ロックフェラー研究所とタヴィストック研究所

ロックフェラー研究所とタヴィストック研究所について、簡単なまとめ。

基礎に戻ってロックフェラー研究所についてお勉強してみましょう♪。

ロックフェラー研究所とはかの有名なロックフェラー一族が作った医学研究所ですが、現在ロックフェラー研究所は基本的には存在せず、ロックフェラー大学(というより大学院)になっています。私は行ったことありませんが近くには国連もあり、66丁目にロックフェラー研究所があることはあまりに有名なことですね♪。24人がこの研究所出身でノーベル賞取ったらしいですが、あまりに怪しすぎて笑ってしまいます♪。

野口英世が研究していたこともあまりに有名ですが、千円札の顔にもなってます。いまさら千円札の野口英世の顔が右と左で違うことくらい、当然みんな知ってますよね♪。彼自身は黄熱病の研究者と言われていますが、実際には自らが作って打ったワクチンが効かずに黄熱病に感染して亡くなったことになっています。やっぱりワクチンは遠き昔から効かないのでしょうか♪。大酒飲みでばくち好きだったという評判もあるようで♪。ロックフェラー研究所に1904年にアシスタントで入るそうですが、毒蛇を扱うためのスケープゴートみたいなものだったとか?実際彼が残した研究は現在ではほとんど役に立たないという研究家もいます。あ、ちなみに野口英世記念会館はロックフェラー財団が創ったものでございます♪。頭蓋骨を山内ヨネ子に贈ったのも有名な話のようですが、さてさてホントかどうかは知りません♪。

病気を作って殺すといえば西洋医学の十八番でございますが、有名な逸話がございます。コールタールというのは今では有名な発がん物質であり、この発がん性を発見したのが山極勝三郎氏です。しかしこの研究は徹底的に政治圧力で潰されてしまいました。なぜなら1910年に「フレクスナー・レポート」という論文が出されていたのですが、これはつまるところコールタールを医療に応用することを勧めていたからです。今ふうにいえば抗がん剤の勧めみたいなものでしょうか♪。そしてこれをバックアップしていたのがD・ロックフェラーであり、ロックフェラー研究所でございました♪。

ロックフェラー一族は簡単に言うと石油利権産業です。それを医学に応用してさらにぼろもうけすることが、ロックフェラー研究所の基本的な目的であり設立の意図でした。だから山極氏の研究は潰されねばなりませんし、その後の薬と称される物質はほとんどが石油精製物質となりました♪。この山極氏の研究により当時有力だったがん寄生虫起源説は大ダメージを被ったのですが、もちろんロックフェラーがしっかりつぶしてくれたおかげで、がん発生原因の寄生虫説を唱えたヨハネス・フィビケルはノーベル賞を受賞し、コールタールの危険性は黙殺され売れ行きはうなぎ上りになったのでございます♪。ちなみにこのフレクスナーの兄弟が推薦した科学者が野口英世でございます♪。

そういえば別の逸話として、ロックフェラー研究所が特許をだし、子会社のメルク社が製造した 薬に「トリパルサミド」がありますね。ヒ素がたっぷり入っていることでも有名な薬でございますが、何か問題でもありますでしょうか♪。

もともとAMA(アメリカ医師会)というのはロックフェラーの手先そのものだったのですが(ちゃんとした公式記録があり陰謀論ではありません)、ガンの放射線治療すすめては治療者もみんな癌で死んだり、タバコで肺がんになるのは、添加物とニコチンと糖とタール混ぜるがゆえに起こりますが、そのためにタバコ会社と結託したり、 ガンの代替療法、自然療法を徹底的に弾圧したり、 ほとんど絶滅していたポリオ患者をワクチンで復活させたり、女性のガン対策ためにガンになる検査を推奨したり、フッ素の水道水混入にもいろいろと手を貸したり、農薬や化学肥料が病気を作ることがわかっていたのでそれを推奨したり、着色料が発ガン性が高いのでカラフルな食品を作ったり、ちょっと元素の中で最も毒性が高いものを歯に詰めたら面白いかなと思ったり、他にも沢山ありますが、ロックフェラー一族やロックフェラー研究所や科学者や、AMAの功績ってホントに威大ですよね♪。


タヴィストック研究所についても書きましょう♪。1922年設立なんですが私としてはこちらの研究所のほうが興味深い組織です♪。なぜならこちらの方が精神医学、心理学、優生学、洗脳学についてよりうるさい組織であり、CFR系列機関かつロックフェラー系列でもありますが、CIAとも協力関係にあるからです。CIAの洗脳といえばMKウルトラですが、この計画は精神医学が主導して行われたものであり、密接な関係が垣間見えてきます。

基本的な目的は、グローバリストやサタニストたちのプロパガンダを広めて、人々を洗脳するための手法や理論を研究したり追及したり実践する機関となるでしょうか。麻薬や同性愛のファッション化、ハリウッドなどの媒体による洗脳、3S政策的な洗脳の実行、メディアの効率的な使い方など実践されていることを検討すればキリがなく、有名なのはビートルズを使ってポップ・ソングを広めたことは同研究所の作戦のひとつです♪。ジョン・レノンはそれを知っていたからこそ最終的にお亡くなりになりました。

グレッグ・ハレットの著書に『ヒトラーは英国の工作員だった(Hitler Was A British Agent)』というのがあるそうですが、これはいわゆるシオニスト問題にもつながっていますね♪。まあ、その時代に生きてその中にいたわけではないので、全部さっさと信じる人もまたアホといえますが、総合的に考えて歴史の表側を信じるには無理がありすぎます。

ハレットはヒトラーは1912年2月から11月まで、デヴオン州タヴイストックの英国軍心理作戦訓練学校とアイルランドで洗脳の訓練を受けていたと記載しています。これってタヴィストック研究所のことですかね?ヒトラーがその後優生学を発揮しT4作戦他を実施したことはあまりに有名ですが、これらはすべて一致しています。そういえば何回も書いていますが、ナチスを支援した多国籍ケミカル企業のトップが「IGファルベン」であり、ケミカル企業がトップで国家を支援するとろくなことがありません♪。そういえば現在の日本の経済界はどんな感じでございましたっけ♪。

そもそも王立国際問題研究所というのがあって、その直系の組織としてタヴィストック研究所があり、周囲組織として外交問題評議会(CFR)や三極委員会があります。これらをバラバラに詳しく知る必要はあまりないが、これらの関係性については知っておく必要があるわけです。米国でタヴィストックが関与しているシンクタンクとしては、ペンシルヴァニア大学ウォートン校、マサチューセッツ工科大学、ハドソン研究所(あ、ポチの面影♪)、ヘリテージ財団ほか多数あり、卒業者はアメリカの要職を占めています♪。

タヴィストックのことを考えようとすれば、ジョン・ローリングス・リースは外せませんが、こいつは世界精神保健連盟の初代会長でもあり、私が目の敵にしている精神医学や心理学の親玉でもあった人物です。もともと特殊情報部(SIS)所属だが、これはCIAがSISに変わったとだけ思えば十分理解できます♪。そしてリースこそが大衆洗脳テクニックを作り上げた人物だということです。リースは一九三〇年代にイギリス陸軍の兵士を実験台に使って長期間にわたる実験をおこなっています。それがその後になり精神の治療に役立つというウソを使い、愚かな民たちを精神医学に誘導するきっかけを作ったわけですね♪。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

m3に先生の「なりすまし」がいます。

<日本最大級>医師向け最新医学・医療情報サイト|m3.com

『覚醒剤漬け医療は即刻中止しろ』
総閲覧数 15622
投稿者:くすり嫌医
13/09/27
閲覧数:2114
No.0001
http://community.m3.com/v2/app/messages/2110326

くすり嫌医なる人物が、先生に、なりすましております。
放置しない方が良いかと思います。御報告まで。

No title

確かにこれは私とは違うようですね。
でもほっとけばいいです。相手する暇もありませんし、他のところにもいるかもしれません。そもそも私はm3のログインナンバーをもっていませんし、もしあなたに余裕があれば、ここのコメントを書いてももらえば結構です。

なりすまし?

ちゃんと、内海医師のインタビューを紹介するってなっているので、なりすましではないでしょう。

No title

いつも楽しく読ませていただいています。

先生に、質問があります。

友人から、アドラー心理学を基本とする「ステップ」という子どもを伸ばすための講座や、エリックバーンの「交流分析」という学習会を勧められるのですが、心理学や精神医学の類はどれも眉唾ものなのでしょうか?
調べてみると、タヴィストックの名前が見え隠れしていて気持ちの良いものではありません。自分が変わらなければ子どもも変わらないと言いながら、自分の思いどおりに子どもを動かしたいことには違いないと思うのです。
陰謀論的な話はよく知っていて話の通ずる彼女ですが、これらの心理学にはまっていて盲信しているのが気がかりです。

どうぞ、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>マロンさん
あなたのおっしゃる通りですよ。

シリアの化学兵器はフッ素、アトピーや不妊症の原因は合成洗剤、脳細胞を破壊する電磁波

食べ物に農薬を混ぜて儲かり、食品添加物や肉で人を病気にして儲かり、病人を薬漬けにして儲かり、薬漬けでさらに病人が増えて儲かり、病人を薬離れさせるために儲かり、自分勝手な人間を利用して儲かり、自分勝手な親の子供を精神科に連行して儲かり、これまでの道徳を破壊して薄っぺらい自己啓発本を売って儲かり、偽善者に心理学の本を売って儲かり……… 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

頑張ってください。

No title

先生はロックフエラーが、戦争を引き起こしてると思われますか?
先生は憲法改正に賛成ですか?
大分に住む薬剤師です。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR