被害者会という虐待

ワクチンの相談は少しずつ増えているのだが、この前少し失笑できる情報を耳にしたので紹介しよう♪。現在ワクチン被害者相談会は私のことが大嫌いらしい♪。まったくせいせいする限りだが、その理由は自分たちが「毒親」だって言われて傷つくからだそうだ♪。本気で失笑できるネタ、さすが「毒親」の極致たち、自分たちの罪も自分たちの問題も認めることができず、しょせん自分たちがよければすべていいというのが被害者会である、ということが理解できる話だ♪。そしてこのようなニンゲンたちは総じてまた西洋医学の病院に逃げ込むことになる♪。

なぜ私が当事者(この場合は子供)のみを正当化し、親を徹底的なまでに否定するか?一つ確実にいえるのは、この構図は精神医学でもずっと昔から続いている構図だからだ。つまり当事者である「精神障害者」と、自分が被害者だとうそぶく「家族会」の対立構造ときわめて類似しているのだ。そしてこのワクチンでもほかのものでも、毒親たちの罪は、まだわからない子供たちに対して、親たちまでもがまるで被害者であるかのように刷り込むという、さらに最強の虐待を繰り返していることにこそある♪。

ある当院に来た親はこう言う。「あの被害者会の人たちの言うことには納得できなかったです。知らなかった親が悪いんであって、子供がそうなった以上すべての罪は元々親にあると思います。そして子供がよくなるのであればいろんな方法を試したいのがおかしいといわれるのです。正直、自分たちがかわいそうなだけの人たちなんだと思いました。」私はこの親であれば一応協力する。ふざけた毒親の集団を許容する気は毛頭ない。すべてその罪は暴き続けるし製薬会社や医学会だけの問題ではないと、心の底から思い知らせたいと思う♪。

何度も言うがニンゲン不要論の根幹は、「大人に存在価値は微塵もない」ということに尽きる。全人類が子供を虐待しているのに自分たちが被害者など勘違いも甚だしい。「みかりんのブログ」とかうれしそうにシェアしてるニンゲンとか、本気でアホかと思う。しょせん毒親たちにすべて存在価値はなく、微塵たりと正しいこともなく、毒親たちは常にすべて間違っていて、目の前に現れれば決定的なまでに、自分たちがエゴの塊であることを突きつけることができるだろう。もちろん彼ら毒親にそんなことを受け止められるはずがなく、だからこそ彼らは生粋の毒親であり続けるのだ♪。

グーミンってなに?毒親ってなに?を考える勉強会 1
http://www.youtube.com/watch?v=ABA-whG4AjI
グーミンってなに?毒親ってなに?を考える勉強会 2
http://www.youtube.com/watch?v=QiUvUUpcIgs
グーミンってなに?毒親ってなに?を考える勉強会 3
http://www.youtube.com/watch?v=B1FABsFIYC4
グーミンってなに?毒親ってなに?を考える勉強会 4
http://www.youtube.com/watch?v=79Rmd8zM8i8
グーミンってなに?毒親ってなに?を考える勉強会  質疑応答編1http://www.youtube.com/watch?v=hmtUXbPxKio
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「大人に存在価値は微塵もない」ってあなたの娘もいずれ大人になるんですよ。あなたが言う「毒親の親が毒親」なら、親自身がどこかで被害者意識を持っていても不思議ではないでしょう。

No title

「製薬会社や医学会の問題だけではない」と言う所はまさしくその通りと思いました。

私は父に「正しい事ばかりをしようと思ったら、あらゆることに逆らっていかないとならないよ。世の中って言う所は実はそういうところなんだ」と言われてきましたが、医療一つをとってもこの現実ですから、父の言ってた事は真実なんだと思います。

でももうこういう世の中ですから、じゃどうしたら良いか・・と言うのが本当に難しいですね。被害者会の方々の気持ちがどうかと言う事より、被害者会が必要だと言う現実が悲しいです。


No title

バカでクズな毒親はどこまでいっても毒親♪。

失敗だらけの子育てでした

人のこと言えない、子供には申し訳ない親をしてきました。最近は開き直り「同じ過ちしないように~」子供の冷たい視線m(__)m

原点大切、初めて懐妊した(気づいた)時、女はどう行動するか?人により様々でしょう、かつて自分や姉や友人のとった行動を列挙しながら考えてみます。

①母親に「私を産んだときどんなだった?」と詳しく聞く、出産経験者片っ端からつかまえて話を聞く。

②食べ物への意識を中心に、1日が回るようになる。学習と共に動物的直感で食べられる食物を選ぼうとする。見て「食べたくない!」と感じたものは食べない。

③巣ごもるつばめ、お腹の大きな猫、卵を産むカマキリ、色んな動物の母親に、切実な親近感を感じる。その上彼らから子育ての多くを学んでいたりする。

④育児書ひたすら読みまくるは「一人て急に産気づいてしまった時の対応」のページ。誰もいなくても、自分で産み、確実に子供を(自分も)生かしておかなくてはならないから、あらゆる極限状態(外出先、災害時、戦事)を想定する。

⑤昔の人はどうお産していたか、おばあちゃま方に伺う。「6人産んで、2人は小さい時に亡くなり、4人は育った」「畑でいきなり産気づいて、誰も来ないからなんとかそこで産んだ」「首に巻き付くへその緒をほどいても泣かない子を、産婆さんが慣れた手つきでパンパン尻叩いて大泣きさせた」聞くうちに、女がみな何千年以上もやって来たんだなと自信が湧いてくる。

⑥自分の命より大事なものがこの世にあることを知り、武者震いならぬ母震いを覚える。

⑦現代医療、現代文明に疑問や違和感を感じてくる。(病院に検診で通いながら)病院ではなく、自宅で自分の力で産めたら、と感じるようになる。自然な準備をして、もしそれで子供が無事に産まれなかったら、大自然に生きる親子互いの運命ではないだろうかなど、発想から変わってくる。そこに「何かべつの巨大なもの」が介入するのはおかしいと。本能が嫌がる…など、など。

乳飲み子抱える頃こんな話でえらく盛り上がりました。友人いわく「どんなに知的でも人工的思考なママ達は、子供より誰より自分が可愛いの。こんな話しても意味が通じない」

たしかに。これらをフツーに話すと、変な顔で笑われるか、次から妙に顔を合わされなくなるかでした。

書いているうちに、気持ちがわるくなってきました(--;)

いま誰もが、「子供を『つくる』」という。この人が?と思うような人でさえ口に出す。

そんな、子供を「つくるもの、つくったもの」と考えて親になったなら、子供が育つなかで自分の思い通りにならないとき、我が子が苦痛になり憎く疎ましくなる。アッタリマエです。

自分(たち)が作った子供だから、自分の気ままに物で着飾らせ、自分ブランド化させ、あらゆるやり方で操作していくのはアッタリマエです。

子供が不幸に不幸になるよう動いてるのが、そうした親には分からない。子供は生まれてから自分の人生を延々と操作されていく理不尽を耐えるのみ。

どうしてこうなってしまったのかどこで伝わりが切れたか、自分なりに考えるといろいろ見えてくるようです。

当たり前でとても大切なこと、子供は「さずかりもの、授かったもの」。

こんな時代だからこそこの地球の地に、子供を授かり産み育てる責務は重大です。子供を産むと、「三歳の童といえどもわが師なり」を日々実感します。

全く、親のうかつさにはあきれますよね。
美味しい店とか、子どもの上っ面の成績とかファッションとかには異常に関心があり、情報も集めているのに医療やたべものの
政治の本質的なことには無関心。子どもが大変な状況におちいってはじめて気づく、ではどうにもならない。この国で起きていることの大半が詐欺にだと思うぐらいでないと子どもは、守れない。

毒親とガキども

 毒親もキチガイ医も変人であるのは確かですが、キチガイ医の今回の話には一理ありますよ。

 さすがに本件の記事をすべて認容はしませんけど、毒親という自覚がない限りは、次も同じような悲惨な結果を招くことになりそうですね。

 キチガイ医は性格は悪いし、ドクハラもするし、精神科医的な要素のある医者さん『内科医なのは知っています』だけど彼の主張には一理あるのもこれ事実です。

 キチガイ医は嫌いだけど、彼の主張や研究を精査して、勉強したり、反省したりする気持ちが毒親にはあまりないようですね。

 ワクチンの親層ですが、権威主義を好む親が多いのもこれ事実です、その証拠に中高一貫校に通わせている親の多いこと。
 
 権威主義で天下の自治体や学校・医師会・厚生労働省が呼びかければ毒親はすぐに食いつきますよ。

 毒親は普段から毒親の要素があるはずです、今回のワクチンだけじゃないです、無料だから接種させた親も多いのが現状です。

 毒親は過保護で普段は案外無添加食品などをガキに食べさせていると思います、そしてガキの体にひとたび水銀が混入されたら、たちまち水俣病の症状や不妊の症状が現れるのと思います。

 子供も子供で拒絶できる子供が必要です、犬や猫じゃないので、拒否を貫く子供も必要ですね。
 
 毒親に調教された子供の末路ですな。 
 
 毒親も子供も自分がなく、権威主義の連鎖です、毒親に育てられた子供が毒親へと。

No title

 連投すいません。

 『みかりんのブログ』 酷いですね、少し読んでみましたが気分を害します、ピアノを習わせていたとか、教育熱心で権威主義的な発想プンプンの超毒親ですね、ただ超毒親の残した形跡もあります、それはこのような親は声はデカイから、新たなる子宮けいがんワクチン被害者を出さないことの道具にはなるかと思います。

 確かにキチガイ医が吐きたくなる気持ちがわかります、権威主義的な発想及び子供のためという偽善的な行為によりこのような被害を負わせなお権威にすがりつく毒親、いまだに家庭教師をつけ、勉強させ疲労を子供に蓄積させ、そして今もなお、現代医学に縋りつく。

 現代医学で体を害し、権威主義が仇になり、重篤な症状を発生させた毒親に関し疑問が残ります。

 ストーカと同じで他者ではなく自分を愛しているのです、自己愛が強く、権威主義的な親で子宮けいがんワクチンの被害者層でしょうか?

 例えなのですが、ギャンブル狂いの奴がロクに審査もしないサラ金が悪いと叫んでいる行為と同じです。

 借金の原因を考えずに、ただサラ金が悪いという多重債務者と類似しています、 荒れた部屋に住み、ゴキブリと共同生活をしている多重債務者と同じですが、毒親は表面的には立派な社会人に見えるから、タチが悪い。

毒親は卒業すればいいんです

私も、無知で、予防接種もさせたし、フッ素入りの歯磨き粉も使わせてきました。被害者の会の方たちと同じです。

過去は変えられないので、事実として受け入れ、未来を変えればいいだけです。

歯磨き粉は、シャボン玉せんけんのにしてみました。
布ナプキンにしました。
砂糖はやめきれていませんが、減らすようにし、白砂糖を黒糖にしました。
コンビニのツナマヨやサンドイッチをやめました。

あまり厳しくてもストレスになるので、子どもが納得したことから変えています。クリスマスケーキは買ってしまいましたが、小さめにしました。

被害者の親が声をあげてくれることで、下の娘は子宮頸がんのワクチンを打たずにすみました。国や製薬会社にきちんとした説明を求めることは正しいし、応援します。が、いつまでも被害者だからと自分を守ることをしていないで、これから先の子どもたちのために行動すべきなのでしょう。毒にさらされてしまったなら、それを排出する方法を自ら探すことを始めないことに、内海先生は怒っているのだと思います。

私は、母の大腸がんから調べ始めて、いかに騙されてきたのかを知りました。無知というのは怖いものです。でも、未来は変えられます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大人は勉強すべきですが

私の娘はインフルエンザワクチンに反応しました。幸い大した事がなかったのですがそこから色々な情報を集めました。医療だけでなく、世の中にある矛盾を知り、勉強しなければならないと感じました。きっかけがないと私のような人間は動きません。あの時娘が取り返しのつかない状態になっていたら、自分の無知、愚かさを棚にあげて人になすりつける安易な方向に向かったかもしれません。

極端過ぎて理解が難しいです

私も正直子宮頸がんワクチンには全く感心がありませんでした。
もし年頃の娘が居たら、生後まもなくから打って来たワクチン同様接種させていたと思います。
社会への関心の低いバカ女とののしられますか?

ところで みかりんさんのことを名指しで批判されていますが
私はあのお母さまの行動には胸打たれております。
お嬢さんをお持ちの知人にあのブログを知らされて最初から読み、接種中止の署名も致しました。

毒親という気持ちの悪い造語の意味が良く判りませんが
「手のかかる子供を切り捨てて、医療や施設に放り投げ自分は日常生活を得ようとする身勝手な親」というほどの意味なのでしょうか?

ご自身の無知を責め、全力でお嬢さんの回復に向き合い、さらには次なる被害者を出さないための活動。 このどこが責められるお母さまなのか? 本当に理解不能です。

No title

まさに社会への関心が低いバカ女。
大した活動もしてないし、自分の被害者意識だけなのが毒親たち。そもそも毒親たちは本心から自分の無知など責めてはいない。あなた方のような大人たちが子供を実際に殺し、地球を滅ぼす元凶である。

真相

横レス失礼します。

> 極端過ぎて~様
キチガイ医先生は「みかりんのブログ」をこうやって煽ることで
ブログの宣伝したいんですよ。ツンデレ商法です。
何故なら「子宮頸がんワクチン」で検索すると
ワクチン推奨サイトが軒を連ねるからです。

特にグラ糞が作った、トップの写真で今年36歳の独身結婚歴無しの、もちろん小梨、
小さいころから〇〇ちゃん可愛い!スタイル良いね~と女○高で
もてはやされた結果、お人形でいることが当たり前になり、
男性とデートしても続かず、しかも何もないという、自身がつまらない人間であることに気付かない、
勘違いキャリアウーマン、別名「名誉男性」「名誉白○」の女が
私は女の味方よ~ってひきつった笑顔で悪魔の誘いをしているサイトが検索結果1位であるために
こうやって地道に煽って宣伝していくしかないのです。

「毒親」というキーワードが好きな未だ反抗期真っ只中の人間が
気になって検索して閲覧するという仕組みです。
キチガイ医先生は新たなマーケティング商法を確立しているのです。

> 大した活動もしてないし、
生きている、ただそれだけが大きな活動なんですよ。
居なかったら量子問題で世の中がおかしくなりますから。

少なくとも、みかりんさん>>>>越えられない壁>>>グラ○の(略)であることは確かである。

個人的にみかりんさんのブログの文章は女性の共感を誘うような技法を使って書かれていると思います。
(最後の日本語が変ですが)

No title

ワロタけどいいとこついてんだか違うんだか微妙w

同意

被害者は子供であり、親は被害者の責任者である。親にその自覚を持たせることは容易ではないし、そもそも赤の他人がそこまでする必要もない。頭部CTを撮られる子は何回も撮られる羽目になる。その医療被曝の責任は医療側にあるのか、親にあるのか。そんな当たり前のことがわからないのが毒親だろう。情報弱者の親に生まれた子供がかわいそう。情弱は罪である。
いまさらですがコメントしました。理想論あるいは安っぽい感情論で成り立っている、一番大事な現実を見ない日本医療。に嫌気が差した元医療従事者です。現実が見えるキチガイ医が増えることを望む。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR