金儲け・印税・講演費♪

FBを見ている人も、著書を読んだ人も、講演を聞いた人も、さらにいえば2chで遊んでいるグーミンたちもあのねネズミたちもネトウヨたちも、うちのクリニックが混んでいるとか儲かっているのかなどと思う人がいることであろう。しかしそんなことちょっと深く考えてみればわかることだが、ニンゲンに想像力などというものは存在しないので、答えを期待するのは無駄である。

ジャンキーや毒親や毒家族は常に自分のことしか考えられず、常に目先のことしか考えられないので、印税で儲かっているとか講演で儲かっているとか、クリニックで荒稼ぎしていると思っているようだ。診療中でも逆ギレされたりよくするし、電話口で全部世話してくれないのを逆ギレするニンゲンなども同じことを言う。最近やっぱり精神科の真似をして荒稼ぎしようかなと思ってばかりいるが♪。

しかし実際当院で薬を抜いたり、真の意味で実情を知っている人ならわかるだろうが、このやり方でお金が儲かるなどということはありえない。カネが儲かる一番の方法は今の精神科の真似をちゃんとすることである。そうすれば疑問を抱くこともない貢ぎ患者があふれることとなり、多額の診療費を得ることができる。断薬などという看板を掲げている段階で、医療者だけでなく患者にも毒家族にもケンカを売っているようなものであり、それを受け入れることができる奇特な断薬希望者などそれほど多くはない。

私は講演も言い値でやっているので実際あまりおカネなど入らない。それでいいと思うしこの先もずっとこのやり方であろう。印税なんてのは書いた人ならわかるが大した金額でもないし、クリニックがヒマな分書く暇が増えているだけのことである。まあ、相殺された収入みたいなものである。結局僕自身は一般のサラリーマンよりは金持ちかもしれないが、どう頑張っても普通の医者や開業医レベルまで収入を上げるもの難しい状況である。

だからうちの病院では徹底的にまで本気の人しか相手することはない。ジャンキーはお遊びであったり結局依存するだけの人が多く、それは毒家族で会っても同じである。なぜある意味儲からないのにこんなことするのかと聞かれることもよくあるが、それは目的が違うからであるとしか言えない。目的など今の人類に理解するのは不可能である。

ジャンキーはすべて自分がジャンキーであることに気付かないし認めようとはしない。彼らにとって嘘は常用される手段でありごまかしも常用される手段である。彼らは常に勉強する気もなければ、常に目先の利益に走り、常に他人に何とかしてもらおうとする。日々の診療でいえばどこまでも医者に依存し医学に依存し、決して彼らが自分で動き自分で責任を取ろうとすることはない。それが人間のサガでありニホンジンのサガである。ジャンキーは結局が精神薬を欲する。発想の転換も学ぶ心もない彼らの行動は、結局精神薬にまだ戻るだけのことである。まさにヘロイン中毒やコカイン中毒やシャブ中と同じように。そしてそのあとはボクのような医学批判者や、ドラッグを抜こうとする人間たちに責任をなすりつけようとする。これはあまりにも典型的な行動であり、クスリから抜けていく人々がいる傍ら、必ず存在するニホンジンジャンキーとでも呼ぶべき人々である。

多くの人が当院で薬をやめていく一方で、必ず警察につかまったり、自傷したり他害したりするニンゲンたちがいる。しかしその人たちにこちらができることは何もなく、さらにいえばこっちは何かをする気もない。何かをすればまた依存を形成しそのニンゲンはさらにドツボにはまっていくが、それでも医者に助けてもらいたくてしかないのがニンゲンという生物である。どこまでも愚かでどこまでも軽蔑の対象であるニンゲンたちに、ボクが期待を抱くなどということはこの先もあり得ないことである
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

めげずに

確かに至難の業です。時にくたびれそうになりますが、コツコツ学びと実践続けます。

キチガイ先生のウン十年後…

どこかのおじいさんになって、畑と趣味の毎日です。危ない薬の害が広く世間に知れ渡って、製薬会社は流行らなくなり、

苦労ばかりが多かった薬抜きの仕事もすっかりお暇になりました。

今日も開院休業、おやおや小学生が飛ぶように入ってきましたよ。

「じっちゃん!今日学校で習ったよ。『クスリ』ってどんなの?危ないんでしょ。だから今は、大ケガとか大変なときに、特別偉い正直な人しか使えないんだって。」

「へえーそうなんだー。」

「でもどうして、昔の人は、そんな危ないものを沢山作ったり、人に食べさせたりしてたの?お店でも売ってたって本当!?
ボクなら絶対食べないよ!」

「それはねえ…」

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

昨日今日出会った人間なら、「これ如何に?」と思うでしょうが、
今までFB講読したりブログや書籍などご覧になった人々は
先生がお忙しいなどとは思わないでしょう。
そもそも世の中の忙しく労働力を搾取されてばかりの人間は
ネットなどする時間もないです。

それに、精神科に通院する人間のとっかかりが
「精神科に通っても治るのか?」という人と
「なんとか精神科で解消したい」という人にまず分かれるでしょうし、
早い段階で「通院しても根治しない」と見切りを付ける付けないが
分かれ道になると思います。

先生の問診の対応の悪さをご自身でPRする事には
文中にあった「本気の患者しか相手にしない」という目的を果たす為に
必要不可欠であり、それ以外の患者に対応するには
その倍くらいのエネルギーをしかも、報われるとは限らない仕事に
費やす事になる。
本気かどうかを確かめる為に、ドクハラもありだと思いますが
それは付き添いで来た連れ合い?両親?に限るのかもしれません。
本当に先生が必要でそのドクハラを受け入れなおかつ、
前向きになるには、
患者が勉強する事、謙虚さを持つ事、人の真意を汲み取る力を付ける事
を習得しなければ、効率よく効果的に働きかける事は不可能ですね。

不登校の世界では民間の有料カウンセリングでは、
顧客の選別は当たり前です。
それをしないカウンセラーは世間知らずの新参者か
依存の対象を自分にし、患者から搾取する目的であるかです。

No title

8月9日 熊本日日新聞社

統合失調症患者に多い突然死 定期的な健診で予防を

上記の記事がありました。

No title

ジャンキーはすべて自分がジャンキーであることに気付かないし認めようとはしない.
ジャンキーならジャンキーでいいじゃないか。パチスロ、SLGジャンキーですよ。(でもお金がないなりの付き合い方をしているんだけど。)

No title

>>結局僕自身は一般のサラリーマンよりは金持ちかもしれないが、どう頑張っても普通の医者や開業医レベルまで収入を上げるもの難しい状況である。

先見的なことを考えれば、このやり方の方が儲かりますよ、一般の会社員より金持ちであれば、十分に儲けていると思います。

 開業医でも地方とかなら、あまり儲かっていないと思いますし、このような薬物中毒者から文句を言われたくなければ料金形態と治療方法を必要以上に明確にするべきでしょう。

 薬を抜くというあたらなるビジネスが今後の精神医学会や医師会で生れるかもしれません、サラ金で利息制限法違反の高金利を支払っていた債務者が今度は弁護士のカモになるパータンです。

 弁護士はこれで、かなり儲けましたよ、仕事のない医師はこの薬を抜くビジネスで商売を始めるかもしれませんね。

 そもそも、患者はジャンキーですから、扱いは大変ですよ。

正しいことを主張している人がキチガイ扱いされる世の中。

本物のキチガイが正しい人として持て囃される世の中。

人の話を聞かず、自分の身に災いが降りかかってくるまで誰も何も気付かない。無関心。思考停止。バカにつける薬はない。

とりあえず毒親は本当に消えて欲しい。
子供に精神薬飲ませるなんて殺人罪だろ。
子供が病む原因はテメーだよ。

分からない

正しいことをしていても、少数派でしかも、嘘を暴いてしまったら
どこで安心感を得ればいいのか
分からなくなります。
精神科医の笑顔を嘘だと思いたくないです。
この世でまともに生きたいと思ったら、
先生のようにふざけたり、批判されたり、お金が儲からなかったり
誰かを敵に回すしか無くなるのですね。
いまはもう、どこに真実があるのか
何を守らないといけないのか、分からなくなりつつあります。
自分に危険がせまっているような気さえします。
とにかく、先生とベンジャミンフルフォードは
私を未知の世界へいざなっているようです
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR