飲むことになり、飲む理由はPTSDがあるからになることは見え透いている。

精神を改善するのは所詮自分自身でしかない。他の誰も助けてはくれないし、カウンセリングなどというものは自分の考えに気づくためのヒントでしかない。それ以上のカウンセリングは意味がないか偏狭的なだけである。
いや、よしんばそれで改善したとしても、それが人生として吉と出るかどうか、大いに考えねばなるまい。もしカウンセリングで治「されて」しまったら、それは過保護で他力本願そのものではないか。そうすると苦しみからは逃れることができても、先々の困難に立ち向かう考えは失せ果て、何事においてもリスクから離れて行動するようになりかねない。戦前の人たちは皆PTSDだが、ほぼすべての人が、力強く何の治療をせずとも改善したといえる。人間は日々ストレスがなければむしろ腐っておかしくなるのである。あたかも重力がないと人間の体がぼろぼろになるように。

では鍛えるとはどうするのか。一義的にはストレスのある環境に自分を置くことだが、そのストレスを逃がす方法も同時に作らねばならない。患者として来院する人は、自分のストレス解消法さえ持っていない人がほとんどで、日々の中で休む時間と場所を作らない限り、ただ頑張っても意味はない。当たり前の当たり前を言うなとまたいわれそうだが、それさえも守れていない人たちばかりだから仕方ないのだ。

さて、もしあなたが患者で体はなんとか動くのなら、まずは運動することである。運動にはいろいろあるが激しければいいというものではない。自分が好きな運動をすすめるが、長続きすることを最も重視する。運動とは別に踊ることもおすすめで、踊るにはいろいろ種類があるが、好きなものでよいし嫌いな人には無理にすすめない。古来人が踊ることは精神発露と不分離な関係にあった。古人は薬などなくても何とかできていたともとらえられ、その意味では今の人間のほうが退化していると考えることもできよう。

運動などできないといって引きこもっている人で、しかし少しでも良くなりたいと考えているなら、まず食事や世話などを世話してもらっている人(ほとんど親だろうが)に、やめてもらうよう頼むことだ。水だけは部屋に置いておく。親が自分で判断してやるのも結構だが、親だけで判断すると悪化して入院になる可能性もあるので、自己責任でやってほしいが・・・

踊るとともに歌う事も大事だと思う。下手で結構であり、恥ずかしければカラオケにでもいけばよい。音楽療法というものがあるが、聞くだけでは半分しか意味はない。古来歌うのも同様の精神的効果があったのだろうと思う。

私はサウナ風呂をよくすすめる。古来サウナ風呂は白夜のフィンランドで生まれたので、不眠に対して効果があり、かつ副交感神経優位になるし汗をかくのもそのまま治療となる。たいしたものではないが熱気浴で我慢し、冷水浴で我慢するので繰り返せばプチ修行みたいなものともとれる。これで劇的に良くなった人を結構知っているが、これは温泉でも似たような効果が期待できると思う。血行を良くする以外にも効能があるのだろう。

囲碁、将棋、チェスなど古典的ゲームには意味がある。単純だが奥深くその中で相手の心理を読む必要があるゲームである。自閉症や発達障害とよばれる人たちには特に囲碁がお勧めだと思う。実際自閉症治療に囲碁を用いているところがあるという話があり、プロ棋士で教えている人もいるという。プロ棋士を思い起こしてみれば、正直「オタク」くさい人が多いと思うが、そういう発達障害傾向の人がしっかりとした社会人になるために、こういうゲームはかなり役立っていると思う。逆にテレビゲームや携帯ゲームは全くお勧めできない。自閉傾向の強い人がやればまず「ネトゲ廃人」になる。

農業や自然に親しむことはなにより重要である。大きな目でとらえれば、人間の動物的感覚や根源的欲求を、人間的欲望や社会の中に押し付けた結果、病気であると判断したり体調を崩しているケースは多いと言える。自然の中で一人暮らししたり農作業に従事して良くなった人を何人も知っている。農作業とか自然に触れるということはそれだけで一種の鍛えになっているとも言えるのだ。

お酒は飲める人は有効活用してもらいたい。どうせ薬に依存するくらいならアルコールの方がまだ「まし」である。アル中も二日酔いも飲みニケーションも共通認識として世の中に成立しているからである。誰かと飲みに行ける人はその段階で精神病になどならぬものである。

ここまでは鍛えるといった類のものではなく、次回はもう少し厳しい鍛え方について書いてみるが、これだけで改善した人が本当に沢山いるものなのである。薬を飲む前にこの程度意識するだけでも、一体どれだけの人が薬物中毒になるのを防げるか、数えようもないほどなのだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

世の中は薬物中毒ばかりである。覚醒剤ではない。医療用薬物である。おそらくうまく使えば役に立つのだろう。しかし現在では役に立たない人のほうが多い。副作用で困っている人のほうが多い。もっと危険性をアピールすべきである。アピールしすぎて困ることはない。少人数がアピールしたところで権威たちの力のほうが強いから。

No title

//逆にテレビゲームや携帯ゲームは全くお勧めできない。
 → なぜおすすめできない?疑問にいつも思っている 
   のだが?

No title

理由書いてあるみたいですけど。。。。

No title

21:08さん ナイスです!!((*´∀`))

病前性格2

なぜスポーツ選手や芸能人に少ないのか

スポーツ選手は鍛錬を通して協調性や思いやりも身につける

また芸能人は人柄が良くないと良い曲とか仕事をもらえない

患者の性格は人に嫌われる性格 あっさりしてない、未練たらたら、ケチ臭い、嫌な性格 結局はイジメ等で精神科に来て薬漬けになっただけの事です。

No title

今の世の中全部病気のせいになる。精神病に限ったことではない。
老化も感覚さえも全部治せると勘違いしている。受け入れることを知らないのではないか?

珍パンジーさんごめんなさい。

先生にとっては、訳が分からんでしょうが掲載希望です。
珍パンジーさん。僕の勘が当たってしまいましたね。あなたが見つけたイエロークロスバイクの止まっていたアパートの向いの庭の広い平家(無駄に大きい家)が僕の家(S病院とK旅館の北、数百メートル)ですよ。
一度、会ってみたいです。今、二度目の減薬中です。
眼球上転が出やすくて、家にいます。珍パンジーさんも現在、家にいる事が多いのでは?
珍パンジーさん。ごめんなさい。

No title

>理由書いてあるみたいですけど。。。。

   → 理由はどこにかいてある?(結果は書いてあるが。)

あなたの電話番号は?

今、ちょっぴり弱っていて声が聴いてみたいです。
珍パンジーさんの家の電話番号は、電話帳で、あなたの名字の何番目に掲載されいますか?
こうしてるだけで元気がでます。

精神科医や看護婦はお互いに顔を見合わせた時にどういう思いなのか?(精神薬=毒=病院関係者=麻薬売り)

私は精神科医やその周囲の医療従事者の頭の構造が知りたいのです。奇麗事並べて患者に説教して毎度のように精神薬を投与して患者をダメにしてゆく。医者や看護婦が互いに顔を見合わせた時にどんな感情が湧くのか?ああ精神薬の事(毒だから絶対に飲まれん事)を知っていて良かった!と思っているのか?毒を飲まし続ける医者をどんな思いで先生と毎日呼んでいるのか?そこに勤める自分が恥ずかしくないのか?

精神科医はいつか裁きを受けるでしょう

精神科医の犯罪の大きさは歴史上でもあまり例がないと思いますよ。精神薬は麻薬以外の何物でもない!精神科医や看護婦は自分達は飲むのか?自分の子供には飲ますのか?親類中に精神薬は絶対に飲まれんと医者や看護婦が言っているんじゃないのか?それを患者に飲まして無能にした上で病気のせいだ!努力が足りない!はひどい。それなら自分が飲んでみろ!毎日毎日精神薬の副作用で苦しみ毎日屈辱に耐え喉が渇き異常な空腹感や食欲に苦しみアカシジアや錐体外路症状や…


しかし今までは一切、薬の作用だとは言わなかった。

恥を知っているのか精神科医は?麻薬を飲まし続けて精神科医は当たり前じゃないなあ?

よくも病院などと看板出してるな。精神科で治った患者いるか?当たり前か?精神科医は何者?よくもバチが当たらないなあ?こんなひどい事がよくまかり通るものだ!異常としか言いようがない!麻薬を飲まし続けるのが医者とはひどい世の中。

パーキンソン病になる前に精神薬を断て!

精神薬は馬鹿にする薬。最後にはパーキンソン病にされる。患者は精神薬で馬鹿になった。患者は馬鹿ばかり。精神薬は脳細胞を壊死させる。患者の馬鹿具合は量と期間に相関関係にある。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

アス君さん、服薬はきちんとしていますか?
私はアス君さんの住んでいる家もわかりませんし、
電話帳にも私の名前は載っていません。
何か困った事でもあったのですか?

僕の勘ちがい?

に、しておきましょう(^^)v (ウィンクのつもり)(意味分かるでしょ?)
観光業ファイトー!!
もうすぐ元気になります。落ち着いて業務ができますように!
では、妄想タイムおわり。
ご迷惑おかけしました。勘違い、勘違い。
安心して下さい。会う事はありえませんよね(^^)v(ウィンクのつもり)
偶然会っても知らんぷりしましょうね。(妄想、妄想)(笑)
安心して、いい夢を(^^)v(ウィンク)
訳分かんなくてごめんねm(ーー)m
東洋医先生、ごめんなさい。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR