原理

きわめて重要なことについて真面目に書いてみたい。

人類にとって最も欠けているのは原理原則、根本や根幹などという概念について思考することが、決定的なまでに存在しないという点だろう。であるならばここでは、原理原則や根本や根幹とは一体なんであるかについて考察せねばならない。まず原理原則を考える前に重要なことは、たとえばこのウォールに書かれていることをうのみにしないことである。なぜなら本来情報などというものは所詮引用であるからだ。そのように情報に洗脳されることをやめ、自分で調べ、自分で考え、自分で選択し、自分で責任を取ることの重要性をまず認識できるだろうか?どのような情報も間違いをはらんでいるということを知らずして、原理原則や根幹の前にさえたどり着くことは難しい。

グーミンというのは何かを知らないからグーミンなのではない。逆になにかオタククサイ知識をもっているからグーミンじゃないわけではない。これはこの世で策謀に対して述べている多くの発信者の人々であってさえもそうである(批判的な意味で名前は挙げない)。特にそのような人々は策謀について一定の理解をしたために、自己を妄信化し違う意味で刷り込みされていることに気づいていない。自分たちが所詮その程度だといわれたら、多くの発信者はむきになって怒るか、「キミよりは知っているよ」などと自己防衛するのが基本行動となるだろう。それがどれだけ愚かな行動かなどそのような人々に理解できるわけはない。

虚無主義的な考え方にのっとればこの世に価値あるものはなく、この世に正しいなどという概念は存在しない。いわゆる「正の不存在」が考えの根幹であり、これがあるからこそどのような生物よりも奥を見通すために知性を働かせることができる。知性や知恵と知識は違うものである。知識を集めていけば集めていくほど原理原則や根幹というものが見えてくる。それを知ってしまえば末端や枝葉の知識は一切必要なくなり、何かを判断するときに知識を使う必要がなくなるのだ。本来それこそが知恵であり、知恵は直感や本能と密接に関係している。

医学の分野においてこの病気がどうたらあの治療法がどうたら言っていても意味はない。医学は殺人と金儲けのために存在することを知っていればいいことである。食の分野であの食材がいいとか悪いとかGMOがいいとか悪いとか言っていても意味はない。食学とは地球を汚染し病気を作り金儲けするために存在すること知っていればいいことである。政治も経済も福祉も教育もすべてそうである。それを知恵として理解していればそもそも学問になど頼らず、学問に自分が振り回されることもない。そもそも科学が間違っていることも容易に見抜くことができる。

サタニストは常に上位にいて、下々の者として扱われている者たちはグーミン丸出しではあるが、実際は真の悪ではない。「だまされているバカ」ではあるかもしれないが、一番の悪は上層部ですべてを操っている奴らに決まっており、グーミンの罪はそれに気付こうとしないことにある。この情報戦は結局のところどれだけ多くの人が原理原則や根本を理解するかにかかっている。そこに枝葉の知識は必要なく無理に詳しく覚える必要はない。少々知識がある発信者などバカにしてやればいい。

人々よ、まず真の因果関係を知るべきだ。その表面に現れた何かにとらわれてはならない。そして因果の輪を乗り越えるためには自覚と発想の転換こそが必要である。人類の思想の根幹的問題である「その場しのぎ」であったり、「対症療法」であったり、「臭いものに蓋をする」ことをもうやめる必要があるのだ。自分がバカであると認めること、少々知識を得ようが今でもバカだと認めることこそが、バカから抜け出すための基本である。自分がそう思えた瞬間に次に何をすべきかが見えてくる。

よくいわれることは、医薬品や農薬や添加物やその他の毒性物質についてどう考えるか、ということである。たった一言でいえばそのすべてはこの世に必要なわけがない、ということに決まっている。では、たとえば我が家はそれをどれくらい避けているかというとそうでもない。避けられる簡単なものは避ける工夫をしているが、めんどくさいものは避けないし、そもそも避けているつもりでも避けれていないものも多い。

入れる毒を防ぎきれないなら解毒を重視する、これはこれで大切な考えである。うちも基本的にはその方針でやっておりそのために解毒プログラムを組んでいる。それはそうだがやはり解毒プログラム自体に意味がないということを人々は理解できるだろうか?これが至上かどうかといえばまったくかけらもそうではない。低温サウナと栄養療法の解毒プログラムひとつとっても、毒は確かに出ていくがいいものも体から出ていく。ある意味非常に野蛮な治療法であり、あと10年20年もすれば廃れてしまうと私は思っている。世がいい方向に向かえばという条件付きだが。

自分が無毒のものを食べているというのは結局エゴの境地でしかない。それは無農薬でないものを理想論的に認めるということではない。そうではなく本質的な解決策とはこの世界が農薬を使わなくなり、農薬がこの世界から消えるということだけである。まさにこれは理想論と現実の乖離であり、あらゆる場面、あらゆる分野に存在する。であったときに仮に何かを発信し世を変えたいとか、このままでいいのかと思っているのであれば、一切の現実論は必要ない。結局入ってくるのは現実を考えれば致し方ないが、行動、活動、市民運動とはその対極でなければならない。そうしなければ進む可能性自体がなくなるからだ。すべては妥協した瞬間に頓挫する。

あなた方がそれらの毒物を使うというのなら、あなた方が選択するなら好きにすればよい。しかしそれを他人に強要したりシステムに乗っけたりされても、私にとってウザいだけのことだ。この精神薬は副作用などないですよと述べながら、さっさと処方することにこそ問題があるのであり、全部知っても飲みたいニンゲンに私が興味ないというだけである。農薬、添加物、GMO、その他すべて同じである。人類が「私は健康でいたい」とか「この商品は健康にいいですよ」といいながら、毒物を混ぜ込んでいる姿は本当に心の底から醜い。私もダグラス社のサプリなど使っているが、これが良い商品だなどと思ったことは一度もない。しかし神ならぬ身の自分が抜け出すためのいくつかの手法論を提示しているに過ぎない。

虚無主義者はなぜ虚無主義者なのか。私は自分のことをスターウォーズでいうシスの暗黒卿だと思っているが、この意味はおそらく人々には伝わるまい。医学でも医学外でもその観念は同じであり、それは結局原理原則に通じていく。人々は自立しているふりをしても、すべてのニンゲンが支配されていることには気付かない。真に自立するためにはもっと別のことを為さねばならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

愚民の戯言

「ニンゲン」という表現は言い得て妙。
私も含めて全ての人々が「人間の形をした何か別の生き物」になりつつある。

所詮私がネットという仮想空間で何を喚こうが、既存のシステムに生きてる以上、私も子供を殺し動物を殺し地球を破壊している殺人鬼・破壊者の一員に過ぎない。だが、これは私1人だけがこのシステムから脱出してどこか人里離れた所に逃げて自給自足すれば解決するという問題ではなく、それは何の意味もない。

私は優生学の崇拝者ではないが、弱肉強食はこの世界の原理原則であるのは間違いなく、それ故に生物の中で最も優秀で最強の生物がこの世を支配する流れはある程度仕方のないことだと思う。しかしながら、これは畜生の世界の原則であり、本来の人間はこの限りではない筈だ。

したがって、結局は最大の敵は「彼ら」でも「悪魔」でもなく「己自身の邪心」ということだと思う。
結局人は、各々が自分が自立すること、自分の身の回りにいる人々の手助けをすることくらいしか出来ないんじゃないかと思う。というか、これが一番大切なことなんだと思う。
これは皆が大好きな「世界」だとか「地球」だとか「平和」だとかに比べれば小さい事に見えるけれど、これが何千人・何万人もの集大成になれば物凄く大きなものになる。逆に、ほんの微かでも人々の心中に邪心・邪念・欲望があれば巨大な集大成になってこの世を破壊していく、それが今の状況だと思う。結局「彼ら」も私達の中のこういった邪心を利用しているに過ぎないのではないか?

「真の自立」とは何か、今の愚かで浅はかな愚民の私にはわからないけれど、これが一番大切なことは間違いないと思う。

一人一本運動はつづく

「その本、読んでみたいです」と言われたセンター長に「医学不要論」を差し上げましたら、このまえ勉強会で「医師の中から、現代社会の問題や不要な治療や投薬を世の人に伝える方が出てきてます」とお話されてました。うれしいです。

オレにめんどくさい話するなよ、と聞く耳持たない高校生の子供が、「母さんの言ってたことが出てる」と、ロックグループ「ワンオク」の「自分ロック」を画像セットで聴かせてくれた。
その映像。精○○医が出てまして、疲れきった人々に…(あとは見て)
「ああー、だから、ワンオクはテレビに出てないんだな」と一言。

色んな人と話しての感想
何で世の中こうなったんだ…?根っこは…?自分はどうなんだ…!?と、一連の本でわかる人は、早々に理解できるみたいです。反対に、分からない人は、いっくら説明しても無理でした。(その本も最初から否定的姿勢で読んだようでした。)

押し付けがましさがあったと反省があります。きっと自分自身が実行不足で、まだ全然分かってない。これじゃかえってジャマしてる(-_-)

あとは、やはり直感や原理の問題という意味合いかなと。

全てを理屈で説明しろ、という人が多すぎて、でも、「理屈で説明できない」イコール「正しくない」ではないとわたしは思うから、

かといって、その理屈にボコボコに叩かれるのも体力消耗するし、あまり説明できない私はその人たちは避けて、さしあたり分かりそうな人を選んで話そうと考えます。
昨日久しぶりに旧友に会えて、「大笑い!」見せたら「面白そうやわ!読む!」と喜んでもらって帰っていきました。
長々とすみません。さあ次は誰に(^.^)

No title

ぜひ続けてください。

恐るべし鍼灸師

毎度、ズレた話で申し訳ないとおもうが、先輩とトラブルになり心療内科とやらに捕まってしもた同僚が、遅刻を頻発するようになり、たまりかねて私のいってる石坂流鍼を強引にすすめたところ2日目くらいから見違えるように元気になりました。

まだ薬飲んでるやろうけど、この一年で一番すっきりしたとのことでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しかも自分の罪がみたくないのに逃げられないから棚においてるだけなんだけど

でも救いってあるよ諦めなければ多分

No title

神に支配されている。
その神を崇めさせられ、
疑問視しない。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR