フッ素は歯に効かない

重要資料!某歯医者(あえて名前出さず)さんまとめ!
「反フッ素の根拠となる重要論文」

(基本的に本、雑誌は除外: 左数字は項目別、右数字は推薦順位)
1歯質強化、2予防効果、3基礎研究、4歯フッ素症、5毒性1、6毒性2、7細胞レベル
日本フッ素研究会 秋庭賢司
推薦17論文
1歯質強化
1.①筧 光夫 生体アパタイト結晶形成機構とフッ素イオンの影響
フッ素研究;No25, p1-5 ,2007 フルオロアパタイトの形成はない
1.②フッ素の効果は全身ではなく局所作用
CDC発行;Morbidity and Mortality Weekly Report, 48(41);933-949,Oct 22,1999.
1.③吉川正芳 ミラノ―ル洗口液のエナメル質結晶に及ぼす再石灰化および構造向上効果の有無について、フッ素研究;No30 , p4-5 ,2011  再石灰化は認められず
2予防効果
2.①H.Trendley.Dean et al:Fluoride and Drinking Waters ;p109-136, 1962,
Public Health Service No.825.有名なディ-ンの図
8地区2832人(J.Publ.Hlth Rep.,p56:761,1941)と4州13都市4425人
(J.Publ.HlthRep.,57:1155,1942)の12-14歳の白人:合計7257名の虫歯と
飲料水中フッ素濃度の調査、検診は2人の歯科行政官がしており
ダブルチェックはない
2.②Marinho VCC,et al.Fluoride mouthrinses for preventing dental caries in children and adolescents (Cochrane Review).
In; The Cochrane Library,Issue4 ,2004,Chichester,UK;John Wiley&Sons,Ltd.
http://www.mrw.interscience/,wiley.com/cochrane/clsysrev/articles/CD002284/frame.html コクランレポート:フッ素入り歯磨きとフッ素洗口の併用効果7%で有意差なし
2.③WHO:フッ素化国と非フッ素化国とのむし歯比較 2005年のデータ 
By Chris Neurath,FAN 両者に差はない
3基礎研究
3.①Zero D.T.et al: Fluoride concentration in plaque, whole saliva, and ductal saliva
after application of home use topical fluoride, J. Dent. Res.,71:1768-75,1992.   
家庭で使用するフッ素塗布、歯磨き、洗口後の唾液中、導管中フッ素濃度:図あり
フッ素研究;No28 ,p24-29,2009に紹介
3.②J Ekstrand: Fluoride in Dentistry,p55-58 ,1996. Munksgaard Textbook(単行本)
  フッ素3mgの摂取方法の違いによる血清中フッ素濃度の比較
静脈注射、空腹時、食事とミルク、食事後摂取の順に低くなる
3.③Baldwin H.B.: The acute toxicity of sodium fluoride. Journal of American
Chemical Society.21, p517-521,1899. 推進派: 2-5mg/kgの急性中毒量の根拠
3.④Wei,S.H.; Kanellis,M.J.: Fluoride retention after sodium fluoride mouthrinsing
by preschool children.J.Am.dent.ass.106:626-629(1983).
WHO:6歳以下のフッ素洗口禁忌の根拠となった文献
3.⑤G.M.Whitford: The Metabolism and toxicity of Fluoride p10 Karger 1989
Monographs in Oral Science vol.13(単行本)
フッ素化地区に住む幼児の1日総フッ素摂取量:食事及び歯磨き剤、洗口など
3.⑥ Passaic General Hospital: フッ素アレルギー
出産前後の女性の14年間のフッ素摂取量を調査(最終報告)
Journal of Dental Medicine;p190-198,1961,10月号
4歯フッ素症
4.①渡辺信平:乳歯斑状歯の研究,岡山医学会雑誌;70巻4号, p1191-1215 , 1958
乳歯にも歯フッ素症:フッ素は胎盤を通過する
4.②合衆国での歯フッ素症41%:Beltra’n-Aguilar et al;,Nov.2010,CDC
(1999-2004)12-15歳児の調査、黒人は白人の2倍多い
5毒性1
5.①M. C.Smith et al :各種フッ化物(NaF、CaF2、など)の毒性をラットの実験で比較,
Industrial &Engineering Chemistry,p791-797,1934. 毒性は水への溶解度に比例
NaFは致死量でCaF2の85倍、慢性中毒(歯フッ素症)では4倍毒性が強い。
消費者ポート(2013/4/7, 1531号)に紹介
5.②Z Gastroenterol 1992;30:p252-254 Original albeit
Sodium fluoride-induced gastric mucosal lesion:
Comparison with sodium monofluorophosphate
MULLER,P.,SCHMID,K.,WARNECKE,G.,SETNIKAR I .and SIMON,B.
Medizinische Universitatskilinik Heidelberg,Gastroenterologische Abteilung und Kreiskrankenhaus Schwetzingen NaF はMFPより毒性が強い、ドイツ学位論文。
6毒性2
6.①Choi et al:Environmental Health Perspectives on line 20/July 2012 NIEHS
  “meta-analysis” of 27 studies that have investigated the relationship between
fluoride and human intelligence. 27論文中26件にIQ低下あり(平均7点低下)
メタアナリシス ハーバード論文 2012年

準推薦8論文
1歯質強化
1.①Frank Moller et al:Elemental Depth Profiling of Fluoridated Hydroxyapatite:
Saving YourDentition by the Skin of Your Teeth?Langmuir, 26 (24), p 18750–18759,2010フルオロアパタイトは形成されても薄くてすり減り、もろい
5毒性1
5.①Alarcon-Herrera MT, et al. Well Water Fluoride, Dental fluorosis, Bone Fractures in the Guadiana Valley of Mexico. Fluoride. 34(2): p139-149.2001.歯フッ素症の重症度と骨折頻度に相関があるというメキシコの論文。
5.②化学物質等安全デ-タシ―ト 昭和化学株式会社 ふっ化ナトリウム能書き 
15.適用法令に「軍用の化学製剤の原料となる物質」との記述がある:サリン
5.③吉川靖三 骨フッ素中毒症の治療経験:整形外科;27巻7号 p7- 13,1976 ,6月
フッ素研究;No20;p92-101 ,2001に転載 井戸水4.8ppmの飲用で発症
6毒性2
6.①バッシン女史の骨肉腫論文:Bassin EB,Association between fluoride in drinking water during growth and development and the incidence of osteosarcoma for
children and adolescents. Doctorial thesis,Harvard schoolof dental medicine,2001.
フッ素研究;No24,p47-55 ,2005 に紹介、6-8歳の骨成長期にフッ素化水を飲用した
子どもは20歳までに骨肉腫を発症するリスクが5-7倍高くなる。
6.②高橋晄正ほか:がん発生率と飲料水フッ素濃度の回帰分析について;
フッ素研究;No20 ,p17-58,2001. 36部位の全がん中23に有意で増加
原著はKosei Takahashi et al:Regression analysis of cancer incidence rates and water fluoride in the U.S.A. based on IACR/IARC(WHO)Data(1978-1992)
Journal of Epidemiology vol.11.number4.p170-179.July 2001.
6.③Phyllis Mullenix, et al: the neurotoxicity of sodium fluoride in rats; Neurotoxicology and Teratology journal, 17:p169-177,1995 ム-レニクス フォーサイス動物実験:
 フッ素は脳に蓄積し、神経毒物質と同様の行動を起こさせる。
7細胞レベル
7.①Oliver Barbier et al: Molecular Mechanisms of fluoride toxicity;
Chemico-Biological Interactions;188,p319-333,2010
メキシコ論文 フッ素が細胞コミュニケ-ションに与える影響、酵素阻害あり
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

歯科疾患の都市伝説

そうですね。そもそも「歯に穴が開くメカニズム」が違いますから。臨床における破壊現象のほとんどはスポット破壊(応力集中の結果)です。歯科における都市伝説。社会における思い込みを払拭するのは大変です。プラークによる脱灰説ならば、全顎的に表層から溶けていく酸蝕症(酸を扱う職業人やシンナー常用者の歯)に似た病態となるはずですが、実態はこれとは全く異なります。

ガラス板(エナメル質)が汚れていて穴が開く!? 「思い込み」 それで無害であれば思い込んでいればいいのですが・・・ 「歯の衛生週間」、40年前から何も変わっていません。「刷り込み」の根は深い・・・

学校でのフッ化物洗口が増えている

ネットでみてもほとんどの歯医者がフッ素信仰で、やれやれです。旭川の方では、女性の市議会議員が歯科医師に自分の子どもにフッ素うがいをさせているか問い合せ、15人の歯科医師が自分の子どもにはさせていなかった結果を議会で報告したらなんと旭川の歯科医師会から訴えられたとか。当然、歯科医師会側が敗訴になりましたが、常軌を逸しているとしか思えません。こんな滑稽なことがあっても旭川では学校でフッ素うがいが行われているようです。歯科医も歯科医ですが、それを認める市民も市民だと思います。
効きもしない、それどころか毒性があるものをわざわざ集団で忙しい学校という場で実施するというのですから、クレージーとしか言いようがありません。なにも知らない子どもたちは遊びの時間を削られ、フッ素でうがいをさせられ、気持ち悪いのをがまんしている子も多数います。
こんなひどいことを政治家もいっしょになって税金を使って
している現実がひどすぎてすべてが信じられなくなります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

子供達へ

地獄にようこそ

リスパダールのフッ素

リスパダールの分子構造に含まれるフッ素は、結局どういう作用をするのか気になります。
断薬して数年たっても頭が毎日苦しくてパーキンソン症状があります。

フッ素の危険性も察知できない歯科医にかかるこわさ。

これだけの、論文があってもフッ素の危険性に気がつかない歯医者にかかることは、もしかして結構危ないと今ごろ気がついたグーミンです。トホホ

フッ素が有益でなくて有害だなんて

中学生の娘に、『フッ素は良くないという説もあるから、歯磨き後はよくすすいでね。』と言ったら、『テレビで、フッ素の効果を高めるために、すすぎ過ぎないようにと言っていた』と返されました。

まだまだ勉強中ですが、塩と味噌を変えました。ほんだしの成分を確認したら怖くなり、煮干しなどの粉末に変えました。

昔から、新聞は2紙以上の記事を比べないと危険とは思っていましたが、隠されたことがあまりに多いことに愕然としています。

娘の友達のお母さんと、ワクチンの話になった時、その家庭では受けていませんでした。『どうして?』と聞いたら、『うちは主人が製薬会社だから』と返ってきました。その時から漠然とした疑問がありましたが、ネットの世界で少しずつ わかってきました。

たくさん発信していただき、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

歯医者さん良く考えてみましょう

多くの方がこのブログを見ていますので、再度この場をお借りします。


歯科医院では、プラーク(虫歯菌の層)を赤く染めだして、磨き残しを見せ、歯磨き指導をします。

歯に穴が開くいわゆる【虫歯】の主原因が「虫歯菌が出す酸による脱灰説」であるならば、この赤く染まったエリア全体に表層から穴が開いていくことでしょう。(境界不明瞭)

実際はどうでしょうか? 
 
直視下では良くわからないからレントゲンなど撮ります。
「あー、この歯はレントゲンで見たら穴がガバっと開いていますね。」 
ほとんどの虫歯は、
「いつの間にか中がポッカリ、穴が開いていた・・・」
という【スポット破壊】(そこだけの破壊=境界明瞭)なのです。

「赤く染まったところが表層から溶けていく病態」とは全く違いますね。

ってことは何を意味するでしょうか!?

全てはその病因論をベースにした予防法?であったり、フッ素予防論ですよね。


現代を席巻している誤った病因論(=力学的考察の軽視)が、多くの不幸
http://3mixmp.blog115.fc2.com/blog-entry-156.html#more

を作り出している元凶でもあるので、勇気を振り絞って投稿してみました。世間からはキチガイ歯科医と言われてしまうでしょうか。でも誰かが言い出さなければ何も変わらないので・・・・

参考文献:図説 直立動態と心身症状 ~人の立つしくみに内在する病因の発見と臨床応用~ 産学社エンタプライズ



 

No title

良い考察だと思います。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR