空気と水

医学や薬や食ばかりで、以下のことさえ考えない人ばかりなので一応書いておきます。

呼吸の重要性

医学だけでなく食などの問題をよく取り上げていますが、もしかしたらそれと同じかそれ以上に重要な問題があります。それが空気であり息であり呼吸法です。実は盲点になっていますが、空気は食う気であり息は生きと表現できるのも面白いことだと思います。ここでは長息と腹式呼吸について書いてみます。これは誰でもできることなのでどうぞ拡散してください。

長息は文字通り一つの息を長くすることであり、やろうと思えば誰でもできることです。あらゆる古代的な手法論が長い息を勧めており、経験的にもいいことが多いのは確かです。医療関係者ならわかりますが、テンパっている人もパニクっている人も息は非常に短く、そもそも呼吸の仕方さえ知らない人がほとんどであり、であるにもかかわらず病気だなんだ言っても、説得力がかけらもありません。ただ単純に知らないだけです。

ヨガなどで使われる禅定呼吸と呼ばれる手法の場合、座ったままの状態で息をまず鼻で吐き出し、その後口ではっはっはっとさらに出し切ります。この時へその下(いわゆる丹田)に意識を集中して、吐き出すときに腹がへっこんでいくように吐きます。これがいわゆる腹式呼吸であり、吸うときに腹が膨らむわけですが、ほとんどの人、特に女性の場合は吸うときに胸が膨らむ胸式呼吸をしており、これは心身の状態だけでなく美容にさえ悪い呼吸と言えます。

私は東洋医学から入ったので少しだけ勉強したのですが、呼吸時は呼吸だけでなくいろいろ意識するとさらに効果が増します。体のある部分に意識を向けることを、気功の言葉では「意守」あるいは「凝神」などといいます。意守の場所は世の中風にいう「ツボ」と言われる場所であり、胃を強くしたい場合は足三里、頭痛があるときや頭痛もちは大敦、不眠の時は勇泉もしくは失眠などを意識しながら長息を行います。それぞれのツボの位置は自分でご確認ください。

このように自分で、しかも移動時間やヒマな時にでもすぐできる、呼吸と精神の安定法はたくさんこの世界にあります。これはほんの初歩中の初歩ですが、見つけようとすればあるものをニホンジンが探さないだけにすぎないのです。


水の重要性

呼吸と同じく生きるうえで重要な要素とされるのが水です。これは実は食よりも重要かもしれません。すべての生物が基本的に水なしでは生きられないのですから、肉食だ草食だ砂糖だ油だなんだ言っているより、現実としては大切です。しかし実際、どのように水について考えればいいのか、安全な水とはなんなのか、そもそも安全な水を使っていていいのかなど、あらゆる問題がここにも内包しています。

水は豊富なミネラルを含んでいるのが普通で、ただ飲めばいいというものではありません。微生物の混入している水もありますが、本物の天然水はろ過や殺菌をしていない「はず」ですので、これが混入する場合があります。しかしこれがほぼ間違いなく腐らないのにももちろん理由があります。商品表示はされていませんけどね・・・♪。ただ、あまりに無菌なものばかり考えていると、生物は必ず弱ったり退化することも忘れてはならないことです。

たしかに1900年代になりインフラ整備が整い、水がきれいになったに従い、感染症はすべて激減してきました。感染症の激減とワクチンは全く無関係なのは事情通ならば常識のことです。またRO水(逆浸透膜型)は、自然のミネラルも全て取り除いて純水にする作業をしたものです。これは放射能もトリチウム以外すべて除去できるので、注目されている浄水法ですが、当然ミネラルが失われるというデメリットもあります。また往々にしてRO式の浄水器は高いというデメリットもあります。ここは自分で考えて選ぶよりありません。

硬水、軟水というのもあります。これは硬度178以上の水を硬水、178未満の水のことを軟水というのですが。たとえば和食は軟水がいいとされていたり、赤ちゃんに硬水はあまりよくないとか言われます。硬水によって、痢してしまうことがあるからです。また、ペットボトルの水も是非があるといわれますが、たとえばプラスチック毒や硝酸態窒素の問題だけでなく、放射能においても採水地が放射能の影響を受けていれば、ペットボトルの水だから放射能は安全というわけにはいきません。

水を多めに飲むのがいいという風潮もありましたが、私はそこまでは考えていません。農業をしている人ならわかるでしょうが、水のやりすぎで植物が傷んでしまうことがあります。一概には言えませんが現在のニホンジンはいわゆる「水毒」になっている人が多いので、水ばかり飲んでもダメだということも言えます。水にも考え出すといろんな問題があり、最終的には自分で調べたり考えながら、自分で選択していくより他ないのだということです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

キチガイ医さん、どうもお久しぶりです。

突然ですが、僕は去年、生まれて初めて闇の権力者のお抱えの黒魔術師の
攻撃を受けました。

呪いとか憑依とかハニートラップとか、暴力未遂とか、ポルターガイスト現象とか。色々です。

最初、偶然、霊感のあるマッサージ師さんが僕に対して半狂乱になってマッサージで僕を救おうとして僕はこれが重症の風邪ではなくて、
呪いだと気がついて、その後色々な体験をしました。

精神科に僕は今、無理矢理理事長によって入院させられえていますが、その病院でも、闇の言霊攻撃の出来る患者や怪しい不可解な行動を取る看護士とかがいました。その特に薬品攻撃で僕の身体に後遺症が残りました。

理事長は真実に目覚めてはいないので、僕の言う事を妄想と決め付けています。「妄想を言うのを止めないと退院させない」とまで言っています。
困りました。

キチガイ医さんも僕のブログ記事の体験談を読んで欲しいです。
闇の権力者は、僕がブログに闇の権力者についての記事を色々書いたので、気に入らずに

僕に罰を与える感じで狙ったようです。

ブログの記事は一時期、攻撃を避けきれずに喰らいまくってから焦って削除しました。

しかしベンジャミンフルフォードさんやキチガイ医さんなど光の戦士の大物を狙うのなら分かりますが、僕程度の人間を狙うってさっぱり闇の権力者のやる事は理解出来ないです。本来めちゃくちゃ頭の良い狡猾で巧妙な方々でしょうから。

ブログ記事と関係無いコメントを書いてすみません。

では。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

精神修養

断薬成功者。

最強の脳内麻薬βエンドルフィンだけは、
他の脳内麻薬と異なり、

ストレス解消の素分子(副腎皮質刺激ホルモンACTH)と、
同時・等量、合成される。

ACTHは、脳内で自ら作る。動的平衡。


キ医さんの 『精神的な問題は精神でしか解決しない』は、
100%事実です。
 
自分で調べ、考え、選択します。

素晴らしい御著書とブログ、ありがとうございます。

No title

水は生協のタダ水をボトル持参でいただいてきています。これはRO水かなと思います。それで備長炭を入れてミネラルを移して飲用にしています。が、備長炭自身が放射能に汚染されていないか・・良いものをとっても心配事が尽きません。

蒸留水や水道管を通った水などは六角形の結晶を作れなくなってるそうですよ。水に本来のエナジーがなくなってるそうです。それを復活出来るウォーターサーバーを最近見つけました。これに入れた水を飲むと俳毒体質にもなるそうで、飲み始めて2日ほど好転反応が出る時があるようです。
今これが欲しくて欲しくて。以前なら見向きもしなかった情報です。早く早く試してみたいです!

No title

東洋医さんの生まれる約9か月前に、終戦も知らずルバング島で約29年戦っていた小野田寛郎さんが帰国されました。

先日、91歳で亡くなられましたが、大きなストレスにもかかわらず長生きでしたよね。精神にしても食にしても、その他にしても大きなヒントがあるんじゃないでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そんなもんです。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR