人類と心

ややきれいにまとめてみた♪。ちょっとゲロりそう♪。
人類という生き物が地球を滅ぼすために生まれたのか否か、この答えはそれぞれに違うであろう。アニミズムの根幹的な考え方の中には人類が滅ぼすという考え方は皆無だろうが、ガイアニズムの考え方にたてば人類はこの地球を滅ぼすべき大病ということになる。人類は快楽と欲望と誘惑におぼれ、かならずそのような物質を所望する。それはドラッグやマリファナや精神薬にとどまらず、アルコールであれタバコであれカフェインであれシュガーであれ、すべて共通のモノでしかない。

人類はこの地球をこの先も徹底的に破壊し続けるだろう。すでに毒の根はとどまるところを知らず治療は不可能の領域に来ている。農薬をまき、除草剤をまき、重金属をまき、微粒子をまき、放射能をまき、プラスチックをまき、ダイオキシンをまき、PCBをまき、その他あらゆる毒物をまき、人類が飲む薬もすべて毒物として還元されこの地に還る。

人類はもともと現代病になるようには作られていない。その病気はすべて大地に撒かれた薬物、食品に混ぜてきた薬物、病院でもらう薬物、文明がもたらした放射能などの毒物、そして浄化の過程で出てきた毒物によって導かれたものである。しかし人類はそれさえも仕方がないと受け入れ運が悪かったと思うことだろう。大病は大病らしい思考しか持ち得ない。

自然派などと名乗る現代の若者たちが地球を汚染する様を見るたびに、心の底から吐き気がするのは私だけなのだろうか?あなた方が為していることはすべて自然派ではなく、大病に相応しい勘違いに過ぎない。私は汚染するなとは言っていない、それは生きていくうえで避けることは出来ないからだ。そうでありながら自然派を名乗り、大病を重ねる自然派のダブルスタンダードを指摘しているのだ。それは過去の古代民族に戻れということではなく、真の意味で自然や地球とは何であるかを悟ることだ。あなた方のつまらないヒューマニズムも、つまらない快楽主義も、つまらないエセ自然主義も、この私は一つたりと必要としていない。

私たちは今や完全に地球のゴミでしかない。
あなた方人類にそれを受け入れるのは困難だろう。


そして、私たちの心には一体いかなる力が存在するのか?これは「彼ら」だけでなく我々にとってもずっと大きなテーマであった。それを追いかけ続けると最終的には我々がいかに作られたかを模索することになるが、ここでは起源については話さない。正解が出ないものを永遠に追い求め続けるのもまた、人類がもつ一つの性であろう。

私は神や一神教を信じないがここではそれは置いておくとして、天使と悪魔など一神教に代表される考え方がある。しかし高次元の世界が仮に存在するとして、その天使は決してあなた方人類を救わないとすればどうだろうか?この高次元に至るまでの宇宙をまたまた一つの生命体ととらえた時、天使は免疫細胞異常の働きをもつことはなくなるだろう。完全にヒューマニズムを除外できなければこの考え方をもつことなどできないだろうが、つまり天使が助けに来てくれるわけではなく、あなた方が根源につながる一つの「存在」であるということだ。

精神は肉体を凌駕するとされるが、たしかに現代医学では説明のつかないことを見る機会は多い。そこに執着によって得られる生への渇望が結果をもたらすことは少ない。逆に決定的な虚無とあきらめの思想だけでも結果をもたらすことは少ない。事実を知り現実に直面すれば我々は決定的な虚無感に襲われなければおかしい。それほどこの世界は汚れているからだ。しかし決定的な虚無感を感じるからこそ、はじめてその精神はこの世界の根本に近づき、何を為すかをはじめて考えるきっかけになる。

己を鍛えるときにはいくつかの要素があり、決定的にまで自分を卑下できねばならず、自分が積み立ててきたものをすべて崩さねばならない。深淵を探れば人間は個であると同時に全でもあるという、いくつもの教えに共通する見解を見つけられるかもしれない。さすればあなたの心ははじめて目指すべきものを見つけ、初めてあなたの心は虚無ではなく虚無を乗り切るために何を為すべきかが見えるだろう。その心の状態しかあなたを助ける心はなく、この地球を助ける心も存在しない。

話が大きいなら小さな話に戻せばよい。あなたが気づいたならあなたが嫌われても周りに教えてあげなさい。人は集合的な生命体でありその社会的原点は市民運動である。小さな気心が合う人々と小さな集団を作り、一人ではなく集団で何かを訴え動きなさい。現代的なとらわれや常識や体裁はそこにはいらない。誘惑や欲望や依存を排し地球と子供の未来のためだけに動きなさい。そうしない限りあなたの心はジレンマを抱え続け、あなたが求める心の充足は決してえられないでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 う~ん似合わない、毒ハラ医者さんが何を企んでいるのか?と思ってしまいます。

 頭はいいけど、性格が悪く、人を見下している、ある意味では優生学的思想の人が内海先生だと思っています。

 人類の詐欺に気がつかない下等愚民どもという上から目線の精神が先生の根底にあり、薬物中毒者の救済などどうでもよく、その中毒者から毒を抜く新たなるビジネスをされている、商才のある医者さんだと私は理解しています。

 サラ金の弁護士をして金儲けをする弁護士・サラ金の被害者からの過払い金で金を新たに儲ける弁護士・←内海先生。
 
 薬物中毒者が大量生産されないと、先生も失業してしまいます。

 東京の台東区に個人病院を開設できるのは、いかに精神科医に騙されて薬物中毒者が生まれているかを先生は金の流れで教えてくれました。

 勤務医の労働条件は劣悪で他の病院でアルバイトしたりしています、また労基署もよく是正勧告をしています、それだけ病院の医者は自分達も患者同様に奴隷状態です。

 確かに内海先生は商才もあるし、知恵もある、しかし先生の思想信条そのものが優生学的な思想であると同時に愚民は死んでもいいという発想が新世界秩序と酷似した考えです。

こういう記事にも載るようになってしまったんですね

http://jin115.com/archives/51989543.html
ちょっとびっくりしました。上の記事とは関係ないですが。
(まぁ、美味しんぼの言う事をだいたい守れていれば大丈夫なんですけど。)

No title

>百軒

クリニックがガラガラなのはスバラシイ儲けだよねwww

No title

 >>クリニックがガラガラなのはスバラシイ儲けだよねwww

今って閑古鳥ですか?それでも完全予約制ですか?

 実際はガラガラといっても、そこそこ患者さんはいるんでしょ、それでなければ、医院も廃業ですよ?職員に給与も払えませんwww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

自分がすごく恥ずかしくなりました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

胎児の指と指の間の細胞が自然に死んで、指の細胞が自然に増えるように、虚無を超える意識状態に変容しつつ生き延びて行く個体群は自然にそうなって行くんじゃないでしょうか。

今、やれる事をやって生きて行くしかありません。

自分が指の間の細胞だと信じて生きるのは退屈なので、死ぬまでは指の細胞だと信じておきます。

人間性の欠落です。
人間性とは何か?
人間性ってなんだと思う?と、何人かの人に聞いてみました。だいたい皆、優しさだとか、思いやりだとか言います。まあそれも間違いじゃないけど。
…辞書で引いてみた。
人間の基、人間の性って書いてあった。要するに、元々の人間の正体っつうことだ。どういったものが本来の人間なのか?っつうこった。
現代社会は、子が親を殺し、親が自分の為に子を殺し、若い奴は薬に手を出し、無表情な回りに注意を配れない人達ばかりの狂った世の中ですが、ずっと昔の人間にフィーチャーしてみますると、例えば古代アイヌ人。アイヌとは、人、人間という意味で、縄文時代はアイヌ時代ともいわれてます。縄文時代の人達は争いがなかった。縄文時代だから原始的ではなく、争いがなかったという点で現代社会の私達より精神的にハイレベルな人間であったといえる。昔の人も今の人も想いは同じなんです。現代社会は機械が溢れて一見進んでいるように見えるだけで精神的には最低です。
最初に言っときますが、私は宗教をやっていませんし、宗教なんてなくなれと思っています。
旧約聖書の創世記には、人間は神に似せて作られたとあります。
洗脳の行き届いている人が想像する神様像とは、白い服をきて白ヒゲを蓄えて超能力みたいなものでなんでもできる。お賽銭を払えば願いを叶えてくれる者を神様と考えるでしょうけど。
そんな神様なんていないから!
神についての詳しい話は端折ります。
神とは、完全な善。完全に正しくて。完全な丸。悪が全くないといえる。しかし人間は完璧ではない。良いも悪いも半々でできています。人間は神に似せて作られたとあるのは、人間とは、神のような存在を目指して生きていくものだということです。
だから神棚や神輿の御神体は鏡なんです。その鏡に自分を写した時に、神のように写れということです。
神というものを、もしわかって、理解しているとしたら…法律なんてなくとも人の秩序は保たれる…。縄文時代のように。
神についての詳しい話は端折ります。誤解を招いても面白くないんで。
人間とはいかなるものが人間なのか?人間とは、本来何を食べるもので、何を考える生き物で、何を聞き、何を話す生き物なのか?その探求が人間性の復活の第一歩でしょう。
縄文時代の人達の思想、精神、その時にあったなんらかの事実を知ることが大事なこととしています。
現代社会の全てのこと、政治や経済、機械的な文明、それら全てなくていい、間違ってます。っていうと、原始的な生活にもどれというのかと言われるが、一万年前の縄文時代を誰か実際に見たことあんの?まさか、ネットで調べたとか本で読んだとかいわないよね?
…謙虚な研究態度で考古学調査とかしたことあります?
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR