常に毒親

毒親ばなしはこのウォールでは日常的なことだが、常に毒親というのはどこまでも毒親であり、決して反省も努力もしない生物だということが日々よくわかる。

毒親は薬をやめると通院させるが、もちろん毒親が精神科医に行くことを促し精神薬を飲ませる張本人である。しかし毒親はその薬がやばいと知るとさっさとその薬を自分の都合で変化させようとする。ようするに自分の都合で減らしたりする。それでうまくいけば別に問題はないが、大概うまくいかず誰かに助けを求めるだけである。もちろんその時に何の勉強も努力もしないままに薬を抜くことしか考えない。

常に毒親は努力をしない。しかし彼らは必ず「自分たちは頑張っている」というウソを言う。これは永久不滅なまでにそのウソをずっと続ける。実際のデトックスプログラムについて勉強した人を見たこともない。実際の食養について勉強した人も見たことはない。社会構造についても勉強しないし親の在り方についても勉強しない。とにかく専門ではないという言い訳の中で、徹底的なまでに嘘と正当化を並べる。そしてそのような毒親がいた場合なにをどうやっても断薬できることはない。

私はそのような毒親たちに微塵たりと肯定的な興味を抱かない。常に心の底から氏ねと思っているが、その一番の理由は結局断薬で何か困った禁断症状が出てきたときにも、必ず彼らは勉強など一切せずさっさとあきらめてしまうからだ。つまりさっさと「精神病院に入院」させる。これもまた永久不滅に続くサイクルであり、構造を理解していないうえだが、さらにいえばそのような生半可な話ではなく、要するに子供や家族を殺したいという深層心理のゆえに過ぎない。

ここには常に日本の縮図がある。日本人がすばらしいなどという保守であれエセ保守であれ革新であれ、だれもこの縮図を体験などしていない。常に彼らはどこまでも子供を殺すということに酔いしれている。中国人が食人文化だなどということで嫌がるニホンジンなど、しょせん自国の真の姿を知らないだけのグーミンにすぎぬ。何千人も何万人も何十万人も、この国には骨の髄までの毒親があふれきっている。

自己正当化し続けるニホンジンたち、心の底から滅ぼしたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

子どもを救えるかどうかの境界線。

独親。
うんざりします。
巷では、こんなに不登校や引きこもりの対処法が溢れているのに。
自分は「教えて教えて」ですね。
自分で解決策を見つけ出していく行為こそが
子どもを救う唯一の方法だと思いますし、
自分が変わる事こそが子を救う最短の方法なんですが
独親は自分を守る事に精一杯。

そういう大人は口が立つばかりで
子どもは自分の意思を、正論で封じ込められてしまうのです。
人の人生をなんだと思っているんだ!!ふざけるな!!

不登校の問題に向き合う事で
火種は実は親側にあるという事に気がつきました。
親自身が好き勝手に取捨選択し、自分の人生を生きていくのなら
勝手にするがいい〜と放置ですが、
子どもの人生が掛かっている訳ですから、
見過ごす訳にはいきません。
特に義務教育過程を終えてしまった高校生の子ども達には
登校刺激をするしか能のない馬鹿教師どもから
親は子どもを守らないといけないし、
子どもと信頼関係を築き直して
環境調整をすべく学校に掛け合わないと
留年・退学のタイムリミットが早くて時間がない。

親の今までの思考回路を捨て去る事が出来るか出来ないかが
子どもを復学出来る出来ないの境だと思っています。

私も頑張ります。

No title

たとえば、学校の教師のようにインターネットも自在に使え、得た知識を咀嚼する力もあるのに、自分の子どもを精神薬で薬漬けにした上にさらに子宮頚がんワクチンを接種させ、フッ素を念入りに塗布する歯科医院に通院しています。
いつまでも化学物質に依存している、依存している自覚すらないことに愕然とします。そして人気のある(医者の人気は薬をたっぷり出してくれたり塗ってくれたりすることらしい)医療機関に通院すればいい、と考える思考回路がわかりません。
当人は、親にとっていい子であろうと、少し、感情を抑えきれないときには、自分で抑える薬を服用している痛ましさ。少々、「感情を表に出したっていいじゃない、部屋の壁ぐらい少々壊れたっていいよ」、と声はかけるが、聞く耳などありません。
親に「いつまで薬漬けにするのですか」とせまるとさすがに「将来的には1剤に絞りたい」と答えるようになりましたが、今の調子ではその道のりは遠いように思えます。
毒親を持ったから仕方がないということでしょうかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うちのじっちゃん

書かずにいられない思いです。長文すみません。

じっちゃんは主人の父親です。八十とうに越えたじっちゃん、心は十八歳です。

じっちゃんの教え

「子供が遊んでる時も、勉強してる時も、色々散らかしてたら、そのままで良か。手出しして片付けてはでけんよ(いけないよ)。

散らかしたままで良かよ、させやんよ(させなさいよ)。怒る親はバカ。親は何も触らん如(ごと)せやんよ。そうやって子供は、頭ば回転させよるたい、集中しよるたい」

「一歳二歳の子が、置いてある親のメガネば触る、決して『ダメ』言うたらでけん!触らせやんよ。子供は偉かもん。いじって、こう、複雑に研究しよるけんがら、頭ば回転させよるから、

何度でもメガネ壊させて良か。何度でも直せば良か。研究しつくしたら、(壊さなくなり)次に向かうたい。自然と解るたい」(実際、孫が何か壊した時の、嬉しそうなお顔と言ったらなかったです)

「今の時代、親が子供をいじり壊すよ。駄目にしよるよ。親はバカ、子供は智恵があるもんね、親より賢かもん。

沢山失敗ばさせやん、まず子供の思う如やりたい如させやんよ。親は口出しせんで黙って見守るだけで良か。危ないな、でけんな、という時だけ声ば掛けるのが、親の仕事よ。伸ばすだけ伸ばさせやんよ。」

その一方で、人様への礼儀には厳しく、ピシャーッと一言で諌めてくださる。

親の修行を大きく踏み外さずに何とかやってこられたのは、じっちゃんばっちゃんのお陰です。

家の部屋壁のデカ穴二つはかつて長男が、壁や天井を走り回ってみたくて一気に全速力で駆け上がり、

こと志と違って、一瞬で両足がバリバリッと突き破り出来たものです。もちろん修繕などしません。我が家の宝ですもの。それにこの壁穴を見せると、どこの子供も喜びます。

さて今日もじっちゃんは、機械の手入れに開発に余念なく、ワクワクと将来の夢を話しているそうです。うわー子も孫も負けてられない。

うちも経験したから思うのですが、コンクリートの都会で感情不安定(何て自然な感覚でしょう!)になる子供たちは、

どうか一週間に1日でも良いので、時には自然のなかに連れ出して好きにさせたらどうでしょうか。最初はぎこちなくても、何もなくても、段々に目が輝いてきていつしか体を遊び場にしていきますよ。
子供たちは生来「良いもの、本物」を知っています。不思議に親の固定観念を、子供たちと自然が変えていってくれます。

化学物質過敏症、悲痛な母親の訴え

日本で子供の発達障害がアレルギーや化学物質過敏症で起きていることに気付いている母親がいます。

精神病じゃないのに
http://ameblo.jp/arerugikkomama/entry-11628343497.html

彼女と子供は様々なアレルギーがあり化学物質過敏症にもなっています。そして子供はそれらの症状のひとつとして発達障害があります。
 彼女は2年前に自宅のシックハウスから、病気を理解しない夫から離れて安全な場所へと引っ越しました。YOUTUBEにある化学物質過敏症の録画でも多くの患者が安全な場所へと避難しています。

ガイアの夜明け~シックハウス・化学物質過敏症と闘う~
http://www.youtube.com/watch?v=SbrsFAHnwqo

食物アレルギーと環境化学物質を避け、うまくコントロールすれば子供達も発達障害の症状を起こすことなく学校に通っていられました。ところが今年の夏それを理解しなかった父親によって母親は閉鎖病棟に強制入院され、子どもは連れ去られた。化学物質過敏症にとって普通に立てられた家は全てシックハウスであり、反応を起こします。彼女の子供達は悪化し精神病院に入院する最悪の事態に陥っています。

精神医学の過ちにより、それを信じて誤った対処をする父親によって家族全員が地獄に落ちている。

フッ素について

再度、投稿ですがお許し下さい。
フェイスブックでフッ化物について読みましたので。

フッ素については、非常に重要で深刻な問題なのになぜかほとんど議論になりません。
私の県でも保育園や小中学校でフッ素うがいがされていて母親たちの小さな反対運動が起こるもののたちまちのうちにつぶされ、その訴えを聞いていながら、議員たちは子どもたちを危険にさらしているという自覚の欠片もありません。
世も末だとつくづく思います。
おまけに前の投稿にも書きましたが念入りに(といっても防湿などすることもなくいい加減ですが)高濃度のフッ素を塗りたくった上にシーラント?を虫歯のない歯につめる。そんな歯医者が大人気というひどい自体になっています。
若い母親たちのフッ素信仰はいったいどこからくるかと考えると原発と同じ構造と思い当たります。あまたの広告費で安全、クリーンと洗脳する。全く同じです。
歯医者も過剰摂取(しかしその濃度もあいまい)でなければいいと言いながら、学校でのフッ素うがいでは、歯科医院でフッ素塗布を定期的にしているかどうかの問診もしません。
月に1度フッ素塗布をしている子もいる、その上、学校でフッ素うがいをしてフッ素入りはみがきで歯を磨く。もしかしたらその上フッ化物入り精神薬を服用している子もいるかもしれない、様々な状況の子がいるということすらわからないおじさんたちというかフッ素推進の歯科医たちの頑固なこと!驚く程です。
素人の考えですが精神薬のフッ化物は脳になんらかの影響を与えるから薬の成分になっていると思われますが、こんな微量でも脳に影響を与えるということですよね?
それなら推進の歯医者が言っている濃度の問題など、議論にもならないのではと思うのです。
IQ低下の問題も、濃度が高い地域との比較と片付けたいようですが、IQ低下は表に
出た問題。それに至るまで子どもたちのからだで何が起こっていたのか、考えると不安でたまらない気持ちになります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

民法出デテ忠孝亡ブ

──穂積八束



明治の先人達は既にこの国に西洋的な利権意識ばかり主張する輩が増加し個人の強欲が極限まで肥大化する時代が来ることを知っていたようだ

もうやめて

こんなにも多くの子供達や若い人達を殺して一体何が楽しいの?
もういいでしょう?
いい加減に身勝手な大人が1人でもいれば100000000人の子供達が犠牲になることを自覚して下さいよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そのとおり

ほんとにそのとおり。
毒親のいる家庭はまともな心を持っていると精神を病むので、
子供は皆精神を病みます。うちの兄弟もそうでした。ただ毒親は
臭いものに蓋をして生きているので、子供を薬漬けにすることはあっても治す助力となることはありません。自分の正しさにしか興味がないため、人間の変化の観察能力が皆無です。病状と副作用の違いも勉強することなどないし、見分けられない。自分が正常で子供が異常、と思える方が彼等には都合がいいのです。親元を離れた方が確実に回復します。毒親の元にいると、普通に自分の意思と感情を持つことさえ否定され、異常な環境の結果として(むしろ人間として正常な反応で)精神を病みますが、そうするとこれ幸いとばかりに一生毒親の餌食にされ、薬漬けで社会からドロップアウトです。病気を治すのは後からでも出来るから、とりあえず逃げて!と伝えたいです。渦中におられる人に。あなたはまともだよ、と。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR